My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

3B6 7SP-2007
* Agalega  St. Brandon Islands *

Ham Radio DX-Pedition * http://www.page.sannet.ne.jp/ja3aaw/3B6SP-2007.html
概 要

急遽、運用場所変更

Updated: 2007/05/30 → 06/15
  コール: 	 3B6SP   → 3B7SP
  運用期間: 	 2007/06/06-06/18  → 2007/06/09-06/20  
  Operators:  	SP9MRO/Leader  SP3MGM  SP3RBG  SP3RBR  SP5BFX 
              	SP5XVY  SP6EQZ  SP9PT  SP9SX  RD3AF 
  バンド他:   	10-160M Bands   * CW, SSB, Digital 
	       160m     80m    40m    30m     20m     17m     15m     12m     10m
	 CW    1821.5   3521   7021   10121   14021   18081   21021   24901   28021 
	 SSB   1845     3780   7063      -    14185   18136   21290   24930   28490 
	 RTTY    -      3590   7040   10140   14084   18104   21084   24924   28084 
	 PSK     -        -    7038   10142   14072   18102   21072   24922   28122 

  * QTH:      	Agalega islands, Mauritius   * 10.23'S / 056.37'E 
  * QTH:      	Raphael Island, Cargados Carajos, St. Brandon, Mauritius 
              	* 16.26'S / 059.36'E 
  * JA1→3B6: 	方位= 258゜ * 距離= 10,100Km 
  * JA1→3B7: 	方位= 251゜ * 距離= 10,200Km 
  * Sun-:     	Date      Rise   Set  (Data from U.S. Naval Observatory) 
              	June-06   0226z  1358z 
              	June-10   0226z  1336z 
              	June-20   0229   1337 
  * Web site: 	http://3b6.godx.eu/ 
    ログ      	ログのアップロード状況   (検索可能) 
    ログ検索:	http://3b6.godx.eu/index.php?option=com_searchlog&Itemid=68

  * QSL via:  	SP9SX		 [直線距離 3B8-3B6間=1,090Km、 3B8-3B7間=470Km]

