My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   DX QSL 

私 JA3AAW 発のDX情報 より
3Y0C DXペディション特集

2000年12月16日 → ブーベ島 QRV → 2001年3月04日
Chuck N4BQW 21Kb
He passed away on July 23, 2006(他界).

概   要
運用者:    CHARLES E. BRADY  "Chuck" N4BQW, 科学者 / NASA 宇宙飛行士 
               A member of the Kingman Reef / Palmyra Atoll DX group (KRPDXG)
運用期間:  2000年 12月16日 → 2001年 3月04日 
運用周波数: (DX Summit cluster より)
   1832  1837 
   3772  3790 
   7046  7050  7052  7063 7069  7080 7084  7091  7093  7095  7096  7096.5 
   10134  10135 
   14115  14163  14166  14167  14170  14175  14183  14195  14214  14243  14250 
   14260  14263  14327  14330  14333  14336  14341  14345 
   18120  18123  18127  18130  18135  18145 
   21295  21298 
   24942  24945  24948 
   28325  28495  28500  28503 
QTH:  Bouvet Island (南極圏),  03.24'E / 54.26'S 
JA1→Bouvet 方位: Short Path 225度, Long Path 45度,  距離: 9,999miles/16,100Km  
日の出/日没: (UTC) 
   Month    Dec.          Jan.           Feb.           Mar.   
   Day   Rise  Set     Rise   Set     Rise   Set     Rise   Set 
   01    03:12 20:00   03:16  20:23   04:11  19:47   05:10  18:46 
   10    03:06 20:13   03:29  20:18   04:30  19:29   05:28  18:24 
   20    03:07 20:21   03:47  20:07   04:52  19:07   05:48  17:59 
   28                                 05:08  18:49 
   30    03:14 20:24   04:07  19:51     -      -     06:06  17:34 

QSL via: WA4FFW, Mark McIntyre,  2903 Maple Ave., Burlington, NC 27215, USA 
        (QSLカードの発行は彼 Chuck がペーパーログを持ち帰ってから)。
Webサイト:  ZR1DQ のサイト  and  WD4NGB のサイト

突如出現した 3Y0Cは 12月17日に最初の詳しい情報をいち早く入手し、期間が 3、4ヶ月
もあるので楽勝と思っていたのが..(私の 361番目のエンティテイーになると)。

最初のチャンスは 12月28日にありました。でも此の日は忙しくワッチ出来ませんでした。
KRPDXGメンバーで K5K を運用した Kimo KH7U が親切にもEメールを寄こしてくれたの
です。

>I don't know if you'll see this in time or if propagation will allow...
>however, I will be trying to meet up with Chuck on 14.345
>around 0630z to 0700z, tonight.  He may be in QSO with 
>a ZS station.  Pat NH6UY and I will try to QSO with him then.

此の 14,345kHz は Chuck の連絡用の周波数で他言せぬようにとの事でした。
でも公の空の事、此の周波数は 10日後には一般局の知るところとなってしまったのです。 
そしてその後JA局の大半が此処で 3Y0C と QSO する事になったのはご承知の通りです。

Kimo KH7U には、お礼を言いあとは自分で頑張ってみる、来年2001年2月中に QSO出来なけ
ればお願いする事になると思う、と偉そうな事を言ったのですが..。

冒頭に 3Y0C DXペディションと書きましたが、Chuck は科学者の一員としての調査研究が
本業で、ハムはその余暇を利用しての行為でしたから、私は彼に要望したい事があっても
どのルートによっても一切それを控えていました。

ところでなかなか QSOのチャンスが巡ってきません。
とは云っても 1月中旬に1度 JA4FHE 局によるリストQSOに加わったのですが、14Mhz バン
ドの一番上の端で、アンテナの SWR が極端に高く電波の回り込みで SSBだけでなく CWも
駄目で 14.3Mhz 以上は諦めたと云う経緯がありました。

何とか QSOにこぎ着けたのが本当に2月に入ってからでした。
14SSB そして後日の 14CW の QSOは何れもオープン戦で、2度しかなかった彼をつかまえる
チャンスを活かす事が出来ました。 

当のオペレーター、NASA の宇宙飛行士で科学者の Chuck N4BQWとは以前 KH5 や KH5K の
件でEメールのやり取りをしていたので親密感を覚えました。 とは言うもののその当時、
彼のプロフィールなど全然知らず、CW が下手だなぁー位にしか思っていなかったのです。




