My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

VU7RG-2007 * Lakshadweep Islands 
Ham Radio DX-Pedition
概 要
Updated: 2006/07/10 → 2007/01/31
イベント: VU7 Hamfest 2007 運用期間: 2007/01/15 〜 01/24 〜 01/30 (現地時間) 2007/01/14 18:30 〜 01/25 18:30 (UTC) 〜 01/31 バンド他: 10-160M (Included 30M) bands - CW/SSB/Digi
私が作ったエクセル・ファイル → VU7RG_Freq.xls (21KB) 運用拠点: (下段の通り4ヶ所) VU7の各島の概要 運用者: [NIAR 主催] 国際チーム 合計38名(01/04現在) VU7RG サイト: http://www.vu7.in/ VU7RG ブログ: http://vu7rg.wordpress.com/ ログ検索: http://www.dx-pedition.de/lakshadweep2007/logs/logsearch.php ログページ: http://logsearch.de/ QSL info: Region 1: via German DX Foundation (GDXF) Region 2: via N2OO, Bob Scheck Region 3: via The I-House Radio Club (含む日本) [I-House Radio Club / JA3UB, P.O. 73, Amagasaki 660-8799] [〒660-8799 兵庫県尼崎郵便局 私書箱73 三好二郎 JA3UB] (I-House Radio Club = 大阪国際交流センターラジオクラブ)

 コール:   	VU7RG   (Site 1, A 拠点) 
 運用期間:  	2007/01/15 〜 01/23 (現地時間) 
 運用者:    	A61M  DJ8NK  DK5WL  DL9GFB  JH4RHF  K4UEE 
            	OE9AMJ  VA7DX  VE7CT  W0GJ  W5MJ  W8AEF 
            	 * 計17名 (10/13)  * 計13名 (11/10)  * 計12名 (12/23) 
 バンド他:  	10-160M (Included 30M) bands - CW/SSB/Digi 
 QTH:        	Agatti Island, Lakshadweep Islands  (AS-011) 
             	10゚51'N / 072゚11'E 
 JA1→VU7:   	方位= 266゚(S.P)    * 距離= 7,290Km 
 Sun-:       	Date     Rise    Set 
             	Jan-15   0134z  1307z 
             	Jan-20   0135   1310  
             	Jan-25   0135   1312  
 Site #A:    	www.dx-pedition.de/lakshadweep2006/agatti/agatti.html
 DK5WL site: 	http://www.160m.de


コール: VU7RG (Site 2, B 拠点) 運用期間: 2007/01/15 〜 01/23 (現地時間) 運用者: JA3IG JA3NHL JA3UB JA3USA JR3MVF WA6UVF YT1AD
* 計11名 (10/13) * 8名 (12/05) * 計7名 (12/19) バンド他: 10-40M (Included 30M) bands - CW/SSB QTH: Bangaram Island, Lakshadweep Islands (AS-011) 10゚56'N / 072゚17'E JA1→VU7: 方位= 266゚(S.P) * 距離= 7,280Km Sun-: Date Rise Set Jan-15 0134z 1307z Jan-20 0134 1309 Jan-25 0135 1312 Site #B: www.dx-pedition.de/lakshadweep2006/bangaram/bangaram.html
コール: VU7RG (Site 3, K 拠点) 運用期間: 2007/01/15 〜 01/24 (現地時間) 運用者: AA4NN DF2IC DL4KQ DL5OAB DL7DF F4EGD F5CWU F6IIT N6TQS PA2R PA3EWP SP3CYY SP3DOI WA9QJH
* 計14名 (10/13) * 計14名 (01/04) バンド他: 10-160M (Included 30M) bands - CW/SSB/Digi QTH: Kadmat Island, Lakshadweep Islands (AS-011) 11゚13'N / 072゚47'E JA1→VU7: 方位= 266゚(S.P) * 距離= 7,210Km Sun-: Date Rise Set Jan-15 0132z 1304z Jan-20 0133 1307 Jan-25 0133 1309 Site #K: www.dx-pedition.de/lakshadweep2006/kadmat/kadmat.html
コール: VU7MY (Site 4, M 拠点) 運用期間: 2007/01/15 〜 01/30 (現地時間) 運用者: VU2RBI VU2BL VU3DSM VU2JOS VU2UWZ * 計5名 (01/04) バンド他: 10-40M (Included 30M) + 80-160M bands - SSB/CW QTH: Minicoy Island, Lakshadweep Islands (AS-106) 08゚17'N / 073゚04'E JA1→VU7: 方位= 263゚(S.P) * 距離= 7,380Km Sun-: Date Rise Set Jan-15 0126z 1308z Jan-20 0127 1310 Jan-25 0128 1312 Jan-30 0128 1314 Site #M: www.dx-pedition.de/lakshadweep2006/Minicoy/Minicoy.html

lakshadweep-s.gif 23KB
http://www.vu7.in/ より

VU7RG_QSL-r.jpg 6KB
(QSL カード裏面、クリックすると拡大. 68KB)

最新 情報

 ●Date: 2006/07/10 → 2007/02/16  ●Sub: VU7RG * Lakshadweep isl.  
