Go! note  現ページ this page 無料のmidiデータ 味に拘(こだ)わる果樹栽培(fruits-farming) アマチュア無線,技談 LINKs  Go!
JA1JOR's logo
 アマチュア無線局 JA1JOR Op.鬼澤(Onizawa) QTH:水戸市飯富町(塙) 
JA1JOR's total visitors The quantity of total visitors
無料のmidiデータ
♪MIDI
更新 2016/01(Jan)/04
<= 拙者が作成(encode)した"無料のmidiデータ"です。
  なつかしい 叙情歌(抒情歌), 童謡(唱歌)
などの著名曲が楽しめます。
果樹栽培(fruits-farming)
FRUITs
更新 2016/05(May)/11
<= 味に拘(こだ)わる果樹栽培: アンズ, いちじく, 柿, キウイフルーツ, 栗, スモモ, ネクタリン, フェイジョア, ブルーベリー, ポポー, 桃, アライグマ対策, ハクビシン対策, スズメ蜂&ハエ駆除(ペットボトル活用), モグラ追出し(ペットボトル風車), 月下美人を多数回咲かす裏ワザ etc.
アマチュア無線,技談
Ham
更新 2015/08(Aug)/16
<= アマチュア無線, 無線局電子申請, デジカメ選定(ピンボケ etc.), D-STAR, CYBER(コピューター・ネットワーク社会=パソコン談義,技術話題談義)他
   Not confirming QSO by UC No confirming QSL by the UC's QSO .
Links <=   Our favorite  L i n k s  一 覧

Mail box
Mail_to
<== 左をクリックしてE-Mailが書込みできます。
<注>ご記入頂く貴方のアドレス名の[@以降]が、世間に広く知れ渡ったISP(プロバイダ-)のドメイン名が適切です。
  残念ながら spam連中が乱発、乱用する[…@hotmail.com]などでは困ります。

 携帯電話用ガイドJA1JOR
note 水戸市にて2035年9月2日に観測できる皆既日食
    ・太陽が全て隠れ始まる時刻: 10時08分42秒 JST
    ・太陽が全て隠れている時間:      2分36秒間
    ・太陽の一部が見え出す時刻: 10時11分18秒 JST



    悪質メール(virusメール等も)対策(for Windows)
●メールを取り込む前に、先ず、任意なメールを削除する方法

   OutlookやShuriken 等のメールソフトで[メール]をPCに本格的に取込む前に、
   プロバイダの受信メールサーバーに届き、在庫しているメール(群)の中から任意の邪魔なメールを同サーバーから削除してしまう方法

 (*) 大抵のプロバイダ(ISP)では、@ユーザー側によるメールの受信拒否が設定できたり、Aプロバイダ側が設置したウィルス・撃退ソフトなどでも処理できるが、これら@、Aを通り抜け、在庫しているメール群中から任意(邪魔)なメールを削除してしまう。


(1) このために、無料アプリケーション フリーソフトnPOPを活用する。このツールは使用期限も機能制限も無い。
  このツールで処理後に本格的にOutlookやShurikenのメール アプリ等により受信・取込する。
  nPOPのうち、Win32版では、Windows 8.1、8、7、XP、2000などのWindowsバージョンに対応している(私は Windows 8.1(64bit)とWindows 2000で現用中)。
  [nPOP]の入手先は [nPOP]制作者のホームページにあり、Win32版を入手(Down Load)するが、他のOS対応版もあるので間違えないように注意する。また、使用方法など説明の他に、『●悪質メール(virusメール等も)対策』の説明を掲載している多くのサイトへのリンク先も掲載している。
  ダウンロードしたnPOPを解凍して得られたファイル群は、すべて一緒になって1つのフォルダに収容される。
  設定の詳細や関連などは nPOPの入手先サイト や、nPOPを解凍して得られたファイル群は、すべて一緒になって1つのフォルダに収容され、ここに同梱)の付属の取扱説明書をご覧ください。
  デスクトップ上にショートカット(nPOP起動アイコン)を作成する方法は、このフォルダにある npop.exe を右クリックし、[送る]にマウスポインタを載せ、[デスクトップ上にショートカットを作成する]をクリック選択する。
  プロバイダ(ISP)に接続するアカウント設定が、初期設定の際に必要なので、初めてのnPOP起動の前に先だって、プロバイダ(ISP)に接続のためのアクセス パスワードなどを予め調べておこう。
  初めてnPOPを起動した時、設定画面が出てくる。自分が加入しているプロバイダ(ISP)に接続するためのアカウント設定などである。
  受信メールサーバー(pop)に直接アクセスするための設定(受信メールサーバーへのアカント設定)は、初めてnPOPを起動した時に、問い合わせ的な画面が出て、これに応えるようにキー操作していくと設定できる。
  なおも不明や不調な場合は、 [nPOP]制作者のホームページにある説明文をご覧ください。