最新 情報

以下は、私の [DX News] ページなどに随時掲載してきた関連情報記事です。

 ●Date: 2000/12/17 → 2001/08/26 ●Sub: 3Y0C * Bouvet  By Chuck N4BQW  #3
--(08月26日)--------------------------------------------------------------------------------- 8月17日付消印の 3Y0C カードが 25日にやっと私の元に届きました。 ↓クリックで拡大画像  3y0c_s.jpg 35Kb 3y0c_rs.jpg 42Kb 下記は、カード請求時に何がしかのドネーションをしたのに対する WA4FFW のコメント。 Thank you for the QSL support. You may not be aware but this opration had no funding from any group except a few of Chucks close friends here. Therefore all contributions particularly with the QSL are greatly appreciated. Thanks, best of DX. 73 Mac --(08月23日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆下記の通り Ohio/Penn DX Bulletin No. 526 * August 23, 2001 によると: QSL マネージャの Mac WA4FFW から 8月17日に最初の 5,000 のカードが投函された。これには 米国局向けが含まれていない由。 既に JA局に続々ブーベ島 3Y0C のカードが届きつつあります。 3Y0C QSL STATUS. Mac, WA4FFW, reports that 5000 3Y0C DX station QSL cards were mailed out August 17th. This did not include any stateside cards or bureau cards. They processed the DX cards first so as to give them some extra travel time in hope that they could be used for this year's submission. "It has been our goal to get the cards out in time to allow everyone to get them turned in before the September deadline." Stateside cards will be processed and mailed within the next two weeks. There are a lot of "NOT IN LOG", but they will check every one of these against the paper log before rejecting any request. The rework "NIL" verifications and bureau cards will be processed immediately following the stateside mailing. Joe/N4OL and Gene/WJ4T are assisting Mac with the QSL duty and things are going well and quick. They see no reason all stateside cards will not be mailed in two weeks. Please do not send E-mail inquiring or asking for special favors. They are processing as fast as they are capable of doing. They received the cards from the printer the first week of August and they have mailed over 5000 out to date. They can't respond to requests and process at the same time. // snip // --(06月04日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆去る 2月に感謝のEメールを彼 Chuck に送ったが、3ケ月以上経って返事が届きました。 本ページの最下段近くで彼からのメールを [何時もながら、これ以上短く出来ないようなメールで、 一体誰が行くのか判らず..] と書きましたが、此の返事は私が過去貰った何百のEメールの中で、 最少文字数の一つだと思います。 :-) それにしても、何時も律儀にEメールをくれる彼に感謝です。 From: "BRADY, CHARLES E. (JSC-CB) (NASA)" To: "'Takeshi Yoshida'" <ja3aaw@***net.ne.jp> Subject: RE: Thank you Chuck san, JA3AAW Date: Sun, 27 May 2001 13:36:49 -0500 Best 73's Chuck >-----Original Message----- >From: Takeshi Yoshida (ja3aaw@***net.ne.jp) >Sent: Thursday, February 22, 2001 8:01 PM >To: BRADY, CHARLES E. (JSC-CB) >Subject: Thank you Chuck san, JA3AAW > >Hello Chuck san, > >Thank you so much for two QSOs and you gave the 361st entity for my mixed- >DXCC and the 339th for the CW-DXCC. > >Our 2nd QSO: 3Y0C at 05:53z on 22-Feb-2001, 14175kHz, 2xCW 599/599 > >This is one of my best happiness in my Ham life. > / / snip / / --(05月27)--------------------------------------------------------------------------------- ◆何故か 3Y0C の QSL の発行が此の秋になると伝えている。 もっと早くしてくれーっ! ★From 425 DX News #525 * 26-May-2001: QSL 3Y0C ---> QRZ-DX reports that Mac, WA4FFW does not expect to start sending out the 3Y0C cards until September/October at the earliest.From WD4NGB-Web: http://www.qsl.net/wd4ngb/3y0.htm: ********** Apr 9 2001 Update 2000Z ********** Below is information received from WA4FFW, the QSL MGR. I asked him if Chuck had made contact with him yet, and have they decided what to have on the cards yet? ///////// ///////// Yes we have met. No we have not decided and are even awaiting for some of the pictures to be processed. It will be some time, as a matter of fact it might be early fall before the cards are out. I hope we beat that but it will be a while for sure. --(03月07日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆チームは 3月04日に離島と云われていた。だが悪天候のため 06日朝にはまだ足止めをくっていたが、 やっと船上の人となりケープタウンに向かっており帰港は12日の 0600Z の由。 