ダウンロード

       

エクセル工程図EX Ver1.00

       
       

更新履歴(2016/12/30現在)

Let's Try !
 

※既にEXを使用されている方が最新版に更新する場合は、アドイン本体(エクセル工程図EX100.xla/xlam)のみ上書きすればOKです。わざわざアンインストールして再インストールする必要はありません。

 
       
 
■エクセル工程図シリーズがEX版になって、やっとExcel 2007以降のバージョンに対応しました。\(^-^)/バンザーイ!

■「エクセル工程図EX Ver1.00」の4つのメイン画面を図で紹介します。この他にも、38のユーザフォーム、エクセル既定のフォーム(罫線フォームや書式設定フォームなど)、200のメッセージ等があり、ユーザフレンドリーな仕上がりとしています。

開発経緯をご覧の通り、工程図作成支援ツール→エクセル工程図→エクセル工程図Light →エクセル工程図Pro →エクセル工程図EXの順番に開発をしています。そういった意味では、エクセル工程図EXは私が今までに開発してきたエクセル工程図シリーズの最上位版であり、私が現在持てるテクニックを完全に出し切った最高傑作です。Pro の上位版でもあるため、Pro に続いてシェアウェアとしてチャレンジすることとしました。m(__)m

■これだけで工程表作成の全作業(表作成、ネットワーク線・バーチャート描画、工種入力等)が簡単にできるようになっています。また、工程表関連作業のみならず予定表、フローチャート、特性要因図、ISO管理表、旅行行程表、平面図等への応用もできるように作成しています。

■なお、インストール方法や起動等の詳細については、必ず同梱の「最初に読んでね.txt」または、上記又は下記よりヘルプをダウンロードの上ご覧下さい。

※2010/07/09 Excel2007への対応について

 2007は、特に、オートシェィプで図形を描画する場合、2003までとは次の点で大きく異なっています。
@描画起点が左上から中央へシフトしました。従って、拡大・縮小する場合の中心点も左上から中央へと変わっています。そのため、描画位置を特定するのに大変な困難が伴いました。
Aオートシェィプの線の色、太さ、塗りつぶし等の初期値が、2003までは線の色は黒、太さは0.75pt、塗りつぶしは白色でしたが、2007の線の色は通常最も使わないと思われる色が用いられており、塗りつぶしもその色になっています。線の太さも 2ptと太くなっています。したがって、ネットワーク線等を描画する場合は、事前に2003までの初期値に戻す必要がありました。
Bオートシェィプにテキスト入力する場合、2003までは余白はありませんでしたが、2007では初期値で余白がいくらかとってあります。そのため、ネットワーク線の○の中にイベント番号を入力する場合などには事前に余白を0にする必要がありました。
Cオートシェィプで図形を描画する場合、2003まではマクロの自動記録ができておりましたが、2007では自動記録ができなくなりました。
等。その他、リボンの導入、ワークシートの行・列の増加等々、2007は2003までとは大きく異なっており、同時に2003までの互換性を犠牲にしている部分もあります。このように、2007は2003までとは大きな変更があり、2007への対応に困難を極めました。(以下、参照)

 


●●● Excel2007と2007対応版の開発について ●●●
 

 
 2007へのバージョンアップでは、リボンをはじめとするユーザーインタフェースの変更や根本となるファイルの保存形式も変更されたため、 Excel97以来の大きな変更となっています。これに伴いシートサイズの拡張をはじめとする大きな機能追加が行なわれましたが、一方では使えなくなった機能や変更となった機能があり、従来ユーザーに対する互換保証は非常に残念な結果と言わざるを得ません。

 特に、オートシェィプ等の図形については、マクロ自動記録が全くできなくなってしまっています。今まではこの自動記録を頼りに、オートシェィプを多用するエクセル工程図シリーズを開発してきた私にとっては非常に大きなショックでした。

 また、2007でエクセル工程図Pro を操作するとエラーが次々と発生しました。一つ一つエラーを克服し2007で工程表を作成すると、またまた気が遠くなるほどそれはもうグジャグジャな状態でした。このため、2007に対応したエクセル工程図の更新意欲も一気に失せてしまっていました。

 ところが、ユーザーの皆さんからの『2007の対応版をなんとか開発してほしい』という声と、早期退職で無年金生活者となった今、自分の小遣いだけは何とかしたいという私の切なる願いとの両方で、完全に失せていた意欲を再度奮い立たせることとしました。

