My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

VU7LD-2006 * Lakshadweep Islands 
Ham Radio DX-Pedition
概 要
Updated: 2006/09/29 → 12/28
コール: VU7LD 運用期間: 2006/12/01 〜 12/27 (12/27 現地時間) 2006/11/30 18:30 〜 12/31 18:30 (UTC) 運用者: VU2GGM VU2GMN VU2IZO VU2KSJ VU2LBW VU2LX (計24名) VU2MTT VU2NKS VU2NXM VU2PAI VU2PJP VU2RCR VU2RDQ VU2SJD VU2SWS VU2TS VU2VKU VU2ZAP VU3DMP VU3ELR VU3KKZ VU3RGP VU3RSB VU3SPQ バンド他: HF bands (but No 30M) - CW/SSB/Digi Band 160M 80M 40M 30M 20M 17M 15M 12M 10M CW 1,822 3,502 7,002 10,102 14,022 18,072 21,022 24,892 28,022 SSB 1,845 3,795 7,060 - 14,260 18,150 21,260 24,940 28,495 RTTY - 3,570 7,035 10,137 14,085 18,100 21,085 24,920 28,080 SSTV - - - - 14,230 - - - - PSK - 3,580 7,037 10,140 14,071 18,100 21,085 24,920 28,120 QTH: Kavaratti Island, Lakshadweep Islands 10゚34'N / 072゚38'E JA1→VU7: 方位= 265゚(S.P) 距離= 7,270Km Sun-: Date Rise Set Dec-01 0112z 1245z Dec-10 0116 1248 Dec-20 0122 1252 Dec-31 0127 1258 ARSI site: http://www.arsi.info/vu7/ News: http://www.arsi.info/vu7/pressrelease.html Photos: http://www.vu7ld.info/ ログ検索: http://www.arsi.info/vu7/onlinelog.shtml (12/08より) QSL via: W3HNK

最新 情報

 ●Date: 2006/09/29 → 01/23 ●Sub: VU7LD * Lakshadweep  * By ARSI
--(2007年01月23日)------------------------------------------------------------------- ▲先月実行されたばかりの VU7LD QSL カードが早くも欧米に続々届いている様子。 私は未だ請求 をしていない。 --(12月28日)------------------------------------------------------------------------- パケクラを見て VU7LD-DXペディションは予定より少し早く 12月27日12:20Z 頃 QRT した模様、と 書くつもりが、ARSI の報道#12 によると、27日13:00Z に QRTした、とあります。 そして 2、3日 中にオペ達が Kavaratti 島を離れる、となってますが、JE2QYZ 山下さんから頂いた Raj VU2ZAP のEメールには「明29日に船で離島するため、機材等をパッキング中で、次の船は 1月07日迄ない」 とあり船便の都合で早期終了となった事が分ります。(Thank you to JE2QYZ). 本DXペディについては、DX ハンターにとっては悲喜こもごもでしたが、インドのハムだけの運用に しては良く頑張ったと思います。 たとえ取りこぼしがあっても、此の後、強力な国際チームによる DXペディが控えていますから大丈夫です。 --(12月17日)------------------------------------------------------------------------- 世界中の DXハンターが VU7LD を追いかけており、私も例外ではありません。 でも 12月初めから 数日間の状況を見ていて思うように VU7LD と QSO が出来ず、矢張り年明けの VU7RG 待ちかと若干 落胆していたのですが、そこは長丁場、徐々に QSO ペースが上がって来て、今日の時点では QRV のない 30M を除き 160/80/40/20/17/15M をゲット、あとはゆっくりワッチが出来るまでになりま した。 160M について、 Raj VU2ZAP がパケクラに上げたスポットでの予告通り 12月07日18:30Z から 160M に QRV、でも 1832 や 1829kHz に出現し JA バンドを聞いていない様子。 それに加えて 80M 40M などの信号も弱くとても 160M は駄目だろうと諦めていたが、12月14日未明に 1823kHz のスポ ットが上がって JA局も QSO 出来た様子。 そこでチームをバックアップしている VU 局にEメールを出し 160M QRV 続行を要請。 相手からは 「チームに話した」との1行の返事、私は翌日の朝、6時に目覚し時計をセットしたが、相手は出て 来ず。 スポットが 23:00Z も過ぎてから上がった。 諦めずに再度Eメールを出した。 12月16日朝も 6時に時計をセット。 パケクラを見ると 04時j 前から VU7 が上がっていて、ワッチを 始めたときは VU7LD/1821kHz の信号が聞こえない。 あちこちダイアルを回しているうちに 1821 で 聞こえ出し 21:10Z 頃からコールする。 今朝は日の出過ぎまでの間、信号の Q が 3〜5 の間を行っ たり来たり、21:3*Z にハッキリ自分に応答の信号が聞こえ 559 を送り受信に入るがそれに対する反 応がない。 多分 QSO 出来ただろうとスプリットのダイアルを少し動かす。 すると又 JA3AAW をコー ルする信号に元の周波数に戻そうとしたが JA局が唸りを立てている。 若干ずらしコールとリポート を送る。 暫くして又もこちらをコール、自分もリポートを繰り返えす。 途中、誰かが「AAW AGN」と 打った。 