3B_map-2.gif 62Kb Microsoft Encarta world atlas より 最新 情報

 ●Date: 2007/05/29 → 06/16 ●Sub: 3B7SP * St Brandon Is  * By SP oprs 
● ● No img/ani_034.gif 6KB No ■ ■
--(06月15日)------------------------------------------------------------------------- 3B7SP の終了日が 6月19日 → 20日へ 1日延長に! ◆皆さんへのお願い JA3AAW 吉田武史 <ja3aaw(a)sannet.ne.jp> "06月11日-2" の記事に書いた 3B7SP チームの北米担当パイロット局の Andy VA3PL から下記の 通り、JA 局に対する問い合わせが来ております。 ご協力下さい。 1) 3B7SP がどのように受信出来ているか 2) 本DXペディションをどのように評価しているか 3) 3B7SP の各バンド/モードの録音が MP3 ファイルでほしい お願いしたい内容は; 1) については、信号がどの程度の強さで聞こえているか。 その時のアンテナの種類と高さ、日 時、JA局のパイルアップ状況。 2) は、思ったままの本 DXペディに対する感想。 3) は、録音 時のバンド/モード、日時、受信アンテナの種類と高さを書き添え、 容量は出来れば 3MB以内の MP3ファイルでEメールに添付して下さい。 先方へは匿名希望でしたらその旨お書き下さい。 私からは「JA1 エリアの A局」と云った具合に します。 (但し、私への匿名はスパムEメールとして即、削除します)。 依頼の内容の一つでも 宜しいので、リピートで私のページをご覧頂いている方々のご協力を宜しくお願い致します。 早い方が宜しいが、特に期限は切りません。 m(_ _)m ★Subject: Re: Any news on 3B7SP? Date: Thu, 14 Jun 2007 11:29:01 -0400 From: "Andy Pfeiffer - VA3PL" Hi Yosi The 3B7SP will QRT on 20 June 2007 subject to change. They have a 4 stations on air. Can you give me some feedback as to how they been received Japan? Also can you give me some feedback as to how the friends in Japan appraise their operation? Can you ask someone in Japan to make audio recording on various bands and modes and ask them to send it to me. I need MP3 recordings. Make audio recording in chunks up to 10Mb in length. Thank you. 73 de Andy - VA3PL --(06月14日)------------------------------------------------------------------------- 一時駄目かと思っていたログデータはもたつきながらアップロードされている。 アップロード状 況のページの File-name にある日時の後の A から D までの文字は 4つの無線局に付けられた記 号だと思います。 従って 4つ共出揃わなければ、その日時までに QSO していても抜け落ちている事があると考えら れます。 (私の方へ問い合わせされた方々、如何?) もうそろそろローバンドの 80/160M にも出てくるかと目覚まし時計をセットして 日の出前に起き た。 3521 CW の 3B7SP は結構強かったが、その分 JA局も多くが呼んでおりゲットするのに 10分 余り掛かった。 その後の 3503 CW の 5H3EE は 2、3分で出来たが。 果たして 160M の QRV は どうなるのか。 せめて JA の日の出頃に 3日間は出て欲しいところだが。 --(06月11日-3)----------------------------------------------------------------------- モーリシャスを 6月02日に出港してから初めてのニュースがやっとチームの Web ページに上がっ て来た。 詳しくはサイトの Newsletter No. 10 をご覧に。 チームは 80% のアンテナを設置し無線局 4つがある。 Web サイト管理者はインターネットから 離れおり、この状態を変更出来ない。 特にオンラインログもしかり。 チームは凄いパイルアッ プを受けているが、ベストを尽くすようトライする。 --(06月11日-2)----------------------------------------------------------------------- 例の SP5ELA によると、矢張り 3B7SP の運用許可は Jacky 3B8CF の努力で得たそうで、チーム と Jacky はデイリーに 40M でコンタクトしている由。 又、下記のEメールは私がチームの Web ページを通じて問い合わせに対する北米担当のパイロッ ト Andy VA3PL からの返事。 彼によると、チームの Web サイトは 3B7SP 運用メンバーの一人が 担当しているとの事。 これでは、その作業も難しいと思われ、何故チームは衛星かハム通信を通 じて後方支援者に情報を送って、そこでアップデートして貰わないのかと ..。 また、本文にはレユニオン島の火山噴火が原因で彼等の乗船している「Josephina」号にダメージ 与え、浸水もした由. (SP5ELA も同様の事を書いている)。そして、海難航空機の出動もあったと。 何が災いするか分らない。 ★Subject: Re: Any news on 3B7SP? From: "va3pl @ primus.ca" Date: Sun, 10 Jun 2007 22:23:37 -0400 Hi Yosi Their catamaran sustain severe damage on route to Agalega Isl. 3B6SP. The accident happen when volcano erupted on Reunion Isl. Their catamaran was badly shaken and boat was flooded with water. The navigation equipment got damaged and one of engines as well. They send distress call using their ham radio equipment for help. The plane came in to locate their position and then fishing boat arrive and put them on towing. Due to the fact that all this happen the DX'pedition team members decide to change their plans and operate from St. Brandon instead. They were planning to do official web page updates from Agalega but now they lost that ability and they do not have a way to update their official web page. Also web master is one of the crew member. Please free to place this on you web If you have any other question do not hesitate to ask. Also spread this word around. I heard that someone else in Poland will set other web page for 3B7SP expedition. Can you place this info in english on you web page, please 73 de Andy - VA3PL - Pilot station for North America. --(06月11日-1)----------------------------------------------------------------------- OPDX ニュースによると、悪天候と高波のためにエンジンの一つが駄目になったので、行き先を 3B6 から 3B7 へ変えざるを得なくなった。 