My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

3YØX-2006 * Peter I island
Ham Radio 3Y0X DX-Pedition
概 要

UpDate: 2003/09/13 → 2006/02/08 3度目の正直 * 本DXペディが新春2月に!
コール: 3Y0X 運用期間: 2006/02/08〜02/20
(概略) └ ← (2005/01/21 〜 02/04) ← (2004/01/10 - 01/31) 運用者: Bob K4UEE, Ralph K0IR, F2JD, FM5CD, HB9BXE, K3VN, K4SV, K9SG, KU4V, LA6VM, N2WB, N4GRN, N6JRL, N6OX, NP4IW/6, PA5M, SP5XVY, UA3AB, W8MV, WORUN 計20名 // 以下省略 //


     	「3Y0X-2006チームのスケジュール」
1月29日	  プンタアレナス(チリ) 集合 
2月01日	  Punta Arenas 発 (航空機 DeHavelin DASH-7 にて) →
       	  キングジョージ島(南シェトランド諸島) 着 
2月02日	  King George島 発 (船舶 DAP Mares号にて) → 
2月05日	  ピーターI島 到着 
2月08日	  開局   運用期間 = 12〜14日間 
2月  日	  閉局 
2月22日	  Peter I島 離島 → 


← 最新情報のページへ 


 ●Date: 2005/02/18 → 2006/02/11 ●Sub: 3Y0X-2006 * Peter I is.
--(02月11日-2)----------------------------------------------------------------------- 2月11日 00:30Z の情報から; 状態は前回報告した通りである。 空は晴れて視界は良いが、海は荒れておりヘリが船に安全には 戻れない (つまりヘリは島にいると云う事)。 と云う訳で今日は進展がなく、多分明日は..。 CQ WW RTTY コンテストが始まったので、その間 我々は RTTY 以外を運用する計画である。 我々の精神状態は良好だが、残りのメンバーと物資が、島に集うのを待ちわびている。 ★11 Feb 2006 0030UTC: Conditions are still as previously reported. The skies were clear enough for the helicopter to take off, but the seas were still too rough to safely land back on the ship. So no progress today on that front. Maybe tomorrow.. Since the CQWW RTTY Contest is just starting, we plan to spend all of our time on SSB and CW and in the WARC bands while the contest is on. Our spirits remain high but we're eager to have the rest of the Team with us (and the rest of our gear and supplies, too!) --(02月11日-1)----------------------------------------------------------------------- 2月10日 18:30Z の情報から; 天候と視界は昨日同様良くない。 我々はこれまでに 7,400 QSO した、そして既にログ検索が Web サイトを通じて出来る。 現在は 4局が 12-40M で運用しているので QSO レイトはもっと上がる はず。 発電機 1台が駄目になったが無線機器への十分な電力供給が出来る。 今は天候が我々に 協力してくれればと..。 (2月10日16:00Z までに計 13,067 QSO) 3Y0X パイロットの Don N1DG によると、20M のモードが違っていたり、17M にミスがあったりで オンラインログに一部ミスがありチェック中の由。 ★Subject: Re: [DX-NEWS] 3Y0X Logs Date: Fri, 10 Feb 2006 12:11:42 -0500 From: Don Greenbaum <donあaurumtel.com> Please be reminded that the online logs are not official. Some 20 mtr qsos may have wrong mode, and a few 17 mtr qsos may be missing as well. We are checking. Thanks, Don N1DG (3Y0X Pilot) ★10 Feb 2006 1830UTC: Weather and visibility condx still the same. We've made 7400 Qs so far and some of the logs are already accessible via the website; more will come later today/tonight. We now have four stations QRV 24/7 so the Q count should rise more quickly. We had a generator fail but we still have ample juice for the rigs. Now if the weather would only cooperate... --(02月10日-2)----------------------------------------------------------------------- 今日2月10日05:00Z 過ぎからログ検索が可能に。 Feb-8, 0400Z〜Feb-9, 2240Z の間に 7,298 QSOs の実績で、これからもっとペースが上がって来ると思われます。 ▲3Y0X's QSO Results 10m 12m 15m 17m 20m 30m 40m 80m 160m T/L CW 0 0 523 1423 474 1123 383 0 0 3926 SSB 0 0 326 128 2918 0 0 0 0 3372 RTTY 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 T/L 0 0 849 1551 3392 1123 383 0 0 7298 80/160M のアンテナが立ったと云う事で一応 10〜160M が出揃ったので、後はチームがどの様な配 分で各バンド/モードに出てくれるかです。 もっとも未だ 8〜9局揃い踏みと云う訳には行きません が。 3Y/P-JA 間の通信状態は、15〜40M は文句なしに良好で、それから上は電離層如何で ..。 80M はやや厳しくなるので、3Y0X がベストタイムにどの程度時間を割いてくれるかで変わってき ます。 160M は今回 QSO 出来れば First ever QSO on 160M となる訳ですが、これこそ 80M 以上 にチームの努力如何にかかってくるでしょう。 夕方になり、パケクラを見ると 4局同時運用で 3.5CW のスポットも上がっていたので、テンポラ リーの 3/4λ Sloper アンテナを張りワッチ、信号は弱かったが運良く以外と早く QSO, 09:22Z。 今回の DXペディでは、自分としては JA が未交信の 160M と序でに 3.5CW がほしいと思うと 一部の人に話してたが。 160M は CE0Z島と大体同等の通信の可能性があるので First Ever は 達成されると期待しているが、私もあやかりたいところです。 --(02月10日-1)----------------------------------------------------------------------- 2月09日 22:15Z の情報から; 視界はまだ非常に悪く、我々は今日、ヘリコプターを飛ばす事が出来なかった。 自分達はほんの 数秒間、2度島から船を見たが、それは自分達がどのようにひどい気象状況下にいるかと云う事で ある。 幸いな事に、皆、今日はより乾燥した状態にいる。 ヘリコプターは次の飛行のために積み込まれ、旨く行けば、明日、船に残っている 3人のメンバー と島で合流する事が出来ると思う。 未だ陸揚げ出来ていなかった殆んどの残りの物資である食物、 発電機、無線機などの荷物準備が出来ている。 今のところ、3Y0X は 3局しか運用されていないが、今日はバトルクリークスペシャル(垂直アンテ ナ)を設置出来たので、今夜、80M と 160M に QRV 出来るだろう。 我々の精神状態は良好だが、 計画の 1/3 しか運用出来ていないのには失望している。だが旨く行けば、週末までには機器、マン パワーも勢揃いしているだろう。 ★9 Feb 2006 2330UTC: The visability is still very poor and we were unable to fly the helicopter today. We saw the ship from the island twice for a few seconds; that's how "socked in" we are. Thankfully we're all drier today! The helicopter is loaded for the next run and, hopefully tomorrow our remaining three Team Members will be able to join us. The supplies we miss the most are ready to bring across: another generator, another radio, chairs and food. Presently we're on the air with only three stations. Fortunately today we were able to get the Battle Creek Special up so we'll be on 80 and 160 tonight. Our spirits are good, but we're disappointed we only have a third of the planned stations on the air. Hopefully we'll be at full strength by the weekend (both rigs and manpower). --(02月09日)------------------------------------------------------------------------- 2月08日 22:15Z の情報から; 我々は昨日と同等以上に悪い天候状態の中にいる。3人のチームメンバーは未だ船に残っており 20%の機材等の荷物が残っている。 今日は 31m/s の強風あり、今は 15〜21m/s になっている。 気温は 0゚C前後で、雪でなく雨が降っている。自分達が歩くのに 15cmの半解けの雪に入り込む。 Ralph K0IR が言うには、作業するのに 1994年の時より悪い状況にある。 硬い氷の層は前回は 180cm 程だったが、今は足ったの 45cm程。 最後の運用シェルターA を設置。 自分達は全員濡れており惨めな状態であり、コック長の N4GRN は未だ船の上にいる。 ハム運用ではこれまではおよそ 2,500 QSO でその 6割が CW、その内訳は大体ヨーロッパ、日本、 米国に 3分されている。 30M と 40M のバーチカルアンテナを上げ今夜は計 4局が稼動するが、 今は2本の SteppIR で運用中。 75M と 160M は明日に。 データ通信用のアンテナが未だ船にありログデータを送信できないので我慢して待ってほしい。 (SteppIR=米 Fluidmotion社製ビームアンテナの商品名) ★8 Feb 2006 2215UTC: We're just about where we were yesterday with the weather being even worse. Three Team Members (Carlos NP4IW, Al K3VN and George N4GRN) are still on the ship along with about 20% of our gear and supplies. The winds today have been as high as 60 knots and now are 30-40 knots. Temps are in the low 30s; it's raining (not snowing) and it makes tough going as we sink in about 6" into slush with every step. The conditions are difficult to work in and Ralph K0IR says it's worse than in 1994. In 1994, firm ice was about 6' down; now it's only about 18". The final shelter is up (Operations Shelter A, 12' x 24'). We're all wet and semi-miserable (and our chief cook, George N4GRN is still on the ship!) We've made about 2,500 QSOs so far, about 60% on CW. The Qs are about 1/3 Europe, 1/3 Japan and 1/3 US. Tonight we'll have four stations on the air as the 30M and 40M verti- cals are now operational along with the two SteppIRs. The 75 meter and 160M antennas will be worked on tomorrow. We've been unable to transmit the logs for the website so far because the antennas to do that are (you guessed it) still on the ship. Please be patient and bear with us. --(02月08日-2)----------------------------------------------------------------------- チームWebサイトの電波発射までのカウントダウン設定が 2006/02/08 04:00Z となりゼロを過ぎた。 前回の 7 Feb 2006 10:45Z 付の情報からして、下段のようなニュースが飛び出して来るとは思わ れなかったが、何れにして早期の運用開始は私共には嬉しい事。 先ず、2月08日04:00Z 頃 2局による運用が先行し、続いて順次後続局が出てきて最終的には 8〜9 局の運用となる。 詳しくは下記記事をご覧に。 皆さん、今後の 3Y0X 情報の収集には、パケットクラスターと 3Y0X News を重点的に! (余談) 下記Eメールが入って来た時には、ハッキリ言って嘘だうろと思っていました。 ★Date: Tue, 07 Feb 2006 22:27:16 -0500 → 受信 Wed, 8 Feb 2006 12:49:52JST From: petethepup <petethepupあalltel.net> Subject: [DX-CHAT] 3Y0X QRV by 0400 As if nobody is aware...hi! Rich ★8 Feb 2006 0245UTC: "The Eagle Has Landed"! The first helicopter load landed on Peter I Island at 1830UTC 7 Feb. All but three members of the Team are ashore; the last heli- copter trip for the day was at 0230UTC. 80% of the gear has been transferred; the rest (and the remaining three Team members) will be flown ashore in the morning (local). All the shelters are up except OP Shelter A. We will go on the air with two stations at around 0400UTC 8 Feb. Two SteppIR antennas are up along with a 40M vertical. This is a beautiful place but visibility is presently poor. We've seen the tops of volcanoes but only for a brief period. The camp is located a bit north of the 1994 location, closer to the sea. Snow is slushy and you sink in about 6" with every step; makes moving around tiring. Temp is 30°, wind 30 knots and visibility is low. We expect to have 8-9 stations on the air in the next 24 hours. Let the fun begin! --(02月08日-1)----------------------------------------------------------------------- 船舶がピーターI島に到着した時の様子からは、キャンプ設営までに暫く天候の回復を待てばその後 は順調に行くと見ていたが、同島のある南極圏の気象は厳しくしかも低気圧がど真ん中に入り、唯一 の上陸手段であるヘリが安全に飛行できないとあっては何とも致し方のないところです。 