どうもスカッとしない気分で、その事をEメールで VU局に伝え、「もう一度トライするつ もりだ」と。 そして今朝 6時からコールを開始、コンディションは昨日と同じ。 21:3*Z に反応があり、昨日より Q が悪く JA4AAW とも聞こえるようだ。 こちらもリポートを送るが、信号の落ち込み時の事であり どうも昨日と同様スッキリしない。 午後に VU 局からEメールが届いており、何だろうと見ると、 昨日の QSO データが付けてあり「おめでとう Sake/Beer で乾杯しなさい」と。 兎も角、QSO 成立と の事なので、他の方にも迷惑が掛からぬよう明朝の再トライは取り消しに。 VU 局には感謝のメール を送った。 それにしても、誰に応答していようが呼び続ける局また局。「160M は紳士のバンド」はもう過去の 話し、と悟った。 ;-( (追加) 昨日の朝、VU7LD との QSO がスッキリしないまま、ダイアルを回しワッチを続けると、どう も只者ではない JA のパイルアップ、何と初めて聞く YI9KT 局で信号も強い。 早速コール、こちら はバッチリと QSO 完成、コール開始から終わりまで 1分25秒の時間。 --(12月13日-2)----------------------------------------------------------------------- オンラインログはその後 12月12日(Partial) 分まで上がっており、島からインターネット回線が 利用出来るようになったと思われます。 本ログ検索ページは、或る程度のワイルドカードが使えます。 例えば「JA3A」を入力すれば 30件 以内なれば JA3A** が全部日時順に表示されますが 30件を超えた場合は、超えた項目は表示されず 「ERROR: Too many records found」となってしまいます。 --(12月13日-1)----------------------------------------------------------------------- ログ検索ページをチェックすると、現在12月08日の或る部分までのオンラインログの検索が可能で、 次回は 12月14日の予定だと。 予定メンバーの一人であった VU2ZAP より「2、3日の内に第6回目のログが届く予定」との情報を 12月10日に JE2QYZ 山下さんから頂いておりました。 早速、自分の 80 と 40 CW を調べると OK だったが、40 CW が 2度 QSO した事になっている。 12月09日の朝 1回しか QSO リポートを送っていない。 数分間呼んだので、多分その中で相手から 応答があったのを QSB/混信/雑音のどれかで聞き逃したのかも知れない。 と云う訳で 2度 QSO し たとの認識は全くない。 ;-( --(12月09日)------------------------------------------------------------------------- ARSI の報道#9 によると、第2陣のメンバー 6人は Kavaratti 島に向けて出航し第1陣と合流する。 アップしたオンラインログの一部が周波数やモードで間違っている部分があったり、一部が欠けて いるのを承知している。 次のデータのアップデート時である 12月20日頃にそれ等を修正する。 私の QSO した分 80M/CW、40M/CW のチェックは 10日以上待たないといけない事に。 ;-( ★VU7LD PRESS RELEASE #9 * December 9, 2006 Second batch of 6 operators including myself sail to Kavaratti to join the other operators who have been there since the 30th of November. We are aware of issues with the published online logs where the mode and band have in some cases been wrong, also a couple of logs from a few sessions were not published on the web. We are working to rectify that in the next log update expected latest around the 20th of December. A number of constructive suggestions have been received from the international DX community and we have taken note of the suggestions and information has already been passed on to the operators who are working to implement as many of them as is feasible. Stay tuned 73, de Gopal VU2GMN --(12月08日-2)----------------------------------------------------------------------- VU7LD のオンラインログ検索が可能になった、と今日17時前から多くの方よりご連絡を頂きました。 過去 3Y0X や VU4AN の時でさえこんなに大勢の方々から連絡頂いた事がなかったので少々驚いて います。 (1日〜5日までの分が可能とのコメントも)。 早速チェックしていますが、アクセスが集中しているのか、全くつながりません。 ARSI のサーバ ー事情がどうも良くないようです。 --(12月08日-1)----------------------------------------------------------------------- VU7LD はそこそこアクティブに運用しているようで、毎日6〜700件のスポットがパケクラに上がっ ている。 でも私のワッチの範囲内ではどれもベアーフット機の使用としか思われないような弱い 信号ばかりで、12月06日06:3*j に 80M CW で QSO しただけ。 電力供給に問題があるのかも。 先日、JA2JW 星山さんから、(参加を取り止めた予定メンバーの一人であった VU2ZAP より) 「unfortunately no permission for 6M or 30M this year!.」