でも全員は安全で船は Raphael 島へ漁船に曳航され た。 同島はサッカー競技場のようで(その大きさしかない)、2つの建物のうち一つは海上保安局、 もう一つは気象局の建物で6つのバンガロウ部屋があるが、水も電灯もない。 たった一つの発電 機と 2本のワイドバンド G5RV アンテナだけである。(これは島の設備を云っている? でも電灯 がないとの関係は? 3B7SP チームは昨日の昼間は 3波で QRV していた)。 チームは船が修理されている間の 3B7SP 運用許可を受けた。 DXペディションの運用は 6月19日 まで続くと思われる。 新しい詳細はチームの Web サイトを見よ。(と云っているが 6月01日以降 は何もアップデートされていない)。 :-( ★Subject: Ohio/Penn DX Bulletin #812 * June 11, 2007 3B7, ST. BRANDON ISLANDS (Not Agalega/DXpedition Update). Dxpedition leader, Witek, SP9MRO, and his team encountered problems with their catamaran on their way to Agalega Island (3B6) and had to head to St. Brandon Island (3B7) instead. It seems their catamaran "Josephina", had lost one of two engines and a sail which was torn due to high winds and bad seas. However, all are safe and the catamaran was towed by a fish- ing vessel called "Covadis" to the Island of Raphael (St. Brandon Island). OPDX was told that St. Raphael Island "is like a football play ground with two buildings, one for the Coast guards and the second, a 6 room bungalow for the Meteorological services, but with no water and light, only one generator and two wideband G5RV and lots and lots of birds, this place is more beautiful than Agalega." The team has received permission to operate as 3B7SP while their catamaran is being repaired. Activity will possibly last until June 19th. QSL via SP9SX. For more possible details and updates, visit the 3B6SP Web page at: http://3b6.godx.eu/ --(06月09日-3)----------------------------------------------------------------------- 3B7SP の最初のスポット 14185 SSB が今日11:30Z 前に上がって来た。 --(06月09日-2)----------------------------------------------------------------------- Les GM3ITN が自分の URL を見るようにとパケクラにスポットを上げていたので .. それによると、本チームメンバーの SP9PT からの情報として、彼等の乗船している「Josephina」 は漁船「Covadis」に牽引されてセントブランドンの Raphael 島に到達した。 Jacky 3B8CF からの最新の情報では、チームは同島に12日間程滞在し「Josephina」号が修理される のを待っている間、3B7SP で運用の予定だと。 まあ、10日ほどの運用だと時間的な余裕があるので、 3B7SP 運用にかなりの期待が持てるかと。 (3B8CF 等がチームからの要請を受けて当局と交渉し、運用許可を取り付けたと思われる)。 ★GM3ITN Web-page (http://www.gm3itn.co.uk) より 06/06-18/06 3B6: Agalega (AF-001) * by SPs ***Ship has broke down*** The 3B6SP team en route to Agalega encountered serious problems with the catamaran "Josephina", which lost one engine and a sail. All on board are safe and sound, and the catamaran, towed by the fishing vessel "Covadis", reached Raphael Island, Saint Brandon (AF-015). According to the lastest information from 3B8CF, the team expects to remain there for some 12 days and to be active as 3B7SP while waiting for the "Josephina" to be repaired. [TNX SP9PT] --(06月09日-1)----------------------------------------------------------------------- Jim AD1C がメーリングリストに流した情報; "The Daily DX" ニュースによると、ポーランドチームは運用許可を得て、短期間 間もなくセント ブランドン諸島から 3B7SP のコールサインで QRV すると。 当局から運用許可を得たのは結構な事だ が、私共ローバンダーにとっては、余り期待出来ないよう に思われる。 160M は無理か? それにしても、一番頼りにしているチームの Web サイトから新しいニュースが出て来ないのは残念。 気をもませた BS7H でさえ、出港後は連続して情報を提供してくれていたが。 ★Subject: [DX-NEWS] 3B7SP - St. Brandon Date: Fri, 8 Jun 2007 09:48:09 -0700 (PDT) From: Jim Reisert AD1C According to The Daily DX, the team from Poland has obtained operating permission and will be QRV as 3B7SP from St. Brandon shortly. This is the same DXCC Entity as Agalega, 3B6 but a different IOTA. 73 - Jim AD1C
