平湯温泉 神の湯

温泉名ひらゆおんせん
平湯温泉
施設名かみのゆ
神の湯
所在地ぎふけんたかやましおくひだおんせんごうひらゆ
岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯
場所概略安房トンネル西坑門の脇を入って安房峠に行く。すぐに看板があるのでそのとおりに進む。
駐車場専用駐車場あり。20台くらい停められる。無料。
営業時間7:00〜19:00
料金\500
風呂数男女別露天風呂各1
脱衣所男女別各1
泉質含硫黄−ナトリウム−塩化物・炭酸水素塩泉
湯色無色透明
問合せ先0578-9-3448
入湯日2004/7/17
感想露天風呂が1つしかないが、湯の香りがいい! 掛け流しだということがわかるくらいにいい香りだった。女性のお風呂は男性より上にある。男性用浴場は神の湯。女性用浴場は不明動の湯と呼ばれている。
評価5

 平湯温泉 神の湯は、私が「一人旅 −奥飛騨へ−」編で6番目に行った温泉です。そして、5番目に入った温泉です。
 平湯温泉は安房トンネルの西側にあります。
 平湯温泉に行くには、長野自動車道の松本ICより国道158号線を西に向かいます。約28km行くと県道26号線(奈川木祖線)と交差するのですが、国道158号線を進んでください。
 ちなみに、県道26号線に行くと塩沢温泉に行くことができます。
 国道158号線をさらに約5km進むと県道84号線(乗鞍岳線)と交わりますが、そこも国道158号線を進んでください。
 ちなみに、県道84号線を行くと乗鞍高原温泉に行くことができます。
 さらに進むとたくさんトンネルが出てきますが、くぐりぬけます。そして上高地に行く道との分岐点に到着します。県道24号線との交差点です。
 ここで上高地方面に行かないで安房峠方面に向かいます。というより、上高地方面は一般車は通行禁止なので行くことができません。素直に左折してください。(^^;
 左折してすぐ右側に中の湯温泉 卜伝(ぼくでん)の湯があります。そして、その少し先の左側に下へ降りる道があります。その道を降りると以前あった中の湯温泉旅館の施設跡があります。
 それらを通り過ぎ、国道158号線を直進します。すると、安房トンネル(安房峠道路)と安房峠に行く道との分岐点が現れます。どちらの道を選んでも平湯温泉に行くことはできます。安房トンネルを行けば短時間で行くことができるけれど有料、安房峠に行く道を行けばカーブばかりの峠道を行くため時間がかかりますが無料になります。ただ、冬季だと安房峠に行く道は閉鎖されてしまうので、必然的に安房トンネルに行くことになります。
 ちなみに、安房峠に行く道を行くと中の湯温泉に行くことができます。
 安房トンネルを選んだ場合、トンネルを2つくぐります。すると、平湯IC口交差点に着きます。その交差点を右折すると平湯温泉に着くことができます。
 安房峠に行く道を選んだ場合、ひたすらカーブを行きます。安房峠を越えて下り坂に入ってもまだ行きます。すると、平湯温泉に着くことができます。
 平湯温泉 神の湯は安房峠に戻るようにして行きます。トンネルの入口の脇に細い道があるのでそちらに向かいます。右の写真のように看板が出ているのでわかると思います。その細い道を上がっていくと神の湯に到着することができます。
 平湯温泉 神の湯は2005年1月31日までは吉城郡上宝村にありましたが、現在は高山市にあります。高山市大野郡丹生川村(にゅうかわむら)、大野郡清見村大野郡荘川村(しょうかわむら)、大野郡宮村大野郡久々野町(くぐのちょう)、大野郡朝日村大野郡高根村吉城郡国府町(よしきぐんこくふちょう)、そして吉城郡上宝村は2005年2月1日より、合併して高山市になりました。
 この合併により、2008年現在では、高山市は日本一面積の広い市町村になっています。その面積は2,177.67km2で、東京都の面積2,187.05km2と同じくらいとなっています。
 神の湯は平湯温泉発祥の地と言われています。
 神の湯に着き、上り坂を上っていくと食堂があります。そこでは焼いた魚や温泉卵などが売られていました。おいしそうだったのですが、私は温泉に入りたかったので何も食べませんでした。
 食堂を過ぎると男性用の浴場に着きます。男性用浴場は「神の湯」と呼ばれています。
 女性用浴場はその奥をさらに上に行くとあります。のぞき見をされないような配慮からだと思います。右写真の道を行きます。女性用浴場は「不動明王の湯」と呼ばれています。
 男性用浴場に入ると、脱衣所と露天風呂がありました。露天風呂が1つだけの浴場でした。浴槽は10人以上は入れるほどの大きさでした。
 お湯の色は無色透明というよりは緑がかった透明な色という感じでした。
 お湯の香りがよかったです。硫黄のにおいがほのかにしました。
 お湯は掛け流しなのですが、源泉が熱いため加水しています。それでもちょっと熱く感じました。
 露天風呂なので周りの景色を見ながらのんびりくつろげてよかったです。

地方別一覧表へ   Go Home