My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

C5-2007 * Gambia 
Ham Radio DX-Pedition * http://www.page.sannet.ne.jp/ja3aaw/C5-2007.html
概 要
Updated: 2007/08/27 → 11/03
コール: C52C, C50C(コンテストと AF-060 のコール) * 運用期間: 2007年10月17日15:13Z 〜 30日07:10Z * メンバー: OM2TW, OM1KW, OM2RA, OM6NM, OM5AW, OM1NW, OM2XW * バンド他: 6-160M (QRG 1825kHz, QSX down) * CW/SSB/Digital * QTH: Banjul, Gambia * 13.27'N / 016.35'W (場所は首都と仮定) Google地図 = Gambia QTH: Bijol Island (AF-060) * 期間: 2007/10/21 only * JA1→C5: 方位= 331°(SP), 151°(LP) * 距離= 14,000Km * Sun-: Date Rise Set Oct-17 0657z 1846z Oct-24 0658 1843 Oct-30 0700 1840 * Web Site: http://www.om0c.com/gambia/ ログ検索: http://www.om0c.com/gambia/logsearch.htm * QSL via: Branislav Daras (OM2FY), P.O. Box 6, Bratislava 28, 82008, Slovakia.
最新 情報
 ●Date: 2007/08/27 → 11/07  ●Subject: C52Cs * Gambia  * By 7 Oprs
--(11月07日)------------------------------------------------------------------------- 11月06日に公表された Gambia-2007 DXペディションの最終実績は下記の通りです。 ◆Status of C52C QSO * 17-Oct-2007 15:13Z => 30-Oct-2007 07:10Z : Statis 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Total SSB 0 1371 1362 2432 2574 2813 0 2800 1469 54 14,875 CW 0 702 782 2696 2434 3478 2334 3371 1165 1637 18,599 RTTY 0 0 91 782 321 209 346 0 0 0 1,749 Band 0 2073 2235 5910 5329 6500 2680 6171 2634 1691 35,223 ◆Status of C50C/AF060 QSO * 21-Oct-2007 09:34Z => 21-Oct-2007 18:25Z : Statis 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Total SSB 0 0 0 299 550 639 0 0 0 0 1,488 CW 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 RTTY 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 Band 0 0 0 299 550 639 0 0 0 0 1,488 ◆Status of C50C QSO * 27-Oct-2007 00:00Z => 28-Oct-2007 23:59Z : WW DX SSB Statis 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Total SSB 0 1937 0 4888 0 2558 0 2079 845 135 12,442 CW 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 RTTY 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 Band 0 1937 0 4888 0 2558 0 2079 845 135 12,442 (10月29日発表の各バンド別 QSO 数と差異あり。従ってスコアーも増えているはず。) --(11月06日)------------------------------------------------------------------------- DXペディション期間中に出したEメールに対し、C52C の 160M を運用した Jan OM2XW から昨日 返事が届いた。 何局の JA 局が QSO 出来たのか JA3ONB 中西さんからの情報と JA7AO's BBS に上げられていた JA5DQH 奈木さんのインフォから 6 局を特定。 その後、JA2BQX 太田さんの (66,000 強の 160M JA 免許局についての) ログチェックでも同結果を確認。 もしかして、1〜2局がミスコールで存在するのかと思ったが OM2XW のインフォで 160M = 6 QSO が確定された。 ★Subject: Re: Gambia-2007 on 160M, de JA3AAW Date: 05 Nov 2007 15:49:16 +0100 (CET) From: Jan Babinec <om2xwあpost.sk> Hello Yosi, Sorry for my late reply. We only had 2 nights with quite good condx to JA and only 6 QSO were made. 80m was better but difficult too. I know we generated a good signal around the world but the local QRM and static QRN were terrible!!! This was the main reason that we only made handful of QSOs with JA friends on 160m. We tried K9AY, low dipoles for RX but we had no luck with them. Last but not least, we faced electricity blackouts, inter-station RFI and some other issues which were difficult to forsee and solve. 