白髪を防ぐには

 “白髪”の原因とメカニズム
1本1本 の髪の毛の毛根の先端部の毛球には、毛乳頭という突起があり、毛細血管で運ばれてきた養分を蓄えているそうです。 この毛乳頭を、毛髪をつくる毛母細胞が取り囲んでいて、毛乳頭から養分を得て、次々に細胞分裂し、毛髪をつくり出しているそうです。
 こうしてつくり出された毛髪が少しずつ上に押し上げられ、頭皮の上に頭を出し、徐々に伸びて行きます。
 毛母細胞そのものがつくり出す毛髪は、もともとは白髪だそうで、ここに、色素細胞(メラノサイト)がつくり出したメラニン色素が毛髪内に取り 込まれること で、日本人であれば、大体の人が黒色、世界的に見れば、金色や茶色と言った色が着くそうです。
 最新の研究成果から、白髪ができるのは、色素細胞(メラノサイト)の働きが、何らかの原因で弱まったり消失したりして、髪を黒くするメラニン 色素が作られ なくなったためと考えられています。
1本の髪の毛の寿命は、男性で3〜5年、女性の場合は4〜6年と言われ、寿命が来ると、髪の成長がストップし、やがて脱毛し、3、4ヶ月をかけて、新たな 毛球が作られ、やがて発毛が始まります。 健康な頭皮内であれば、寿命による脱毛が起こっても、次の毛髪が生えるときに、色素細胞(メラノサイト)が再配置され、メラニン色素が作られますが、何ら かの原因で再配置が起こらないと、白髪となってしまうそうです。
 この、色素細胞(メラノサイト)がスムーズに再配置されない原因として、現在のところ、以下の5種類の原因が考えられているそうです。
これらの原因が、ひとつ、あるいは複数重なって白髪が進行すると考えられています。 従って、これらの原因を、適切なケアや健やかな生活習慣によって、取り除いたり軽減することで、ある程度は発生を遅らせたり、減らすことはできるというこ とになります。
(1)遺 伝
経験的に、親が白髪が多かったり、若くから白髪が出て来る タイプの場合、その子供も、同様の傾向があるように感じますが、どの程度、関連があるかや、遺伝 情報のどの部分が関与しているか等、詳しいことは未だほとんど解明されていないそうです
(2)加 齢
体の老化によって、様々な器官や細胞の機能が低下する傾向 がありますが、色素細胞(メラノサイト)も、加齢によって機能が低下して行くと考えられます
(3)生 活環境や生活習慣
気温や防止をかぶった際の湿度などの外的なものを始め、ミ ネラルやビタミン、タンパク質の摂取状況等の食生活、頭皮が清潔に保たれているか等のケアの状態等によっても左右されるそ うです。
(4)病 気
慢性の胃腸疾患や、貧血症、甲状腺疾患などの病気がある と、急に白髪が増えることがあります。
また、尋常性白斑(じんじょうせいはくはん)ができると その部分が白髪になったり、円形脱毛症だった部分が白髪になるケースもあるそうです。これらは、病気が完治すると、元の黒髪に戻る場合もあるそうです。
(5)ス トレス
古くから「苦労すると白髪が増える」と言われて来た様に、 ストレスは、白髪にも大きく関与しているようです。
ストレスにより、体内の生理的バランスが崩れ たり、器官や細胞の機能が阻害され低下する等が起こるためと考えられます

