伊東温泉 湯川第一浴場(子持湯)

温泉名いとうおんせん
伊東温泉
施設名ゆかわだいいちよくじょう(こもちゆ)
湯川第一浴場(子持湯)
所在地しずおかけんいとうしゆかわ
静岡県伊東市湯川1-16-10
場所概略JR伊東駅の東口を降りて南へ行ったすぐ。オレンジ色のホテルの入口の地下1階にある。
駐車場なし。
営業時間14:00〜21:30 月曜日定休日
料金\170
風呂数男女別内風呂各1
脱衣所男女別各1
泉質単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
湯色無色透明
問合せ先0557-36-3211
入湯日2001/11/18
感想小さい浴槽だった。3人入ればいっぱいになる。湯はちょっとぬるめで適温。いい湯だった。
評価4

 伊東温泉は伊豆半島の北東部、伊東市にあります。
 伊東温泉に行くには、東名高速道路の沼津ICより国道1号線、国道136号線を経由して東伊豆へ向かいます。国道135号線に行ったら伊豆半島を南下すれば着くことができます。
 ただ、伊東温泉の共同浴場に行くには、車よりも電車の方がいいです。なぜならば、駐車場がない施設が多いからです。私は電車で行きました。今回は電車で伊東まで行ったときのご報告をいたします。

 伊東温泉 湯川第一浴場(子持湯)は共同浴場の中では伊東駅から一番近い場所にあります。伊東駅の東口を降りるとロータリーがあります。そのローターリーを右に進んでください。ちょっと進むと南北に走る道があります。その道にいろいろと商店が建ち並んでいます。その商店の中にパチンコ店がありますが、そのとなりに写真のようなオレンジ色をしたホテルがあります。「ホテル 湯の花」と書いてあります。その地下に第一浴場はあります。
 ホテル 湯の花の奥に入ると、地下に続く階段がありました。階段を下りる途中には湯川第一浴場を示す看板がありました(左の写真)。階段は薄暗くて不気味な雰囲気を漂わせていました。
 階段を下まで下りると、番台におばあさんが座っていました。料金を払い奥に進むと、男女別に分かれた浴場がありました。料金は170円です。とても安い! 共同浴場ならではの値段ですね。
 脱衣所で服を脱いで中に入ると、浴槽は1つだけでした。170円で共同浴場といったらこんなものでしょう、と割り切って、浴槽に入ることにしました。
 浴槽は3人入ればいっぱいになってしまうくらいの大きさでした。でも、お湯が適温で、いい湯だと思います。二日市温泉の博多湯のように、素朴な浴場でのんびりすることができました。浴槽が2つあればよかったと思いました。
 ちなみに、この湯川第一浴場は別名「子持湯」と呼ばれています。伊東温泉の共同浴場は別名が付けられているものが多くて、第一浴場も例外ではありません。この「子持湯」の由来は、よく温まり体力充実、精気横溢して子宝に恵まれるというところから、呼ばれるようになったそうです。伝統的な名前だそうです。この浴場に入って子宝に恵まれる人が増えるといいですね。


伊東温泉の共同浴場へ  地方別一覧表へ   Go Home