My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

Peter I island * 3YØX-2005 
Ham Radio DX-Pedition
概 要

UpDate: 2003/09/13 → 2003/11/08 2004-DXペディションは1年間延期に! This DX-pedition has been postponed until January 2005!
UpDate: 2003/09/13 → 2005/02/18 再び 3Y/P-DXペディションが1年間延期に! This DX-pedition has been postponed until January 2006!
↓ ↓  
新計画は  3Y0X-2006 ページ  をご覧に
コール: 3Y0X 運用期間: 2005/01/14〜02/102005/02/18〜03/03 2006/02/0x〜02/1x バンド他: 10-160M * CW, SSB, RTTY, PSK
 
 BAND   160M    80M   40M   30M    20M    17M    15M    12M    10M

CW 1822.5 3523 7023 10103 14023 18073 21023 24893 28023 SSB 1842.5 3750 7093 - 14190 18165 21295 24987 28475 RTTY 10148 14088 18105 21100 24949 28092
Operators: Bob K4UEE, Ralph K0IR, F2JD, N2WB, K4SV, N6OX, LA6VM, UA3AB, K3NA, HB9BHW, N4GRN, Martti OH2BH, NP4IW/4, W0RUN, NK7C, K9SG, K5AB, VK4GL, PA5M, OH2PM, HB9BXE 計21名
(=当初計画.最終は?) QTH: Peter I島 * 090.35'W / 68.50'S JA1→3Y/P: 方位= 156゚(SP), 距離= 15,200Km 日の出/日没: Date Rise Set Feb-20 10:07z 02:27z Feb-24 10:24z 02:08z Feb-28 10:41z 01:50z Mar-03 10:54z 01:36z Web site: http://www.peterone.com/ 3Y0X 日本語ニュース ログ検索: http://www.peterone.com/p1log.html (運用開始後) QSL via: Mike Grose - K4YL, P.O. Box 183 Flat Rock, NC 28731-0183, USA. Punta Arenas港 = 070.56'W / 53.09'S Ushuaia港 = 068.18'W / 54.48'S Punta Arenas - Ushuaia の直線距離= 250Km Ushuaia港から Peter I 島までの直線距離= 1,930Km

3y_p_map.gif 69Kb
This map referred to MS World Atlas.

「過去2回実施されたペディション」
The 1994 Peter I  3YOPI  DXpedition
The 1987 Peter I  3Y1EE and 3Y2GV  DXpedition

