二日市温泉 バーデンハウス

温泉名ふつかいちおんせん
二日市温泉
施設名ばーでんはうす
バーデンハウス
所在地ふくおかけんちくしのしゆまち
福岡県筑紫野市湯町1-14-3
場所概略九州自動車道の筑紫野ICより二日市駅へ向かう途中のすぐにある。電車で行くなら、JR鹿児島本線の二日市駅より徒歩で約5分。西鉄大牟田線もしくは西鉄大宰府線の西鉄二日市駅より徒歩で約10分。
駐車場有料駐車場を利用する。\300。
営業時間9:00〜21:00 年中無休
料金\650
風呂数男女別露天風呂各1、男女別内風呂各4、
男女別サウナ各2、男女別水風呂各2
脱衣所男女別各1
泉質アルカリ性単純温泉
湯色無色透明
問合せ先092-922-2335
入湯日2003/8/23
感想露天風呂は浴槽をただ外に置いただけという感じでがっかり。面白くない。しかし内風呂はジャグジーなどがあり楽しめる。1階と2階に分かれていて、サウナと水風呂が各階にあるので、2つのサウナと水風呂を楽しむことができる。循環湯なのが残念。
評価3

 二日市温泉は福岡市や太宰府市の南、筑紫野市にあります。
 二日市温泉に行くには、九州自動車道の筑紫野ICより福岡市方面へ戻るような形で二日市方面へ向かうと着くことができます。ICから約2kmと近いので、すぐわかります。
 また、電車で行くこともできます。電車の場合は、JRだと鹿児島本線の二日市駅で下車します。そこから徒歩で約5分の距離にあります。また、私鉄だと西鉄大宰府線の西鉄二日市駅で降りて、徒歩で行けば着くことができます。こちらの場合は約10分かかります。
 御前湯に入ったあと、私たちは二日市温泉 バーデンハウスに寄りました。
 二日市温泉 バーデンハウスは博多湯の2軒隣りにある温泉施設です。バーデンハウスの隣りには糀谷(こうじや)旅館があります。
 この「バーデン」(Baden)という名前ですが、ドイツ語で「入浴(する)」という意味があるそうです。温泉施設にピッタリの名前ですね。
 ちなみに、ドイツにはバーデン・ヴュルテンベルク州という州があります。この州はもともとはバーデン州とヴュルテンベルク州に分かれていたのですが、1952年に統合されてバーデン・ヴュルテンベルク州が誕生したそうです。
 バーデン・ヴュルテンベルク州にはバーデンバーデンという都市があります。この都市はもともとバーデン州にあり、バーデンという都市名でした。しかし、統合されてバーデン・イン・バーデンと呼ばれていたのですが、それが省略されてバーデンバーデンになったそうです。ヨーロッパ有数の温泉保養都市になっています。
 どれも「バーデン」という名前が付いているので混乱してしまうかもしれませんが、いずれも「入浴」に関係していることは確かですね。
 話がそれてしまいました。元に戻しましょう。
 バーデンハウスの入浴料は650円です。博多湯、そして御前湯に比べるとずいぶん高いです。高いのには何か理由があるだろうと思って、私たちは中へと入りました。
 浴場内は2階建てでした。1階には内風呂の浴槽が4つとサウナ、そして水風呂がありました。内風呂は泡風呂、ジェット風呂、寝湯、そして座り湯など、それぞれ趣向が凝らしてありました。レジャー感覚で楽しむことができると思いました。
 しかし、肝心の温泉はどうみても循環湯。う〜ん、残念。
 次に、私たちは2階に上がりました。2階にはサウナと水風呂、そして露天風呂がありました。
 1階にも2階にもサウナがあるということはサウナに力を入れているのかな、と思いました。それぞれの階にサウナと水風呂があるのはいいと思います。
 それよりも私は露天風呂のほうに期待をしていました。なぜならば、私は二日市温泉の温泉施設で露天風呂に入ったことがなかったからです。2階の奥には露天風呂へ行くための扉がありました。私は期待に胸を膨らませながら露天風呂への扉を開けました。するとそこに飛び込んできたのは信じられない光景だったのです!
 露天風呂がものすごく狭い!! 1人しか入れないような大きさしかありませんでした。家の浴槽をそのまま露天に持っていった感じでした。何だこれ!?という感じで、かなりがっかり。(-_-;) 期待はずれでした。
 肩を落としながら、私はバーデンハウスをあとにしました。
 それぞれの階にサウナと水風呂があるので、2個のサウナを楽しむことができるということはいいと思います。ただ、露天風呂はいただけない・・・。もっと露天風呂を広くしてほしいです。

地方別一覧表へ   Go Home