の情報を頂いた。 文字通り解釈 すれば「6M か 30M のどちらかが残念ながら許可されない」。 それでチームのページを見ると 6M が外されていたので 30M は大丈夫では、と思っていたが、追って VU2ZAP 本人と思われる書き 込みで「Sorry no 30/6M」などととパケクラに上がったので、どうやら今回 30M は駄目の様子です。 --(12月04日)------------------------------------------------------------------------- 私は 12月03日の朝初めて VU7LD の信号を 80M と 40M の CW で受信、予想外の弱さに少々落胆。 暫く両バンドで呼んだが、その後の所要が控えていてゲット出来ないまま切り上げた。 04日朝の 80M はなお弱く、しかも EU ばかりと QSO していて呼ばなかった。 まさかベアーフット運用では ないと思うが弱過ぎる。 ARSI のニュース#8 で 5局がほぼ全バンド/モードで運用を始めているといっているが、同時運用は 殆んどの場合2波だけ。 矢張り VU7RG でないと、すんなりと QSO 出来ないのかな? オンラインログはインターネット回線の問題で稼動せず、CD で本国へ空輸するので 2、3日後にな るが我慢してほしいと。 --(12月01日)------------------------------------------------------------------------- VU7LD * 最初に上がったパケクラのスポットは、2006/11/30 19:36Z 3.5 CW でした。(現地の日付 が12月01日に替わって 1時間後)。 オペレータはコールサインを VU7LD/VU2PAI とか VU7LD/VU2P と打っているようですが、これは自分を強調したいためで 正式に付与されたコールは VU7LD のは ずです。 個人的には、こういった判別のコールは重複QSO を助長する事になり余り好ましいもの でないと思います。 下記の記事にもハッキリと VU7LD との QSO は「同一バンド/同一モード」は 一度だけと書いています。 オンラインログ検索は数日以内に可能になるだろうとの事。 追ってログ検索して見ればあの局は 何と重複QSO の多い事かと云った場面が出てくるでしょうが、決してその局が誉められる事はない でしょう。 ★Subject: [DX-NEWS] VU7LD now QRV From: "Bernie McClenny, W3UR" <bernie@dailydx.com> Date: Thu, 30 Nov 2006 15:32:41 -0500 An open letter to the DX community: Looks like the first ARSI (Amateur Radio Society of India) VU7LD activity has begun at 1200 AM (1830Z today) December 1st local time on Kavaratti Island, Lakshadweep. This is the all Indian national team DXpedition. I'd like to bring the following info/request to the DX Community's attention. This group has been told they must sign VU7LD/VU#??? while operating from the number 2 most wanted DXCC Entity. The stroke (/) VU#??? represents the call of the actual operator. I would ask DXers around the world to refrain from working VU7LD on the same band and mode more than once, just because it is a different operator. There is no need to work VU7LD/VU2UR, VU7LD/VU2PAI and VU7LD/VU3RSB all on 20 meters SSB. There will be no awards for the station that works the most VU7LD DXpedition!!! You only need to work one of them per band/mode. It's the same station and will get the same exact QSL card from W3HNK. It would be like working 3Y0X on 20 meters SSB when N2WB was operating and then working K4UEE when he was the op and then working LA6VM when he was the operator. There is no need to dupe or work each operator on every band mode. It's perfectly fine though to work VU7LD on each of the bands and modes you need it. As with any major DXpedition to a rare location, such as the Lakshadweep Islands, the pileups are going to be extremely large. Certain areas of the world will have a more difficult time than other areas. When the operator asks for a certain area please respect their plea. By the way VU7LD will have an on-line log search, probably in a few days, at http://arsi.info/vu7/ Good