私は虎の 子のヘリコプターに万が一の事があれば此の計画が全て駄目になってしまうと余計な心配をしていた が、チームはヘリ・パイロットを含め安全第一に行動しているのでしょう。 First GO の後、最初の電波が発射されるまで 24〜36時間は掛かるとありますが、First GO は初回 の運搬の開始を意味していると思います。 そして長時間要するところから見ればキャンプ/アンテナ 等の全ての設営が終わって初めて運用を開始するのだと思いますが..。 ★2月07日10:45Z We are still stuck on the ship. The seas are calmer but the low cloud cover is worse than yesterday. The wind has shifted so maybe it will clear soon. We are staged and ready to deploy to the island as soon as the helocopter pilot, Aldo, feels it is safe to fly. We must make at least five trips at the beginning to get enough supplies to the first landing group to be sheltered and sufficient in case the fog and clouds again suspend flights for any period of time. Most of the team is catching up on rest - we will need it as soon as we are GO. It will take 24 - 36 hours after this first GO to get any signals on the air. It will take a lot of effort and energy. Since everthing is packed up, we are NOT on the air at all. After six days at sea we are iching to get on the air and make some noise on the bands. Stay tuned... ↓3) が 1月12日時点のカウントダウン設定に逆戻り。
[2月07日14:53Z時点 * 運用開始= 02/07 11:30Z → 23:30Z → 02/08 21:00Z]          
	場所 / 状態		 カウントダウン	       ゼロ設定日時 
3) On the Air??  2006/02/08 21:00Z
--(02月07日-2)----------------------------------------------------------------------- その後のチームサイト情報に新しい記事はないが、カウントダウン表示の 3Y0X 運用開始時刻設定 が 2006/02/07 11:30Z → 23:30Z (日本時間の明朝) へ 12時間 遅らされた。 皆さんもチームサイトの写真ページをクリックされると現地の生々しい状況を手に取るように見る 事が出来ます。 これ等を見るだけでもチームメンバーの大変な努力がうかがい知れます。
[2月07日05:26Z時点 * 運用開始= 2006/02/07 11:30Z → 2006/02/07 23:30Z]        
	場所 / 状態		 カウントダウン	       ゼロ設定日時 
3) On the Air??  2006/02/07 23:30Z
--(02月07日-1)----------------------------------------------------------------------- 2月06日付の情報から; ★第4信 2月06日21:00Z 偵察飛行を 90分前(19:30Z)に行(おこな)った。 (最初にキャンプに最適 な場所を探し、5〜6回の運搬飛行で本格的にキャンプの設営に掛かる=現地の今夜に)。 P1島への到着前の予定からは遅れているが、1月時点の当初計画から見れば、目下順調に進行して いると云えます。 又、最初の電波が聞かれるのは、早ければ日本時間の今夜と思われます。 勿論 主要局が出揃うのは明日に。 ★6 Feb 2006 Update #4: 2100UTC: We took a recon flight about 90 minutes ago and flew over the tip of the peninsula.... the area where we want to camp is further toward the mountain and still socked in. As we look now at that area, it is looking better. When we can be sure of at least 5-6 helicopter loads we will go -- hopefully tonight! ★第3信 2月06日14:45Z 間違い警報! 霧が晴れたと思ったら直ぐ再び霧がかかってきた。 低気 圧の真ん中にいる。 (現地の気象は変化しやすい様子で、回復すれば直ぐ飛び立つでしょう)。 ★第2信 2月06日13:15Z ヘリコプターエンジンは始動され第一陣の 4人が島へ移動しようとしている。 ★第1信 2月06日12:00Z 我等の船は P1島の1マイル半の沖に停泊。 ヘリへ荷物の積み込まれ LA6VM, K4UEE, K0IR, N6OX の4人が搭乗の準備が出来ている。 海は穏やかで風速は15ノット/h (7.7m/s)、 気温は 35゚F(1.7゚C)。 島は霧で完全に覆われているので晴れるのを待っている。 ★Update #3: 14:45UTC: False Alarm! Just after gasing up, the fog set in again. We are on weather hold in the middle of a low pressure area. The back-side of the Low just started over us. Still having fun!! ★Update #2: 13:15UTC: The helicopter engine has been started and the first guys are moving to the island! ★Update #1: 12:00UTC: We're a mile and half offshore Peter I. The helicopter is loaded for the first run and the first four of us to go (Erling LA6VM, Bob K4UEE, Ralph KリIR and Bob N6OX) are primed and ready. The seas are fairly calm, wind 15 knots, temp 35°F -- and the island completely shrouded in fog! We are waiting for it to lift... --(02月06日-2)----------------------------------------------------------------------- 2月05日付の情報第2信から; ★我々はピーターI島に到着したが霧と風で寒い。 2月05日 21:30 現地時間 (2月06日03:30Z) に、 霧の晴れ間に出たが、島から 1.5マイルのところにあり、気温はプラス1℃、風速は 18m/s である。 島は、我々が今までに見た中で最も気味悪い光景の一つであり、霧と風で非常に険しく見え、巨大な 岩と氷河が途切れとぎれに見える。 ただ今は 2月05日 22:00時 現地時間 (2月06日04:00Z) で、天候が良くなれば、明朝行動を開始する 予定。 全てが計画通りに進み、我々はとても幸運である。 ★We have arrived at Peter I island and it is foggy and cold and very windy. It popped out of the fog at 21:35 local when we were only 1.5 miles away and it is about 34 deg- rees and the wind is 40 mph right now. It is really cold out on the deck. The Island is one of the spookiest sights we've ever seen and looks very forboding with the fog and the wind. Huge rocks and glaciers are intermittantly visible. We will need to wait for the wea- ther to clear to go on. It is now 10pm local time and if it clears we will begin going onto the island tomorrow morning. Everything has gone very much according to plan and we are very happy. 73's to all from The Peter I team! --(02月06日-1)-----------------------------------------------------------------------
2月05日付の情報では、レーダーで 40 マイル先にピーターI島が映っており4時間で
同島に到着するとある (21:00 現地時刻)。 ヘリコプターによる最初の飛行は前日と
同じく 2月6日 07:00Z。

英文で「Fingers crossed」の言葉が時たま出てきますが、「幸運を祈る時の仕草」
として知られています。 

fingers_crossed.gif
★5 Feb 2006 We now have the email working too....just in time to QSY to the Island..... Peter I is on the radar at forty miles, so we will arrive in four hours or 2100 local. First flight is scheduled for 0700 tommorrow. The container is unloaded and the first fifteen loads are queued on the deck, ready to go. Wx is foggy and cold. Hoping for it to clear tomorrow. Fingers crossed! 73's to all from The Peter I team!
[2月06日時点 * KGI 出発 2006/02/02 01:00Z。 P1島到着 2006/02/05 23:30Z]        
	場所 / 状態		 カウントダウン	       ゼロ設定日時 
2) At Peter I!   2006/02/05 23:30Z
3) On the Air??  2006/02/07 11:30Z
--(02月05日)------------------------------------------------------------------------- チームサイト情報(2月04日)によると、DAP Mares 号は、2月04日21:00Z時点で南緯 66度52分/西経 79度24分の位置でピーターI島へは 515Km の距離にある。 ピーターI島到着予定は 2月5日 23:00Z で、島の偵察飛行は 2月6日 07:00Z (現地の01:00AM) 頃。(高緯度の夏場で白夜) ★Our current ETA at Peter I is Sunday, Feb 5 at 2300 hours. Our first reconnaissance flight will be at first light on Monday morning about 0700Z weather permitting! Current position at 2100 hours Feb 4th is 66deg, 52 mins S, 79 deg, 24 mins W.