73! Jan OM2XW /C52C & C50C/ --(10月31日)------------------------------------------------------------------------- ◆チームの Webサイトニュースより; October 30th 2007 - C52C QRT at 07:10! Last QSO has been made with LU7DSY on 80m. We made in 12 days around 49.000 QSO (35.224 QSOs as C52C from mainland, 12.226 QSOs as C50C in CQWW SSB and more than 1.400 QSOs from Bijol island - IOTA AF-060). Thank you guys for all calls and see you from another location... October 30th 2007 - Last nght we ad a problems with 160m...tide was very high a vertical to close to the see. Worked only 30m and 80m. --(10月30日)------------------------------------------------------------------------- 2週間近くに渡った C52C ガンビアへの DXペディション運用も 10月30日07:10Z 頃に終了した。 期待した 160M は JA-C5 間のファーストエバー QSO こそ達成したが JA4,5,6 のエリアに限られ QSO 数も 2桁にも届かなかった模様。 40M から上は JA 局も結構実績が上がったが 80M はもう 一つと云ったところだった。 尚、10月29日夕方から Jamming が発生、夜中も続いていたので、30日00:30j にチームに、JA 向 けに無駄な時間の浪費がないよう「ジャミングが朝まで続く恐れがある」とEメールした。 --(10月29日)------------------------------------------------------------------------- コンテストの後、長時間に渡り QRV がなく、ひょっとしてそのまま運用を終えてしまったのでは、 と心配したが、最後のチャンスとして 明朝の 160M が (そして 30M も) 残されている。 (昨日 Eメールで 160M をリクエスト。 これまでの経過から見て 160M は余り期待出来ないが)。 ◆チームの Webサイトニュース Oct-29-2007 より; Starting to dismantle the antennas. We stay only on 160m and 30m. Maybe we leave one beam until tmw. October 29th 2007 - Just relaxing after CQWW SSB. We made more than 29 mil. points. The full report is here → http://lists.contesting.com/pipermail/3830/2007-October/143236.html ◆10月27-28日の 48時間 CQ WW DX SSB コンテストに参加した成果がまとめられている。 Class: M/2 HP QTH: Banjul, Gambia Operating Time (hrs): 48 Summary: Band QSOs Zones Countries --------------------------------- 160: 132 11 46 80: 835 22 89 40: 2023 32 109 20: 2510 38 152 15: 4814 36 150 10: 1912 23 107 --------------------------------- Total: 12226 162 653 Total Score = 29,529,080 points (11月06日公表の各バンド別 QSO 数と差異あり。従ってスコアーも増えているはず。) --(10月26日)------------------------------------------------------------------------- C52C は WW DX SSB コンテストを控え今日 26日の 24:00Z まで休息。 従って明朝の 80、160M の ローバンド狙いはお休みに。 土日の 48時間は C50C のコールでコンテストに参加。 ◆チームの Webサイトニュースより; Oct-26-2007 - During the weekend we will participate in CQ WW SSB 2007 and we will operate with callsign C50C in M/2 category. Cu later in the contest. Oct-26-2007 - We QRT for the whole day. We need some relax before the CQWW contest, because we are a bit tired. Oct-26-2007 - more than 36.000 QSOs in 8 days including C50C from Bijol island AF- 060. More than 1.700 QSOs on 160m and 1.800 on RTTY). Oct-24-2007 - One small amplifier from Ameritron burned out. Supresors and some capacitors in fire. After 5 hours is back and still alive...we hope so. ◆C52C Band/Mode Breakdown: Till 26-Oct-2007 at 07:53 UTC Statis 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Total SSB 0 1370 1362 2432 2574 2813 0 2800 1228 54 14,633 CW 0 702 782 2694 2434 3418 2125 3369 1164 1635 18,323 RTTY 0 0 91 782 321 209 346 0 0 0 1,749 Band 0 2072 2235 5908 5329 6440 2471 6169 2392 1689 34,705 ◆C52C Band/Mode Breakdown: Till 25-Oct-2007 at 22:12 UTC Statis 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Total SSB 0 1370 1362 2432 2574 2813 0 2798 1228 54 14,631 CW 0 702 782 2694 2434 3418 2111 2725 1109 1576 17,551 RTTY 0 0 91 782 321 209 206 0 0 0 1,609 Band 0 2072 2235 5908 5329 6440 2317 5523 2337 1630 33,791 --(10月25日-2)----------------------------------------------------------------------- ◆C52C Band/Mode Breakdown: Till 25-Oct-2007 at 12:19 UTC Statis 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Total SSB 0 836 1362 2432 2574 2813 0 2639 1228 54 13,938 CW 0 702 782 2225 2200 3057 2110 2513 1015 1559 16,163 RTTY 0 0 25 782 321 209 74 0 0 0 1,411 Band 0 1538 2169 5439 5095 6079 2184 5152 2243 1613 31,512 --(10月25日-1)----------------------------------------------------------------------- 目覚まし時計で早く起きたが、お目当てのバンドの QRV がなかった。 