 “白髪”を予防するには
白髪に は、上述の様な原因の一つ、あるいは、多くの場合、複数が重なって進行するものと考えられますが、白髪は、上述の様な原因の一つ、あるいは、多くの 場合、複数が重なって進行するものと考えられており、これらの原因を取り除いたり軽減することで、白髪の発生を遅らせたり、減らすことができるものと考え られます。
日頃の生活の中で、白髪の原因を取り除いたり軽減するために有効な取り組みとして、以下の様なものが考えられます
(1)老 化予防
現在の科学や医療技術等では、老化は、誰もが避けて通れな いものですが、一般的に言われている様に、規則正しい生活や、7、8時間等十分で、深さがある 質の良い睡眠の確保、ビタミンやミネラル、植物繊維等バランスの良い食事、定期的な適度な運動、趣味や楽しみの機会を持つ等を習慣にすることで、身体の老 化は、ある程度、遅らせる ことができると考えられています
(2)食 生活の改善
老化の予防(老化を遅らせること)にも役立つことですが、 人間の身体の他の多くの部分同様、健康な髪を作るには、タンパク質と各種アミノ酸(いずれも髪の 主成分)や、カルシウム(メラニン色素を生成するメラニサイトを活性化する働きがあるそうです)、亜鉛(免疫機能の維持お始め健康維持に重要な亜鉛は、髪 の毛の健康の維持にとっても重要だそうです)、銅(メラニン色素の元となるアミノ酸の一種・チロシンを黒くする働きがあるそうです)等のミ ネラル、老化予防の代表格ビタミンEを始め各種ビタミンが必要です。
日本では、古くから「黒い食べ物」が白髪の予防に役立つと言われて来ましたが、「黒ゴマ」は、カルシウムやタンパク質を豊富に含むだけでなく各種ミネラ ル・ビタミンを含有し、科学的にも、髪の毛を黒く保つのに効果が高いと言えます。
日頃の食事で、これらを十分に、かつバランス良く摂取することも大切と考えられますが、仕事などで食事が不規則になった り、外食を強いられたりで栄養やビタミン、ミネラルのバランスが確保しづらい場合は、サプリメントを補助的に用いるのも有効です。
医者が選んだ【白髪対策サプリメント】
古くから白髪予防漢方として愛用されて来た“アキョウ”を含むサプリ
(3)ス トレスの防止
適度なストレスは、健全な日常生活にとっても必要とされて いますが、過度なストレスが胃潰瘍や大腸炎を始めとする様々な病気を引き起こすことが知られてい ますが、同様に、髪に必要な色素を作ったり髪を成長させる機能を低下させるものと考えられます。
日頃の生活に適度な運動を取り入れたり、趣味や娯楽で気 分転換や心身のリフレッシュを図る等、自分なりのストレスの発散法やストレスを、ためない生活習慣を身に付けることが大切と考えられます
(4)頭 皮のケア
毎日の洗髪で、頭皮を清潔に保ったり、洗髪の際に指のハラ の部分で頭皮のマッサージを十分に行い、血行を促進し、頭皮の新陳代謝を促進したり、毛根に十分 な栄養やミネラル等が供給される様にする等、頭皮のケアやマッサージも大切と考えられます。
頭皮マッサージの際は、血液やリンパが、頭の前側から後ろを経 て首に帰る様に行うと効果的と言われています。
また、ヘアコンディショナー等により、プロテインなどの髪に必要とされる栄養分を髪の外部から補う事も、血管を通して頭皮に送られる栄養分を頭皮と髪の毛 の両方 に回せる様になるため、白髪の予防にも効果があるt考えられます。
(5)白 髪染め/白髪ぼかし
増えてしまった白髪が気になってストレスになってしまった り、白髪のせいで外出や人に会うのが億劫になってしまい、それらが、ストレスの発散の妨げになる ことも考えられます。
以前に比べ、簡単で便利な白髪染めや白髪ぼかしも、たくさん出ていますので、これらを有効に活用して、前向きで積極的な毎日を送るこ とも大切と考えられます
毎日の洗髪だけで白髪を染められる天然植物成分配合のシャンプー
毎日の入浴で手軽にできるヘアートリートメントタイプの白髪染め





















♪このページへはリンク・フリーで す。気に入っていただけましたら、お気軽にリンク下さればと思います。
 リンクいただくに際して、ご連絡等は一切不要です。宜しければ以下のコードもご活用下さればと思います。
<a href="http://www.page.sannet.ne.jp/iwaida-tao/shiraga.html" target="_blank">『白髪を防ぐには ー 白髪の原因と予防法 ー』</a>