和歌浦湾のキス−本年2回目です
今日は日曜日なので、ボートの数も多いかな?

2015 6月 7日(日)

 前回「数日中に入梅するだろうと」言ったら、早速翌日に梅雨入り宣告が出ました。で、本日が最初の「梅雨の晴れ間」というわけです

 
本日の大失敗はGPSを持ってこなかったこと。数日前に釣れたポイントが分からないのです。いえ、それくらい釣れる場所が狭く限定されるんです。

 一匹釣れたらそこを集中して攻めるということがキス釣では必須なのに、GPSが無いということは致命的です。
 最初は東風が吹いていたので、水深6.5メートルから流し始めます。次第に深くなっていくとようやくアタリが出始めました。魚探は8メートルを示していますが、おそらく前回と同じ場所ですね。
 一流し目は8匹。二流し目は7匹。でも天麩羅サイズばかりです。
 先行して熱心に竿を振っているゴムボートの釣り人に釣果を尋ねると5匹だそうです。・・・なんだ。アタシの3分の一か。
 やっぱり
ピンポイント攻撃が有効なんですね。
 今度は風が止みました。シーアンカーを上げてどてら流しに変えます。キス釣には少し速すぎますが、ポツリポツリと退屈しない程度には釣れ続きます。ここでようやく20匹。
 風が南西から吹き始めたので、シーアンカーを入れて水深8メートルで投入。すると良型も混じって釣れるようになりました。
 10時少し前に納竿しました。
本日は23センチを筆頭に27匹です。
 
  今日の忘れ物でもうひとつ大事なものがありました。割り箸です。呑み込まれることが確実なキス釣では「割り箸針はずし」は必携です。前回に比べ少し食いが上向いたせいか、呑み込まれることが多々ありました。参考になれば
 数が伸びなかった理由には、満潮の潮止まりだったと思われます。それでも風が吹けばボートも流れるのでもう少し釣れるでしょう。
 流し釣りのボートスピードは一分間で10-20メートルが理想です。---基本「置き竿放りぱなし」釣法ではね


GPSを忘れたので、今日のポイント航跡はありません

トップページに戻る  日記の続き 魚の食べ方