My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

3YØX-2006 * Peter I island
Ham Radio 3Y0X DX-Pedition
概 要

UpDate: 2003/09/13 → 2006/03/04 3度目の正直 本DXペディが新春2月に! 2月08日 05:50Z に運用開始   2月19日 18:13Z に運用終了!
コール: 3Y0X 運用期間: 2006/02/08 〜 02/19 まで
└ ← (2005/01/21 〜 02/04) ← (2004/01/10 - 01/31) 運用者: Bob K4UEE, Ralph K0IR, F2JD, FM5CD, HB9BXE, K3VN, K4SV, K9SG, KU4V, LA6VM, N2WB, N4GRN, N6JRL, N6OX, NP4IW/6, PA5M, SP5XVY, UA3AB, W8MV, WORUN 計20名 バンド他:  10-160M * CW, SSB, RTTY, PSK (周波数の変更に注意*)
 BAND  160M    80M   40M   30M    20M    17M    15M    12M    10M 

CW 1822.5 3523 7023 10103 14023 18073 21023 24893 28023 SSB 1842.5 3750 7093 - 14190 18145* 21295 24987 28475 RTTY 10135* 14084* 18108* 21102* 24928* 28092
QTH: Peter I島 * 090.35'W / 68.50'S JA1→3Y/P: 方位= 156゚(SP), 距離= 15,200Km 日の出/日没: Date Rise Set
← 米海軍観測局/USNO のデータより Feb-05 0852z 0342z Feb-10 0918 0316 Feb-15 0943 0252 Feb-20 1006 0228 Web site: http://www.peterone.com/ 3Y0X 日本語ニュース ログ検索: http://www.peterone.com/p1log.html (可能に, 2/10) QSL via: Bob Schenck - N2OO, P.O. Box 345, Tuckerton, NJ 08087-0345, USA. 「3Y0X」と「XR9A 関係」のカードは別の封筒 に入れ N2OO へ請求するように!

各地の位置 Punta Arenas = 070.56'W / 53.09'S King George島 = 058.55'W / 62.12'S Peter I 島 = 090.35'W / 68.50'S 〃 直線距離 Punta Arenas → King George島 = 1,230Km King George島 → Peter I 島 = 1,610Km
本DXペディションの道中、XR9A、XR9A/MM 等を使用しての下記運用の計画あり; ・2月02日以前の数日間 - Punta Arenas にて * 1/28-1/30: XR9A/8 ・航行中 - /MM * 2/02-2/04: XR9A/MM ・停泊、航行中 * 2/21-3/03: XR9A/MM ・King George島 * 3/02-3/04: XR9A

3y0x_map.gif 59Kb
This map referred to MS World Atlas.

    「過去2回実施されたDXペディション」
1) The 1987 Peter I  3Y1EE and 3Y2GV  DXpedition
2) The 1994 Peter I  3YOPI  DXpedition

最新 情報

     	「3Y0X-2006チームのスケジュール」
1月29日	  プンタアレナス(チリ) 集合 
2月01日	  Punta Arenas 発 (航空機 DeHavelin DASH-7 にて) →
       	  キングジョージ島(南シェトランド諸島) 着 
2月02日	  King George島 発 (船舶 DAP Mares号にて) → 
2月05日	  ピーターI島 到着 
2月08日	  3Y0X 開局   運用期間 = 12日間 
2月19日	  3Y0X 閉局 
2月25日	  Peter I島 離島 → キングジョージ島へ 
2月28日	  キングジョージ島 到着  (XR9A 運用無し) 
3月02日	  キングジョージ島 XR9A 運用 
3月04日	  プンタアレナス(チリ) 帰着

 ●Date: 2005/02/18 → 2006/03/04 ●Sub: 3Y0X-2006 * Peter I isl
--(03月04日)------------------------------------------------------------------------- 3Y0X DXペディションが終わり、KGI島での XR9A 運用もない、と云う事で、その後のニュースには 余り気を掛けていなかったのですが、船舶 DAP Mares号が KGI島到着後 直ぐにチリ本国へ飛び立つ はずの飛行機が同島の悪天候で待機する羽目となり、近くのロシア基地(R1ANF) から XR9A のコール で 3月02日(一部に3月01日にもスポットが上がっていたが) に運用を始めています。 やっと天候が 回復し始めて来たので今日チリ本国へ出発する予定だと。 ニュースにもありますが、予定より 2日早くピーターI島を引き上げたが、同じ待機を KGI島でする ぐらいなら、ピーターI島で運用を続けていたら良かったと。 (これは結果論で、もしそうしていれ ば 目標の 100,000 も達成出来たはず)。 --(02月27日)------------------------------------------------------------------------- 2月26日 2359Z の情報から; チームが 2月28日16:00Z 頃にキングジョージ島へ到着後、直ぐに チリ本国プンタアレナスへの航空便があるので、同島(KGI) からの運用は見送りとなった。 3Y0X-2006 DXペディションが終わって; 2003年09月に、前回の1994年2月の DXペデから10年振りに「ピーター1世島 DXペディション- 2004」計画の発表が K4UEE, K0IR からありましたが、種々の理由から2年間の延期を繰り返し た後、やっと今回の実行となり、大きな成果を挙げ終了しました。(この後は、チームメンバー 全員の無事帰国を祈るのみ)。 既に公表された通りチームは 87,000 QSO を達成、又、DF3CB の情報から JA の各局も 10,000 以上の QSO 成果を上げる事が出来ています。 IT通信技術の著しい発達により、チームから情報が逐次発信され、それにより私共も十分に事前 の取り組みが行え、サラリーマンの方々も余り余計な時間を無駄に費やす事もなかったと思いま す。 私が此のページを開いて暫く経ってから暫定的にカウンター(accessdeka2)を設置、状況を見る と、2月06日〜2月21日の間、連続して毎日1,000件以上のアクセスがあり、如何に皆さんの関心 が高かったかを思い知らされました。 (私と Peter I 島 の出会いは 1987年1月末、インターフェア問題で大阪から田舎に戻り、急遽 5m のパイプとラジアル 2本の 20M用 垂直アンテナを仮設し、やっとの思いで 14 CW で 1 QSO (Mixed DXCC=334 消滅を含む)。 1994年2月の第2回目の時は、それ程大きな感激はなく多バンド で QSO。 従って今回の第3回目は、当初そんなに関心が高まるとは思ってもいませんでした。 でも、この一大 DXペディのお祭りに参加しない手はありません。 私も大いに楽しませて頂きま した)。 いずれにしても、今回のビッグ DXペディションを企画、実行された方々、それをバックアップ された方々に心から感謝する次第です。 ★26 Feb 2006 2359UTC: It now appears that there will be no radio operations from KGI. The Team may have an opportunity to fly back to Punta Arenas shortly after arriving on KGI. That would mean a flight the night of the 28th or the morning of March 1st. We are all looking forward to the hotel experience in Punta Arenas....ie. Hot showers and nearby restaurants! Seas today have been comfortable and it has been a good day with the team working again in the container and finishing up the packing. Tonight, showing in the Salon will be The Eagles In Concert; admission free! 73 from the Peter I Team! --(02月26日)------------------------------------------------------------------------- 2月25日 2359Z の情報から; 25日に離島した船舶 DAP Mares号は 10n.m.(ノット=18.5km)でデセ プション島に向け航行中で 2月28日05:00Z に同島に立ち寄り、キングジョージ島には同日 16:00Z に到着予定。 1日中霧だ。 ★25 Feb 2006 2359UTC: We are making 10 kts toward Deception Island ETA 0500 Tuesday, then on to KGI with an ETA of 1600. Been foggy all day, thanks for the Radar! 73 from the Peter I Team! ETA=(Estimate Time of Arrival) 到着予定時刻 --(02月25日)------------------------------------------------------------------------- 2月24日 1859Z の情報から; 島からの最後のヘリコプター荷物が完了し、そして船長は、我々はもう直ぐ Deception島に向け 航行すると言った。 チームは 3Y0X-2006 DXペディションが素晴らしい成功を納め歓喜に酔い得意満面で、現在、この 旅行の最終的な行程にいて、帰国を切望している。 チームメンバーの数人が、帰国の前にキングジョージ島に滞在し Bellinghausen 基地局から 1日 か2日間の運用を示している。 お待ちを! 昨日の 3Y0X-2006 の最終交信実績にチームで修正があったので、訂正しました。 下段をご覧に。 ★24 Feb 2006 1859UTC: The final helicopter load from the island is complete and the Captain advises we'll be underway to Deception Island within the hour! The Team is jubi- lant and elated that the 2006 Peter I DXpedition was such a success. We're now on the final legs of this journey and eager to get home. Several of the Team Members have indicated that they'd like to stay a day or so on King George Island (making contacts from the Bellinghausen station) before returning to Chile and home. We'll keep you posted -- and there'll be more pictures uploaded to the website over the next few days. Stay tuned! 73 from the Peter I Team! --(02月24,25日)---------------------------------------------------------------------- 2月23日 2330Z の情報から; 今日も未だ天候に変化がない。 我々は島に残っている荷物を取り戻 し、離島する事が出来るまでただ暇つぶしをしている。 出発、それは多分明日。 差し当たり、多 くのビデオ処理と睡眠。 チームの精神状態は高い。 次に3Y0X-2006 の最終の交信実績をまとめました。 JA の実績は DF3CB からの情報。 若干の数値 の誤差はチームの Web サイト側に ..。 (02/25 訂正) ●From 8-Feb-2006 0550Z to 19-Feb 1813Z. This ham radio log contains 86,887 QSOs. 10m 12m 15m 17m 20m 30m 40m 80m 160m 2m T/L CW 769 2032 3856 6158 10334 9083 7197 2508 1313 1 43251 SSB 1585 1726 6340 6994 13759 0 5745 3361 1 0 39511 RTTY 0 0 848 690 1373 1099 2 0 0 0 4012 JT65 0 0 0 0 0 0 0 0 0 113 113 T/L 2354 3758 11044 13842 25466 10182 12944 5869 1314 114 86887 JA 194 1812 2886 2237 2771 667 1 4 10572 JA QSO rate(%) 1.8 13.1 11.3 22.0 21.4 11.4 0.1 3.5 12.2% ★23 Feb 2006 2330UTC: No change...Island still socked in...we are just killing time till we can retrieve the remaining helo loads and then leave....maybe tomorrow. In the meantime, lots of videos and sleeping. Spirits are high! 73 from the Peter I Team! --(02月23日)------------------------------------------------------------------------- 2月22日 2200Z の情報から; 現地は未だ悪天候下にあり島の荷物を回収出来ずにいる由。 ★DX ペディションを開始したばかりの FS/DL7DF & PJ7/DL7DF のパイロット局 Bernd DF3CB に Eメールを出した時に 3Y0X に触れたところ、思わぬ情報を彼が提供してくれました。 それが下記の 3Y0X - JA のバンド別実績の概要です。 その内 2M は EME(月面反射通信) です。 15M が予想外の低い結果となっていますが、丁度 12年前の同時期の 15M は別に難しいバンドだっ たと云う認識は全くなく、太陽活動が前回に較べ非常に低いとも思わず、又、チームの電波予報で も問題なかったので 2月10日に「3Y/P-JA 間の通信状態は、15〜40M は文句なしに良好で」と書い たのですが。 無線基地の設置場所が前回と異なっている事から JA方向には島の山が影響したのか も知れません (ハイバンドほど影響が大)。 DF3CB は、彼のホームページを見ても分かる通り全バンドでアクティブで、今回あんたは 3Y0X の 160M をゲットしたと思う、と云ったのですが、彼は既に12年前に済ませており今回の 80M を含め HF 9 バンドで完成との事。 ★From: "DF3CB" Subject: AW: FS/DL7DF & PJ7/DL7DF on 80M Date: Thu, 23 Feb 2006 07:08:23 +0100 Hello dear Yoshi san, // snip // Please use my new e-mail address <mailto:berndあdf3cb.com> > About 3Y0X, though I thought about a 100 JA guys could be worked, > only one JA did get it as the first ever JA-3Y/P QSO on 160M. > I guess you probably could get it on 160M. :-) > I got them on 80, 40, 30, 20M. FB!! 3Y0X had 10,400 QSOs with Japan, 3,250 different calls: 2m 4 10m 0 !!! 12m 0 !!! 15m 194 17m 1,812 20m 2,886 30m 2,237 40m 2,771 80m 667 160m 1 JA1JRK I had worked 3Y0PI 12 years ago on 160 but this time 80m was new for me, #301. Now I have them on 9 bands. My best regards and I keep you up-to-date. Bernd DF3CB --(02月22日)------------------------------------------------------------------------- 2月21日 2330Z の情報から; 天候が悪化する予報から 19日中にチームは全員島から船に移り、翌日天候が不安定な中、4個の荷物 だけ船に戻した。その後、最後の6〜7個の荷物の内、4個だけ運び、今日は残りの物資の引き上げの ために天気を見守りながら、船の貨物倉庫で自分達の運送用コンテナを再梱包するのに費やしている。 我々は無線基地からおよそ1.25マイル離れた島の北東側で水深80メーターの所に停泊している。 21日17:30Z 頃より運用中の XR9A/MM は帰路に向け航行しているのではなく停泊中の船からで。 今日は我々の出発予定日であった。でも、未だスケジュール通りで、帰路の予定がこなせるよう皆が 切望している。 ★21 Feb 2006 2330UTC: We awoke today to the sound of the helo beginning to make flights to the Island. Although we moved the team off the island on the 19th in advance of a com- ing storm, we still had some equipment at our camp awaiting pickup. The WX has been lousy since our departure and yesterday, only four loads were retrieved. So hopes were high this morning for the final 6-7 loads to come off and we could be on our way home via Deception and King George Islands. But the WX closed in again and only four loads were picked up. The remainder of today has been spent watching the WX for an opening and repacking our shipping container in the ship's cargo hold. We are anchored off Radiosletta plateau about 1.25 miles off the NE side of the island, in about 80 meters of water. There is one station QRV as XR9A/mm and is busily handing out QSOs. It seems we may miss the pileups but certainly not the WX conditions of being ashore. Today was our scheduled departure date and so far at least, we are still on schedule. But as you may imagine, we are all anxious to get on our way after "mission accomplished!". 73 from the Peter I Team! --(02月21日)------------------------------------------------------------------------- 3Y0X チームより; 最終の交信実績は 87,034! 皆さんに感謝します。 2月20日 2000Z の情報から; 天候がさらに悪化し、未だピーターI島に残っている荷物をヘリコプターが運搬出来ずにおり、これ は、天気が良くなるまで、チームがピーター島の沖合いの船上で待たねばならない事を意味する。 