和歌山港の堤防で釣れる越年のアジもいよいよ終盤です。
ゼイゴと呼ばれる今年生まれの新子が盛んに針掛かりするようになりました
 2年仔・3年仔の越年アジも産卵を終えて、沖の瀬に移動したのでしょうか

2015 6月 6日(土)

 
朝8時が満潮の潮止まりです。釣り場について急いで竿を出したのがちょうど8時でした。
 潮が高い時刻なので、ウキ下も3尋とします。
 今日の仕掛けは、ハリス1号2本針。針餌には撒き餌の中から選んだアミエビを刺します。いわゆる共餌です。 魚の食い気が無い時でも共餌なら釣れることが多いです。もちろん、食いのよいときはオキアミを使いますが・・・・
 いわゆる和歌山方式のカゴ釣りです。
 カゴにアミエビを詰めて第1投。潮はまだ引きに入ってなくて、右方向にゆっくり流れます。
 
 ややあって巻き上げてみると刺しえさが付いたままです・餌を詰め替えて再投入・・・・持久戦を覚悟します。
 まずはタバコを一服!
???!さっき投入したばかりなのに・・・・ウキが・・・・無い!
 見失ったのか・・・・魚が釣れたのか。  竿先が引き込まれています。
 釣れました!20センチを越す美味そうなマアジです。
偶然 魚が集まっている場所に投入できたのでしょう。
 針はずれも多いですが、投入するたびにウキ入れが続きます。
たちまち3匹GET!
 夜明け直後に釣れることはよくありますが、こんな経験は初めてです。
それにしてもよく外れます。
 結構な重量感を感じながら竿が満月状態。それなのにプッと外れます。
 もう・・・いやっ!
それでも続けていると、今度はちょっとましな25センチ。
 満潮時刻から下げに変わると今度はゼイゴや小サバが針掛かりしてきます
良型アジを5匹釣り上げて、本日は納竿とします。
 結構波が立ってたのですが、ボラやコノシロも遊んでくれます。
今日は2時間の釣りでした。
  和歌山港内ではほとんどの釣り場で良型アジの姿を見ることはできません。どこも釣れていないのです。
そして、季節は春から夏に変わり、アイゴが釣れ始めました。

今日のポイントも。先日来アジは数匹で、外道にアイゴやチヌが釣れる事が多いです。

今日のポイントは
航空写真をよく見ると潮の流れが複雑に変化しています
こんなところに魚って寄り付くんですね


トップページに戻る  日記の続き 魚の食べ方