これはログブックを 持った Chuck が船からEメールを寄こしたもの。(以上 ZR1DQ ニュースより)。 --(03月05日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆3月04日付 ZR1DQ ニュースより: 3Y0C の最後の QSO は、(最初の QSO と同様に)パイロット局 ZS1AU と行われ 04-March 06:35Z に終わった。 その後は Chuck と連絡が取れていないが、予定では帰還の船からヘリコプターが 島に着陸し遠征チームは離島する。 帰途 14,336kHz で ZS1AU と連絡が取られる。 (3Y0C/MM を使用するのでしょうか。 日本時間の午後だったら充分聞こえるはず)。 --(03月03日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆今日の午後も 14 SSB にて Chuck がベアーフット、ダイポールによる QSOを行ったようです。 ★3月02日付 ZR1DQ ニュースによると、いよいよ明04日に島を離れ帰還の途につきます。 Chuckさん、長期間ブーベ島からのサービス有り難うございました。 73! --(03月02日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆2月後半 Chuck による JA/VK/ZL 等向けの精力的なサービスが 14SSB で行われて来ましたが、 ビームアンテナを降ろすとの事で昨1日の午後が最後となったようです。 離島は天候次第だが、 運用最終日は 3日か 4日になると。 (以上 http://www.qsl.net/zr1dq/3y0c-01.htm より)。 今日2日夕方聞いた時は KH6FKG が JA局などのリストを取っており、その後 17時頃 EU局と Chuck がQSOしていたが SSBはコピーがかなり苦しく CW では 549で完全に受信出来た。それから 先は聞いていないので分からないが厳しい QSOになったと思われる。 Chuck はダイポールを使用。 --(02月28日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆昨年 12月16日に開幕された上演3ケ月の「3Y0C劇」はいよいよ終幕です。 科学者5人によるブーベ島遠征チームの離島は 3月4日に! ケープタウンに 3月10日頃到着。 The News from WD4NGB's Site page= http://www.qsl.net/wd4ngb/3y.txt ******************* Feb 26 2001 Update ********************* Chuck asked that all be informed that his departure date will be Mar 4, from Bouvet. The RV Lance will continue on from Bouvet, to Cape Town, and arrive around Mar 10. Every thing else is still about the same. Chuck has been very active the last week, and will continue to do so as much as possible. Hopefully the SFI will make its normal turn, and head back to near 160-170 area the last week. Good luck to all.... --(02月23日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆ブーベ島 3Y0C 等の離島は 3月2日より遅れるとニュース(2/22)が伝えています。 どうしても CW QSO がしたくて探していた処、昨22日 05:47z に 14175kHz で例の Harry KH6FKG と Chuckが話しているのを見付け、終わるのを待ってコールすると直ぐ応答が有りQSOの後、以前の Eメールによる KH5 & KH5Kの 160Mの件を話すと、覚えているヨの返事、160 & 80M のインフォを 教えてくれましたが、下記の如く日中の時間だし JAが出られない周波数なので有り難うだけで終え ました。 此の時はもう1局の QSOだけでいなくなりました。 Sig: 5/8 via long path. 3Y0Cは 14195, 14340 以外にも神出鬼没しますので旨く見付けないと Chuck と余計な話が出来ません。 CW QSO は SSBでのリクエストのみが可能で、誰かが QSOした後 CWで呼んでも駄目です。 ★22 February 2001, from the news of http://www.qsl.net/zr1dq/3y0c-01.htm Good news to all the operators who have not worked Chuck. The ship to Cape Town is being delayed by pack ice and the date of departure from Bouvet seems to be later than 02 March. Chuck has been achieving good results on 3.5 Mhz in the mornings and will operate to the following schedule: 0300 - 0530Z working on 3.772 MHz and also looking on 1.837 Mhz. 0530 - 0600Z working on 14.195 MHz to Russia and Europe via long path. 0600 - 1100Z working 14.336 MHz to JA, VK and ZL. --(02月12日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆1月20日に下記の通り伝えましたが、その後予定がどのようになっているのか、3Y0C のニュースを Web-site で提供している Deon ZR1DQ に初めてEメールを出し問うて見ました。 >ブーベ島遠征チームを迎えに来る船が、予定より2週間早まり、運用は3月迄ではなく2月まで >と云う事になりそうだと。 Deon からの答えは、Chuck等チーム一行は 3月2日に島を去り 3月7日にケープタウンに着くと 考えるが、一度確認して Web-site に載せると。 ZR1DQ の 3Y0C ニュース → http://www.qsl.net/zr1dq/3y0c-01.htm Hi Yoshi Congratulations with your contact! Thank you for visiting my website. I only wish I had more information every day. I will get the QRT date for 3Y0C and publish it on the website. I think Chuck leaves Bouvet on 02.03.2001 and arrives in Cape Town on 07.03.2001. --(02月01日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆これまでのところ、JA との QSO は主として 14,340kHz 付近で Harry KH6FKG 等によるコント ロールで、事前にリストアップされそれに基づいて順次 QSO して行くと云う手法が取られています。 日本時間の午後3時半(06:30Z)頃からの開始が多くロングパスの時間帯としてはコンディションが 低下して行く最中で、出来る事ならもっと早い時間帯が望まれるが彼にとっては早朝で辛い処です。 (現地時間は UTC と同じ)。 CW QSO はその旨希望すれば SSB QSO に続いてやってくれる事も多くあります。 彼 Chuck の 場合は CW の受信が苦手で先ず SSB でコールサインを確認した上で CW のリポート交換と云う 変則的な方法が取られる訳です。 --(01月20日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆掲載が遅くなりましたが、Bubba NA1I によると: ブーベ島遠征チームを迎えに来る船が、予定より2週間早まり、運用は3月迄ではなく2月まで と云う事になりそうだと。 Bad news! ;-( From: Bubba (na1i@portone.com) Date: Sun, 14 Jan 2001 18:47:58 -0500 Subject: Re: [dx-list] 3Y0C Yop, The first day he was on I asked him about see-double-yew.... He said later on he would work some. So far he has not.... If you viewed the OPDX bulletin today you're gonna hafta pray and hope that their new work load, at hand, will even permit some radio time for him. ▼The other bad news is that the ship may arrive 2 week earlier than originally expected.... I would guess late Feb. If you have not worked him yet make it a priority. I need the 3Y on CW for a new one.