--(02月16日)------------------------------------------------------------------------- IOTA 狙いの局が待っていた VU7MY のオンラインログ検索が可能となった。 --(02月06日)------------------------------------------------------------------------- 主催者の NIAR が (或る金額以上の寄付者に対して) 公約していた VU7RG QSL カードが、1月24日 付けの消印で Kadmat 島から今日私の手元に届いた。 カードには 3行の QSO 記入欄があり、13 QSO だったので受け取った QSL カードは全部で 5枚で ログデータは手書き。(勿論、QSO に 3つのサイトの区別は全然なし。 上段参照)。 --(02月03日)------------------------------------------------------------------------- [425 DX News] によると、1月24日に終了した VU7RG の QSO の成果が公表されています。 これ等の 表から一つだけ上げれば、EU との QSO が何と 70% も占めていると云う事。 → VU7RG QSO分析表 ★Subject: 425 DX News #822 * 03 February 2007 LAKSHADWEEPS 2007 ---> VU7RG went QRT at 18.30 UTC on 24 January, after 9 days and 92,134 QSOs (65.1% CW, 29.1 SSB, 5.1 RTTY) made from the islands of Agatti, Bangaram and Kadmat (all of them are AS-011 for IOTA). The VU7RG logs can be found at: http://www.dx-pedition.de/lakshadweep2007/logs/logsearch.php (logs are in the process of being checked). The band and continent breakdowns are as follows (full statistics for VU7RG are now available at: http://www.dx-pedition.de/lakshadweep2007/operations/statistics.html): Band QSOs % Continent QSOs % 10m 1727 1.9 AF 228 0.2 12m 4145 4.5 AN 0 0.0 15m 14186 15.4 AS 17041 18.5 17m 14050 15.3 EU 64286 69.8 20m 16035 17.4 NA 9377 10.2 30m 10915 11.8 OC 505 0.5 40m 19532 21.2 SA 677 0.7 80m 9300 10.1 T/L 92114 100 % 160m 2241 2.4 T/L 92131 100 % (双方の合計に 17 の差異がある) VU7MY remained active from Minicoy (AS-106) until around 15.30 UTC on 30 January, with a total of about 17,000 QSOs. The QSL routes for VU7MY are the same as for VU7RG; accord- ing to the expedition website (www.vu7.in) on-line logs will be published sometime in February. --(01月27日)------------------------------------------------------------------------- JR3MVF 三好さんをはじめ、JA3UB、JA3NHL、JA3USA の日本チームの皆さんが無事帰国されました。 JA 局のみならず全世界に向けてサービスして頂いた皆さんには心から感謝とお疲れ様でした、を 申し上げます。 私共 DX を追いかける者にとって 2ケ月続けて楽しめ、特に国際チームの VU7RG は QSO 数において VU7LD を遥かに凌ぐ成果を上げ VU7LD で取りこぼした分を大いに補ってもら った訳です。 今回の歴史的な VU7-DXペディションは運用に携わった人員数において、又、その規 模の大きさにおいて、DX界で長く語り継がれる事と思います。 ★Subject: 帰国しました。三好 From: "Mio" <jr3mvfあad.wakwak.com> Date: Sat, 27 Jan 2007 19:17:36 +0900 本日(1月27日)無事に Bangaramチーム一同帰国しました。 お呼びいただき真にありがとうございました。 サイト1と 2は、1月24日の船でサイト3は25日の船でそれぞれ約24時間かけて本土の Cochinに帰って きて26日の夜に、参加者一同が 顔合わせをしてそれぞれの報告をして楽しい時間を過ごしました。 26日深夜にはサイト1の5名とサイト2の3名が同じ便で帰国の途につき、27日は大半が Cochinを離れ ます。 VU7RG はとても素晴らしいチームでした。参加できて本当に良かったと思います。 お呼びいただきました日本に皆様にどうぞよろしくお伝えください。 帰国の報告まで。 73 三好京子(JR3MVF) --(01月25日)------------------------------------------------------------------------- 結局は公式報道の通りに VU7RG は運用を終了しました。 ログデータは最終分が未だアップされて いないようですが、私は 1月23日午前 1時前の 160M を最後に VU7MY も含め打ち止めとしましたの で、VU7RG のログチェックは全部 OK でした。 VU7MY は予定通り最終日の 1月31日まで運用するのでしょうか。 --(01月24日)------------------------------------------------------------------------- 公式報道のあった通りに第1サイト(A島)と第2サイト(B島)が 1月23日中に QRT したかは、はっきり とは分りません。 と云うのはパケクラスポットを見ても第1,2サイトが 1月23日に QRT とか Close down したと云ったコメントが書かれていないし、80, 160M は第1サイト配分の周波数でスポットが 上がっている、といった具合です。(もっとも、QRT したのなら周波数は広く使える) --(01月23日-2)----------------------------------------------------------------------- 主催者 Web サイトのトップページによると、第1サイト(A島) と 第2サイト(B島) は 1月23日中に、 又、第3サイト(K島) は 1月24日中に運用を終える、と。 ★22-01-2007 * http://www.vu7.in/ より Closing down stations Agatti and Bangaram will close down end of 23rd January and Kadmat end of 24th January. --(01月23日-1)----------------------------------------------------------------------- 期待していた通り VU7RG にはベテランのトップバンダーがいるので、JA 局が BY-Jamming 障害電 波に悩まされているのを知っており、事前にチェックしていたようで、Jamming が零時過ぎに停波 したと同時に 160M に QRV して来た。 (初日の1月15日以来 17:00Z 頃より早く出て来た事はこれ までにはなかった)。 