--- エクセル工程図の Tools & FAQ ---

2015/11/08 エクセル工程図EXの初心者用インストールマニュアルを作成!

■最近、エクセル工程図EX(以下、EXと略す)のユーザ登録(購入)をしていただいた方から、うまくインストールができないというご質問メールを頂戴することが多くなったため、2015/11/08に 次の項目について、Windows7,Excel2010のPC環境で詳しいインストールマニュアルを作成しました。内容は以下のとおりです。
 1.Excel のセキュリティ設定(マクロの有効、保護ビューの解除)
 2.EXのインストール前の準備
 3.EXのインストール
 4.EXの起動
 5.EXの完全なアンインストール
マニュアルの閲覧は次をクリック(ダウンロードは右クリックして「対象をファイルに保存」をクリック)してください。 ⇒ a24_install.pdf  a25_install.pdf

アドインの使用方法(Excel2007〜)

■私の作成したエクセル工程図等のアドインは、主にExcel 2000〜2003で開発しています。ところが、Excel 2007以降はリボンの導入など、 Excel自体の仕様やメニューが大きく変更になっています。同梱のreadme等でもインストールやアンインストールの方法を説明をしていますが、大部分はExcel 2000〜2003での記述となっています。そのため、この「アドインの使用方法」はExcel 2007(以降)でアドインを使用するにはどうすれば良いかを説明しています。
 1.Excel でマクロが使えるようにする方法  
 2.アドインを登録(インストール)する方法  
  (1) 手作業で、任意のフォルダ内のアドインをインストールする  
  (2) Excel 2007既定のアドインフォルダ内のアドインをインストールする  
 3.アドインを完全にアンインストールする方法
■この「アドインの使用方法」の詳細説明についてはこちらをご覧ください。ダウンロードの場合はこのファイル名(howtoaddin.lzh)をクリックして保存してください。
(注)エクセル工程図シリーズの内、 LightとEXについては、トラブルの未然防止のため、必ず任意のフォルダを作成して、同梱の簡易インストーラを使用してインストールしてください。

エクセル工程図関連ツール

■エクセル工程図関連ツール(koutei_tools.lzh)は、エクセル工程図シリーズを末永くご利用していただくためのメンテナンスツールです。これには次の4つのツールが入っています。 FAQにあるようなトラブル等が発生したときなどにご活用ください。
 1.エクセル工程図のインストール状況(Excel 2000以降対応)
 2.エクセル工程図アドインの有効/無効(同)
 3.ワークシートメニュー/ツール(T) とショートカットメニューの初期化(同)
 4.メニュー環境のリセット(同)
■この「エクセル工程図関連ツール」の詳細説明についてはこちらをご覧ください。 ダウンロードの場合はこのファイル名(koutei_tools.lzh)をクリックして保存してください。

エクセル工程図のFAQ

(注1) ExcelVBAや Excelの一般操作に関する Q&Aはれいぞーさん(ExcelFactory管理人)の Q&Aサロンで質問してください。
 ExcelVBAのサロン  Excel一般操作のサロン

(注2) エクセル工程図、エクセル工程図Light 、エクセル工程図Pro 、エクセル工程図EXを、ここでは単に「工程図」と表記しています。
(注3) 該当するエクセル工程図のバージョンは、紙面の都合上次のように略して表記しています。
    ・エクセル工程図  
 … K    ・エクセル工程図LightL
    ・エクセル工程図Pro
P     ・エクセル工程図EX    … E       ・すべて … A          

■Q01-1.工程図のインストール直後は表示されていたと思うのですが、いつの間にかメニューにショートカットが表示されなくなりました。(右クリックのショートカットは表示されます。)どのようにしたら表示できますか?
■A01-1.工程図を起動しておいて、シートをアクティブにした状態でCtrl+Shift+Wとすると、ワークシートメニューがリセットされ工程図が再度組み込まれて、ショートカットメニューが表示されるようになります。たまにこのような現象になる場合があるようです。今のところ、なぜそのようになるのか原因がわかっていません。なお、『シートをアクティブにした状態』がわからない方は、active.xlsをダウンロードしてご覧ください。
※ショートカットキー(Ctrl+Shift+W)機能のない工程図や上記の方法で解決しない場合は、上記の「エクセル工程図関連ツール」又は手動でアドインを一旦無効にし、その後有効にすれば表示されるようになる場合があります。
※Excel2013 では、次回Excel を起動すると再度表示されなくなるため、EXのみCtrl+eのショートカットキーで起動するように修正しています。(下記↓FAQ 参考)
L
P



