My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

ST0-2011 * South Sudan 

The Republic of South Sudan = 南スーダン共和国
2011年07月08日 21:00 UTC に独立 (現地 07月09日 午前0時)
2011年07月14日以降の QSO が ARRL DXCC に有効!

ST0R DX-Pedition * http://www.page.sannet.ne.jp/ja3aaw/South_Sudan-2011.html
      DXペディション 概要 (Entity code: #521)
Updated: 2011/02/14 → 2011/07/27
コール: ST0DX STØR (新プリフィックスは先延ばし) * 運用期間: 2011年07月22日 〜 08月10日 2011年07月09日 以降だが未定 〜 * 運用者: N6PSE (Co-Leader), EA5RM (Co-Leader), AH6HY, EA7AJR, EA7KW, IN3ZNR, JH4RHF, K1LZ, RA9USU, YT1AD, +DH8WR, +RG9G, +K3LP UA9KGH?, UT7CR?, EA2RY, F5CWU, F9IE, KE1B, N6OX, K3VN 別グループ= 5Z4DZ/PA3DZN, S53R, OH2BH (2011/02/23) (このグループは、新プリフィックスが決まってから実施?) * バンド他: 6-160M * CW/SSB/RTTY. 5 stations (or more) * QTH: Juba (首都), South Sudan * 04.51'N / 031.36'E * JA1→ST0: 方位= 285゜(SP), 105゜(LP) * 距離= 11,300Km * Sun-R/S: Date Rise Set (Data from USNO) Jul-24 0350z 1611z 赤道帯で時刻変化少ない Jul-29 0350 1610 Aug-04 0350 1609 Aug-10 0350 1608 * Web Site: http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011/ ログ検索: http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011/log.php データ分析: http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011/data.php (検索が OK! * 色んな QSOデータの分析結果が見られる) * QSL info: via EA5RM
Southern Sudan is expected to become an independent country on 9 July 2011.
南部スーダンは 2011年7月9日に独立国になると期待されている。
国名は 「South Sudan」 になろう。
(Wikipedia 英語版より. 2011/03/20)

img/SouthSudan_map.gif 25KB

最新 情報 (続き)    

  ST0-2011 第1ページ    より

 ●Date: 2011/01/09 → 07/21  ●Subject: STØR-2011 * Newborn "South Sudan"  
--(07月21日)--------------------------------------------------------------------------- 今日のイタリーの Hamradio Magazine [DxCoffee] を見ると、ITU からの噂では、誕生したばかり の南スーダンへの新しいプリフィックスの発行時間は短くないかもしれないと云う。 割り当ての前に、南北スーダン間の2国間協定の完成が必要だがそれには時間がかかるだろう、と。 従って、本チームのコールサインは ST0R となる可能性が大です。(07/21) 本チームの Web サイトのトップページもコールサインが ST0R となった。(07/22) ★[DxCoffee] July 20, 2011 by IZ7KHR * NEW PREFIX FOR THE SOUTH SUDAN: TIMES DON'T SEEM SHORT; Rumors from ITU say the issue time for the new prefix for newborn Southern Sudan may not be short. Before the assignment, there needs to be a perfect series of bilateral agreements between North and South Sudan that will take time. 下記の [DXNL] ニュースから1部を拾ってみると、新しい DXCCエンティティは前の南部スーダン(ST0) と同じではない。 OH2BH グループも新 DXCCエンティティ公式認定後に DXペディションが期待される。 ★Subject: DXNL 1737 (Jul 20, 2011) SOUTH SUDAN - NEW DXCC ENTITY The Republic of South Sudan declared its independence on July 9, 2011. South Sudan applied for the UN membership on Jul 14 and was included as the 193rd member of the UN on the same day. Since then South Sudan meets the criteria of the ARRL (Section II, 1(a) of the DXCC rules) to be approved as an own DXCC entity. The new DXCC entity is NOT identical with the former DXCC country South Sudan (ST0). The teams of the "Intrepid DX Group" and the "DX Friends" meet in Cairo on Jul 22 and will travel together to the South Sudanese capital Juba. They expect to get their DXpedition call- signs issued on July 23 with the newly allocated ITU prefix. Expect their activities with up to five stations until Aug 10. Another team around OH2BH is also expected to show up on the bands after the official approval as a new DXCC entity.