 ●Date: 2007/05/29 → 06/07 ●Sub: 3B6SP * Agalega Isl.  * By SP oprs
--(06月07日)------------------------------------------------------------------------- 昨日パケクラに「SP Team on ship-->St. Brandon」のスポットを上げていた SP5ELA に同じポーラ ンド人と云う事で真偽を尋ねて得た返事は下記の通りであった。 「ペディションチームが乗っている船舶 (Catamaran=双胴船と思われる) の2つのエンジンの内の 一つが駄目になった。 船はたった 3miles/hour(時速4.8Km=歩く速さ) で航行している。 状況は悪 い。 船はセントブランドン島(3B7) 近くにいる。 6万ドルの費用が無駄に ..」とある。 海外のメーリングリストに一人が「Since the DXCC entity is "3B6, 7 Agalega & St. Brandon Is." I wonder why they don't just operate from St. Brandon instead?」と書いた。 私も同じ 風に一時考えたが、お役所が相手では「それでは 3B7SP を許可する」とは行かないと思った。 ★Subject: Re: About 3B6SP, de JA3AAW Date: Wed, 6 Jun 2007 18:06:30 +0200 Hi yosi One of 2 engines on expeditions ship failed. They are moving 3MPH only. Situation is bad. They are closest to St. Brandon. 60K$ for expencions can be for nothing........... Regards 73, Zygi SP5ELA --(06月06日-2)----------------------------------------------------------------------- Jim AD1C のEメールを見ると、下記の Web ページで「船舶のトラブルに遭遇、一つのエンジンが 駄目になり、アガレガ行きを取り止めセントブランドンに戻る。 皆は大丈夫だが、DX ペディシ ョンはキャンセルになるかも」と。 此の場に至って誠に残念。 ★Subject: [DX-NEWS] 3B6SP DXpedition - trouble with catamaran Date: Wed, 6 Jun 2007 05:42:10 -0700 (PDT) From: Jim Reisert AD1C (jjreisertあalum.mit.edu) http://hamspirit.wordpress.com/2007/06/06/3b6sp-dxpedition-trouble-with-ship/ Dx Cluster reports mention SP9MRO/MM and team enroute to Agalega have encountered a problem with the catamaran they are sailing in. SP9MRO/MM has been working on 15 and 17m. Unfortunetly, as i type this, ZS1Y has confirmed via the cluster that the catamaran has lost an engine and sail and is now heading back to St.Brandon (3B7). All onboard appear to be ok. The DXpedition may now be cancelled. --(06月06日-1)----------------------------------------------------------------------- チームの Web サイトは 6月01日付ニュースレター No.9 の後、何の情報もないが ..。 運用開始予定日なのでパケクラのスポットをチェックして見ると、未だ QRV の気配はなく、逆に 下記のスポットが気になる。 どうやら乗船している船舶のトラブルの様子。 SP5ELA の「SP Team on ship-->St. Brandon」は本当だろうか? つまり SP チームがアガレガではなく行く先を St. ブランドンに変えると云うのは。 それとも単に島の名を間違えただけなのか。 ★DXSCAPE Database search SP9MRO/MM 07/06/06 1128Z 18127.0 SP Team on ship-->St. Brandon SP5ELA SP9MRO/MM 07/06/06 0928Z 21225.0 CQ SP - trouble with ship UA6JD SP9MRO/MM 07/06/06 0918Z 18125.0 DXPedition may be off :-( ZS1Y SP9MRO/MM 07/06/06 0915Z 18125.0 problem with Catamaran... :-( ZS1Y SP9MRO/MM 07/06/06 0907Z 18125.0 Witek looking for SP-stations ZS1Y 3B6SP 07/06/06 0839Z 14000.0 sea way start ~8-9-06-07 SP3NEN --(06月02日)------------------------------------------------------------------------- チームの 6月01日付ニュースレター No.9 によると; 6月01日に、船に機材を搭載し終えて 02日にアガレガ諸島へ向け出港する。 たった 1日間の航行 で Stブランドン島を通過。 全航程は 4〜5日間。 その間 Homecall/MM で運用。 全てが順調に 行けば 6月06日に運用を開始する。 ★Newsletter No. 9 * Friday, 01 June 2007 * Written by SP9MRO 2007 DXpedition to Agalega Islands 3B6 Newsletter No. 9 from Port Louis Today the 3B6SP group has finished boarding equipment to the catamaran and tomorrow morning will start their trip to Agalega 3B6. The group will pass St. Brandon Isl., which is very close to the catamaran route and only one day sailing from Mauritius. We expect 4-5 days trip because of high level of the ocean and activity of volcano on Reunion. We have bought all important equipment on Mauritius and 1000 l of diesel for generators. We will try to work in the air during the trip under home callsigns/ MM on all bands. If everything is OK, we will start radio activity from Agalega on Thursday, June 6. The team band plan is here. Vy 73's Team Leader Witek SP9MRO <sp9mroあgodx.eu> --(2007年05月29日)------------------------------------------------------------------- 昨年10月に FSDXA (Five Star DXers Association) により 3B7C-2007 DX ペディション計画が 発表された翌11月に、Poland チームによる 3B6-DX ペディ計画のニュース。 