A
■Q01-2.Excel 2013で、EXの起動コマンドはインストール直後はリボンのアドインの箇所に表示されていましたが、再度エクセルを開くと表示されなくなります。同様に、マウス右クリックで表示されるショートカットキーも表示されなくなりました。
■A01-2.これは最近知ったのですが、どうやらExcel 2013の不具合のようです参考) 。
これに対処するため、2013/03/03にショートカットキー(Ctrl+e)で起動できる機能をとりあえずEXのみに追加しました。この不具合でお困りのユーザ様は最新版のエクセル工程図EXに差し替えてください(アドインファイルのみ上書きすればOKです。)。差替え後、エクセル工程図EXがインストールされていて、アドインが有効になっていれば、どのエクセルブックからでもCtrl+eでEXが起動します。
※ショートカットキー(Ctrl+e)は、必ずシートをアクティブにした状態(Q01-1 参照)で行ってください。
※エクセル工程図のEX以外の他のバージョンについては、現在のところ未対応です。m(__)m
E
■Q02.何かをした拍子に、エクセル最上段のワークシートメニューやその下のツールバー等が消えてしまいました。どうすれば直りますか?
■A02.次の2通りが考えられます。

1.工程図をインストールしている場合
工程図を起動すると、
 のボタンがあります。(これは のボタンとトグルになっています。)前者のボタンはエクセルのワークシートメニューやツールバー等を非表示にし、エクセルを 65%のワイド画面にします。後者のボタンは、ワークシートメニューやツールバー等を表示してノーマル画面に戻します。したがって、不用意に前者のボタンを押すとワークシートメニューやツールバーが消えてしまいます。その時には慌てずに同じボタン(このとき既に後者のボタンになっています。)を押せば通常のノーマル画面に戻ります。

2.工程図をインストールしていない場合
インストールしていない場合や原因がわからずにこのような現象になった場合は、 reset.xlsをダウンロードして開いてください。開いた途端に、ワークシートメニューやツールバーが表示されて直っています。
A
■Q03.自宅のPCでは問題なく動作していますが、会社のPCで起動したとき、このように枠と画像が一致せずにズレてしまいます。原因は何でしょうか?
■A03.会社のPCがデスクトップの画面プロパティが「大きいフォントを使用する」になっているからです。画面プロパティで「通常のサイズ(WinXP 場合)」または「小さいフォントを使用する」にしてください。なお、画面プロパティの設定方法は、Windows XPでの説明例ですが、property.xlsをダウンロードしてご覧ください。 A
■Q04.エクセルファイル(工程図以外の以前からのファイル全て)を開こうとすると、エラー「C:\○○○\工程図.xlaが見つかりません」と毎回出ます。その都度OKを 3回ほどクリックすると開けます。どうすれば良いのですか?
■A04.工程図が完全にアンインストールされていないのに工程図関係のファイルが削除または移動されたからです。すなわち、エクセルがまだそのフォルダに工程図があると記憶しているからです。これを解決するには、完全に工程図をアンインストールする必要があります。
Excel 2000〜2003をご使用の方はuninst.xlsをダウンロードしてご覧ください。Excel 2007以降をご使用の方は上記の「アドインの使用方法」をご覧ください。
A
■Q05.簡易インストール後、エクセルを起動し工程図を起動すると「工種データのバージョン違うか、または工種データが『アドインと同じフォルダ』か 『C:\My Documents』にありません。」というエラーメッセージが出ます。何が原因なのでしょうか?
■A05.原因として、次の1〜3の3つの場合が考えられます。

1.ライブラリーのドキュメントフォルダにインストールしている
最近のOSのライブラリーのドキュメントフォルダは架空のフォルダです。このように実際のフォルダはマイドキュメントとパブリックのマイドキュメントです。この場合は、ex_install.xls(Win7でEXをインストールする例)をダウンロードして参考にしてください。

