土湯温泉 中の湯

温泉名つちゆおんせん
土湯温泉
施設名なかのゆ
中の湯
所在地ふくしまけんふくしましつちゆおんせんまち
福島県福島市土湯温泉町
場所概略東北自動車道の福島西ICより国道115号線を南下し、土湯温泉の看板に従う。
駐車場なし。観光案内所の空きスペースに駐車するか、路上駐車。
営業時間6:00〜22:00
料金\100
風呂数男女別内風呂各1
脱衣所男女別各1
泉質単純温泉
湯色無色透明
問合せ先024-595-2217
入湯日2001/7/7
感想土湯温泉の共同浴場。小さいが値段相当である。ちなみに、入浴券は他の店で買う必要がある。
評価4

 土湯温泉 中の湯は、私が「一人旅 −北へ−」編で52番目に行った温泉です。そして、43番目に入った温泉です。
 土湯温泉は吾妻連峰の東に位置しています。
 土湯温泉に行くには、東北自動車道の福島西ICより国道115号線を西へ向かいます。そのまま約10kmまっすぐ行くと土湯温泉街に到着します。ICから近くて便利な場所にあります。
 土湯温泉 中の湯は土湯温泉の共同浴場です。土湯温泉にはたくさんの宿屋があり、温泉街になっています。その中でひっそりとたたずんでいるのが中の湯です。いかにも共同浴場というたたずまいをしています。
 中の湯に入るには、入浴券を買う必要があります。その入浴券は中の湯では販売されていません。土湯温泉観光協会が指定したお店で売られています。私は入浴券が売られているお店に行って買いました。そしてさっそく中へと入りました。入るとすぐに入浴券を入れる箱があったので、入浴券を入れました。脱衣所で服を脱いで浴場に入ると、共同浴場という感じの小さな浴槽がありました。4、5人でいっぱいになるほどの大きさでした。お昼ごろ入ったので誰もいませんでした。また独占だと思って、お湯に浸かろうとすると、熱い! とにかく熱い!! 何でこんなに熱いのだろうと思って、注意書きを見てみると、熱い場合は自分で水を入れて調整してください、と書いてありました。誰も入っていなかったから、調整していなかったんだなあと納得しました。それで、一人でお水を入れて調整して入りました。単純泉だけあって、無色透明で匂いもなくただのお湯といった感じでした。でもちゃんとした温泉です。
 値段が安くていいです。素朴な雰囲気の好きな方はいいと思います。

地方別一覧表へ   Go Home