それは数日間かも知れず、その遅れは確実にキングジョージ島の運用計画にも影響を与える。 今後も引き続き情報を提供する。 未だキングジョージ島で運用する可能性があるが、「3Y0X」と「XR9A 関係」のカードは別の封筒 に入れ N2OO へ 請求するように! と N2OO が言っている。 (私は、のんびり屋で DXペディの場合カードが届き始めてから QSL請求する事が多い。 もっとも、 先月の 160M の CT1FJK は急いで出し、直ぐカードを入手しましたが)。 ★20 Feb 2006 2000UTC: The weather has worsened to the point that the helicopter cannot fly to pick up the remaining loads still on Peter I. This means that the Team will be sitting on the ship, ofshore Peter I, until the weather improves. This could be several days and the delay will definitely impact any plans to operate from King George. We'll keep you updated.. 73 from the Peter I Team! --(02月20日-2)----------------------------------------------------------------------- 2月20日 0130Z の情報から; チームメンバーの最後の 5人は今日00:00Z頃ヘリコプターで DAP Mares 号に運ばれ、我々は全員 船に乗船している。 皆んなが、2週間振りにシャワーを浴びて、ピーターI DXペディの経験の全て を非常に満足に感じでいる。 島には未だヘリコプターで8〜10回空輸待ちの物資があり、それ等の 全てを明日船に積み終われば、自分達はプンタ・アレナスに向けて出航するつもり。 試案はキングジョージ島経由でプンタ・アレナスへのチリへ帰る途中にデセプション島を訪問する ことで、予定がハッキリするにつれ、2つの島からの無線運用があるかもしれない。プンタ・アレ ナスへは少なくとも4日間かかる。 今後も情報を提供する。 我々と共にこの偉大な冒険に参加して頂いて感謝します。 ★20 Feb 2006 0130UTC: We're all aboard ship! The last five of us were helicoptered back aboard the DAP Mares about 0000UTC today. We've all showered (for the first time in two weeks) and are feeling very good about the whole Peter I experience. There are still 8-10 helicopter loads of gear and supplies awaiting transfer from the island to the ship tomorrow and, when that's all done and stowed, we'll be sailing for Punta Arenas. Tentative plans are to visit Deception Island on the way back to King George Island and on to Punta Arenas, Chile. There may be radio operations from Deception and King George; more about that as plans firm up. We're at least four days away from Punta Arenas. While the Peter I phase of the trip is over, we're still days away from home; we plan updates for you along the way. Thanks for participating with us on this great adventure -- and being part of the 87K+ Qs from 3Y0X! 73 from the Peter I Team! --(02月20日-1)----------------------------------------------------------------------- 2月19日 18:13Z に運用終了しました (3Y0X Web サイトより) ▲3Y0X's QSO Results from 8-Feb-2006 0550Z through 19-Feb-2006 1100Z 10m 12m 15m 17m 20m 30m 40m 80m 160m T/L CW 782 2034 3851 5949 10373 9053 7117 2502 1312 42973 SSB 1602 1726 6339 7003 13767 5735 3358 2 39532 RTTY 1 848 689 1374 1101 4013 T/L 2385 3760 11038 13641 25514 10154 12852 5860 1314 86518 (最終的には、これに 500 強プラスされる) --(02月19日)------------------------------------------------------------------------- 2月18日 1900Z の情報から; 2月19日 12:00Z に運用終了予定。 2月18日 1530Z の情報から; 今朝、島は晴れ今までのところ天気を保っている。 一方、おもしろい事に船の上では風が強く霧 雨が降っている。 ヘリコプターが飛び、すべての B号運用棟施設を完全に船に空輸した。 A号運用棟で運用を続ける のに応じて、他のアンテナは系統的に降ろされつつある。 我々は、日曜日の或る時間に 3Y0X を閉鎖して、月曜日には島から完全に撤収する計画で、火曜日 にはチリのプンタ・アレナスに向けて出航する予定。 皆さんが承知の通りこれ等の計画の全ては天候に依存しており、出発がより近くなるので情報を 提供し続けるつもり。 (1月10日付ニュースで、DXペディ後 南シェトランド諸島でも数日間この XR9A コールで運用 する可能性がある、と伝えられていたが、帰路はチリ本国へ直行すると云う事か)。 ★18 Feb 2006 1530UTC: This morning we've had clear blue skiess on the island. Interest- ingly, on the ship it's windy and drizzling; apparently the mountain is, for now, keeping the weather on the island clear. The helicopter is flying and we've completely moved all the OP B infrastructure aboard ship. Other antennas are being taken down systematically as we continue to operate from OP A. We are working a plan to close down 3Y0X sometime on Sunday and plan to be completely off the island sometime on Monday and (hopefully) sailing for Punta Arenas on Tuesday. All of these plans are weather-dependent as you know; we'll keep you updated as we get closer to departure. 73 from the Peter I Team! --(02月18日)------------------------------------------------------------------------- 2月17日 23:00Z の情報から; 今日は穏やかで、より暖かく、青空、そして綿毛の雲の美しい日が始まり、運用シェルターB棟を 解体する我々のプランに申し分のない一日だった。 しかしながら、午後の天気は段々悪くなり、アンテナを運用場所に降ろすとき、45ノット(23m/s) の強風が続き大変だった。 でも、B棟は完全に解体されシェルター、機器、供給物はヘリで船に 戻せるよう整えられ、ヘリコプターで 8〜10回の船への空輸になるが、今日はそこまでだった。 現在、A号運用棟に統合され、今 6台のリグで運用しており、4時間単位の運用体制でいる。 我々 は、76,000 QSO 出来た事を誇りに思っており、もっと多くの QSO を計画している。 (チームの 当初目標は 100,000 QSO)。 今回は、2月19日の日曜日に運用を終了するかどうかの記述はありません。3Y0X's QSO Results from 8-Feb-2006 0550Z through 17-Feb-2006 1800Z 10m 12m 15m 17m 20m 30m 40m 80m 160m T/L CW 781 1929 3728 4718 9342 7566 6519 2498 1309 38390 SSB 1515 1598 5571 6296 12632 4814 2128 34554 RTTY 672 689 1245 735 3341 T/L 2296 3527 9971 11703 23219 8301 11333 4626 1309 76285 ★17 Feb 2006 2300UTC: Today began as a beautiful one; calm, warmer, blue sky and fluffy clouds -- a perfect day to dismantl Op B as was our plan. The afternoon, however, the wx became steadily worse; at one point, when taking down antennas for that operating position, we had periods of 45 knot winds; not pleasant! But OP B is now fully dismantled (shelter, equipment, supplies) and ready to airlift back to the ship. This phase will take eight to ten helicopter flights -- and we were able to get exactly none done today. We've consolidated now into OP A and are running now with six rigs and four-hour opera- ting shifts. We're proud of the 76K+ Qs in the log and are planning many more. 73 from the Peter I Team! --(02月17日)------------------------------------------------------------------------- 2月15日 23:30Z の情報から; 本ペディションもいよいよ終盤に! ARRL CW コンテストが 2月18日00:00Z〜2月19日24:00Z に開催されるので、チームは WARC バンド の SSB と RTTY だけの運用を決めた。 我々は、運用シェルターB棟を解体して、2局を 運用シェルターA棟に移す。 つまり自分達の意図は 明日 シェルターB棟を動かし多くの機材を船舶に戻す事である。 今夜は EME運用の最後で、月面反射通信で 30 の QSO 出来て非常に満足している。 来週初めの天候予報は良くない様子で、既に寒くそして風が強くなって来ている。 もし天候状態が 予想されるようになるなら、我々は運用を日曜日に中止するかも知れない。 その日程が近くにつれ 詳しい情報が得られると思う。 ARRL CW コンテスト中は、Traditional バンドでも SSB/RTTY は問題ないと思うし、WARC バン ドの CW も同じで。 此の日曜日に終了となれば、JA の 160M は 1 QSO のみの結果に終わって しまう事に。 私は当初から此の DXペディが計画通りに消化されるか、それとも早く切り上げるかは、終盤の 天気予報次第だと思っていました。 船舶は大型を早くから契約していたし、それ以外では予想 外の成果が早く上がってしまい長くいるのがもったいないと考えた時ぐらいかと。 :-) ★16 Feb 2006 2355UTC: As we don't want to interfere with this weekend's ARRL CW contest, we've decided that we'll only work on the WARC bands on SSB and RTTY. We are dismantling OP Shelter B and moving two stations into OP A; our intent is to move the OP B shelter and much equipment back abord the DAP Mares tomorrow. Tonight is our last night on EME; we've made a very gratifiying thirty QSOS on moonbounce! The WX forecast does not look good for early next week; it's already getting colder and more windy here now. If the weather situation turns out as expected, we may be shutting down operations on Sunday; we'll have more information as we get closer to that date. --(02月16日)------------------------------------------------------------------------- 2月15日 23:30Z の情報から; 今日は我々の QSO が 6万を越えた。 