2016年 7月 下旬
    和歌山港 投光器を使ったタチウオズボ釣りをしてみました

和歌山港の水軒鉄鋼団地では、5月下旬から太刀魚が釣れ始めました。それがほぼ6月一杯まで続きました。
 サイズは「指4本」クラスです。細いのはありません。近年に無かったことです。居着きの太刀魚ばかりでした。
 日没から数時間で、サンマ切り身の遠投で必ず釣れました。 満足できる日々でした・・・・(過去形)
7月始め
 紀ノ川河口---青岸堤防ではまだ釣れてるって噂ですので、行ってみました。-----釣れてました!
 投光器を使った足元釣りで、餌は生きた小鰺を泳がせる。 これが必殺技だったのです
7/20になると「指2本」のベルトサイズが混じりだしました・・・が、数釣りシーズン突入のようです

  では投光器の足元釣りに挑戦してみましょう


 てなわけで「投光器」製作です
ネットショップで、「12/24V仕様のLED作業灯」を検索してみました。
 同じ商品なのに、店により値段がまちまちです。 どうにか安いのが見つかりました。
基本的には12Vバッテリーに繋ぐだけですぐ使えそうです。

有り合わせの材料で試作品の完成です
投光器本体は LED48ワット12V仕様の狭角タイプを2個並べました。 ネットで取り寄せましたが、送料が千円掛かりましたので 3千円。
 合板のきれっぱしでケースも出来たし、バッテリーがDIYで3480円 合計6500円で試作品完成です!

7/8と7/11
サンマの切り身でも釣れん事はないやろう って軽い気持ちで点灯テスト釣行です。
明るさは1灯でも十分です。始めは2灯点灯で魚を寄せて、アタリが出始めたら1灯でやろうと考えていたのですが、2回ボーズです。
7/15 現場近くで先に小鰺釣りをやり豆アジ5匹をゲット!で太刀魚3匹! 太刀魚のサイズは全て「指3本強」でした。
7/17 やはり日没二時間前に到着して、豆アジ釣りをする。20匹の餌を確保!
    釣果は「指4本」を交えて3匹
7/18 豆アジ30匹をゲット! で、太刀魚は6匹・・・・・ちょっとサイズが小さくなったかな?
7/20 豆アジが釣れない。予備として持参した釣具店のキビナゴを使い「指4本」が1匹
     アタリの数がまったく違う。・・・・・・やっぱり餌は・・・・現地調達がいいのかな?

アタリが確実に出る日が続きますが、針掛かりの悪さが気になります。「指2本」級の小型太刀魚が入ってきたようです。
7/25 釣具店のキビナゴだけを持参して、日没前に現場着・・・・・したものの・・・
  「キビナゴ水平4本受け」仕掛けに初アタリ! 7時20分、竿先を引き込むも・・・針に掛からず。
   餌のキビナゴは無残にも二分割されていた。
   で、その後全くアタリ無し
・・・・・・最近ボーズと縁がある・・・・そろそろお迎えが来てるかな?・・・・・と思える今日この頃の68歳

次回はどんな仕掛けを使うか。どうすれば針掛かりを向上させられるか・・・・・迷いの日々が続きそうです