私は何時も宵突っ張りの方で、零時45分頃にパケクラのスポットを見て急いで 160M をワッチ、凄い JA のパイルアップになっていた。 VU7LD をゲットしていたにも拘らず思わずコール、数分掛かって 15:5*Z に QSO。 1月11日夕方からずーと続いていた BY-jamming 障害電波の停止で、これで未だの方にも 160Mのチャ ンスがやっと回って来たようです。 Good DX! ▲これは先月の VU7LD の方ですが、早くも VU7LD QSL カードが欧米に続々届いている様子。 私は 未だ請求をしていない。 --(01月22,23日)---------------------------------------------------------------------- 下記の VU2BGS のスポットを見て、彼は確証があって上げたのだろうと思ったが、単に 21日のニュ ースに習っただけで、その後も多くの 30M リポートが上がっている。 私の疑問が解消したようだ。 VU7 の 30M の運用許可は矢張り 1月22日(1月22日18:30Z) 迄の様子。 VU7MY を除けば大方の皆さん は QSO 出来たと思います。 (下のスポットの左端 VU2BGS は VU7 とすべきだったと)。(1/22) > VU2BGS 10104.5 22 Jan 11:59 VU2BGS pse qso, have permission till midnight only! ログデータは 1月22日23:45j 頃に追加のアップがされていた。 --(01月21日)------------------------------------------------------------------------- ログデータには第2サイト(B島)の分が初めて加わった。 私のログチェックから(日時はチェックした時点); 5) 1月21日01:30j 頃 QSO総数= 60,000以上。 4) 1月20日19:25j 頃 QSO総数= 46,843。 3) 1月19日15:20j 頃 QSO総数= 28,190。 2) 1月18日08:30j 頃 QSO総数= 22,637。 1) 1月17日23:30j 頃 QSO総数= 9,898。 下記の記事を見ると何故か 30M の運用許可は 1月22日迄となっている。(疑問が残るところ)。 第4サイト(M島)の VU7MY のログアップは DXペディ後になると明記され、(当然ながら) VU7RG も VU7MY も QSLカードの送り先は同じであると。 ★VU's on 30m till 22th Jan. (http://logsearch.de/ より) Saturday, 20 January 2007 VU - The Daily DX reports that in conjunction with the special permission granted to the current VU7 DXpedition to operate on 30 metres, all Indian amateurs have been authorized to operate on 30m (as well as on 3790-3800 KHz) through 22 January. [TNX 425DXN] VU7MY Minicoy Island has no Internet connection - the online log for this island with be published after DXped. VU7RG and VU7MY QSL's goes all same way - no difference ! --(01月20日)------------------------------------------------------------------------- 今日の 19:30j 時点でも、第2サイト(B島)と第4サイト(M島)のログデータは未だのようです。 下記の通り第3サイト(K島)の RTTY ログも未だ。 VU7RG/VU2*** は VU7MY を意味するのだと思い ます。 何故なら、第1〜3サイトは外人オペばかりで VU2 オペは第4サイト(M島)にしかいないから です。 そして、VU7MY ログは後に VU7RG ログに付け加えられる、は DXペディ後になるのかも。 と云うのは Minicoy 島は第1〜3サイトの島々から随分距離が離れているからです。 ★http://www.vu7.in/ ニュース (20-01-2007) Online logs : The Kadmat logs does not include all RTTY contacts yet. We hope to have all RTTY logs uploaded tomorrow. VU7RG/VU2<homecall> They have their own logbook and will not be on-line. Contacts will be added later to the VU7RG log. --(01月19日)------------------------------------------------------------------------- オンラインログについて; ログ・ページにはどのサイトのどの日時までのデータが計上されている かが、明記されていないので、「QSO したが載っていない」と云って直ぐ再QSO するのではなく、 暫くは様子を見るべきです。 (80/160M 以外は VU7RG の保険QSO は VU7MY でした方が無難では)。 推測するに、第3サイト(K島) と第1サイト(A島) が I 回線が使用出来る状態にあると思われます。 第2サイト(B島) に加え第4サイト(M島) も駄目のようです。 私のQSOから、最初のアップは第3サイ ト(K島) だけ、2度目は第1サイト(A島)分もアップ。 昨18日06:4*j に QSO した第1サイト分が今日 上がっているが、同日07:0*j 第3サイトの分がない、と云った案配です。 --(01月17日-2)----------------------------------------------------------------------- VU7RG / VU7MY 報道の発表; 一部オンラインログ検索が可能に! 1サイト(Kadmat 島) のみ。 4島の内、第3サイトの Kadmat 島が最も環境が整っていると思われます。 その後、As of tomorrow we will have regular log updates. が追加され、明日は通常のログ・ アップデートが出来るだろうと。 それから、ログ・ページ http://logsearch.de/ をたどれば、バンド/モード別のデータ集計 その他が見られます。 ★Released: 17 January 2007 First parts of log First parts of log is at logsearch. Datas are only from 1 island in moment. --(01月17日-1)----------------------------------------------------------------------- VU7RG, VU7MY のオンラインログ検索について; 全インターネット回線が不良でEメールもログデータも転送出来ない状態だと。 又、携帯電話接続 も極端に悪い。 (JR3MVF 三好さんが、昨年10月に VU7 へ下見に行った時は携帯の接がりが悪かった けれど、今回は良くなっておれば良いが、と期待されていた)。 ちゃんと QSO 出来ていても、誰でもログ検索で確認しておきたいもので、早く稼動するように願う。 ★Subject: [DX-NEWS] No VU7RG on-line logs yet (no Internet access) Date: Tue, 16 Jan 2007 14:06:37 -0800 (PST) From: Jim Reisert AD1C <jjreisertあalum.mit.edu> >From http://www.logsearch.de/ Latest news from 16th Jan: All internet lines are broken on island's in moment. No chance to forward any emails or log datas. Cellular connection also in extrem bad conditions. Logsearch.de take care for the online log of the DXped to the Lakshadweep - VU7RG / VU7MY --(01月16日)------------------------------------------------------------------------- Minicoy島(AS-106) の VU7MY も予定より早く 1/15 09:00Z 前から運用を開始し、1/16 00:30Z 時点 のチェックでは 15/20/40m SSB で QRV 同時運用は 2局止まり。(SSB 主体は予想通り)。 --(01月15日)------------------------------------------------------------------------- [個人的メモ] ; 1月15日は夜中に目が覚め、そうだ 18:30j に VU7RG が運用を開始だ。 先ず Bangaram サイトとの QSO を、とバンドプランを調べ 30M/40M をワッチしたが Bangaram サイトの信号が聞こえず、他の VU7RG / 7.002Mhz と 18:34j に QSO を終えたが 30m は良く聞こえず。 160m をワッチ、朝の出現が久し振りの忌まわしい Jamming の中、CQ が聞こえ思わず VU7RG だ、と 思った。 昨年の 3Y0X 以来の長らく振りにパケクラにスポットを上げようとしたが、なかなかつな がらない。 10分以上経ってやっと入力画面が現れインフォを上げた。 > VU7RG 07/01/14 18:57Z 1821.0 499 Wrked at 18:40z JA3AAW-8 そのあと 先程の録音を再生して「ウヘー」。 未だ寝ぼけていて早とちりし XU7ACY を取り違えて いた。 m(_ _)m ・音声ファイル: http://www.page.sannet.ne.jp/ja3aaw/sound/070114_XU7ACY_160m.wma 234KB その後、強くなっていた VU7RG / 10.130Mhz と QSO。 ・音声ファイル: http://www.page.sannet.ne.jp/ja3aaw/sound/070114_VU7RG_30m.wma 229KB 既に VU7LD で済ませていたので、今回バンドニューとしてほしかったのは 30M だけだったが早くも 結果が出た。 (夜中に目が覚めラジオをワッチしたのは今シーズン初めて)。 尚、Bangaram 島にいるはずの JA3IG 葭谷さんが出発直前に体調を崩しドタキャンで残念、お大事に。 --(01月10日)------------------------------------------------------------------------- 先発 Kadmat チームは既に、同島で準備中である。 多数の他チームメンバーは出発港の Cochin に 到着しつつある。 1月09日付 チームWeb サイトの 3つのページから総合的に判断して、運用期間は第1〜3拠点が従来 通りで、第4拠点が今月末まで延長される事に。 そして VU7RG が終了した後に第4拠点はオールバ ンド運用となる。 出来る事なれば、VU7MY もインド以外の国際オペにも運用が開放されれば、VU7RG を終えた中から 当然助っ人に回るベテランもいてくれるので、撤収した機材を持ち込めば強力な陣容になるのだが。 ★BREAKING NEWS (09-01-2007): * Special callsign for Minicoy Island (AS-106) The Minicoy operations will have special callsign VU7MY granted by WPC (Indian Govt.) and will be active from from 15 - 31 January 2007. This will be an all Indian Amateur Radio operation station. * License extended for Indian Operators Indian Radio Amateurs have given permission to operate until 31st January 2007. ★OTHER NEWS: * VU7 Team The Kadmat advance team is already on Kadmat to make preparations. Lots of the other team members are arriving in Cochin. * Web Site updates: Due to preparation e.g. shopping in Cochin and traveling to the islands you should expect some delay of news publications in the coming days. Other than filling in the last VU3 calls we don't expect any new breaking news. Once we are on the islands we will catch up again and make sure you get the full story befor the operation begins. ★NIAR PRESS RELEASE - 9th January 2007 * Special callsign for Minicoy Island (AS-106) The Minicoy operations will have special callsign VU7MY granted by WPC (Indian Govt.) and will be active from from 15 - 31 January 2007. This will be an all Indian Amateur Radio operation station. * License extended for Indian Operators Indian Radio Amateurs have given permission to operate until 31st January 2007. ★VU7RG / VU7MY Operating Frequencies (09/01/2007): As soon VU7RG is QRT, VU7MY from Minicoy can use all bands lots until end of January. --(01月09日-2)----------------------------------------------------------------------- 下記は、三好さんから頂いたその後の情報です。 此の中で特に気になるのは最後の「運用の特別 許可が1月31日まで延長された」で、実際の運用も今月末まで、となるのか公式報道を待ちましょう。 (Many thanks Mrs. Miyoshi) ★Subject: Fw: Update on VU7RG and VU7MY (minicoy) From: "Mio" <jr3mvfあad.wakwak.com> Date: Tue, 9 Jan 2007 08:11:27 +0900 皆様 &吉田OM 最新ニュースです。 NIARからコミッティ宛に送られてきました。 73 三好京子 These are the following developments today: 1. 