2.
Cドライブ直下のC:\My Documents にインストールされていない(エクセル工程図 Ver1.60場合)
OSがWinXPやWin2000以降の場合、My Documentsフォルダは Cドライブの直下にはありません。私の例で申し上げると"C:\Documents and Settings\itochan\My Documents"となっています。このように、ユーザの名前のすぐ下にありますので、ここに工種データが置かれている場合はエラーとなります。同梱の簡易インストールでインストールする場合は、 Cドライブのすぐ下にMy Documents(=C:\My Documents)フォルダを作成する必要があります。
※フリーソフトの Lightとシェアウェアの ProとEXの場合は、必ず任意の名前のフォルダを作成し、簡易インストールでそのフォルダにインストールしてください。
 

3.工種データのバージョンが違う
同梱の工種データを使用してください。その場合、ご自分で登録されたデータがある場合は、新しい工種データにコピーすることを忘れないでください。


A




K
L







A
■Q06.工程図をインストールしましたが「マクロが無効です」と出て起動しません。
■A06.新しいバージョンの Excelは、セキュリティがデフォルトで高または最高に設定されています。この状態ですとマクロは動作しません。Excel 2000〜2003をご使用の方はsecurity.xlsをダウンロードして設定変更を行ってください。Excel 2007以降をご使用の方は security.xlsxをダウンロードして設定変更を行うか、又は上記の「アドインの使用方法」を参考にしてください。
最近(2016/04/02)になって、Excel2010で「マクロの有効化」を作成しましたので、こちらの方もご覧ください。m(__)m
A
■Q07.工程図を簡易インストーラでインストールしましたが、アンインストールの方法はどのようにするのでしょうか?
■A07.アンインストール方法は、Excel 2000〜2003をご使用の方はuninst.xlsをダウンロードしてご覧ください。Excel 2007以降をご使用の方は上記の「アドインの使用方法」をご覧ください。  A
■Q08.工程図を起動すると、実行時エラー '13':型が一致しません」というエラーが出ます。対処方法を教えてください。
■A08.このエラーが出るPCは日付の表示方法がマクロ記述と合っていないからです。 error13.xlsをダウンロードして対処してください。 A
■Q09.工種のテキストボックスをネットワーク線の上方に出力したいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?
■A09.エクセル工程図Pro1.10aの例になりますが、これをご覧になるか、 tejun.xlsをダウンロードして 参考にしてください。 A
■Q10.1台のパソコンにExcel 2003とExcel 2007をインストールをしています。この2つの異なるバージョンの Excelで工程図を起動させたいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?
■A10.エクセル工程図EXの例ですが、 2_excel.xlsをダウンロードしてご覧ください。 P
E
■Q11.意図したネットワーク線が描画できません。例えば、次図で上のようなネットワーク線を描こうとするのですが、なぜか下のようなネットワーク線が描けます。
■A11.Excel でいろいろと図形を描いている内に、無意識に図形の既定値設定を変えてしまう場合が良くあります。このような状態でネットワーク線などを描くと意図していない図形が描画されることになります。直し方は、それぞれ network1.xlsx network2.xlsx network3.xlsxをダウンロードしてご覧ください。EXのマニュアルP46〜P47の「意図した図形が描画できない場合【重要】」にも説明していますので参考にしてください。 A
■Q12.ネットワーク線の交差がうまく描画できません。例えば、次図で左のような交差線を描こうとするのですが、なぜか右のような交差線が描けます。
■A12.Excel 2007以降では、図形の既定値として、最初から普段もっとも使わないと思われる色が設定されています。このような状態でネットワーク線などを描くと意図していない図形が描画されることになります。直し方はcross.xlsxをダウンロードしてご覧ください。 A
■Q13.EXでネットワーク線に端子番号を入れたいと思って、工程入力フォームの端子番号の付加ボタンをクリックすると、「Excel 2007以降でイベント番号を入力する場合は、事前に上下左右の内部余白を0にしたオートシェィプ又はテキストボックスを作成後、その図形をExcel 2007以降の既定の図形に設定しておく必要があります。」といった内容のフォームが表示されます。この意味を具体的に教えてください。