[2月05日時点 * KGI 出発 2006/02/02 01:00Z。 2) 3) は JA3AAW が勝手に日時設定↓]
	場所 / 状態		 カウントダウン	       ゼロ設定日時 
2) At Peter I!   2006/02/05 23:00Z
3) On the Air??  2006/02/07 05:00Z
--(02月04日)------------------------------------------------------------------------- 本チームを乗せた DAP Mares 号の現在位置は、南緯 65度/西経 67度との事で >Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter >XR9A/MM 06/02/04 0137Z 14080.0 loc: 65s 67w. 688miles to go K6SGH キングジョージ島から 520Km、ピーターI島へは 1,100Km の距離にあり、両島間の殆んど直線上に 位置する. (Microsoft World Atlas 調べ)。 インターネットのクラスター DXSCAPE をチェックし たのが 01:27Z なので K6SGH の時刻表示は 10分以上のずれがある。 このまま航行すれば 2月05日 の 16:00Z (現地の10:00AM) 頃に P1島に到達する見込み。 ・その後のチームサイト情報(2月03日)では、P1島到達予定は現地の 2月05日真夜中とありキャンプ 設営開始は最も早くて 2月06日朝となっています。 (現地時刻=UTC-6) ETA=(Estimate Time of Arrival) 到着予定時刻 ★Current ETA at Peter I is midnight, Sunday, Feb 5th. This means the earliest we could begin setting up the camp would be the following morning on Monday... weather permitting! 65 deg 2 min S. Lat and 65 deg, 44 mins West at 1900Z on Feb 3rd.
[ 2月04日時点 * 1) 2006/02/02 01:00Z。 2) 3) は JA3AAW が勝手に日時設定 ↓ ]  
	場所 / 状態		 カウントダウン	       ゼロ設定日時 
1) Departed KGI  2006/02/02 01:00Z
2) At Peter I!   2006/02/06 06:00Z
3) On the Air??  2006/02/07 12:00Z
--(02月03日)------------------------------------------------------------------------- その後の Webサイト情報によると、チームは 2月02日01:00zにキングジョージ島(KGI) を船舶 DAP Mares 号にて出港した。 そして 2月02日04:00z 頃から XR9A/MM を運用、クラスターに多くのスポットが上がって来ている。 暫くは 100W だが、リニアーアンプ使用で 2波 QRV とする。 ピーターI島には (気象にもよるが) 2月05日朝に到達する予定。 --(02月01日)------------------------------------------------------------------------- チームのサイト情報によると、プンタアレナス(チリ) を予定より 1日早く出発したと思われます。 只、キングジョージ島(KGI) からの出航は未だはっきりしないと云っているが、次の島到達予定から 見ると 2月01〜02日には出港するはず。 ピーターI島には気象にもよるが 2月05日までに到達すると。 運用周波数が変更されていますが、状況によっては再度の変更もあるので周波数ページをチェックす る必要があります。 なお、デジタルモードは主バンドを 20, 30M とし、バンド毎に Listening Up か Down も記されています。 --(01月12,22日)---------------------------------------------------------------------- これまでチームの Webサイトのカウントダウン・タイマー(Countdown timer)は、キングジョージ 島 (KGI) 出発時刻までのカウントダウンを行なっていましたが、それに新たに2つが追加され、 ピーター1世島到着時刻、そして 3Y0X 電波発射時刻までのカウントダウンが常時ワッチ出来る ようになりました。 そこで、その日が近づいて来たら皆さんは下段の表ではなく Webサイトを注意して見ましょう。 日程に変更があれば、その都度修正されるでしょうから。 (私も気が付けば修正しますが)
[ 3) が 1月12日時点 02/08 21:00Z → 1月22日時点 02/08 09:00Z へ↓]
	場所 / 状態		 カウントダウン	       ゼロ設定日時 
1) Depart KGI    2006/02/02 21:00Z
2) At Peter I!   2006/02/06 21:00Z
3) On the Air??  2006/02/08 09:00Z