昨24日は、160M に出ていたが Condx が前日より悪く殆んど聞こえなかったが、限られた JA の 10数局がコールを続けていた。 JA が QSO したか判らず。 1826.5kHz はビートのかぶりがあり 1826kHz 以下に出てくれるよう要請した。 夕方の 7CW は JA から矢張り QSO し易い様子。 ◆C52C Band/Mode Breakdown: Till 24-Oct-2007 at 14:52 UTC Statis 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Total SSB 0 836 1362 2432 2445 2730 0 1329 1228 54 12,416 CW 0 702 782 2072 2200 2358 2110 2491 677 1414 14,806 RTTY 0 0 0 768 321 209 74 0 0 0 1,372 24/Oct 0 1538 2144 5272 4966 5297 2184 3820 1905 1468 28,594 ------------------------------------------------------------------------------------ 22/Oct 0 962 1731 4131 4013 4558 2029 2381 1230 958 21,993 20/Oct 0 593 690 3422 2717 2839 937 1831 630 379 14,038 --(10月23日)------------------------------------------------------------------------- 今朝の 160M は昨日より早く 05:30j 頃から JA 向けに QRV、コンディションも今日の方が良く、 初めてコールしたがビッグガン局でさえなかなか返事がなく極く少数が QSO 出来ただけ。 同時運用の 3502 CW はジャミングのような QRM で聞こえず。 160M は今日までに 1,000 局以上実績を上げたと思うが主として EU 相手で、C52C の受信問題が ノイズの原因か、それとも他にも何かがあるのか判らぬが、北米からも受信問題を言っているので、 Eメールで JA でのコール状況を彼等に伝え、又、80M は 3505-3515 の間に出るよう要望した。 ◆C52C Band/Mode Breakdown: Till Oct-22-2007, 19:20 UTC Statist 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Mode SSB 0 708 951 1950 1813 2378 0 859 630 0 9,289 CW 0 254 780 1711 2200 1976 2029 1522 600 958 12,030 RTTY 0 0 0 470 0 204 0 0 0 0 674 Band 0 962 1731 4131 4013 4558 2029 2381 1230 958 21,993 --(10月22日)------------------------------------------------------------------------- 今朝、JA4 の 2局が 160M で QSO、1st ever が完成された由 (JA3 局からのインフォ)。 私も日 の出頃ワッチしたが聞こえず。 それより早い時間帯に 3.5 CW で出てきて JA が QSO した様子。 Bijol 島 (AF-060) から C50C が、OM5AW と OM2TW により約8時間だけ運用した。 垂直ダイポー ルと 50W リグで 20/17/15M にて 1,400 QSO の実績となった。 ペーパーログを追ってPCに入力 し、ログ検索出来るようにする。 ◆チームの Webサイトより; ★Oct 21st 2007 - Bijol island activated. Because of very limited time, we where active for abt 8 hours only and Joe OM5AW and Rich OM2TW made more than 1400 QSOs with 50W and vertical dipoles on 20m, 17m and 15m. Log will be updated later, because must be rewriten from paperlog. --(10月21日-2)----------------------------------------------------------------------- やっとオンラインログ検索が可能になった。 10月20日20:34Z 分までが見られる。 これ迄の QSO 合計は 14,038 となっている。 (承知しているが、40M CW で JA3AAW が JA1AAW となっている。 彼は随分以前に HF を止め V/UHF だけの免許)。 ◆C52C Band/Mode Breakdown: Till Oct-20-2007, 20:34 UTC Statis. 6M 10M 12M 15M 17M 20M 30M 40M 80M 160M Mode SSB 0 339 683 1790 1038 1392 0 528 630 0 6,400 CW 0 254 7 1632 1679 1243 937 1303 0 379 7,434 RTTY 0 0 0 0 0 204 0 0 0 0 204 Band 0 593 690 3422 2717 2839 937 1831 630 379 14,038 --(10月21日-1)----------------------------------------------------------------------- チームは Bijol 島 (AF-060) の上陸許可を得て 10月21日に C50C のコールで 14,260、21,260 SSB で (そして多分 CW も) 運用する予定。 非常に低い島なので 潮の影響をどの程度受けるか により運用時間が変わる。 電源供給は 100Ah バッテリー 2個による。 ◆チームの Webサイトより; ★Oct 21st 2007 - We have permision for landing on the Bijol island - IOTA AF-060. Today we will be QRV as C50C on 20m (14.260) and 15m (21.260), maybe also CW. We will use two 100Ah batteries, but we don't know how long we will stay there, because we are limited by tide (island is very flat). Keep fingers... ★Oct 20th 2007 - We received some question regarding our QTH. We are at former Radio SYD, the QTH of C5Z in CQWW 2003. If you want to look on Google Earth, simply download.kmz file -> here. --(10月20日)------------------------------------------------------------------------- 160M について; パケクラのスポットを見ると C52C は当初予定より 2日遅れ 10月20日朝に、 彼等の言葉通り先ず JA 向けに運用を、私が Recommend(推奨) した 1825kHz で開始した。 スポットを見た範囲では JA にも信号が届いているようだが、JA からの "The 1st Ever 160M QSO" が出来たようには思えない。 現地のノイズも気になるが、期間中もっとコンディションの良い日も あると期待したい。 (QRG の 1825kHz はその後ロシアからの要望で 0.5 Up の 1825.5 に移動。 チームは此の周波数が JA でも問題がない事は知っている)。 個人的には 06:15j から 160M をワッチしたが聞こえず、30m で 10数分かかり QSO した。 此処に近い 5L2MS では 30/40M は夕方のロングパスの方が楽に出来るようだった。 06:45j 頃に 75M SSB の信号が良く聞こえたが、この分だと 80M CW は 5L2MS より QSO し易いと思う。 ◆チームの Webサイトより(2); Oct 20th 2007 - After one hour back on air... Oct 20th 2007 - 08:00Z total blackout in Banjul. Time to go sleep? Oct 20th 2007 - 10.000 QSOs. Oct 20th 2007 - First night on 160m and 80m. QRN level is relatively high. But after first night we have 371 QSOs on 160m and 622 QSOs on 80m. Oct 19th 2007 - Another global blackout in Banjul at at 16:00Z, we are off for more than hour. ◆チームの Webサイトより(1); Oct 19th 2007 - 160m and 80m is ready. We will start operation on low bands... full time! Oct 19th 2007 - After first 40 hours of operation are 6.500 QSOs in the log. Pileups are tremendous. Still very hot, more than 45 degrees insid... Oct 18th 2007 - We have a problem with electricity, one fase fails. Sorry for some unexpected QRT. Oct 17th 2007 - Start of operation...first QSO at 16:30 with OM3JW. Oct 17th 2007 - Cargo is at Radio SYD. We start to build antennas. It's a hard work in more than 36 degrees. Oct 17th 2007 - Team arrived at Gambia. Thanks to Benny, we have a great stay at Radio SYD. (SYD 中波のラジオ局、4年程前に閉局したらしい。) --(10月18日)------------------------------------------------------------------------- C52C は 10月17日16:37Z に 21SSB で最初のスポットが上がり、その後 7CW、そして 14SSB に QSY。 初日は 1局だけの稼動だが電源事情によるものか。 当初の意気込みから外れたようで 1局だけでは QSO 効率の悪い 160M に出てこないのは当然。 (7CW でコールしたが Return はなかった)。 --(10月16日)------------------------------------------------------------------------- 西アフリカへ飛ぶ直前の Jan OM2XW から連絡が来て、160M の QRG=1825kHz、QSX=down 2-3 (但し、 ローカルの QRM による)と。 熱帯のノイズなければ有難いが。 ★Subject: Re: FW: Gambia-2007 on 160M, de JA3AAW From: Jan Babinec <om2xwあpost.sk> Date: 15 Oct 2007 16:56:08 +0200 (CEST) Hi Yosi, Thanks for info, we will use 1.825MHz for TX and listening 2 or 3kHz down but this depends on local QRM situation. Now back to luggage packing so as not to forget any important thing :o) 73 and CU from C5! Jan OM2XW --(10月15日)------------------------------------------------------------------------- リーダーの Rich OM2TW に 2度目のEメールを出した後、トップバンダーの Jan OM2XW からメール を頂いた。 Rich には「OM2XW と以前 3度 160M で QSO した。 彼には JA3AAW のコールを忘れぬ ように伝えて頂きたい」と話したので Rich から私の 2通をまとめて Jan に FWD(転送)して貰った 事が、下記のEメールで判った。 そして、チームメンバー全員に CC(カーボンコピー) で送られた。 勿論、"Yuki-san JA6LCJ" の件は承知しています。 彼等の熱意によって、是非 "The First Ever QSO on 160M" の達成を願わずにはおれません。 ★Subject: Re: FW: Gambia-2007 on 160M, de JA3AAW From: Jan Babinec <om2xwあpost.sk> To: <ja3aawあsannet.ne.jp> Cc: <jcizmarik@***.sk>, <info@***.sk>, <om1kwあom1kw.com>, <r.mraz@***.sk>, <daniel.hajtas@***.com>, <om2twあom0c.com> Dr Yosi-san, I've already sent an info to Yuki-san JA6LCJ so hope that more JA TopBanders a aware of our coming DXpedition. Be sure that we are going to do our very best to put up the 160m vertical and all the RX antennas as soon as possible, we expect a first activity on 17th of October. We will have internet acces so please inform us about clear frequencies there in JA and we will use it for TX. Let's hope and pray for good conditions and low QRN! 73! Jan C52C/OM2XW and the crew (以下 私が出したEメールの引用全文は省略) --(10月13日)------------------------------------------------------------------------- 本チームリーダーの Rich OM2TW に 3B8CF/160M のお礼を兼ねて、160M の要望を伝えたのに対し 返事が届いた。 160M の主オペレータ Jan OM2XW に関しては、Eメール送信直後にカーボンコピ ーで彼にも送っておけばと思ったが。 私も彼とは 1995, 2000, 2006年の秋に 160M で QSO して いる。 是非多くの JA が "The 160M first ever QSO with C5" となるよう願いたいところ。 チームリーダーの言う「(ペディの初日に当る)10月17日utcの丁度君達の日の出に 160M の運用を 開始する」に期待したい。(時期的にやや厳しいが、後はコンディション次第)。 ★SUB: RE: Gambia-2007 on 160M, de JA3AAW From: Richard Gasparik <om2twあom0c.com> Date: Sat, 13 Oct 2007 08:13:57 +0200 Hi Yosi, Everything is OK. Congrats to 3B8...sometimes is a hard work to work on 160m from tropical paradise. Btw, We are ready for Gambia, we will leave in 3 days and starting 160m operation on 17th just at your sunrise. Most of operation by Jan OM2XW, well known 160m operator. We will have around 2.5kW and 24m high vertical + some K9AY for receiving. Good luck, Rich OM2TW --(08月27日)------------------------------------------------------------------------- 今秋、10月中旬からのガンビアへの DXペディションは、NG3K DX Calendar に既に本ニュースが 出ていて、記事にしたと思っていたが未だだった。 Rich OM2TW をリーダーとする此のグループは昨年、一昨年は 3B8 へ DXペディを行っている。 期間途中 IOTA サービスで Bijol Island (AF-060) からの QRV を計画しているが同島への上陸 運用許可が得られるか未だ分らない。 ローバンド特に 160M に注力する云っており、JA からも未交信と思われるので、是非多くがゲッ ト出来ればと願っている。(160M の装備は KW に 24m 高のバーチカルアンテナ)。 私のターゲッ トもバンドニューとなる 160M のみ。 他のローバンドは C56/F6AUS、C56/JA1OEM 等で済み。 コール: C52C, C50C(コンテスト時のコール) * 運用期間: 2007年10月17日 〜 30日 * メンバー: OM2TW, OM1KW, OM2RA, OM6NM, OM5AW, OM1NW, OM2XW // 省略 // Oct-30 0700 1840 * QSL via: Branislav Daras (OM2FY), P.O. Box 6, Bratislava 28, 82008, Slovakia. ★Subject: Ohio/Penn DX Bulletin #823 * August 27, 2007 C5, THE GAMBIA (Update). Members of the "Mosquitos Contest Club" (known as OM0C Contest Crew) continue to prepare for their trip to The Gambia, that will take place between October 17-30th. The OM0C contest team will use the callsign C52C and C50C. Operators mentioned are: Rich/OM2TW, Bob/OM1KW, Joe/OM5AW, Roman/OM2RA, Norbert/OM5NM, Dano/OM1NW and Jan/OM2XW. Activity will be on all HF bands (160-10m) and 6m with an emphasis on the lower bands, especially 160m. During their DXpedition, the team will try to activate Bijol Island (AF-060). Currently, they still don't have permission for landing or the licence for the island. (KYFC and stay tuned for any news.) QSL via OM2FY, by the Bureau or direct to: Branislav Daras, P.O. Box 6, Bratislava 28, 82008, Slovakia. The DXpedition will QSL all correct SWL reports. For updates, visit: http://www.om0c.com/gambia/index.html

    JA3AAW  copyright© 2007