7 Dx Hams receive their operating permisison for VU7RG which include, Johann BC Harders, VU3NZB M Patrick Vermote, VU3VMZ Playford Paul Marion, VU3PYM Robert Niel King, VU3NIJ Billy Ray Gallier, VU3GCB Jones Madison Ralph, VU3JMB Arno Metzler, VU3MZA With this list all (but 2) Dx participants (A61M, YT1AD) have received their VU7 operating permissions. Lets hope for the best in next couple of days. 2. The Minicoy operations will have special callsign VU7MY from 15 - 31 January 2007. This will be an all Indian Amateur Radio operator station 3. 6 VU Hams have received their operating permission for in addition to 17 issued earlier. 4. Special permission for Indian Radio Amateurs to operate amateur radio stations extended till 31st January 2007. --(01月09日-1)----------------------------------------------------------------------- VU2BRI 女史によると第4拠点 (Minicoy 島) のコールサインは VU7MY に。 同局の運用許可期間は 1月15日〜1月31日だが、実際の運用開始は 1月16日で 1月25日迄かと。 ★Subject: [DX-CHAT] Minicoy operation by VU2RBI and Indian ham operators Date: Mon, 8 Jan 2007 08:04:02 -0800 (PST) From: bharathi prasad <bharathipdあyahoo.com> Dear Dx hams, I and Indian ham operators got the permission to operate from Minicoy island in Lakshd- weep islands from 15th Jan to 31st Jan 2007. The wrtten permission is in my hand from the ministy of Communications, Govt of India, today. We are going to use VU7MY special call sign. I think this is the first time we have received the permission to operate Minicoy island which is IOTA island (AS-106). I hope to see you all from Minicoy islands. Freq is already appeared in www.vu7.in web- site. More details pse contact us. Best regards Bharathi Prasad VU2RBI --(01月05,06日)---------------------------------------------------------------------- 1月04日付の報道で、IOTA リストのアジアで最もニーズの高い Minicoy 島 (AS-106) に第4拠点が 設置され VU2BRI を含む 5名のインド・ハムにより SSB/CW で 1月16日から運用される事に決定。 此の拠点に限り VU7RG/VU*** コールを使用する事に。 (他は VU7RG のみに統一される)。 ★VU7RG チームに参加する JR3MVF 三好女史から頂いた情報; VU7の Minicoy島からの運用が公式発表されてホットしています。 実はここに関しては、当初からインド人だけでの運用地として許可を申請していたのですが、先週 まで政府の許可がおりないと言われていた所です。 勿論外国人は入島できないと聞いています。 ★又、ミセス三好からの先日の情報; (KIX=関西国際空港) JAからの参加者は全員KIXを10日発のフライトでインドに向かい、その後コーチン発の船で(約20時間 以上かかるそうです) VU7に向かいます。WやEUからの参加者も全員船旅なので、船上でいろいろな 情報交換ができるのではないかと思っています。 Bangaramは、基本的には島内の全てをソーラーバッテリーでまかなっております。ラジオ、TVは勿論 こと電話もなく、かろうじて携帯電話が使えるのですが、それも使えたり使えなかったりの状態です。 (昨年10月に下見に行った時のことですが。。。)(今回は常時通話ができることを祈っています。 hi) Bangaramだけは電話回線がないので、インターネットも勿論使えません。 今回は、船をチャーターして3つの島を周る予定ですのでそれを活用して情報を送る事になると思い ます。 --(12月27日)------------------------------------------------------------------------- VU7RG で使用されるコールサインが気になったので VU7RG-DXペディションに参加される JA3USA 島本さんに聞いてみた結果、直ぐに下記の通り貴重な情報を頂きました。 VU7RG で使用されるコールサインについて (その後、Web サイトのチェックで判った); チームサイトの FAQ (Q&A) ページに本件が記載されています。 島本さんが書かれた通り「VU7RG のみの使用」と云う事に。 それでもオペが勝手に VU7RG/VU*** のコールを使用する事のないように願いたいものです。 コールサインもさる事ながら、気になったのは JA チーム5名の Bangaram 島拠点での厳しい環 境です。 JA チームを盛り立てるためにも、積極的に優先的に此の B拠点と QSO しようではあり ませんか。 ★Subject: Re: VU7RG の使用コール? de JA3AAW Date: Wed, 27 Dec 2006 10:41:35 +0900 From: Mac <macあja3usa.com> 吉田さん 大変ご無沙汰をしておりますが、お元気でご活躍のようで何よりです。 ご案内のように、1月に VU7 から運用することになっています。 http://vu7.in/ で も紹介されていますように、日欧米それぞれが中心となる 3グループが異なる島々から 運用するのですが、JA チームは恐らく最も質素な設備での運用となりそうです。 特に 米チームはローバンドまでビームを用意しているようですし、電源事情も JA チームの Bangaram の場合、太陽電池システムだけという最悪となります。 そんなことから、JA チームがローバンドに出ても他の島々の運用を妨げるだけにしか ならないのではないかという恐れから、40m 以下では運用しないことにしました。欧米の 連中は 160m までしっかり運用しそうですから、ぜひローバンドに期待してください。 コールサインですが、VU7RG での運用と聞いていますが、それに個々のコールサインを 付けるとは聞いていません。 もし、個々のコールサインを付けての運用となれば使用する ログに一考が必要となります。 Bangram にはリゾート用の宿泊施設だけがあり、その関係者しかいというある種の無人 島です。 ですから、インターネットどころか電話もないと聞いています。 それぞれが運用する 3島を毎日船が巡回し、集めたログデータをインターネットのある 場所まで届けてログ検索を可能とさせるようです。 