それは 2007年03月 に 12〜14日間アガレガ諸島から運用する、と云うものであったが、その後一旦は資金調達の問題 で中止と云われた。 その後、計画が再開される事になり、最新の情報は下記の通りで、コールサインも 3B6DX から 最終的に 3B6SP に決定した。 チームは今も、小額の寄付でも、と期待している。 ニュースによると 2トンにも昇る機材や食料品とポーランドチーム全員が 5月29日にモーリシャス (3B8) に到着したと。 コール: 3B6SP 運用期間: 2007/06/06-06/18 Operators: SP9MRO/Leader SP3MGM SP3RBG SP3RBR SP5BFX SP5... // See 上段の概要 // * Web site: http://3b6.godx.eu/ * QSL via: SP9SX ★Subject: Ohio/Penn DX Bulletin #810 * May 28, 2007 3B6, AGALEGA ISLANDS (DXpedition Update). Team leader, Witek, SP9MRO, announced in a press release that the Polish DXpedition to Agalega Island, which was rescheduled to take place between June 6-18th, has received the new callsign 3B6DX for their operation. The DXpedi- tion schedule has also been announced. Here are the details: * The main group will start the trip at Okecie airport in Warsaw on Monday morning, May 28th at 8:30 AM. * They will be landing in Mauritius on Tuesday morning at 6:10 AM, May 29th. * Tuesday through Friday - The team will be busy in Mauritius. * Early Saturday morning, the team will start their trip to Agalega Islands by boat. * They are expecting to see Agalega's land on Tuesday, June 5th * Just after their arrival on Agalega, they will start building their antennas. * They expect to be active from 3B6 the morning of June 6th at the latest. * They will start to head back to Mauritius on Monday, June 18th. * The team will have a flight on Sunday evening back to Poland. * The DXpedition team will be back at Okecie airport in Warsaw on Monday, June 25th at 14:15. Witek, SP9MRO, states, "We would like to thank all of you who donated to us once again. All of those who would like to support the DXpedition are kindly asked for their generosity. Postponing the expedition let us solve 90% of the problems that aroused before, but we still have more problems ahead of us. That is why all, even the littlest, donations are very important for us, and we would like to thank you for all of them!" For more details and updated, visit: http://3b6.godx.eu/ ★Subject: 425 DX News #838 * 26 May 2007 3B6 - The local licencing authority has changed the callsign for the DXpedition to Agalega - it is no longer 3B6DX [425DXN 837], but 3B6SP. The Polish team expects to be QRV by the morning of 6 June at the latest and to leave the island on the 18th. QSL via SP9SX. Bookmark http://3b6.godx.eu/ for propagation predictions, further information and updates. [TNX SP9MRO]
2006年11月20日 ●Subject: Ohio/Penn DX Bulletin #785 * November 20, 2006 3B6, AGALEGA. Members of Polski Zwiazek Krotkofalowcow (PZK)(the Polish Amateur Radio Union) and SP-DX-Club are organizing a DXpedition to the Island of Agalega to take place in March of 2007. The group has received a license and access to visit the island. Operators mentioned are Witek/SP9MRO (co-leader), Wojtek/SP9PT (co-leader), Marek/SP9BQJ, Bogdan/SP3IQ, Wojciech/SP5BFX and Jozek/SP9-31029. Activity will last for 12-14 days. They are planning to be active on all bands from 160-6 meters, on the modes CW, SSB, RTTY, PSK31 and JT6M on 50 MHz. Also, activity is possible from Seychelles (S7), Mauritius (3B8) and /MM operations from the Indian Ocean. The team is looking for sponsors to help off- set the huge expenses of this DXpedition. More details should be forthcoming.



2007年09月実施 DXペディ計画 →  3B7C-2007 ページ  をご覧下さい


      JA3AAW  copyright© 2007