 ●Date: 2011/01/09 → 07/20  ●Subject: 南スーダン独立 South Sudan  in July 2011
--(07月20日)--------------------------------------------------------------------------- チームの Web サイト 7月19日付ニュースによれば、合同チームの内、先発隊は 7月15日付けの出発 日程より2日早く 7月19日にカイロで合流し、20日に南スーダンの首都ジュバに到着する予定。 ITU は未だ新しいプリフィックスを付与していなく、去る 3月に南スーダン当局が発行した ライセ ンスのコールサインは ST0R であった。 (チームが希望していたコールは ST0DX). チームにライセンスの修正を必要とする新しいプリフィックスを ITU が発行しなければ、チームの コールは、これになるだろう。 ★チームニュース Press Release #6 * July 19th 2011 Today, the Intrepid-DX Group is making their way to Cairo to meet with the DX Friends. Our advance team will arrive in Juba, South Sudan tomorrow (July 20th) with a list of tasks to perform in advance of the main team. As the ITU has not yet issued a new prefix for South Sudan, our license that was issued in March has the call-sign of ST0R. (Sierra Tango Zero Romeo). That will be our call for the DXpedition unless the ITU issues a new prefix which will require that we amend our license. More updates to follow. Thank you, The Intrepid-DX Group and The DX Friends. --(07月17日)--------------------------------------------------------------------------- 今日のチーム Web サイトのトップページによると、運用期間は次の通り; 2011年07月25日 〜 08月10日 --(07月15日-3)------------------------------------------------------------------------- [DX World Net] ニュースによれば、合同 DXペディションチームは、1) 7月21日 エジプトのカイロ で落ち合い、2) 7月22日 カイロを飛び立ち南スーダンの首都ジュバに向かう。 3) 7月23日 新しい ITU プリフィックスのライセンスに修正するために、南スーダンの通信省と会う予定である。 4) 運用開始は 23日の遅くか 24日からで、運用終了は 8月10日と期待している。 ★From [DX World Net] * Dates – South Sudan activity * Friday Jul 15, 2011 The Intrepid DX Group is meeting the DX Friends in Cairo on July 21st. On July 22nd, they all fly from Cairo to Juba, South Sudan. On July 23rd, they will meet with the Ministry of Communications to amend licenses to the new ITU prefix. They expect to be active later on July 23rd, or July 24th until shut down on August 10th, 2011. --(07月15日-2)------------------------------------------------------------------------- 7月14日、ARRL が珍しく迅速に南スーダンの Brand New を発表した。 ★See The Republic of South Sudan Now a DXCC EntityARLD028 DX Bulletin それによると、2011年07月14日以降の QSO が ARRL DXCC に有効、14日現在 ITU (国際電気通信連合) は、南部ーダンのためのプリフィックスを発表していない、現存のエンティティは 341 となる、DXCC エンティティ・コードは #521、などが記されている。 ★Subject: ARLD029 DX Bulletin * 14 July 2011 NEW DXCC COUNTRY. The Republic of South Sudan is now a member of the United Nations and is a new DXCC entity. The DXCC Desk will begin immediately accepting QSOs for this new entity, with a start date of July 14, 2011. As of July 14, 2011, the International Tele- communication Union has not announced a prefix block for the Republic of South Sudan. --(07月15日-1)------------------------------------------------------------------------- チームの Web サイトを見ると 7月14日付ニュース Press Release #5 が提供された。 それによると、 私共が待ち望んでいる具体的な日程は未だ記載されていないが、大まかな要点は次の通り。 