 約半年間の試行錯誤を経て、この度やっと2007対応のエクセル工程図EXが完成しました。本来ならPro Ver2.00 としてリリースする予定でしたが、試行錯誤を繰り返した期間も長く、伴った困難も非常に大きく、かつ、Pro の機能をさらに向上させたこともあって、新しくエクセル工程図EXとしてリリースするに至りました。m(__)m
 

※2013/03/03 Excel2013への対応について

 2013へのバージョンアップでは、EXの起動コマンドはインストール直後はリボンのアドインの箇所に表示されますが、再度エクセルを開くと表示されなくなります。同様に、マウス右クリックで表示されるショートカットキーも表示されなくなります。参考このため、2013/03/03にショートカットキー(Ctrl+e)で起動できる機能を追加しました。エクセル工程図EXがインストールされていて、アドインが有効になっていれば、どのエクセルブックからでもCtrl+eでEXが起動します。

※2013/05/18 64bit版への対応について

 64bit版 でコンパイルエラーが出ていたWin32APIの記述部分を、すべて2013/05/18に VBA記述に書き直しました。これでやっと 64bit版のWindowsやExcelに対応したことになります。 ヽ(^o^)丿

※2015/06/07 マルチディスプレイ環境への対応について

 2015/06/07に、エクセル工程図EXがついにマルチディスプレイ・デュアルディスプレイ等の作業環境に対応しました。従来までは、サブディスプレイに Excelを表示して作業しようとするとEXの起動メニューやその他のメニューはメインディスプレイに取り残された状態となっていました。この度の改良でこの不都合を解消しました。詳細は次のとおりです。 。→(参考図)更新前後のマルチディスプレイ環境下での動作状況
(1) Excel の起動ディスプレイ、起動位置及び起動画面サイズ等に応じて、EXの起動メニューやその他のメニューが自動的に常に定位置(Excel 画面の右上)に表示されるように改良
(2) 逆に、EXは常に Excel画面の右上に表示されるため、 Excel画面の右半分又は上半分がディスプレイ画面からはみ出した状態でEXを起動すると、EXの起動メニューはディスプレイ画面外にあって見えないこととなります。この場合、Excel をディスプレイ中央へ移動してもそれに伴ってEXの起動メニューは移動することとならないため、EXを起動させる3通りの方法の内の1つを実行することによって、Excel の現在位置や画面サイズを再読込して、EXの初期メニューを Excel画面の右上に表示するように改良

※2016/11/07 Excel2007以降のBook版の新規作成について

 従来までは、Excel97〜2003のBook形式の旧ファイル版(a24.lzh)のみでしたが、2016/11/07にExcel2007以降のBook形式の新ファイル版(a25.lzh)も作成して下記に掲載しました。
 

 
 

 

 
 

           

 
 

 
 
■注意事項及びインストール方法等 (以下はExcel97〜2003のBook版での説明です。)
1.圧縮ファイル名は 「a24.lzh」となっています。

2.「a24.lzh」 を解凍ツールで解凍してください。

3.書庫の中に次の7つのファイルが入っています。
 (1) エクセル工程図EX100.xla   ・・・ EX Ver1.00のアドインファイル本体
 (2) 工種データEX100.xls     ・・・ EX Ver1.00のデータファイル
 (3) 簡易インストーラEX100.xls  ・・・ EX Ver1.00の簡易インストーラ
 (4) 最初に読んでね.txt     ・・・ EX Ver1.00説明ファイル(このファイル)
 (5) とにかく使ってみよう!.xls ・・・ EX Ver1.00を試用するための簡単な操作マニュアル
 (6) 更新履歴.txt        ・・・ EX Ver1.00の当初からの更新履歴
 (7) install.pdf        ・・・ EX Ver1.00のinstall/uninstall用マニュアル

4.必須ファイルは、(1)(2)(3)の3つです。他はなくても動作します。

5.工種データは必ず同梱のファイルを使用し、アドインと同じフォルダに置いてください。

6.最も簡単なインストール方法と起動 ⇒ 2015/11/08 初心者用EXのインストールマニュアルを作成しました。(^^)v

 (1)任意フォルダ (例.D:\工程図EX)を作成後、上記の全ファイル(必須は(1)〜(3)のファイル)をそこに置いて、簡易インストーラを開いてインストールボタンをクリックします。
     ※次の@Aのフォルダ(の下)に置くと、起動しない場合がありますので注意が必要です。
      @ライブラリの各フォルダ(例)ドキュメント、ピクチャーなど
    ACドライブのUsersフォルダ(の下)、又はシステムが使用するフォルダ
     ※フォルダは通常Dドライブに作成します。DドライブがないPCはCドライブ直下にフォルダ(例.C:\工程図EX)作成します。

