鳴子温泉 農民の家

温泉名なるこおんせん
鳴子温泉
施設名のうみんのいえ
農民の家
所在地みやぎけんおおさきしなるこおんせんあざかわらゆ
宮城県大崎市鳴子温泉字河原湯5-6
場所概略東北自動車道の古川ICより国道47号線を北西に向かう。鳴子温泉駅を過ぎたすぐにあるので、左折して入る。国道47号線沿いにある。
駐車場専用駐車場あり。100台くらい停められる。無料。
営業時間8:00〜17:00
料金\500
風呂数混浴露天風呂3、男女別内風呂各2
脱衣所男女別各4
泉質含硫黄−ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・炭酸水素塩泉(硫化水素型)(低張性中性高温泉)、
含硫黄−ナトリウム・カルシウム−硫酸塩・炭酸水素塩(低張性中性高温泉)、
単純温泉(低張性中性低温泉)
湯色白濁色、無色透明
問合せ先0229-82-2121
入湯日2011/4/29
感想旧泉質名は含土類−芒硝硫化水素泉、含芒硝−重炭酸土類−硫黄泉、そして単純温泉。やすらぎの湯、硫黄湯、檜の湯、そして炭酸湯という浴場がある。やすらぎの湯と檜の湯は男女別、硫黄湯と炭酸湯は混浴。やすらぎの湯は清掃のため入れなかった。硫黄湯、檜の湯、そして炭酸湯の1つの浴槽は硫化水素泉だった。どれもまさに硫化水素泉という感じのお湯だった。炭酸泉のもう1つの浴槽は単純泉。だが炭酸が多いからか、炭酸の味がした。炭酸湯に入ると最初は冷たかったが、入っていると温かくなっていった。炭酸湯ではおばあちゃんがおじいちゃんと仲良く話をしていた。
評価5







地方別一覧表へ   Go Home