今日 2011年7月14日、国連は、最も新しい (第193番目の) 加盟国として南スーダン共和国を承認した。 ARRL が DXCC エンティティリストに南スーダンを追加する事が期待される。 "DX Friends" と "Intrepid-DX" の2つのグループは DX ペディション計画を進めており、手にした ビザで間もなく首都ジュバに向かう予定だ。 彼等がジュバに入り、活動準備が出来たらコールサイン を発表する予定である。 これまでは「18人のオペレータと 7局による 24時間運用」と云われていたのが、今回は「5局による 24時間運用」となっていて人数は書かれていない。 --(07月09日)--------------------------------------------------------------------------- 今日 7月09日、アフリカで第54番目の国家として南スーダン共和国が誕生、多くのマスコミが その 状況を報じた。 20年以上の苦難を経て、独立はしたものの南北スーダンにまたがる国境策定問題、 石油利権問題など難問が山積していて今後が思いやられるところ。 一方で、独立前夜から当日にかけて ST0A なる局が SSB で運用しているが、既報の如く、正式局で あっても、国連加盟後の運用でないと DXCC に認められない、と云われている。 (ST0A= QTH confirmed as Khartoum, not Juba. Therefore, ST0A is not South Sudan.) 私共が一番期待しているチームによる DX ペディションは、未だ具体的な日程の発表がないが 最も 早くて、7月15、16日頃となるでしょう。 ★Subject: [425ENG] 425 DX News #1053 * 09 July 2011 SOUTH SUDAN ---> The Northern California DX Foundation is pleased to announce a major grant to the Intrepid DX Group and the DX Friends who have joined together to activate the new entity of the Republic of Southern Sudan. Licensing is imminent and operation could begin in the next few days. [TNX W0GJ] --(07月04日)--------------------------------------------------------------------------- 7月04日付 Ohio/Penn DX ブリティン記事によると、 知っての通り、米国が今週(7月4日)独立記念日を祝う唯一の国ではなく、南部のスーダンも、又 7月 09日に彼等の独立を祝うだろう。 「ニューススーダンビジョン」紙は、祝賀の後に、国連安全保障 理事会が 7月14日の国連総会前の 7月13日に国連の加盟国になるように南部のスーダン共和国を是認 する最初の投票をすると報告している。 それで、南部のスーダンは国連の 193 番目の国連の加盟国 になると予想される。 これが一旦起こると、国連加盟の 48時間以内に、国際電気通信連合(ITU)が国際的な加入局番を発行 し、又 ITU プリフィックスの付与と云う事になるだろう。 以上の記事から、南スーダンの国連への加盟承認、及び Prefix 付与は、今月14日と、15〜6日頃で、 早ければ 7月20日頃からの DXペディ運用開始となるのではないでしょうか。 N6PSE, EA5RM 等のチームと OH2BH 等のチームの2つのグループのつばぜり合いも?? :-) ★Subject: [DX] Ohio/Penn DX Bulletin #1017 * July 4, 2011 ADDED NOTES: As you can see, the U.S. is not the only nation to celebrate their independence (July 4th) this week, but the Southern Sudan will also celebrate theirs on July 9th. After the celebration, the "News Sudan Vision" reports that the United Nations Security Council will first vote to endorse the Republic of Southern Sudan to become a member of the U.N. on July 13th. The United Nations Security Council will then bring it before the General Assembly on July 14th. The Southern Sudan is then expected to be the 193rd member/nation of the U.N.. Word has it that once this happens, the International Telecommunication Union (ITU) will issue an international dialing code within 48 hours of their membership into the U.N., and will also provide an ITU prefix block. Stay tuned! --(07月02日)--------------------------------------------------------------------------- [DX World.net] の South Sudan DXpedition Press Release #4 * 2011/07/02 より、 (これまでに発表された内容が多く、大部分は省略) このあと短い数日の内に、南部スーダンの人々は、スーダンからの独立を宣言して、新しい南スーダ ン共和国になるだろう。 南部スーダンの副大統領 Riek Machar Teny 博士は、国連への加盟が 2011年7月14日に行われるだろ うと発表した。 