--(2006年01月11日)------------------------------------------------------------------- チームの 1月10日付ニュース(p1news19) によると; 色んな機材やプンタ・アレナスで購入した 食糧品を搭載した DAP Mares号は南シェトランド諸島に到着してる。 チームは機材と共に2月02日辺りに再集結して、4日間の船旅を予定しているが、それらは気象に 左右されるだろう。 チームには特別のチリ南極コールサイン XR9A が付与され、プンタアレナスでの数日間及び航行 中に此のコールの使用を望んでおり、DXペディ後 南シェトランド諸島でも数日間このコールで運 用する可能性があると。 詳しくは、Webページをご覧に。 --(01月02日)------------------------------------------------------------------------- チリのプンタアレナスから飛行機で南シェトランド諸島のキングジョージ島にあるチリ海軍基地に 飛び 2月02日出発へのカウントダウンが大分前から始まっています。(Webサイトのトップページに 表示されている); Countdown timer:
そして、2月06日頃にピーターI島へ到着する予定。ハム・オペだけでも20名で大量の無線機器を 持ち込み基地では何局もが 24時間同時運用する由。 特に必要なバンド/モードがない DXサーも このビッグイベントには大挙して参加する事でしょう。 でも互譲の精神で行きたいものです。 ニュース最新版 → http://8.3.8.118/peterone/status.htm 〃 日本語版 → http://tamo.dip.jp/3y0/p1news3.html
3y0x_image035s.jpg 18Kb 今回 3Y0X-2006 チームを運ぶ事になった船舶 DAP Mares号 From http://8.3.8.118/peterone/images/dapmares/Thumb.htm
--(2005年11月20日)------------------------------------------------------------------- 今年の2月に 3Y0X-2005 DXペディションが中止になった直後から、次の計画に取り掛かった同チー ムは、失敗の教訓から、チームの足となる船舶とヘリコプターの確保に奔走しました。 2005年11月13日リリースされたニュースで 3Y0X-2006 の具体的計画内容の発表となりました。 次をご覧に → http://8.3.8.118/peterone/p1news18.html 日本語版 → http://tamo.dip.jp/3y0/p1news3.html

← 最新情報のページへ     



 ●Date: 2004/01/28 → 05/02/18 ●Sub: 3Y0X-2005 * Peter I is.
--(2005年02月18日)------------------------------------------------------------------- 2月17日発のチームからの緊急ニュース によると; (2月18日10:00j 現在 未だ Webページには 上がっていないが。 此のニュースは今朝 04:40j にEメールボックスに届いていたが、見た時は とっくに 09:00j を過ぎていた)。 誠に残念ながら、今回のピーター1世島 DXペディションは、船舶の都合により、中止が決定 されるに至りました。 今回中止となった最大の要因は、最終的に契約し直した船舶「Cavendish Sea」号が 2月18日正午 前にチームと機材を載せて Ushuaia港を出航する計画が、同船舶の港への到着が 20日にずれ込む 事になったためです。 それはチームメンバーによる金銭的投資が正当化される ピーター1世島島での最低必要な運用期 間が確保出来るタイムリミットをオーバーしてしまったのです。 私が 1月14日付の記事で「2001年の CE0XT や VP6DI の直前の DXペディ中止が脳裏をよぎります」 と書きましたが、その最悪の事態の再現が現実のものとなってしまいました。 2001年の CE0XT について云えば、私はその DXペディの JAパイロットになっていましたが、出発 港に全チームメンバーが集結した直後に、契約した船の予定が1週間以上遅れる事態が発生し、 チームは断腸の思いで中止を決定しました。 そしてチームリーダーのチリの現地人に任せられな いと言う事で、チームを編成し直して翌年実行された事を思い出します。 (余談ですが、その漁船は冷凍庫の故障による漁獲のロブスター/海老の腐敗問題で 帰港した時に 海軍当局の臨検を受け足止めを食らったのです。 それがなければ計画通り出港出来たが)。 本チームは、過去1年間延期となった事から今回は是非共実施したいとの強い思いから頑張って こられたのでしょう。 そして随分な時間と費用を費やしてしまう結果となりましたが、私達は 暖かく見守って、来年に期待しましょう。 --(2005年02月16日)------------------------------------------------------------------ 2月15日付のチーム発行の ニュース#13 によると; チームのアルゼンチンのウスワイア港からの出航がいよいよ 2月18日真昼にほぼ決まりました。 出発が大分遅れる事になり、運用期間も当初より短縮されそうです。 今後のニュースには充分
★これより以前の情報は  3Y0X-2005 ページ   をご覧下さい
3y0x_01.jpg 31Kb 2004年01月の Webページより


      JA3AAW   copyright© 2003-2006