 ● Date: 2000/12/17 → 01/07 ● Subject: 3Y0C * Bouvet  By Chuck N4BQW  #2
--(01月07日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆Chuck 3Y0C との今日の QSO 結果を伝える Charly K4VUD のメール。 Chuck の局運用の状態について詳しく述べています。 ★英語に弱い方は(me too)、翻訳機能を持った Web-site を利用して日本語に訳された文から内容を 読み取って下さい。 2001/01/07 付 [翻訳機能を持った Web-site の利用] を ご参照 From: "Charles Harpole" <k4vud@hotmail.com> To: dx-news@pro-usa.net Date: Sun, 07 Jan 2001 02:32:19 Subject: [DXR] 3Y0C info QST: Chuck, 3Y0C, called me on 14.260 at 0010 Z January 7, 2001 and vy much wants me to pass along to the DX community the following message: Chuck says that he definitely knows how to perform correctly as a DX station (how to do split, call-by-numbers, etc.), but that from time to time, he has only a few minutes for ham operation by taking advantage of the little breaks in his regular work. That means that he will be on the air for only a few contacts and then must QRT for indefinite time periods. (Suggesting that there is no need to go the trouble of doing split because of the vy small number of contacts possible at these short break times.) At other times, he will have about one hour per day for more continuous and more traditional DX-style operations. When he has more time, he will utilize the usual DX operating practices; when he has the smaller units of time, he may make only 3 to 6 contacts prior to having to go back to work. (I think his astronaut training would allow him to cram in lots of different tasks within any time period. Please do not berate him for quick QRTs, but rather be glad he takes Also, he said that his operating condx these days is very limited by reduced electricity availability...the one currently operational generator is defective (leaking oil) and thus can be operated only about 45 min. per day, limiting battery re-charging time. Thus, he never has full battery capability even at the best. This bad generator condx will remain the situation for the next 2 months. He described the electrical availability situation as a kind of "survival mode," although all other condx there are ok. He announced that his operating intention includes 0400Z on Jan. 7 on 7.062 and other bands and other days/times as his time and condx permit. He also will utilize 14.260 to allow General USA contacts. Chuck is obviously a gentleman. Let all of those of us who are calling him, help him continue that demeanor by everyone being on our best behavior. 73, K4VUD Charly --(12月29日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆3Y0C の情報を得るには、下記の2つのWebサイトを時々チェックするのが一番と思い ます。 一つは 18日にご紹介したし、もう一つの WD4NGB's サイトは、検索をしていて見付けたので すが、今はどちらからもリンクされています。 ★ ZR1DQ の WebサイトWD4NGB の Webサイト 3Yの通信用のサテライトが旨く行かないないようで、私も Chuck にEメールをと考えていま したが駄目のようです。 でも気象衛星経由で送られて来た Chuck 撮影の最新の写真3枚を 両サイトで見る事が出来ます。 今朝やっと Chuck がJAに顔を向けてくれたようです。 Internet cluster を見ると 0800 -1030JST に 14163 そして 14260kHz でQRVしています。 私はと云うと1年の最後の仕事で(こんな時に限って)ワッチどころではなかった。 今日キングマンRのメンバーから、必要なら何とかするヨとのメールを貰ったが、来年2月が 過ぎても Chuck とQSO出来ない時は、お願いするかもと返事しておきました。
 ●Date: 2000/12/17 → 12/26 ●Subject: 3Y0C * Bouvet  By Chuck N4BQW   #1
--(12月25, 26日)--------------------------------------------------------------------------- ◆アンテナがどのようになっているのか知りませんが、40M でもリポートが上がっており KRPDXG (KH5/KH5K グループ) のメンバー同志と云う事もあって Garry NI6T はリクエストして SSB と CW でQSOしたと云うが。 何か益々 3Y0C の CW が遠のいて行く気がします。 ;-(