luck to all and please listen carefully to the operators instructions! See you in the pileups! This team will be QRV until the end of December. VU7RG will be QRV January 15-25th, with an international group of operators. They have a Web page at http://www.vu7.in PS. Please post this on your club reflector, other DX reflectors, Website and other DX publications. Thank you in advance. Bernie McClenny, W3UR http://www.dailydx.com --(11月30日)------------------------------------------------------------------------- 待望の VU7 が 12月01日03:30j からいよいよ運用を開始する事になりました。 ARSI の報道#7で 第1陣の 15名のメンバーと運用バンド計画が明確になりました。 --(11月28日)------------------------------------------------------------------------- ARSI の報道によると VU7LD-DXペディション計画は予定通り進行しており、運用開始が間近に迫って 来ました。 約25名のグループは 3班に別れ、第1班は 12月01日から運用に当り、第2班は 12月09日 に出発し、そして第3班は 12月17〜23日の間に Kavaratti島へ出発します。 各班は部分的にオーバ ーラップして運営に当ります。 ローバンダーの私個人としては、12月01日に VU7LD と VU7RG が同時スタートしてくれれば、先ず VU7RG に重点を置いてローバンドを片付け、その後に VU7LD で遊ばして貰おうと思っていましたが。 気になるのは VU7LD の 160M のオペは VU2PAI だけではないか思うし、彼がどの程度こなしてくれ るのか心配ですが、VU4-DXペディの時と同様、皆さんも 100% 目標達成を目指していると思います。 お互いに頑張りましょう。 (取りこぼしても VU7RG があとに控えていますし)。 --(11月11日)------------------------------------------------------------------------- これまでは、仮の Web サイトで情報を流していたが、ハッキリ云ってどうも見にくかったが、新た に正規のサイト設置がなされた。 そのサイト情報によると準備は着々と進んでおり、事前に 2人が 同島に渡り受け入れ態勢を整えた。 重量のある機器類は出発港の Mangalore に送られ第1陣が 12月01日の運用開始に備え船のチケッ トを入手しており、今月末までに Kavaratti 島に到着する予定。 8つの無線局によるオールバンド・オールモードで 12月末まで運用する計画です。 1ヶ月間を通して 存分に楽しめるでしょう。 ★Subject: 425 DX News #810 * 11 November 2006 VU7 - The Amateur Radio Society of India reports that most of the VU7LD team members met in Bangalore on 1 November to finalize details of equipment and logistics. The operation is confirmed to take place from Kavaratti Island starting on 1 December. Two additional "collection hubs" for donations have been established in Germany and Japan - details can be found on the expedition website at http://www.arsi.info/vu7/index.html --(10月21日)------------------------------------------------------------------------- その後のニュースによると、VU7LD チームのメンバーが増えて、全インド人による約25名となって います。 同チームの運用が主としてカラバッティ(Karavatti) 島と言っているところから見ると 他の島からの運用もあり得る、と云う事でしょう。 QSL via W3HNK。 未だ運用日程の発表がありませんが、スタートは矢張り 12月01日で、終了は月末までと云う事も 考えられます。 ★Subject: 425 DX News #807 * 21 October 2006 VU7 - The IARU affiliated Amateur Radio Society of India (ARSI) has announced further details about the VU7LD activity from the Lakshadweep Islands [425DXN 804]. A team of about 25 Indian operators "who have a proven record of operating in pile up conditions" is being assembled, and operations will take place mainly from Karavatti Island for the entire month of December. Initial plans are for eight stations to be QRV on all bands and modes. QSL via W3HNK. Please visit http://www.arsi.info/VU7/index.html for further information, official press releases and on-line logs, as well as to get the details on how to contribute. You can also e-mail vu7ldarsi@gmail.com [TNX VU2GMN] --(10月08日)------------------------------------------------------------------------- Pai VU2PAI によると ARSI が主催する VU7LD-DXペディションを運用する全員が同協会メンバー の 7名となっている。 