最新 情報

 ●Date: 2004/01/28 → 05/02/18 ●Sub: 3Y0X-2005 * Peter I isl.
--(02月18日)------------------------------------------------------------------------- 2月17日発のチームからの緊急ニュース によると; (2月18日10:00j 現在 未だ Webページには 上がっていないが。 此のニュースは今朝 04:40j にEメールボックスに届いていたが、見た時は とっくに 09:00j を過ぎていた)。 誠に残念ながら、今回のピーター1世島 DXペディションは、船舶の都合により、中止が決定 されるに至りました。 今回中止となった最大の要因は、最終的に契約し直した船舶「Cavendish Sea」号が 2月18日正午 前にチームと機材を載せて Ushuaia港を出航する計画が、同船舶の港への到着が 20日にずれ込む 事になったためです。 それはチームメンバーによる金銭的投資が正当化される ピーター1世島島での最低必要な運用期 間が確保出来るタイムリミットをオーバーしてしまったのです。 私が 1月14日付の記事で「2001年の CE0XT や VP6DI の直前の DXペディ中止が脳裏をよぎります」 と書きましたが、その最悪の事態の再現が現実のものとなってしまいました。 2001年の CE0XT について云えば、私はその DXペディの JAパイロットになっていましたが、出発 港に全チームメンバーが集結した直後に、契約した船の予定が1週間以上遅れる事態が発生し、 チームは断腸の思いで中止を決定しました。 そしてチームリーダーのチリの現地人に任せられな いと言う事で、チームを編成し直して翌年実行された事を思い出します。 (余談ですが、その漁船は冷凍庫の故障による漁獲のロブスター/海老の腐敗問題で 帰港した時に 海軍当局の臨検を受け足止めを食らったのです。 それがなければ計画通り出港出来たが)。 本チームは、過去1年間延期となった事から今回は是非共実施したいとの強い思いから頑張って こられたのでしょう。 そして随分な時間と費用を費やしてしまう結果となりましたが、私達は 暖かく見守って、来年に期待しましょう。 --(02月16日)------------------------------------------------------------------------- 2月15日付のチーム発行の ニュース#13 によると; チームのアルゼンチンのウスワイア港からの出航がいよいよ 2月18日真昼にほぼ決まりました。 出発が大分遅れる事になり、運用期間も当初より短縮されそうです。 今後のニュースには充分 ご注意されるように。 (日本語版の Webニュース・ページがあります)。 最終的に契約し直した船舶「Cavendish Sea」号と Lama ヘリコプターは間もなくウスワイア港に 集結する。 チームはアルゼンチンの同地で電波伝播のテストをするので、LU/home-call が出て いたら誰でも何回でも呼んでほしいと。 船は 2月18日昼頃に出港する予定で、天候が許せば 5〜6日間の内に島へ上陸。 運用期間が短縮 されるので、上陸後出来だけ早く1〜2局が運用できるよう準備する。 --(02月12日)------------------------------------------------------------------------- チーム発行の 2月12日付の ニュース#12 によると; 前回、船舶の変更と同時にヘリコプターも別の会社に契約し直したが、その会社がより小型のヘリ 、そして6日近く遅れる話しを持ち出して困難に直面しており、チームは別の 2つのヘリ会社とも 交渉中と。 3Y0X チームメンバー総勢 20名(当初より1名少ないだけ)が、2月11日アルゼンチンのウスワイア港 に集合した。 それより以前に、先着のメンバーはチリのプンタ・アレナスでチームの機材のコン テナへの積み込みで忙しかった。 そのコンテナは 2月12日にウスワイア港に着く予定。 ヘリの状況により来週の半ばまでにピーターI島に向けて出航する事が出来ないなら、来年まで延期 するかも。 でも、他の選択肢もあり、みんなは楽観視している言っています。 下記情報は、上記のニュースより若干古く、メンバーが 3名抜けた、と書いていますが、日程も含め 変更される事に。 ★Subject: 425 DX News #719 * 12 February 2005 3Y0X * UPDATE Three operators have dropped out of the expedition, and the current roster includes F2JD, HB9BXE, K0IR, K3NA, K4SV, K4UEE, K9SG, LA6VM, N2WB, N4GRN, N6OX, NP4IW, OH2BH, OH2PM, PA5M, UA3AB, VK4GL and W0RUN. They expected to be underway from Ushuaia, Argentina on 11 February. Another vessel (the "Cavendish Sea"), another helicopter and a very experienced pilot have been contracted, and the team should be able to hold to the most recently announced schedule. Depending on weather and sea conditions they expect to be off Peter I about 17-18 February and to operate until 3 March. Bookmark www.peterone.com for updates. --(02月07日)------------------------------------------------------------------------- チームから 2月06日付ニュース#11 がリリースされたが、ニュースによると; ピーターI DXペディのチームメンバーは明日 2月7日月曜日に 5週間の長旅を始める。 前回アナ ウンスしたように、彼等はチリのプンタ・アレナスに集合する予定。 当初計画では、チームはチリ海軍向けに建造された 1.680トン、全長 83M の砕氷船を南極観光船 に改造した「Antarctic Dream」号でチームを運ぶ予定だったのが、修理に4ヶ月も掛かる事から、 別の沖合い補給船 Cavendish Sea号に契約し直して決行する事になった。 それにより、一番新し く発表されたスケジュールを確保する事ができるはずであると。 万事うまく行けば 2月11日にプンタ・アレナス港を出港し 2月17〜18日の上陸を予期している。 気になるオンラインログは、運用期間中イリジウム衛星通信で毎日 2回アップデートされる由。 --(02月04日)------------------------------------------------------------------------- 3Y0X チームの出発が近づいて来ています。 FT5WJ の記事で書いたように、世界中の船舶の現在 位置を知る事の出来るサービスをしている Webサイトがあるので、良く知っている 3Y0X パイロ ット局の Don N1DG に問い合わせました。 もしチームが乗船する "Antarctic Dream" 号が同サ ービスに登録しているのなら、我々は何時でも同船の航行位置をチェック出来るのだがと。 彼からは調べた上、返事する、そして最新の出発予定日が明日か月曜日に判るだろうと。(2/04) ★Subject: Re: 3Y0X Pilot Query Date: Thu, 03 Feb 2005 15:02:59 -0500 From: Don Greenbaum (donあaurumtel.com) Good morning Yoshi san. Very nice to hear from you. I will find out the callsign of the Antarctic Dream for you and let you know. The departure, as you know, has been delayed because of problems with the ship and we expect to hear tomorrow or next Monday the new departure date. 73 Don N1DG >Hello Don san, Long time no see. >As you are the chief pilot of 3Y0X and the Web-master, I'd like to ask you one. > // snip // --(01月22日)------------------------------------------------------------------------- チームから 1月21日付ニュース#10 がリリースされ、新しいスケジュールの概略が発表されました。 それによると、K4UEEと LA6VMはチャーター船の点検、そして船会社の最高経営責任者と造船所の プロジェクト監督との面会、及び Punta Arenas にある私たちのコンテナーに収納されたチーム の機材設備/補給品の点検を終えチリ訪問から戻ってきた。 船の準備が未だ出来ていないのが判り、私達は失望した。 しかしながら、仕事は進行している。 そして、船会社の彼らは、2月10日にピーターI に向けて出帆する準備が出来ると予想している と私達に言った。 チームの私達は、その仕事が予定日に終了するとは完全に確信はしていない が、チームは 2月8日にチリのプンタ・アレナス港に集合する準備が出来ている。 万事がうまく行くと、航路、天候、流氷の状況によるが、私たちは出発の約 6-7日後に島に到着 するだろう、等々。 文面からすると、 1月12日頃に集合したメンバー達は一旦解散し 2月8日に再集合と云う事になり ますが、21人全員が揃うとは思えません。 人数不足になれば基地でのアンテナ設営などで省略さ れる部分が出てくる事もあるでしょう。 今後を見守る必要があります。 (チームメンバーがチリに集合する以前に、チャーター船出港計画の遅延が判明していれば良かっ たのですが。 船会社との間で補償問題が当然出ていると思います。) 下記は、私がニュース#10 を見て、当初計画を参考にしながら作成したものです。 Team Itinerary: (今回のスケジュール) Feb 08 チームメンバー集合 Feb 10 Punta Arenas 出港 Peter I 島へ直行 Feb 16-17* Peter I 島沖に到着, ヘリコプターで陸上へ Feb 17 - Mar 04* ← これが DXペディの運用期間. 船舶は期間中 同島沖に停泊 Mar 05* Peter I 離島 Mar 10 Punta Arenas 帰港 (*) 天候状態による Team Itinerary: (当初のスケジュール) Jan 12 Team meets in Punta Arenas, Chile Jan 13 Expedition equipment loaded onto the vessel Antarctic Dream Jan 14 Depart Punta Arenas goes direct Peter I. Jan 19-21* Arrive Peter I, move ashore via helicopter Jan 21 - Feb 04* ← (これが DXペディの運用期間) Radio operations, ship stands offshore during entire operation Feb 05* Depart Peter I Feb 10 Arrive Punta Arenas (*) Weather dependent --(01月14日)------------------------------------------------------------------------- 本チームの Web ニュースによると; 少なくとも 2週間半から 3週間計画が遅れる事になった。 チャーター船との最終計画交渉段階で 問題が発生した。 1人のチームメンバーがチリで情報収集しており、2人目は 1月17日に到着予定 である。彼等は、造船所に行って、個人的に船舶を点検するでだろう。そしてその後皆さん方に 状況を知らせるつもりである。 全チームメンバーは待機しており実行を切望していると。 事前に発表された日程からしても、全員が集結しており、そのままチリで 20日程も出発が待て るのかが、心配です。 2001年の CE0XT や VP6DI の直前の DXペディ中止が脳裏をよぎります。 ▼See 最新ニュース(1月13日付): http://www.peterone.com/p1news9.html --(2005年01月01日)------------------------------------------------------------------- 本チームのメンバーの1人 Bill N2WB がメーリングリストに流したインフォから; チームはチリ海軍向けに建造された 1.680トン、全長 83M の砕氷船「Antarctic Dream」号を利用 して船員 41名と共に 21名のチームメンバーが Punta Arenas 港を1月14日に出港、19日に Peter I 島沖に到着予定。 運用は16日間(1/20〜2/04)程。 装備は Icom 756 Pro II トランシーバX9台、Alpha 99CS リニアーアンプX8台等。 QSO の目標値 は100,000! その他、周波数の若干の変更、QSL マネージャのアドレスのディップコードが 5桁 → 9桁 に修正、など。 --(2004年12月08日)------------------------------------------------------------------- チームの12月07日付ニュース#8 から、下記の通り DXペディションの日程が書かれています。 Team Itinerary: (ニュースNo.8-日本語) Jan 12 Team meets in Punta Arenas, Chile Jan 13 Expedition equipment loaded onto the vessel Antarctic Dream Jan 14 Depart Punta Arenas goes direct Peter I. Jan 19-21* Arrive Peter I, move ashore via helicopter Jan 21 - Feb 04* ← (これが DXペディの運用期間) Radio operations, ship stands offshore during entire operation Feb 05* Depart Peter I Feb 10 Arrive Punta Arenas (*) Weather dependent --(11月30日)------------------------------------------------------------------------- 今回のピーター一世島 DXペディション計画の全容を知るには、3Y0X 計画のファイル (\3Y0Xplan- ningv2.pdf 1.1MB) を是非ダウンロードしてご覧になる事をお勧めします。 その中から、JA-3Y/P 間の通信状態の記事をチェックすると、12〜40M は可能性が高いのですが, 80M は厳しく、10M と 160M は非常に困難である事が判ります。 --(11月24日)------------------------------------------------------------------------- 上段のオペレーターの顔触れを見ると DX世界に名だたるメンバーのオンパレード。 大いに期待が もたれます. 今日 SM7AED サイトを見ると、6M や EME の運用は人や機材の都合で行わないと云うもの。 ページのトップに下記の記事が掲載されていて、日付は 04/09/24 となっているが 04/11/24 の ミスと思われる。 ★SM7AED's News 040924 * Peter I Island, 3Y0X. No 6M. Excerpt from a mail to Lance W7GJ: The Executive Committee has considered the possibility of VHF operation and in particular EME and decided not to attempt it. The difficuty in erecting appropriate antennas and keeping them erected and the manpower involved does not appear to be justifed. Sorry for any disappointment this may bring, but we will be very QRV on 160-10m, CW, SSB, RTTY and PSK31. 73, Bob K4UEE --(07月17日)------------------------------------------------------------------------- 丁度半年後に実施が計画されているピーター一世島 DXペディションについてのニュースです。 今年1月のニュースにあった、コール:3Y0P、内定オペレーター:12名 が変わっています。 ★Subject: 425 DX News #689 * 17 July 2004 >>> PETER I 2005 <<< Postponed last year due to unforeseen transportation difficulties, the third ever DXpedition to Peter I Island is a go for late January 2005. A multi-national team of twenty operators will be active (with 4-6 high power stations operating around the clock on 160-6 metres SSB, CW, RTTY and PSK 31) as 3Y0X from 21 January to 4 February. The current list of operators includes K0IR, K3NA, K4SV, K4UEE, F2JD, HB9AHL, HB9BHW, LA6VM, NP4IW/6, N2WB, N4GRN, N6OX, UA3AB and W0RUN. Several invitations are pending that will complete the team. A backup list is also in place and potential team members who might want to go, in the event of a cancel- lation, are invited to contact K4UEE (mallphin@aol.com). This very expensive undertaking will be 70% funded by the team members, and addit- ional financial sponsors are being sought. Fundraising is continuing with the addi- tion of several area fundraisers: W3WL (North and South America), JA1ELY (Asia), F2JD (Europe and Africa) and ZL2AL (Pacific). More details can be found on the DXpedition website (http://www.peterone.com) as to team members, sponsorship and other information. --(2004年01月28日)------------------------------------------------------------------- 本DXペディション・チームの、新しい Webサイトwww.peterone.com/ を見付ける。 その内容は、上段の概要に反映させています。
3y0x_logo.jpg 10Kb