そして今日、6回のヘリコプター飛行を行い、空になった燃料、 水、プロパンガスボンベ、それに未使用の設備、アンテナ、及び個人の機器を船に戻した。 天候は 23:00Z 頃に晴れた。その一番晴れた山 そして美しい日没のショットを目にした。 それ等の写真を 明日 Web サイトにアップする。 この場所は日に数回のにわか雪と美しい一日の終わりの定まった 対照がある。 我々の士気は高く、そして交信は順調である。 8日間が経過してチームは 160M で 1,166 QSO の実績を上げているにも拘らず、これまで JA が オープンする時間帯の運用はゼロ。 160M はコンディションに左右される率が高く、このままで はチャンスの幅がどんどん縮まってしまうと危惧しています。3Y0X's QSO Results from 8-Feb-2006 0550Z through 15-Feb-2006 1715Z 10m 12m 15m 17m 20m 30m 40m 80m 160m T/L CW 310 1126 2663 3888 7567 6263 4778 2129 1166 29890 SSB 383 541 4883 5929 11494 3781 1215 28226 RTTY 469 689 827 124 2 2111 SSTV 1 1 1 3 T/L 694 1667 8015 10507 19888 6388 8561 3344 1166 60230 ★15 Feb 2006 2330UTC: Today we crossed 60,000 Qs. We also got six helicopter flights done today taking empty fuel, water and propane bottles back to the ship along with some unused equipment, antennas and personal gear. WX cleared about 2300UTC and we had our very first clear shot of the mountain with a beautiful sunset (or sun"dip", really, as it never completely sets) with beautiful colors. Should have those photos up tomorrow. This place is a constant contrast with several snow showers during the day and a beauti- ful ending! Morale is good and the Qs are better! 73 from the Peter I Team! --(02月15日)------------------------------------------------------------------------- 2月14日 19:30Z の情報から; あなた方がまだ今日のビデオを見ていないなら、ご覧なるのを奨める。 百聞は一見にしかず、雪が 全シェルター(避難所)にまで入り込んで来ている。 寝袋は薄っすらと細かい雪ぼこりに覆われている。 南極の大吹雪を予期するのは、そして自分達がそうだったが、ほかの全体の経験の一つである。 我々は 2月17日に運用をやめると云う噂を聞きたが、それは本当ではなく、まだ出口戦略の議論さえ していない。 我々のパイロット達か此のウェブサイトからのが唯一の「良い(正しい)」3Y0X 情報の 場所。 それ等を見ないなら、それは事実ではない。 3Y0X の更新ログを正しくアップロードさせる事が出来たのが嬉しい。 今や 約48,000 QSO がログに 記録されており、我々は少々もたついたが交信を続ける。 73 ピーターIチームより。 上記の記事からすると、JA3AAW の 3Y0X-2006 ページもあまり当てにならない?? :-) パイロット局の JA1ELY's「59」記事に 2月12日の 40M CW は偽者の可能性が高いとあり、私の QSO がそれに該当するので(周波数も 7023kHz ではなく 7011kHz だったので) 念のため、昨夜 再度 QSO し直したが、結局 ダブルでログに上がっていました。 ;-( 同じく JA1ELY's「59」ページに > それで本日、15日(水),16日(木),7日(金)の3日間08-09UTCにJA向けにQRVしてくれるよう依頼 しました。島から了解の回答はありませんが要請は理解してくれると思います。 QSXはダウン、 1810-1820kHzにしてくれるように伝えてあります。・・・ とあり、私もインターネット・クラスターに「PSE QRV -> JA at 0830-0930Z」などと一昨日 昨日と上げましたが、出てくれるまで続けようと思っています。 自局としては、自信がなく ゲット出来れば「めっけもん」です。3Y0X's QSO Results from 8-Feb-2006 0550Z through 12-Feb-2006 1539Z * This ham radio log contains 47,857 QSOs 10m 12m 15m 17m 20m 30m 40m 80m 160m T/L CW 36 757 2190 3568 6811 5419 3789 1824 925 25319 SSB 3 284 4336 4223 9039 2868 839 21592 RTTY 190 355 273 124 1 943 SSTV 1 1 T/L 39 1041 6716 8146 6123 5544 6658 2663 925 47855 (2M は省略した。 これとは別に公式 3Y0X ページ内の合計に1 QSO のずれがある) ★14 Feb 2006 1930UTC: If you haven't yet seen today's video, we encurage you to take a look HERE. The video says it better than mere words! The snow is very fine and is making its way inside all the shelters. Sleeping bags are covered with a light dusting, etc. It's one thing to anticipate an Antarctic blizzard (and we did) but experiencing one is something else altogether. We've heard about a rumor that we're ceasing operations on Feb 17th. Not only is that not true, we've not yet even discussed our exit strategy. The only places for "good" 3YリX information is from our Pilots or this website. If you don't see it here, it isn't a fact. We're glad we were able to get the logs uploaded correctly and caught up. There are 48K Qs in the log now and we are presently hunkered down indoors with little to do but make contacts! 