では、コール頂けるのを楽しみにしています。 73 de JA3USA --(12月25日)------------------------------------------------------------------------- 12月24日付でバンドプランが発表されました。 3拠点の内 B拠点だけは 80-160M と Digital の モードがありませんが、それ以外は、2拠点共オールバンド/モードで運用されます。 拠点毎に周波数が細分化され、例えば 7,070-7,080 SSB だったら B拠点からの電波、3,500-3,520 CW だと A拠点からの電波と判別が出来ます。 皆さん、同一覧表から充分に攻略の作戦を練って下 さい。 (蛇足ですが、K拠点からの 160M に応答しようと思えば 1.9MHz で QRV しなければなり ませんが、その必要はないでしょう。 なぜなら A拠点にベテランの DK5WL がいますから)。 --(12月23日)------------------------------------------------------------------------- VU7RG チームの主要メンバーである Frank DL4KQ は、VU7RG は正式に30Mの許可を得た、と伝え ています。 ★Subject: [DX-CHAT] VU7 Operation on 30 m From: "Frank DL4KQ" <frankあdl4kq.de> Date: Fri, 22 Dec 2006 14:57:17 +0100 Merry XMAS to all although this gift will be presented in january: VU7RG received official written permit to operate on 30 m ! 73 Frank, DL4KQ http://www.vu7.in --(12月08日)------------------------------------------------------------------------- VU7RG を運営する重要メンバーの一人 Frank DL4KQ からのEメール; インド当局は外国人にも次々と相互免許を与えている。 全15局(1拠点当り5局か)の運営計画を終 えつつある。 インターネット回線が確保され、毎日ログデータをアップする予定。 VU7RG パイロット局の DL1XX、N1DG に加え、もう1人をもう直ぐ発表する。 パイロット局経由で 収集された皆さんからの要望を 3拠点の運用に反映させる。 ★Subject: [DX-NEWS] VU7 Lakshadweep update From: "Frank DL4KQ" <frankあdl4kq.de> Date: Wed, 6 Dec 2006 22:26:44 +0100 VU7RG Lakshadweep Island DXpedition NEWS of December 05th: December 5th another five VU7 permits and 3 reciprocal licenses were granted to foreign Hams by WPC (Gov. of India) for the VU7RG operation. The team is finishing now the last logistics for a full-fledged operation of 15 manned stations. New field tests of our VU7 scouts confirmed that internet access on the islands will allow the team to upload online logs on daily base. VU7RG will make use of Pilot Stations which will receive and forward public observations so that the team can react accordingly in a timely manner. We are glad to have Klaus DL1XX and Don N1DG as proofen pilots, a third one will be announced soon. You now have a comparison from the area we are going to and this gives us the opportunity to benefit from your monitored bandopenings. Hence provide us with your observations so that we can analyze and consider for best service! Please visit our webpage www.vu7.in, get part of the team and provide us with your observations. 73 Frank, DL4KQ (in behalf of VURG and NIAR) --(11月18日)------------------------------------------------------------------------- VU7RG-DXペディション計画は、その日程が当初の2007年01月15日スタートに戻った .. 門外漢の私の当て推量としては、VU7-DX ペディションで一番早い動きを見せた NIAR がインド当局 との交渉結果 2007年01月実行の計画を立てたが、後発の ARSI が矢張り当局との交渉で 2006年12月 実施の確約を得た。 これを見た NIAR は、10月07日記事の如く二番煎じになってしまうと、当局と 再交渉し、2006年12月01日実行開始に変更。 そのまま収まると思われたが ARSI の横槍で、インド 当局が最終的に、先のアンダマン諸島DXペディションでは NIAR が成果を上げているので、今回は ARSI にプライオリティ(Priority 優先権) を与える事にした、のではないかと思うのです。?? ★Subject: 425 DX News #811 * 18 November 2006 VU7 - The Wireless Planning & Coordination Wing of the Indian Ministry of Communications has released the first list of special permissions issued to foreign operators holding Indian amateur radio licences to operate from the Lakshadweep Islands during the NIARS Hamfest and DXpedition (VU7RG). Please note that the 10-day activity has been rescheduled to start on 15 January 2007. Bookmark and visit http://www.vu7.in on a regular basis, as further information will be published there. Also visit the VU7RG blog at http://vu7rg.blogspot.com/ [TNX DL4KQ] --(11月12日)------------------------------------------------------------------------- 3拠点のメンバーの配置に変更があり、概要欄を修正しました。 各拠点のバンド/モードの配分 は未だ決っていません。 --(10月30日)------------------------------------------------------------------------- 暫く本 Webサイトを見ていない間に、3拠点のメンバーの配置が決まっています。 