以上から、南スーダン DXペディの開始時期は、云われていた 8月中旬よりかなり早まるのでは ないかと思われます。 --(06月23日)--------------------------------------------------------------------------- 次のニュースは下段の日経新聞(6月17日付)記事に関連したもの。 (今の日本政府は国連事務総長の 要請に対し、極めて短い時間内に「おっとり刀」で駆けつける事が可能なのか) 陸自のスーダン派遣に期待 国連事務総長 2011.6.23 01:28 - MSN産経ニュース - 国連の潘基文事務総長は22日、 ... 、共同通信など主要な国際通信社と会見した。潘氏はスー ダン南部が7月に分離・独立するのに合わせ、再編成される国連平和維持活動(PKO)部隊に関し 「日本を含め、加盟国が施設部隊や後方支援を提供してくれれば歓迎する」と述べ、陸上自衛隊施設 部隊の派遣に期待感を示した。外交筋によると、国連は日本政府に対し、同部隊を派遣できないか非 公式に打診している。 --(06月20日)--------------------------------------------------------------------------- [Ohio/Penn DX Bulletin] ニュースによると、共同リーダーの Paul N6PSE は、目標の DXペディシ ョン開始時期は、国連加盟直後で、現在のところ、8月中旬ではないかと感じている。 又、チーム補強のため、まだ CW 又は SSB オペレータの参加を求めている。 ★Subject: Ohio/Penn DX Bulletin #1015 * June 20, 2011 ST0, SOUTHERN SUDAN (Look for more Ops!). Paul, N6PSE, Co-Leader for the DXpedition to Southern Sudan states, "I anticipate having 1-2 openings on our DXpedition team to the newly created country of South Sudan. We are targeting our start date to coincide with the admission of the country by the UN. Currently, the feeling is that may be mid-August, 2011. If you are a good CW or SSB operator, strong team player and have a sense of adventure and would seriously consider going with us to Juba, South Sudan via Cairo, please contact me directly at: paul@n6pse.com We are taking the bulk of our gear with us. This is a well planned and well funded DXpedi- tion. The focus will be on providing new ones and on having fun at the same time." The official Web site is at: http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011 --(06月17日)--------------------------------------------------------------------------- 南スーダン独立後の DXCC の取り扱いについて、念の為、私が ARRL, DXCC デスクの Bill Moore, NC1L に問い合わせた結果、返事は下記の通りでした。 「もし承認されるなら、新しいエンティティの誕生になる」 ★Subject: RE: About "South Sudan" status Date: Thu, 16 Jun 2011 15:05:10 -0400 From: "Moore, Bill, NC1L (ARRL Awards Branch)" <nc1lあarrl.org> Hi Yosi: If it is approved, it comes on as a brand new entity. 73 Bill Moore NC1L Awards Branch Manager ARRL - The national association for Amateur Radio(tm) 225 Main Street, Newington, CT 06111 // snip // DXCC Web Site: www.arrl.org/awards/dxcc Blog: http://www.arrl.org/awards-blog Twitter: dxcc_desk ★「安保理 スーダン問題協議へ」(日経新聞 6月17日付より); スーダンで北部政府軍と来月9日に独立を控える南部勢力の戦闘が激化している問題で国連安保理 は 16日、同問題への対応策を巡り協議する。 南部の独立に向けた国連平和維持活動 (PKO) 派遣 の承認などについて話し合う見通し。 又、同新聞は、(国際刑事裁判所 (ICC) から)「逮捕状の 出ているバシル・スーダン大統領 中国を公式訪問へ」の記事も掲載している。 --(06月15日)--------------------------------------------------------------------------- 下記の DXNL (ドイツ DARC) ニュースによると; 前回書いた OH2BH グループによる南スーダン DX ペディは、独立宣言後に自動的にニューエンティ ティにならないようなので延期した。 それにも拘わらず、もう1つの (18人編成) チームは、未だ 7月9日に電波を出す計画に執着してい る。 (これは正しくはなく、彼等は「国連で承認され次第」と言っている。 ja3aaw). 同チームは既に南部政府当局から免許を得ており、将来の首都 Juba から 18人のオペレータと少な くとも 7局による運用を計画している。 