73 from the Peter I Team! --(02月14日)------------------------------------------------------------------------- 2月14日 02:15Z の情報から; 気温が下がって来て、上陸後初めて華氏20度台(20゚F=マイナス6.7゚C) になった。 ピーターI島では、初の 2M EME(月面反射)通信を昨夜 9局と出来興奮している。 現在は、睡眠、 食事、交信で通常の DXペディ作業しており、HF の7局、 EME を含め 8局の運用となっている。 我々は今もログデータ集めが困難な状況にあり、あなた方がいらいら状態にあるのは、重複 QSO が 非常に多い事からも良く判っている。 ログの更新がなかなかできずにいるが我慢をお願いしたい。 ★14 Feb 2006 0215UTC: It's getting colder; temps now averaging in the 20s for the first time since we arrived on Peter I. The ice is changing from slushy to crunchy which makes getting around easier, believe it or not. We're all excited about our nine 2M EME contacts last night, especially because it's never been done before. The Qs were widely celebrated by the whole Team! We're now in what might be called "Normal DXpedition Routine" of sleeping, eating and operating (not necessariy in that order!) We have seven stations on the air with the eight being shared between HF and EME. We're still having difficulty in gathering logs and getting them transmitted; we urge your patience. We know you're all frustrated; we know it from the very high number of duplicate contacts we're making. For now, the log uploads are suspended. Please bear with us. 73 from the Peter I Team! --(02月13日)------------------------------------------------------------------------- 今朝やっと更新ログデータがアップされました。 但し、少なくとも 40M/CW と 160M/CW の双方は 前回のデータ 10-Feb-2006 16:00Z のままで、その後に QSO していても現時点では結果が出て来な いでしょう。 ▲3Y0X's QSO Results from 8-Feb-2006 0550Z through 12-Feb-2006 1900Z; 10m 12m 15m 17m 20m 30m 40m 80m 160m T/L CW 4 1231 2193 2646 2896 1378 892 234 11474 SSB 2 3322 2606 7269 1733 453 15385 RTTY 354 4 1 359 SSTV 1 1 T/L 2 4 4553 5154 9919 2897 3111 1345 234 27219 (上記データはその後の修正分. 40M RTTY の 287 が 40M SSB へ) ★12 Feb 2006 2130UTC: The Team has spent the better part of the past 36 hours putting the gear that arrived yesterday on the air. We are now up to seven active stations and we'll get the 8th up by daybreak tomorrow. This is allowing operations on 12M and 10M while putting two stations on 40M. We put up another 40M vertical today and all the SteppIRs are up now (both verticals and beams). We can now man 30M virtually around the clock and we'll be watching for the LP European opening that occurs during the JA runs. Because we've been so intent on getting the inter-station LAN up and running, we've been forced to neglect collecting the logs off each machine (or they would have been out of sync or worse, missing Qs on the website). We found the network was also susceptible to RF and it took quite a few torriods (and time) to correct those issues. Now that the network is running well, we can finally pull the logs and upload to N1DG which will be done sometime tonight. We know the DX Community wants the online logs, but getting the Island network running was judged more important for putting QSOs into the logs than confirming ones already made. We are about three days behind the island infrastructure plan due to the continuing challenges of bad weather. Thanks for your patience, 73 from the Peter I Team! 