雲見温泉 雲見温泉露天風呂

温泉名くもみおんせん
雲見温泉
施設名くもみおんせんろてんぶろ
雲見温泉露天風呂
所在地しずおかけんかもぐんまつざきちょうくもみ
静岡県賀茂郡松崎町雲見
場所概略国道136号を南下して赤井浜バス停付近に民宿赤井浜荘があるので、それが目印。その先の海岸側のガードレールが途切れたところから入る。そこから海岸へ降りる小道があるので、その道を下ったところ。
駐車場近くの非常駐車帯に停められる。もし、停められないなら雲見温泉街まで下り、そこの道路わきに停められる。無料。
営業時間24時間 年中無休
料金\0
風呂数混浴露天風呂1
脱衣所男女共用1
泉質ナトリウム−塩化物泉
湯色無色透明
問合せ先0558-42-1111
入湯日2000/9/25
2001/3/20
感想お湯はややぬるめでちょうどいい。温泉から海が眺望できて、眺めは最高。お湯はちょっとしょっぱい。

今回2回目だが、前回行ったときは「6月中旬〜9月中旬」という立看板があったのだが、今回はそれがなかったためわかりにくかった。6月中旬〜9月中旬までではなく、年中無休になったのだろうか。その証拠に3月でもお湯は沸いていた。相変わらずぬるめのお湯で景色もよく、最高だった。誰も来ないので秘湯といえるだろう。
評価5

雲見温泉露天風呂

 雲見温泉は、私が「一人旅 −伊豆へ−」編で2番目に行った温泉です。
 伊豆ということで、私の家から近いということもあり、2回行くことができました。
 雲見温泉は西伊豆にあります。西伊豆には、土肥(とい)、堂ヶ島、松崎、岩地、石部などの温泉地がいっぱいあります。そのなかで、雲見温泉は無料の露天風呂があるところとして知られています。
 無料の露天風呂ということで、私は早速行ってまいりました。国道136号線は西伊豆の湾岸に沿っていて、ドライブしながら海の風景を見るのには最高です! でも、脇見運転には注意してください。
 国道136号線をひたすら南下していくと、左手に赤井浜荘が見えてきます。そこで右手にガードレールが途切れた箇所があるので、そこが雲見温泉露天風呂の入口です。駐車場は民宿赤井浜荘の人に言えば有料(\500)で停めることができます。でも無料で停めたいのであれば、もうちょっと南下すると非常駐車帯があるので、そこに駐車できます。そこが駄目ならさらに南下して雲見温泉街まで行けばあります。
 2000年9月25日に初めて行ったときは、ちゃんと立て看板があり、ここが雲見温泉露天風呂の入口だな、と運転しながらでもわかったのですが、2回目の2001年3月20日では看板がなくて、一旦車を停めて、ガードレールが途切れた箇所から降りて確認してしまいました。また、ガイドブックには、「6月中旬から9月中旬まで」と書いてあり、立て看板にもそう書いてあるのですが、2001年3月20日の時点ではその看板がないので、今は年中無休に変わったのでしょうか。これについて詳しい情報を知っていらっしゃる方は教えてください。

2000年9月25日撮影
このころは雲見温泉露天風呂の
入口にちゃんと立て看板が・・・。
2001年3月20日撮影
立て看板はなく、立ち入り
禁止のような感じが・・・。

 ガードレールが途切れた箇所からは結構急な傾斜で、けものみちのような道しかないのですが、一本道なのでそのまま海岸へ降りるような感じで行けば着きます。降りるときは滑らないように気をつけてください。
 雲見温泉露天風呂は目立たない場所にあるせいか、私が行った2回とも、誰も入ってきませんでした。でも、ぬるめの湯で長湯できる場所なので、ぜひ皆さんも行ってみてください。それに、景色が最高です。特に、露天風呂に浸かりながら、水平線に夕日が落ちていく様子を見るときなんか、空の色が幻想的に変化していく過程を見ることができて、すばらしい! このような風景を見ることができるのは、西伊豆ならではですね。
 このような無料の温泉施設がいつまでもあって欲しい、と思いました。

地方別一覧表へ   Go Home