(2) このツールの特別設定方法など
   注目 メール群のリスト表示、メールヘッダーだけ表示、の各設定法.txt
  この設定によって、受信メールサーバーにこのツールによってアクセスした場合、今現在、在庫中のメール群が@リスト表示されることと、危険かも知れない本文を開かずにAメールヘッダーだけを表示させること、在庫メール群の中からB任意メールを選んで削除すること、など@、A、Bが各々できる。

  次項(3)にメール・ヘッダーの説明があり、これにより削除すべき対象を選び削除するのだが、メール・ヘッダーについて無知では、単に、在庫中のメール群から、気に入らんメールを選び、上記(2)項の説明方法により削除しよう。
  上記(2)項の説明で、クリックして表示される[メール群のリスト表示、メールヘッダーだけ表示、の各設定法.txt]の中にある[4 運用操作]の[(6)任意のメール削除]に削除法の説明がある。削除には2種があり、メールの表示を削除と、メール自体の削除とがある。ここでは後者である。前者では削除したハズだが、取り込まれてしまう。十分注意し、取り違えないこと。

  メール・ヘッダーはメールの本文などとは別種のもので、メールが投函・発信され、届くまでに関与したルート上におけるネットワーク システムの全記録。
  メール・ヘッダーの中身が意味することは極めて重要な検証資料だが、専門的であり、頻繁に眺めていると、徐々に慣れて自然と判ってくるであろう。説明は長文になるので省略します。
(3) メールの本格的なPC取込前に、上記の[nPOP]によりメール・リスト群を見て、疑問なメールについては、このメール・ヘッダーを検証する。
  以下のメール類は削除対象である。
  o 差出人が受信者と同一な奇妙メール。
  o メールのタイトルから判断し、金儲け・求職・ギャンブル、注文確認、興味・関心などをそそるようなメールや、緊急にパスワード変更などを確認・勧誘するメール。
  o メールのタイトルを見ただけでは判断困難だが、ウィルス・撃退ソフトに引っ掛からないように、メールの本文が平常文で綴られているはずで、ウィルス満杯の秘密サイトや、著名なホームページに似せたニセのホームページへ誘導するURL(アドレス)を載せてたり、また、既知の有名社名や、このURL名と1字違いのメール。
  o LANを構築し、これからインターネットへ接続して来るメールで、 LANに使用できるIPアドレスは定められているのだが、故意にIPアドレスを偽装して某諸外国のIPアドレスを使用し、いかにも某国から来たかのように、メール・ヘッダーを偽装したメール。ウィルスも添付して来る。感染した者は、自分のPCが外部から遠隔操作されたり、陰のネットワークにはめられているとは知らない。これが最近増加傾向にある。専門的だろうが、LANに使用されたIPアドレスが規定かを一応検証しよう。IPアドレスが規定でも安心できない。国外メールを排除かも。
(IPアドレスは数字構成)
  これらは[nPOP]により削除できる。

  以上の措置後に、OutlookやShuriken 等により本格的にメール取り込みとなる。




ハッカー(Hacker)は、犯罪者などではない  善良な者だ。
    コンピュータ犯罪者などを「クラッカー(Cracker)」と言う。

  つまり、
o クラッカー(Cracker)とは
  コンピュータ・システム破りやコンピュータ・ネットワークを悪用して各種の犯罪を犯す者。

o ハッカー(Hacker)とは
  コンピュータに強い関心があり、コンピュータを使って実験したり、コンピュータの限界を確かめたりすることに情熱を燃やす者。

マスコミ(ジャーナリスト)は「クラッカー」と「ハッカー」とを混同・誤報している。
    政府機関がそう言っていると依然として逃げた言い訳で、正確な報道が感じられない



§ ここに掲載してある著作物等取扱い留意点 §

  営利を目的とせず、自己責任において、家庭内で、ご使用・利用・活用等されるのが大原則です。
  この大原則に少々外れてご使用等される場合は、ご使用等前にメールください。なお、大幅に外れる(例えば、営利的に常用、頻用等)のは許諾しません。

このページの始めへ戻る return