文中に "torriods" という単語があるが、意味がどうも掴めないので K5K/Kingman Reefの時の パイロット仲間だった Don N1DG / 3Y0X pilot に聞いてみたら、 > The toriods are ferrite cores to suppress RF from the radios into the PCs. との事で、私共が云うトロイダル(Toroidal)フェライトコアーによるフィルターのよう。 --(02月12日-2)----------------------------------------------------------------------- 2月11日 16:45Z の情報から; 11日15:00UTC頃までに、ヘリにより 8〜9 個の荷物と 3人のチームメンバーが島に運ばれて来て 全ての人々、設備、および供給物資が最終的に揃った。 (最終の荷物は非常に有難く受け取った Job Johnny (屋外トイレ))。 今上っているアンテナの概要は下記の通り8種類のアンテナ。 明日、別の 30M用垂直と残りの SteppIR 2el 八木2本を上げるようにするつもり。 現在 6局が 稼動しており、明日の午後には、全ての 8局が運用可能状態になるだろう。 今日は、山々が美し く眺められた。 天気は、旨くいけば、晴れが続くだろう。 (注意): 今は残りのコンピュータを LAN 接続しつつあるので、ログのアップロードが遅れるが、 少々我慢してほしい。 メインのWebページは何時も利用可能な最新のログを示すので、皆さんは それをチェックして貰いたい。 特に土日は皆さんのインターネット・クラスターのチェック回数が増え DX-Summit や DXScape の表示に時間が掛かっている状況にありますが、JA局によるスポットの Japan DX Cluster なら スピーディで、又 3Y0X だけを見るのなら DXWatch.com でのチェックは如何。 *The Japan DX Clusters: http://linux.figaro.gr.jp/jadxc/jadxc-250.html *3Y0X check by DXWatch.com: http://www.dxwatch.com/dxsd.php?f=36 *3Y0X check spotted by JA: http://www.dxwatch.com/dxsd.php?f=626 ★12 Feb 2006 0110UTC: Just to bring you up to date, yesterday morning at 0230UTC the helicopter began flying again and brought ashore 8-9 loads and our three orphaned Team Members. Starting again at 0900UTC, he starting bringing the final 5-6 loads and finished around 1500UTC. At that time we finally had a full complement of people, equipment and supplies. In the last load was the Job Johnny (outhouse) which was very gratefully received! Here's a rundown on the antennnas in operation now: Battle Creek Special for 160 Wire antenna for 80 Wire antenna for 75 Two 40M verticals 20M vertical 17M two-element vertical 30M vertical Two SteppIR 2El yagis for 10-20M Tomorrow we'll have another 30M vertical and the two remaining SteppIR 2el yagis up. We presently have six stations on the air and tomorrow afternoon will have all eight. Today we had beautiful views of the Mountain; hopefully the weather will continue to clear. Note: We are presently adding the rest of the computers to the LAN so there will be some delay in getting the logs uploaded; please be patient with us. The main web page always indicates the latest logs available so that should be your trigger to check to see if you're in it. 73 from the Peter I Team! --(02月12日-1)----------------------------------------------------------------------- 2月11日 16:45Z の情報から; グッドニュース。 天候が我々に味方して、残りの 3人も上陸、これで全資材の揚陸も終わった。 より高いに QSO レイトに向かって今は 3Y0X は全局が稼動可能状態にある。 天候問題を整理し、 これまでのあなた方のご辛抱を世界のハム・コミュニティーに感謝します。 73 3Y0X チームより。 (2月12日08:30j時点で最新ログデータは 10 Feb 2006 16:00Z のまま.) ★11 Feb 2006 1645UTC: Good news! The weather cooperated and we were (finally) able to get our other three Team Members ashore along with all our remaining supplies and gear! We have all stations working and looking forward to an even higher QSO rate from now on. Thanks to the internatlonal Ham community for your patience while we sorted out the weather problems. 73 from the Peter I Team!
 続きのページへ → 


      JA3AAW   copyright© 2003-2006