 ●Date: 2003/09/13 → 11/08 ●Sub: 3Y/P-2004 * Peter I isl.
--(2003年11月08日)------------------------------------------------------------------- 本 2004-DXペディ 向う1年間延期! "425 DX News " によると、誠に残念ながら、本 DXペディションは同南極圏の近ずく夏場の気候が 例年に較べ悪いらしく向こう 1年間延期されました。 (邪推ですが、これは表向きで本当の理由は 他にあるのかも..)。 毎年、旅客船による南極ツアーがあるが、これ等も中止になるのか? ★Subject: 425 DX News #653 * 8 November 2003 3Y_p1 - The January 2004 DXpedition to Peter I [425DXN 645] has been postponed until January 2005. "A last minute glitch developed in the transportation plan", Bob K4UEE and Ralph K0IR report. "Weather windows precluded a rescheduling for 2004", but "the 2005 expedition will be bigger and better!". --(2003年10月14日)------------------------------------------------------------------ Bill N4NX のEメール及び初回の情報から、チーム一行はアルゼンチン本国南端の Ushuaia港を 1月03日に出港し、1月09日にピーター・ファースト島に到着、同島には約 3週間滞在。 遠征が終わって 2月10〜14日の間に帰港の予定。 現代、あともう2、3人の有能なオペレータを募っています。 只、参加には Ushuaia港までの 往復の旅費、旅行傷病保険などの自己負担とチーム参加費が 15千米ドル近く掛かる由。 ★Subject: Topband: 3Y0 Peter I - "A few Good Men!" From: "Bill Barr" <billn4nx@alltel.net> Date: Mon, 13 Oct 2003 17:31:59 -0400 THIS TEAM WILL OPERATE TOP BAND!!! I was just over at Bob Allphin's ( K4UEE ) house this past week helping with antenna testing & packing in preparation for the January Dxpedition to Peter I. I asked Bob how the recruitment of Team members was coming along. He said that they now have the necessary number of operators & skill makeup to meet their requirements, but he added that they would entertain the addition of a couple more operators. I think this would be a great opportunity for the right person! There are several criteria points that any possible recruit must meet. FIRST, members must have good interpersonal skills and get along with other people. This team will be together almost 7 weeks and one person can make everyone else miserable. I know many of the existing team and I can assure you that they all meet this most important requirement. SECOND, they must be able to work in hard and difficult conditions. They must be in good physical shape and have some experience in camping conditions. Cold weather experience is a plus. LASTLY, good operators who have experience handling large pileups are desired. Most of the current team are CW first, and SSB second. Several team members are also skilled in RTTY. The team will depart from Ushuaia, Argentina on Jan. 3, 2004 and return between Feb. 10 and Feb 14. The cost for each team member is USD $15,000 with the possibility of getting some money back later. The payment schedule is: $7500 due when accepted to the team and $7500 due 30 days later. All team members must pay for their own transportation to/from Ushuaia, purchase Medical Evacuation Insurance (about $250) and provide their own clothing and personal items. The signing of several liability release forms will be required. Unless you are known by the one of the current team members, two ham references attesting to your meeting the 3 criteria outlined above are required. I personally think that this is an adventure of a lifetime and I can't think of a better team to enjoy it with. If you are interested please contact Bob Allphin directly at k4uee@arrl.net 73 Bill N4NX --(2003年09月13日)------------------------------------------------------------------ 来年1月の話ですが、前回の1994年2月から10年ぶりにピーター一世島へ15名によるビッグ DXペデ ィションが、著名なDXペディショナー K4UEE, K0IR 等によって計画されています。 1月03日にアルゼンチンの Ushuaia を出港し同月19日に戻ってくる予定からすると、「島に3週間 滞在したい」は計算が合わない。 欲しいモード、バンドがある人にはビッグチャンスです。 私としては敢えて言えば、後 160Mが出来ればと..。 コール: 未定 * 運用期間: 2004/01/10〜01/xx ? * バンド他: All HF bands * CW, SSB, RTTY * QTH: 090.36'W / 68.48'S * JA1→3Y/P: 方位= 156゚(SP), 距離= 15,200Km ★Subject: [425ENG] 425 DX News #645 * 13 September 2003 >>> PETER I 2004 <<< The island of Peter I (AN-004), discoverd in 1821 and named for Peter the Great of Russia, has been activated on the amateur radio bands only twice: in 1987 by 3Y1EE (LA1EE) and 3Y2GV (LA2GV), and again in 1994 by the multi-national team of 3Y0PI. Bob Allphin, K4UEE and Ralph Fedor, K0IR now announce they have organized another DXpedition this isolated island, which is scheduled to occur during the upcoming Austral summer 2004. A 15-person team is expected to depart from Ushuaia, Argentina on 3 January and arrive at Peter I on approximately 9 January. This will be a high power DXpedition with an international group of experienced operators and multiple stations on all HF bands covering SSB, CW, and RTTY modes. The team hopes for a 3-week stay on the island. Further details will be given in due course. Several operator positions are available. Also, there are opportunities for ham or non-ham travelers to visit Peter I, the Antarctic continent, and the South Shetland Islands returning around 19 January to Ushuaia, Argentina. Contact Bob, K4UEE at k4uee@arrl.net for information. [TNX K4UEE]
3y0x_01.jpg 31Kb


      JA3AAW   copyright© 2003-2005