JA の 4人は、 第2サイト/バンガラム(Bangaram) 島で、良くご存知の K4VUD、OH2BH、YT6A 等と一緒です。 此の後の興味は、3拠点におけるバンド/モードの配分ですが、各拠点とも少なくともバンドは ハイバンド・ローバンド織り交ぜて、と云う事になるでしょう。 でなければ、或る拠点がハイバ ンドだけだと、夜間は暇でしようがない。 :-) 結局、バンド/モードの配分が発表されれば、例えば 40M/SSB はどの島だと直ぐ判ると思います。 --(10月21日)------------------------------------------------------------------------- ★Subject: 425 DX News #807 * 21 October 2006 VU7 - According to the information posted on the expedition's website, the VU7RG activity [425DXN 805] is still planned to take place on 1-10 December, along with the International Hamfest. A large multi-national team of about 50 operators will be active from three operating sites located on three different islands (Agatti, Bangaram and Kadmat). There will be three different QSL routes: the German DX Foundation (GDXF) for IARU Region 1, Bob Schenck (N2OO) for IARU Region 2 and the I-House Radio Club for IARU Region 3. Donations are being sought. Read the official press releases from NIAR in the News page at http://www.vu7.in/ --(10月07日)------------------------------------------------------------------------- インドのアマチュア無線の別組織 ARSI が、今年12月に VU7-DX ペディションを実施すると発表。 先に2007年1月の計画を発表していた一方の組織 NIAR が二番煎じになってしまうと心配していたら、 矢張り、これは拙(まず)いと、計画を前倒しして今年12月01〜10日に実行する事になった。 当 NIAR Web サイトをチェックし、上記の通り概要を修正したのでご覧下さい。 VU7RG 運用拠点は3つの島に分かれて互いの電波干渉を受けないように配慮され、バンド/モードも 拠点毎に分けられて、重複電波の発射がないように計画。 効率の良い DXペディ運営を目指してい ます。 インドの両組織による同時期の運用で、何だか ARSI vs NIAR のバトルの様相を呈してきましたが、 VU7 のメインの Kavaratti島を後者が外しているところを見ると、前者は同島に拠点を構える気が します。 去る4月に実施された VU4 ハムフェストは私達にとって初めて経験した超大規模なDXペディション で、30 以上の異なるコールサインが使用されオペレータも 100人程。 (最も多くの VU4AN/VU**** と QSO した JR2KDN は何と延べ QSO 数 147 であった)。 一方、今年末の両組織が主催する VU7-DXペディションも多人数の世界に名だたるオペにより、多分 異なる4つの島を拠点として電波が発射されると云う、二度と遭遇する事がないと思われる DXハム 史上最大規模のものになるでしょう。 私共も此の歴史的貴重なチャンスを大いに楽しみ成果を上げ たいと思います。 ★Subject: 425 DX News #805 * 7 October 2006 VU7 - The NIAR DXpedition to the Lakshadweep Islands (VU7RG), originally planned to take place in January [425DXN 801], has been rescheduled. The new dates are 1-10 December 2006. Bookmark: http://www.vu7.in/ for further information and updates. --(09月15日)------------------------------------------------------------------------- DXペディを主宰する NIAR が VU7 の Web ページを用意しました。 内容的にはこれから充実さ れる部分が多いのですが、運用参加者のリストがアップされており重複の1局を除いて計64局と なっています。 只、インドの局は未だ VU2RBI Bharathi 女史の 1局だけ。 NIAR の VU7 ページにある地図は、私が7月に wikipedia.org から拾って掲載したのと同じもの。 ★Subject: 425 DX News #802 * 16 September 2006 VU7: The official website for the January 2007 Hamfest-DXpedition to the Lakshadweeps [425DXN 801] is now up and running at http://www.vu7.in/ --(09月12日)------------------------------------------------------------------------- Joe DK5WL/VU3RYC から届いたEメールによると、本 DX ペディションに使用されるコールサイン は、唯一 VU7RG のみになると。 約100名が運用する3つの拠点は、それぞれ別の島になるとも。 第1 の拠点は Kavaratti 島であると思われ、残り一つの島が未だ判らない。 コールが一つだけになった事により、VU4-Hamfest 2006 とは私たちの追い掛け方も変わってきて 或る意味では狙いが定め易いでしょうが、前者のように保険 QSO は他局で、と云う訳にはいきま せん。 一方、北米など QSO し難い方面からは QSO のチャンスが増えるので大いに歓迎されるで しょう。 (個人的には、USA からそのような注文が出てきたため、と思っています)。 ★Subject: Re: VU4AN/VU3RYC card ? de JA3AAW From: "Heinz-Josef Pick" <See QRZ.com> Date: Tue, 12 Sep 2006 11:43:15 +0200 Hello Yosi, // snip // There will be only one call from VU7: VU7RG, but there will be 3 teams on 3 different islands. I will be on Kadmat Island. 73, see you in January on many bands/modes! Joe DK5WL --(09月08,10日)---------------------------------------------------------------------- インドのレアーエンティティへの DXペディを主宰する NIAR の発表によると; 2007年1月にラクシャディープ諸島 DX ペディションを計画しており、約70名の海外オペと30名の インド人オペが 1月12日頃にインド Kochin (Cochin)港から船で同諸島へ行く予定。 元インド首 相の Rajiv Gandhi, VU2RG を記念して VU7RG のコールを要求している。 