実地医療研究メーリングリスト運用指針

−−1999年10月8日 (金)−−
代表世話人  五十嵐 秀之
(コーディネーター)

<目的>

 本メーリングリストの目的は、医療従事者が、医療におけるインターネット
の活用も含め、より良い医療を実践するために自由な議論や情報交換をするこ
とである。また、医療従事者同士の交流を活性化し、これからの高度医療を少
しでもより円滑に行なえるようにするためである。


<運用方針>

 運用は原則として参加者全員が行ない、参加者の意見によって運用規定を改
定することができる。また、すべての会員が心地よく毎日メールを開けるのが
楽しみになるようなメーリングリストにして行く。


<会則>

 1) 会の名称
   「実地医療研究メーリングリスト」とする。

 2) オフ会
    年に1回以上オフ会を開催する。オフ会は3人以上の参加者を必要とする。

 3) 役員
   代表世話人及び事務局をおく。
   代表世話人の任期は最低1年とする。
    参加者の過半数が代表世話人を不信任と認めた場合、代表世話人を交代する
    ことができる。
    代表世話人は必要に応じて会員名簿を配布しなければならない。

 4) 事務局
   事務局は会員名簿の管理を行う。
    当面は代表世話人宅に設置する。

 5) 参加資格
   参加資格は以下の条件の何れかを満足しなければならない。
    a) 医療従事者(事務職を含む)ならびに医学関係の研究者であり、
       当メーリングリスト内で姓名、所属および使用パソコン機種を
       公開できる者。
    b) 大学医療情報ネットワーク(UMIN)登録利用者。
    c) その他、代表世話人によって、参加資格を認められたもの。

 6) 記事の著作権
   当メーリングリストの記事の著作権は著者本人が有する。他の記事を引用
    する場合はその著者を明記する。当メーリングリストの記事を他のネット
    ニュースやメーリングリストへ引用する場合は、引用する記事の著者の承
    諾を得なければならない。

 7) 記事の内容
    a) 医療の向上、医療従事者の交流に役立つもの。
    b) 営利とみなされる行為を行わないこと。
    c) 公序良俗に反する情報を配信しないこと。
    d) 6)に反しないもの。
    e) a)の内容から外れると思われるもの(例えば、会則に対する異議など)
       はなるべく代表世話人宛にメールすること。

 9) 運用指針の改定
   a) 提出された改定案に対し、参加者の過半数の同意があれば改定することが
       できる。
    b) 改定案はコーディネータを介して会員に通知する。
    c) 通知後1週間を経過して異議ない場合は同意とみなす。

10) 自己紹介
    新入会員は入会後1ヶ月以内に当メーリングリスト宛てに自己紹介を送らなけ
    ればならない。 

11) 添付ファイル
    やむを得ない場合を除いて、バイナリーファイルを添付してはならない。 
    但し、数十キロバイト程度のテキストファイルは添付することができる。
    やむを得ない場合でも、アスキーにエンコードされた状態でトータル1000行
    を越えてはならない。

12) 除名処分
    コーディネータは次の場合、該当する会員を除名できる。
    a) 本会則に著しく違反した場合。
    b) コーディネータが会員と連絡を取れなくなった場合。       
    e) 登録してある"e-mail address"を廃止し、コーディネータにその旨連絡し
       なかった場合。

13) アンケート調査
   (1) 営利目的に利用しないこと。
   (2) 会員のプライバシーを侵害しないこと。
   (3) そのアンケート調査の目的を明記すること。
   (4) 研究会・学会発表または雑誌投稿などの学術目的か,或いは
       公的機関から依頼されたものであること。
       また,発表または投稿する場所(学会名,雑誌名)を明記すること。
   (5) アンケートの回答を返信する宛先は,当メーリングリストではなく
       調査者個人のアドレスに返信してもらうこと。
   (6) アンケートの集計結果を具体的に当メーリングリストに報告する
       こと(例: 質問(A)で Yes の回答は 67% だった。のように )。
   (7) アンケートの質問事項が5〜6項目以下の場合に限り,公に
       発表しない個人的な目的で,アンケート調査を実施してもよい。
       但し,アンケートの集計が終わらないうちは,同じ調査者が
       新たに個人的アンケート調査を行うことはできない。

   註:アンケート調査に回答するか否かは,会員個人の自由であり
       義務ではない。

<推奨事項>

  (1)会員間の呼称に関して
     医師を「先生」と呼ぶのが一般的であるが、当メーリングリストでは医師を
     特別に「先生」と呼ばないでよい。即ち、職種に関わらず一般的な呼称(例
     えば「さん」「様」「殿」「君」「氏」など)で呼ぶことを推奨する。
  (2)大学医療情報ネットワーク(UMIN)の利用登録
     UMIN登録利用者で,かつ当メーリングリストの会員はUMINのクローズドホー
     ムページで,過去の記事全てを読むことができる。よって,UMINの利用登録
     を奨める。    

<参加の方法>

  電子メールで下記メールアドレス宛に、氏名・所属・住所・電話番号・使用
  パソコン機種を明記し、参加希望の旨をメールする。但し、代表世話人の他
  のメールアドレス宛でも可。


<連絡先>

    higarash-ind@umin.ac.jp

                                                              以上

戻る