そして彼等は今もスポンサーの支援を求めている。 一方、南部スーダンは既に国連へ加盟を申請した。 南スーダンは国連加盟後、自動的にニューエン ティティになるだろう、と。 ★ Subject: [DXNL] DXNL 1732 (Jun 15, 2011) SOUTH SUDAN - In our last issue we wrote that the group around OH2BH has postponed their DXpedition because the new DXCC status will not come into effect automatically after the independence of this country. Regardless of that the members of the "Intrepid-DX Group" and the "DX Friends/Tifariti Gang" (http://www.dxfriends.com/SouthernSudan2011) are still sticking to their plans to hit the airwaves on July 9. They already have a licence from the appropriate government authorities. They plan to hit the airwaves with 18 operators and at least seven stations at the same time from the future capital Juba. They are still looking for sponsors to support their efforts. Meanwhile South Sudan already applied for a membership within the United Nations. After joining the United Nations South Sudan will become a new DXCC entity automatically. --(06月12日)--------------------------------------------------------------------------- 6月11日付 [425 DX News #1049] ニュースによると; 18人編成のチームは、南スーダンの DXペディション計画を進めており、南スーダン政府も新しい国 の誕生を祝うのを助ける自分たちの計画に対し、非常に協力的である。 南部スーダン政府は、2011年7月9日にスーダンからの独立を宣言するだろう。 同政府は加盟国にな るために国連に申請した。 国連総会と安全保障理事会は独立宣言に続く数週間以内に投票するだろ う。 南北の境界線にある Abyei 地域で紛争があったが、これらの問題がこの新しい国の出現を脱線させ ないと予想している。 DXペディチームは、国連で承認され次第、新しい首都 Juba で、始動する準 備ができている。 自分達は 18人のオペレータと 7局による 24時間運用をするつもりである、と。 さて、南スーダンの DXCC でのエンティティの取扱いについては、以前に「個人的には、一旦 消滅 となったエンティティの復活と考えている」と書きましたが、領土範囲が ST0 エンティティが有効 だった 1972/05/07〜1994/12/31 (Entity code# 244) 当時と同じと見て、消滅エンティティの復活、 と考えたのです。 でも、最近になっても、南北の境界 (国境) 付近のアビエ地方で武力衝突が発生しており、どのよう に決着するか、未だ判らなくて、例え僅かでも領土範囲に変更があれば、新しいエンティティの誕生 (Brand New One) と云う事になると思います。 上記の如き情勢から、私共 DX を追いかける者 (Chaser) としては、DXペディの計画日程に注意を 払いながら、ブランド・ニューとして対応する必要があります。 --(06月06日)--------------------------------------------------------------------------- [425 DX News #1048][Ohio/Penn DX Bulletin #1013] ニュースによると、著名な DXer である Martti, OH2BH から提供された「南スーダン DXCC 状態 (SOUTH SUDAN DXCC STATUS )」についての 情報を伝えている。 以下はその概要; 世界中の DXersは今年、南部スーダンの独立宣言が予定される 7月9日を楽しみにしているが、未だ DXCC ニューワンが誕生すると保証されるものではないだろう。 それは、国連で南スーダンが新国家として承認されるか、ITU が新しいプリフィックスを割り当てる 事が必要だから。 ARRL の見解は、独立宣言予定の 7月9日に遡(さかのぼ)ってカウントされる事にはならなくて、先ず は国連で南スーダンが新国家として承認され、その後 ITU が新しいプリフィックスを割当ててから になるだろうと。 一方で、新しい国の見通しは、最近、予期しない変化が起きた。南北の境界 (国境) にあり石油備蓄 の大部分が位置しているアビエ地域の北部と南部スーダンの間に一度も植民された事がなく、2005年 の和平合意で、国境問題がその地域の人々によって解決されるのに同意したが、その件に決着をつけ る国民投票はなされていない。 そして、最近も同地域で武力衝突が起き、北側は その領域が彼等の ものでないなら、南側の独立を支持しないと述べるなど、その行く末は流動的である。 --(03月20日)--------------------------------------------------------------------------- ★From http://dx-world.net/ * Southern Sudan 2011 Friday Mar 18, 2011 By Antonio Gonzalez EA5RM After a long way, a lot of hard work and several successful meetings with Southern Sudan Government officials of various Ministries, just today, the first amateur radio license has been issued by the new government. Southern Sudan Government officials now understand amateur radio and they are ready to change the actual rules and regulations as soon as possible, looking to simplify the process of obtaining a license, so that everyone can enjoy amateur radio in this new country. We have the cooperation of both Ministries to update our license if there is a new prefix that will be assigned by ITU and we'll be in permanet contact with the proper department helping in the development of amateur radio in Southern Sudan. Our Dxpedition will start on July 9th from Juba so please stay tuned. I want to thank the Government of Southern Sudan officials for their cooperation and my whole team support. Juba, Southern Sudan, March 18th 2011. --(02月23日)--------------------------------------------------------------------------- DXNL (DX Newsletter, DARC) ニュースによると; 南部スーダンは独立国になり、目下「7月9日の独立」を宣言するように見える。 新しい国名は 「スーダン」の名前を使わないだろう。 既に、2つのチームの DXペディ準備ができている。 (別の) 1つのグループは 5Z4DZ/PA3DZN、S53R、OH2BH を含んでいる。 南部スーダンが独立を 宣言すると N6PSE がリーダーの DXグループは活動開始を計画している。 南スーダンが再び古いプリフィックス ST0 を取り戻すかどうか、まだ明確ではないが、彼らは 既に ST0DX のコールサインを申し込んだ。 Webサイトの情報に注目を。 ★Subject: DXNL 1716 (Feb 23, 2011) ST - SOUTH SUDAN - The south of Sudan is going to become independent soon. As it looks right now the south of Sudan may declare its independence on July 9. It is very likely that the new country will get a new name without "Sudan" in its name. There are already two DXpedition teams ready to be there in time. One group includes Alex, 5Z4DZ/PA3DZN, Robert, S53R, and Martti, OH2BH. The "Intrepid-DX Group" led by Paul, N6PSE, plans an activity as soon the country declares its independence. They already applied for the callsign ST0DX though it is not clear yet if the south of Sudan gets its old prefix ST0 back again. Keep informed about the DXpeditions on the websites: http://www.intrepid-dx.com and http://www.dxfriends.com --(02月16日)--------------------------------------------------------------------------- 「DX-World.Net」提供の情報から、Web サイトを知り、チェックすると詳しい DXペディ内容が分か って来た。 --(02月14日)--------------------------------------------------------------------------- 南部スーダンの独立が見えてきてから初めての具体的な DXペディション計画が、下記の通り「DX- World.Net」から情報提供された。 共に実績を積んでいる Intrepid-DX グループと DX フレンズが組んで南スーダン DXペディを計画、 10局の無線局で、延べ 15万局 QSO を目標に、3週間近くの期間 運用すると。 無線機メーカーの ICOM や ACOM から機器の提供を受け、独立の時期に向け準備を行う事に。 陰では、実力派の OH2BH、PA3DZN、S53R、W3UR 等が関係当局とアマチュア無線の支援や折衝に動い ている由。 国連の承認を受ければ 新しいプリフィックスが割り当てられると思われるが、上記の DX ペディ計 画チームは、かって使われた事のある ST0DX のコールサインを希望している。 さて、DXCC 上のエンティティの取扱いに関心が高まるが、前にも云った如く個人的には、一旦 消滅 となったエンティティの復活と考えている。 ★DXpedition to Southern Sudan * Press Release #1 - February 12, 2010 The Intrepid-DX Group and the DX Friends have combined efforts to announce our next DX- pedition, to the newly created country of Southern Sudan, to take place after July 9th 2011. The Intrepid-DX Group is the group which brought you the 2010 YI9PSE, IRAQ DXpe- dition. The DX Friends have brought you the 2006 S01R DXpedition to Western Sahara, the 2008 DXpedition to Rwanda as 9X0R, the 2009 DXpedition to Western Sahara as S04R, the 2010 DXpedition to Palestine as E4X and the 2010 DXpedition to San Marino as T70A. Once again, ICOM America has agreed to be Global Radio Sponsor, while ACOM- K1LZ has agreed to provide the venerable ACOM amplifiers for this operation. It is hoped that the callsign ST0DX will be issued this next week following our meeting with the Govern- ment of Southern Sudan Mission in America. As with previous DXpeditions, this will be a major effort, with a target of more than 150,000 QSOs. There will be up to ten stations on the air, using amplifiers along with high performan- ce beams and vertical dipole arrays, 24 hours a day, for almost three weeks. --(02月12日)--------------------------------------------------------------------------- 何十年もの苦難の道のりを乗り越え、やっと独立が見えて来た南部スーダン。 これ等の情報の或る 部分は日本の外務省の Web ページからも分かる。 http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/sudan/kankei.html (但し、更新内容は 2011年秋までのもの). これまでの南スーダンに関する情報から、2011年の今年、スーダン南部の独立の是非を問う住民投票 が 1月09日から 1週間をかけて行われ、住民の圧倒的な支持の元、いろんな手続きを経て順調に進め ば、来る 2011年7月9日に独立する のは確実となってきた。 南スーダンが独立すれば、新国名にはスーダンの名前が使われないだろうと。しかし、別の情報では [アザニア]、[ナイル共和国]、[クシュ]などの候補が挙がっているが、[南スーダン]となる可能性が 高いと。 近い将来首都となる Juba はナイル河の上流にあり、その源流はビクトリア湖に至る。 スーダン情報収集中に知ったのは、意外にもアフリカ大陸最大の面積を持つ国は、現在のスーダン共 和国 (日本の約7倍)だと云う事 ..。 在日スーダン大使館 (日本語)
 ●Date: 2011/01/09 → 01/30 ●Subject: 南スーダン独立? South Sudan  in 2011
---(2011年01月30日)---------------------------------------------------------------------- 1月30日22時54分発【asahi.com】のニュースによると; 「スーダン南部の独立をめぐる住民投票の暫定結果が30日、投票を実施した住民投票委員会の Web サイトで公表された。 投票率は97.95%で、独立を選んだ票は98.83%。7月に独立するのは確実とな った。 最終結果は2月に確定する。」 と伝えている。 ---(2011年01月09日)----------------------------------------------------------------------
スーダン南部(地図参照)の独立の是非を問う住民投票が 1月09日
から 1週間をかけて行われる、と各マスコミが伝えている。
独立支持が過半数を占めるのは確実な情勢のようで早ければ此の
7月にも新しい国家が誕生する見通しだと云われている。 これ等
は 2年ほど前から噂されており、詳細はマスコミ記事をご覧に。
この南スーダンは、過去 1972/05/07〜1994/12/31 の間、行政上の
ルールから別エンティテイであったので、誕生が決まればエンティ
テイの復活になるのではと思われます。
私自身は、同時期に ST2SA/0、ST0/PA3CXC、ST0DX などと QSO 
しています。   	   http://news.bbc.co.uk/2/hi/africa/ より → 
img/south_sudan_map.gif 19KB
 

img/ST2SA_ST0_card-front.gif 31KB img/ST2SA_ST0_card-back.gif 65KB Old [ST2SA/ST0's QSL] QSO= 1976/07/15 12:57z 14 CW 579
◆Autonomous Southern Sudan 南スーダン自治領 - 1994/12/31 で消滅 (その後は ST スーダンに) ★この ST2SA/ST0 は、かって ARRL が南スーダン自治領をニューワンと認めて最初の運用となった。 【ST0 エンティティ(Entity code #244) 有効期間 = 1972/05/07〜1994/12/31】


      JA3AAW   copyright© 2011