日程は未だ明らかにされていない。 今日 ARSI のサイトをチェックしたところ、運用拠点は矢張りラクシャディープ諸島のメインの Kavaratti島となっている。 ★Subject: Ohio/Penn DX Bulletin #778 * October 2, 2006 VU7, LAKSHADWEEP ISLANDS. Pai, VU2PAI, informs OPDX that he is part of Pai, VU2PAI, informs OPDX that he is part of an Amateur Radio Society of India (ARSI) group that has obtained permission to operate from Lakshadweep Islands in December 2006. The DXpediton will consist of Pai/VU2PAI, Sarla/VU2SWS, Basappa/VU2NXM, Manohar/VU2UR, Milind/VU2IZO, Gopal/VU2GMN and Rajaram/VU3KKZ. Operators will be signing with the callsign VU7LD. The team will operate on SSB/CW and the Digital modes. More details will be forthcoming. The group is looking for funding and equipment. ADDED NOTE: Pai also mentioned to OPDX that he has been extrememly busy with his office duties and has not been active on the air for more than 1 year. He does have some pending outgoing QSLs but will send them out soon. He states that if anybody needs a QSL from him for any of his previous activations (such as AS-096 and AS-161) or for a regular contact, please E-mail him at: ananthpai@hotmail.com Pai will be happy to send you a card via direct if you provide him with your QSO details and mailing address. --(09月29日)------------------------------------------------------------------------- ARSI (インドアマチュア無線協会) 会長の Gopal VU2GMN によると、インド当局の WPC から 今年12月1日〜12月31日の1ヶ月間、VU7 ラクシャディープ諸島の運用免許が下りたと。 これは来年1月に計画されている VU7-2007 Hamfest よりも 1ヶ月も早く実施される事になり、 VU4-2004 の時と同様に期待出来る年末になりそうです。 詳細については、追って公表される ので、その内容を見守りましょう。 本件は次の Web サイトもご覧あれ。 → ARSI ニュース ★Subject: 425 DX News #804 * 30 September 2006 VU7 - On 27 September, in a message posted on the Amateur Radio Society of India's newsgroup (http://groups.yahoo.com/group/ARSI/), ARSI President Gopal Madhavan, VU2GMN announced that "formal WPC permission has been received by ARSI with the call sign VU7LD". WPC, the Wireless Planning & Coordination Wing of the Ministry of Communications, is the national radio regulatory authority, and the permission is for a period of one month, from 1 to 31 December 2006. This is the second announced operation from the Lakshadweeps; the first one is being organized by the National Institute of Amateur Radio (NIARS) and is expected to take place between 15 and 25 January 2007 [425DXN 801].

VU7_map.gif 20KB http://en.wikipedia.org/wiki/Lakshadweep より VU7LD-map.gif 30KB http://encarta.msn.com/ より vu7-map_c.gif 39KB http://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/0/08/Lakshadweep_map.jpg より VU7RG-2007 へ
  運用期間: 2007年01月15日〜01月25日〜01月31日

      JA3AAW   copyright© 2006