伊東温泉 芝の湯(毘沙門天芝の湯)

温泉名いとうおんせん
伊東温泉
施設名しばのゆ(びしゃもんてんしばのゆ)
芝の湯(毘沙門天芝の湯)
所在地しずおかけんいとうししばちょう
静岡県伊東市芝町2-3
場所概略JR伊東駅のロータリー奥の道をまっすぐに行き、いでゆ橋を渡る。そのまままっすぐに行き、和田湯がある道の次の道を左に曲がり、ひたすらまっすぐ行くと左側に見える。
駐車場専用駐車場あり。30台くらい停められる。無料。
営業時間14:00〜22:00 火曜日定休日
料金\200
風呂数男女別内風呂各1
脱衣所男女別各1
泉質単純温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)
湯色無色透明
問合せ先0557-36-3377
入湯日2001/11/18
感想新装開店したらしく、新しくてきれい。共同湯とは思えないくらいだ。バリアフリー設計になっている。浴槽もジャグジーでいい。お湯は他の共同湯と違うのか、ちょっと違う色になっていた。いい湯だった。
評価5

 伊東温泉は伊豆半島の北東部、伊東市にあります。
 伊東温泉に行くには、東名高速道路の沼津ICより国道1号線、国道136号線を経由して東伊豆へ向かいます。国道135号線に行ったら伊豆半島を南下すれば着くことができます。
 ただ、伊東温泉の共同浴場に行くには、車よりも電車の方がいいです。なぜならば、駐車場がない施設が多いからです。私は電車で行きました。今回は電車で伊東まで行ったときのご報告をいたします。

 伊東温泉 芝の湯(毘沙門天芝の湯)は和田湯よりもさらに伊東駅から遠い場所にあります。伊東駅のローターリー奥にある道をひたすら南へ行きます。この道は和田湯に行く道でもあります。いでゆ橋を過ぎて、和田湯へ続く道も越えます。和田湯へ行く道を過ぎた次の交差点を左に曲がります。あとはその道をひたすらまっすぐに行けばいいのですが、結構距離があるのでがんばってください。歩き続けると右側に「玖須美温泉会館」という建物が見えます。それが芝の湯です。
 芝の湯は他の共同浴場と大きく違う特長があります。バリアフリー対応だという点です。芝の湯は1999年12月に開設しました。そのときにバリアフリーに対応したみたいです。また、駐車場もあります。駐車場は30台くらい停められる広いスペースを持っています。伊東温泉の共同浴場の中では一番施設が充実しているといえます。
 充実していたのは外だけではありませんでした。中も広々としていました。さらに、下にはじゅうたんが敷かれていました。すばらしいです。こんなに広くて充実していて、料金が200円なんて! 皆さんも行ってみて下さい。行ってみる価値はあると思います。
 浴場も充実しているのかと期待は膨らむばかりでした。でも、浴場は他の共同浴場と大差はありませんでした。内風呂が1つあっただけでした。手すりなどもあり、バリアフリーであることを示しているのですが、内風呂1つというのは期待はずれでした。露天風呂がほしい! でも共同浴場はシンプルなのがいいのかな。シャワーや洗い場があるのでよしとしましょう。
 お湯は他の共同浴場と違う色をしていました。ちょっと緑がかっていました。入るとちょうどいいお湯でした。ジャグジーというのもいいですね。
 伊東温泉の共同浴場めぐり最後の施設が充実した施設でよかったです。


伊東温泉の共同浴場へ  地方別一覧表へ   Go Home