Astronaut Chuck Brady, N4BQW と紹介されていたので、本当?
と思っていたら、ちゃんと写真の載っているサイト(WD4NGB's) 
がありました。 私は全然そうとは知らずに正真正銘の宇宙飛行
士とEメールのやり取りをしていた訳です。
NASA ジョンソン宇宙センターの公式サイトでは Chuck の横顔 が詳しく書かれています。 (毛利さんや若田さんのも)。
 
  Chuck N4BQW
 Astronaut
 Chuck Brady,
 N4BQW
 
--(12月20日)--------------------------------------------------------------------------------- ★ Date: Wed, 20 Dec 2000 02:48:38 +0100 Subject: DXNL 1228 (December 18, 2000) 3Y0 - BOUVET Astronaut Chuck Brady, N4BQW, surprisingly hit the airwaves as 3Y0C from Bouvet Island (AN-002) for the next three months. Until now he worked only on 15m and 20m during his spare time but more antennae for 6-160m will be added later. His pilot station is Dennis Wells, ZS1AU. QSL via WA4FFW. Check his webpage http://www.qsl.net/zr1dq. --(12月18日)--------------------------------------------------------------------------------- ◆「QSL MGR の WA4FFW はブーベの情報を土曜日朝に流す予定」は1日遅れで [Ohio/Penn DX Bulletin #490] に 3Y0C-N4BQW からの ニュース (英文 3Kb) が掲載されました。 [概要] Chuck N4BQW 等は Motor vessel Polarstern号で12月11日にブーベ島へ到着。 3Y0C のコールは以前に発行されたが使われなかったので N4BQW に正式に付与された。 運用期間は4ヶ月。 40-160M 用に垂直 Ant, 10-30M 用にビームを気象次第で 1週間から10日以内に上げるはず。 3Y0C のパイロット局 Gene WJ4T によると、Chuck N4BQW は仕事以外に QRV するに充分な 時間がある。 QSLカードの発行は4月に彼がペーパーログを持ち帰ってからになるだろう。 一方、ZR1DQの Webサイト でも 3Y0C 情報が提供されます。 既に SSB バンドの周波数が出ています。 3.795 - 7.095 -14.195 -21.295 - 28.495 MHz. JA1→Bouvet 方位: Short Path 225度, Long Path 45度, 距離: 9,999miles/16,100Km ブーベ島の日の出/日没 (Sun Rise/Set Times of Bouvet UTC): Month Dec. Jan. Feb. Mar. Day Rise Set Rise Set Rise Set Rise Set h m h m h m h m h m h m h m h m 01 0312 2000 0316 2023 0411 1947 0510 1846 10 0306 2013 0329 2018 0430 1929 0528 1824 20 0307 2021 0347 2007 0452 1907 0548 1759 28 0508 1849 30 0314 2024 0407 1951 -- -- 0606 1734 QSL via WA4FFW: Mark McIntyre, 2903 Maple Ave., Burlington, NC 27215, USA --(12月17日 23:00j)-------------------------------------------------------------------------- ★今朝、海外からの第一報でブーベ島の件を知りました。(但し、サーバーには昨夜 23:02時着) 10年程前に1年間QRTしたのが災いしブーベ島を逃したが、やっとチャンスが巡ってきた ようです。 目下未だ信号が弱いようですが、皆さんが充分良く聞こえる電波を送り込んでくると思います。 これで 3Y0C が私の 361番目の Entity になればと願っています。 ブーベ島に滞在するのは(多分自然環境や地質調査の)科学者5人、その中にオペレータの Chuck Brady, N4BQW がいる。 (今年5月にキングマンリーフの件で不意に Chuck N4BQW からEメールを貰った事を、MLや私のホームページで書きましたが.. )。 彼の KH5 からの 160M CW を 1998年に1度だけ聞いたが、余り旨いとは云えず SSB が中心 になると思いますが。 ◆ 目下判明している情報のまとめ ◆ ★Sat, 16 Dec 2000 06:57:06 -1000(HST) 発の KH5K-2000 チームメンバーの1人 Pat NH6UY のEメールその他によると: 今朝 Chuck N4BQW とブーベ島の件で話をした。 12月16日 20:00Z から 14,195kHz でスタートする予定。 QSL MGR の WA4FFW はブーベの情報を土曜日朝に流す予定。 Chuck は低いダイポールとベアーフットで運用を開始した。10〜160mのアンテナは来週に 設置する予定。 彼は ICON IC-756 と IC PW-1 solid state アンプを持っている。 ブーベ島にいるのは5人の科学者でオペは Chuck Brady, N4BQW 彼だけ。 発電機の使用は約12時間、あとはバッテリーで。 (でも此の時間全部が彼の QRV を意味しているのではないようで散発的な運用になるかもと. ja3aaw) 現在の気象は 50 knots の強風(上陸してからの最大風速 70MPH=31.1m/sec) で気温0度。 彼の運用場所から4つの氷山が見える。 (注) KPDXG (The Kingman Reef/Palmyra DX Group) のメンバー: N4XP, NH6UY, K5AB, KH7U, WA1S等が KH5K-2000 のメーリングリストでブーベ関連のメールを流していた。 でも、メンバーの誰一人事前に Chuck N4BQW のブーベ島行きを知らず、その訳は近く分かる だろうと。 (もう既に彼等の何人かが 3Y0C とQSOしているが)。 私が思うに、彼は DXing が好きだがそんなにバリバリこなす方ではなく仕事もあるし、事前 にインフォを流すと大勢から色々注文やお節介が出てくるのが厭だからと。(今年のKH5/KH5K もチームには加わらず彼は単独行動した)。 おっと、それからQSLカードの発行は彼がペーパーログを持ち帰ってからになるだろうと。 皆さんからのブーベ関連の情報を待っています。何でも良いですから。Give and take で 行きましょう。 FB DX を皆さんに!!
 ●Date: 2000/05/11 ●Subject: KH5 & KH5K on 160M  * Garry NI6T & Chuck N4BQW 
--(05月11日)--------------------------------------------------------------------------------- ゴールデンウィーク中はA5でバンドが賑わっていましたが、いよいよ終わり間近か。 私には特に用なしでしたが、A52A を運用中の JA3IG 葭谷さんと 21SSB で (1997年の KH4 以来) 久しぶりに声を交わしたが名前を覚えていてくれました。 ところで、ご承知の通り Garry NI6T から4月下旬DXのMLに The Kingman-Palmyra DX Group による今秋のDXペディ計画の情報が流されました。 1991年から 160M を始めた私にとってのチャンスは 98年02月の KA4IST/KH5K だけでしたがミス したので、96/97 年にEメールのやり取りをした事のある Garry に 160M の問合わせをした結果 が下記のEメールで VK0IR, FO0AAA 等の 160M をオペレートした K4UEE や Garry などのトップ バンダーが行って 160 に注力してくれるようで大いに期待が持てます。 ----------------------------------------------------------------------------- ★ Date: Mon, 01 May 2000 21:04:59 -0700 From: Garry & Yelena <ni6t@intuitive.com> To: ja3aaw@***net.ne.jp CC: "Harrell, Tom, N4XP" <n4xp@juno.com> Subject: Re: [DXR] Kingman Reef and Palmyra Atoll 2000 Yosi: We plan to have topband well-covered, with a Titanex and several top-rank lowband operators, including K4UEE. And, of course, the QTH is right on salt water. For JA, no problem! Garry ----------------------------------------- 一方 98年02月にKA4IST/KH5K を運用した Chuck N4BQW から突然Eメールが届きました。 (これまた、その当時にEメール交換した相手)。 あとで判ったのですが、当人は同 DX Group の1人で NI6I か N4XP が N4BQW に伝えて呉れた のだと思います。 ----------------------------------------------------------------------------- ★ From: "BRADY, CHARLES E. (JSC-CB)" <xxx@jsc.nasa.gov> To: "'Takeshi Yoshida'" <ja3aaw@***net.ne.jp> Subject: RE: QRV on 160m KH5K etc, #2 JA3AAW Date: Sat, 6 May 2000 18:24:55 -0500 Dear Yosi, may be on KH5 and KH5K as early as May 9th, 2000 BEST 73's Chuck ----------------------------------------- 題名は 98年にEメールをやり取りした時のもの。 何時もながら、これ以上短く出来ないようなメールで、一体誰が行くのか判らず May 9th は 10月の間違いではないかと思い尋ねたところ、 ----------------------------------------------------------------------------- ★ Date: Mon, 8 May 2000 18:50:12 -0500 listen for me Yosi----i am going to try to make it to KH5K between 11 and 21 May for few days ----------------------------------------- との事。2日間留守にしたため夕べ再度メールを出し、新しい JA 160M window やJAの日没 時刻、それに QRG が決まれば教えてほしいと書いたが、彼はこのメールを見る前に出発して しまった。 前回の運用からみて今回の Chuck N4BQW の160にはあまり期待していませんがもしどなたか 信号を聞かれたら是非お教え下さい。 73, de Yosi JA3AAW 吉田武史