■A13.Excel 2003までは、オートシェィプをテキスト編集する場合、初期値では上下左右の余白は入っていませんでしたが、Excel 2007以降では、予め左右に0.25cm、上下に0.13cmの余白が入っています。Excel 2007以降でわずか10ptほどの円の中にイベント番号を入力するには、この余白を0にする必要があります。詳細は、event_num.xlsxをダウンロードしてご覧ください。 L
P
E
■Q14.工程図をExcel 2007以降で開くと、毎回、互換性チェックのダイアログボックスが出てきます。なんとかなりませんか?
■A14.EXは2013/04/27にコード記述で修正しましたが、他の工程図については、手動でダイアログボックスの下方にある"□このブックを保存するときに互換性を確認する(H)" のチェックをはずしてください。 A
■Q15.Excel 2010の 64bit版で工程図(EX)を開くと、"コンパイルエラーが発生しました"というダイアログボックスが出てきて、それから前へ進めません。対処方法はないですか?
■A15.Win32API(Windows 32bit API) を使用している個所にエラーが発生していました。とりあえずEXのみ、2013/05/18にWin32APIの箇所をすべて VBAコードに書き直しました。 E
■Q16.以前に作成していた工程表を本日開いてみると、下の様なエラーメッセージが出て、[はい]をクリックすると、「読み取れなかった内容を修復または削除することにより、ファイルを開くことができました」という内容の[<ファイル名>の修復]ダイアログが表示され、シート上のすべてのネットワーク線が消えて見えなくなってしまいました。    
 ***********************************************************************************
  <ファイル名>には読み取れない内容が含まれています。このブックの内容を回復しますか ?
  ブックの発行元が信頼できる場合は、[はい]をクリックしてください。
 ************************************************************************************
■A16.Excel2007 以降のバージョンで、直線または矢印オブジェクトをセルの枠線上に配置し、その直ぐ下に行を追加、または直ぐ隣に列を追加してxlsx形式で保存すると、次回ファイルを開くときに上の質問の中にあるメッセージが表示され、ファイルを開くことができません。このメッセージで[はい]をクリックすると、「読み取れなかった内容を修復または削除することにより、ファイルを開くことができました」という内容の[<ファイル名>の修復]ダイアログが表示され、シート上のすべてのオブジェクトが削除されしまいます。詳細は下記URL 又は当ホームページのここをご覧ください。
 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2874393
【原因】
このエラーは、"線の位置情報"の不整合が生じるためエラーが発生します。
【解決方法
 ・Excel2013 では、Office2013のServicePack1をインストールします。
 ・Excel2010 では、Excel2010 の修正プログラムパッケージをインストールします。
 ※Excel2007 はメインストリームサポートが終了しているため修正プログラムはありません。
【回避策】
1.xls 形式で保存すると次回そのファイルを開くときに、線の位置情報の不整合は検知されないのでこのようなエラーは発生しません。
2.行を挿入する前に、挿入する行のすぐ上や隣にある直線または矢印オブジェクトの [サイズとプロパティ] をツールで次のように変更することで、ファイルの破損を防止することができます。
 ・セルに合わせて移動するがサイズ変更はしない
 ・セルに合わせて移動やサイズ変更をしない
A

Menu

築城10年落城1日

■信頼関係を構築するにはこつこつと長い時間をかけなければいけないが、信頼関係が壊れるのはあっという間だ、ということは誰もが知っているとおり。
■特に、ビジネスは信頼関係が一番だ。インターネットは非常に便利な反面、無法地帯ともいえる陰の部分がある。この世界で、果たして信頼関係は構築できるのだろうか。ビジネスは成り立つのだろうか?
■詐欺や詐欺まがいが横行するこの世界で、無謀にも今私はこれに挑戦していることになる。
■長年、拙いながらもフリーソフト(一部シェア)を作成してはアップロードしてきた。どんな些細な質問でも丁寧に回答してきた。顔は見えないが、誠実にPCの向こう側の人と対面してきたつもりだ。これからも地道ではあるが、この方法を続けるしかないと思っている。
       2013年05月吉日
          管理人 itochan

 
  インターネットの世界