良く整備された3つの拠点で 1月15〜25日の間 VU2MY、DL4KQ、JR3MVF、OH2BH、W0GJ、VU2MYH が 中心になって、此のイベントを運営/運用する。 (VU2RG ラジブ・ガンジー元インド首相は 1991年にテロにより殺される)。 本 DX ペディションに使用されるコールサインは、 唯一 VU7RG のみになるのか、VU4AN の時の ように、個別のコールサインが付加されるのかは定かではありません。 (参加オペの多くは後者 を希望するでしょうが。 もっとも、両者の組み合わせも考えられます)。 それから、VU4 では 160M で最もアクティブだった Joe DK5WL/VU3RYC が VU7 でも同バンドに注 力します。 ★Subject: 425 DX News #801 * 09 September 2006 >>> LAKSHADWEEP ISLANDS 2007 <<< The National Institute of Amateur Radio (NIAR) has announced that the Lakshadweep Isl. (VU7), the #2 Most Wanted DXCC Entity, will be activated in January 2007. Approximately 70 multinational and 30 Indian operators are expected to travel from Kochin, India, by boat to Lakshadweep on or about 12 January. Plans are to operate as VU7RG (requested call, in memory of the late Rajiv Gandhi, VU2RG, former Prime Minister of India) on 15-25 January from three "excellent equipped and well organized sites". An International Advisory Committe (IAC) is constituted under the chairmanship of Mr. S. Suri, VU2MY to organise the event successfully. A Sub-Committee - including Frank Rosenkranz/DL4KQ (Chairman), Kyoko Miyoshi/JR3MVF, Martti Laine/OH2BH and Glenn Johnson/W0GJ (members) and S. Ram Mohan/VU2MYH (convenor) - will deal with requirements/ coordination of all international participants in the operations. Further information will be released exclusively by NIAR (www.niar.org). [TNX DL4KQ] --(07月10日)------------------------------------------------------------------------- これまでにも、NIAR は近い将来の VU7-DX ペディションの可能性を伝えていたが、VU4AN-2006 の最大運用グループ(10局) のリーダーだった Frank DL4KQ/VU3FRK によると、OPDX ブリテンが 流した 2007年初めのラクシャディープ諸島 DX ペディ計画は、ドイツハムラジオで NIAR によっ て発表された公然の秘密である。 NIAR による此の準備がスタートしたのは確かである。 正確な 運用時期、コールサイン、モード、機器、運用可能な者等は NIAR が占有的に計画するだろう。 (ラクシャディープ諸島は以前ラッカディブ/Laccadive諸島と呼ばれていた所で、VU5 が使われた 事もある)。
  コール:    	VU7** 
  運用期間:    	2007年01月15日〜01月25日 (予定) 
  Operators:   	VU2RBI, DL4KQ 他  計 **名 
  バンド他:    	All HF Bands   * CW, SSB 
  * QTH:       	Kavaratti (仮定), Lakshadweep islands 
               	10゚34'N / 072゚38'E 
  * JA1→VU7:  	方位= 265゚(S.P)     距離= 7,300Km 
VU7_map-s.gif 5KB
  * Sun-:      	Date     Rise   Set 
               	Jan-15   0132z  1306z 
               	Jan-20   0132   1308 
               	Jan-25   0133   1311 
  * DL4KQ site:	http://www.dl4kq.de/http://www.dx-pedition.de/ 
  * QSL via:   	****
	(Lakshadweep 諸島については http://en.wikipedia.org/wiki/Lakshadweep を一部参考にした)
★Subject: Ohio/Penn DX Bulletin #766 * July 10 2006 VU7, LAKSHADWEEP ISLANDS. There has been a report that David, K3LP, is planning to be active from here as VU7/VU3RWO between January 15-25th. Activity will be mainly CW and SSB, with limited RTTY. He will use 2 SteppIR beams with 2 amps. No other details were provided. Stay tuned! ★Subject: Re: [DX-NEWS] Ohio/Penn DX Bulletin #766 - VU7 report From: "Frank DL4KQ" <frankあdl4kq.de> Date: Sun, 9 Jul 2006 23:45:35 +0200 Excerpt of the just spread Ohio/Penn DX Bulletin #776: VU7, LAKSHADWEEP ISLANDS. There has been a report that David, K3LP, is planning to be // snip // provided. Stay tuned! FYI: It is correct that the National Institute of Amateur Radio started with first prepara- tions regarding a VU7 dxpedition. This is an open secret since a NIAR announcement has been made at Hamradio Germany. Any details regarding exact dates, calls, modes, equipments, possible operators or whatever will be an exclusive right by NIAR. 73 Frank, DL4KQ

VU7_map.gif 20KB http://en.wikipedia.org/wiki/Lakshadweep より lakmap-5.gif 18KB http://lakshadweep.nic.in/lakmap.html より VU7LD-2006 へ
  運用期間: 2006年12月01日〜12月27日

      JA3AAW   copyright© 2006-2007