Chuck N4BQW によるブーベ島からの写真集 (WD4NGB の Web-site より収録) 

radio-s.jpg 55Kb
3Y0C 局を運用する Chuck N4BQW
必要に応じ適宜下記のをクリックして WD4NGB のページから写真をダウンロードしてご覧ください。

chuckbrady.jpg 85KB Picture of N4BQW, Chuck Brady.   Thanks to ZS1AU
chuck.jpg 49KB Picture of Chuck on Bouvet.   Taken Dec-24th-2000
3yshack.jpg 51KB Picture of 3Y0C Shack.   Taken Dec-28
3yantenna.jpg 55KB Picture of Chuck near shack and antenna.   Taken Dec-28-2000
tent.jpg 102KB The Hex beam in back ground after 100 mph storm.
berg.jpg 55KB A Iceberg floating past Bouvet on one of the rare sunshine days.
hex.jpg 82KB The hex beam after being raised back up, and shack.   Jan-10-2001
overlook.jpg 105KB View of 3Y0C site from above.   Jan-13
safedistance.jpg 95KB I am taller, but you are a LOT bigger.   Jan-13
bull.jpg 63KB Close up of some of the locals.   Jan-13
penquins.jpg 80KB Newly born penquins.   Jan-13
antenna.jpg 145KB The only antenna left standing.   Jan-22
braai.jpg 87KB Chuck tried to say they were working on the antennas here.  Jan-22
mountain.jpg 113KB Chuck relaxing outside.   Feb-27-2001


    JA3AAW  copyright© 2000-2001