 (2)インストールが完了すると、アドインのリボンと、シート上でマウス右クリックで表示されるショートカットメニューに、「エクセル工程図EX (Z)」というサブメニューができます。そのいずれかをクリックすると起動します。
   ※2013/03/03にショートカットキー(Ctrl+e)で起動できる機能を追加しました。(→参考

7.完全なアンインストール方法(詳細は初心者用EXのインストールマニュアルをご覧下さい。)

  (1) 簡易インストーラのアンインストールボタンをクリックすると、リボンとショートカットメニューがクリアされます。(ファイルまでは削除されません。)

  (2) エクスプローラ等で、エクセル工程図EX関係の全ファイル(上記3の7つの同梱ファイル)をフォルダごと削除します。

  (3) エクセルを再起動すると、アドインファイルが見あたりませんといった内容のメッセージが出てきますので、そのままOKボタンを押します。(場合によってはこのメッセージは出てこない場合もあります。 )

  (4) オプション→アドインで「エクセル工程図EX Ver1.00」のチェックをON 又はOFFにします。
   ※Excel 2010では、ファイル→オプション→アドイン設定(G)...で「エクセル工程図EXVer1.00」のチェックを ONまたはOFFにします。

  (5) リストから削除しますかといった内容のメッセージが出てきますので、そのままOKボタンを押すと完全にアンインストールができます。

8.試用期間を10日間に限定しています。試用期間経過後はパスワードを入力しないと起動しません。機能については、試用期間中といえどもなんら制限は設けていません。試用期間中にいろいろとお使いになって、納得された上で購入を決めて下さい。

9.エクセル工程図EXはシェアウェアです。ユーザ登録及びパスワードの入手方法は、このページ左上の「ユーザ登録」ボタンをクリックしてください。

10.「エクセル工程図EX Ver1.00」の使用は、あくまで使用者の自己責任でお願いします。万一、誤操作等で不利益を被られても作者は一切の責任を負いません。

 
 
■ダウンロード
1.本体ファイル
  ※以下は、Excel97〜2003のBook版です。  
 a24.lzh(3,116KB)--- 最終更新日:2016/12/29 --- ※次の@〜Eのファイルを同梱(lzh圧縮ファイル)
 @エクセル工程図EX100.xla @本体ファイル(アドイン)
 A工種データex100.xls Aデータファイル
 B簡易インストーラex100.xls B簡易インストーラ
 C最初に読んでね.txt Creadmeファイル
  Dとにかく使ってみよう!.xls D試用するための簡単な操作マニュアル
 E更新履歴.txt EEX100の更新履歴
 Finstall.pdf Finstall/uninstall用マニュアル
   

  ※以下は、Excel2007以降のBook版です。
    バーチャート描画に一部不都合がある旨の報告を受けました。-2017/02/14-
    バーチャート描画を利用される方は、上記のa24.lzhの方をお使いください。

 a25.lzh(2,568KB) --- 最終更新日:2016/12/29 ---  
 @エクセル工程図EX100.xlam @本体ファイル(アドイン)
 A工種データEX100.xlsm Aデータファイル
 B簡易インストーラEX100.xlsm B簡易インストーラ
 C最初に読んでね.txt Creadmeファイル
 Dとにかく使ってみよう!.xlsx D試用するための簡単な操作マニュアル
 E更新履歴.txt EEX100の更新履歴
 Finstall.pdf Finstall/uninstall用マニュアル
   
2.インストールマニュアル --- 最終更新日:2015/12/29 ---    
 ※PDFファイルをダウンロードする場合は、マウス右クリックで「対象をファイルに保存」を左クリックしてください。
 a24_install.pdf(Excel97〜2003のBook版) Excelのセキュリティ設定、EXのインストール前の準備、EXのインストール、EXの起動、完全なアンインストール
 a25_install.pdf(Excel2007以降のBook版) 同上  
 
3.ヘルプファイル --- 最終更新日:2009/11/02 --- ※次の@〜Dのファイル(@〜CはPDF,Dはlzh圧縮ファイル)
 ※PDFファイルをダウンロードする場合は、マウス右クリックで「対象をファイルに保存」を左クリックしてください。
 @ex100help1.pdf ( 247KB) @ヘルプファイル No.1(表紙・目次)
 Aex100help2.pdf (1544KB) Aヘルプファイル No.2(本文P01〜P20)
 Bex100help3.pdf (3205KB) Bヘルプファイル No.3(本文P21〜P76)
 Cex100help4.pdf (1045KB) Cヘルプファイル No.4(本文P77〜P90)
 Dex100try.lzh   ( 876KB) D試用するための簡単な操作マニュアル