My Home   What's New  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

CY0MM-2002 * Sable Island
概 要
コール:		CY0MM, CY0/N1NK.  
運用期間:   	(2002/11/15-11/25)  → 2002/11/15-11/29 
バンド他:   	6-160M  *  CW, SSB, RTTY

メンバー:   	George/VE3NZ,  Nick/VE3EY,  Lali/VE3NE + Jim/N1NK 
QTH:		Sable Island  *  43.56'N / 60.01'W 
		(ノバスコシア州のハリファックス(Halifax)市から東南東 300Kmの所にあり)
JA1→CY0:		方位= 14°(SP),     距離= 10,900Km 

日の出/日没:	Date       Rise    Set 
		Nov-15     10:58z  20:31z 
		Nov-20     11:05   20:27 
		Nov-25     11:11   20:23 
通信可能バンド:	12-80M 

QSL via VE3NE:	Lajos Laki,  53 Widdicombe Hill Blvd., Suite 101, 
		Torronto, Ont. M9R 1Y3, Canada.

Web-Site:		http://www.dipole.com 
 ログ検索:  	http://dx.fireroute.com/cy0mm/ (DXペディ中にデータを日々更新) 

cy0mm_transport.jpg 27Kb
4名のオペレータ達 * VE3NZ, VE3NE, VE3EY, N1NK http://dx.fireroute.com/cy0mm/pictures.html の写真集のワンカット

最新 情報
 ●Date: 2002/08/17 → 11/30 ●Subject: CY0MM * Sable isl.  * Nov-2002
--(11月30日)------------------------------------------------------------------------- 11月29日 12:28Z の QSOを最後に 14日間に渡る運用を終了しました。 49,500 QSOs はセーブル島 へのDXペディでは過去最大の成果だったと思われ、迅速なオンラインログにより私共はその結果を 直ぐ知る事が出来、保険QSOをも抑えることができました。 運用時期から見て 15/17/20/30/40M では期待した成果が上がったと思われますが、予想通り10M は 駄目で、80Mはラブコールが不十分だったのか JAの開ける時間帯の運用があまりなかったと。 何れにしてもたった4名のオペで5万局近い実績は大成功でチームメンバーには多謝。 ★CY0MM Log ページから Log QSO count: 約1日当りのQSO 49,511 = Last QSO on Nov 29, 2002 12:28 GMT 525 48,986 contact as of Nov 29, 2002 00:15 GMT 2,646 46,340 contact as of Nov 28, 2002 00:19 GMT 4,435/2 41,905 contact as of Nov 26, 2002 01:14 GMT 3,167 38,738 contact as of Nov 25, 2002 03:00 GMT 6,505 32,233 contact as of Nov 24, 2002 01:45 GMT 1,550 30,683 contact as of Nov 22, 2002 23:30 GMT 4,745 25,938 contact as of Nov 21, 2002 23:50 GMT 4,125 21,813 contact as of Nov 21, 2002 01:11 GMT 5,079 16,734 contact as of Nov 19, 2002 23:30 GMT 3,165 13,569 contact as of Nov 19, 2002 00:48 GMT 4,600 8,969 contact as of Nov 17, 2002 23:02 GMT 5,158 3,811 contact as of Nov 16, 2002 22:42 GMT 3,811 (as of: の時点で) --(11月29日)------------------------------------------------------------------------- 現地の CY0MM メンバーの VE3EY から初めてのEメールが海外のリフレクターに上げられました。 矢張り天候の関係で現地滞在を余儀なくされているようです。 (QSO 出来た人にはラッキー)。 25日にビームアンテナの撤収後、複数のバーチカルで運用中で、JR2BJE 田原さんから頂いた情報 では、27日朝 7時前に 24 CW で弱い信号を受信、ご本人を含め JAが 4局程だけ QSO、CQ を連発 の後いなくなったと。 天候が回復しハリファックス市から船が到着し次第、彼等は帰途につきます。 此のページの 最下段の URLからリンクされている気象関係ホームページを見ると日本と同様に天気が西から 東へ移動している様子がはっきり判ります。 ★Subject: Re: [DX-NEWS] CY0MM From: <ve3ey@rac.ca> Date: Thu, 28 Nov 2002 20:14:34 -0500 * 着信 29 Nov 2002 10:18:30JST Hi Ron. We are still on the island as of Nov 29th, 00:00 Z. In past few days, weather here on Sable was OK but not OK in Halifax. Last night, here on Sable, we had fairly large storm and rain. Waves from the ocean flooded the sand beach making it unsuitable for landing. We will see tomorrow morning if things will improve. In a meantime we have couple of verticals to work with. Beams are all packed in the boxes since Monday. Regards, Nick VE3EY Ron Notarius WN3VAW writes: >Anyone hear from the CY0MM team how much longer they're going to be on the island? >I know their transportation yesterday got cancelled, and either it was also cancelled >or otherwise not available today, or there was a REALLY good faker on 17 this >afternoon. >73, ron wn3vaw --(11月27,28日)---------------------------------------------------------------------- 今日 27日もなお CY0MM の運用が続いているが、本チームの当初の「Nov-15 to Nov-25」以来、運用 期間の変更がアナウンスされていない。 日々 Webサイトでログが更新されているので、延長を伝えて 貰えれば、待機している方々はそれなりに対応も出来るでしょうに..(11/27) その後 WN3VAW がチームと話した情報によると、離島の準備は大体出来ているが簡単なバーチカル を再設置して 10,12,15,40M などで暫く運用を続けると。 (延長は気象/船の都合によるのか?) 何れにしても JAからはもう無理と思われます。(11/27) 28日も依然継続して運用。 幸いな事に JAから多くのリポートが上がっていますが、果たして簡易な アンテナで JA局をちゃんと拾ってくれているのでしょうか? (11/28) --(11月26日)------------------------------------------------------------------------- CY0MM は今日 26日も運用中で11月11日付 OPDX ブリテンの情報は正しかった。 ですから取りこぼしのある方は、未だ一路の望みが残ってるかも。 --(11月23日)------------------------------------------------------------------------- 私は 21日夜 QRM の中やっとの思いで 40M のバンドニューが出来たと22日午後にデータを記入し ようとしたが、何と 30M の間違い。 24-25日は QRV 出来ないので急い で9月12日にEメールを くれた Lali VE3NE に時間が取れれば是非 30M に出てほしいと依頼した。 返事はなかったが、今朝起きてパケクラを見ると 30M にリポートあり。 即ワッチを開始、良く 聞こえていたが、10116kHz から直ぐいなくなった。 何としてでもと 30Mでダイアルを彼方此方 廻した。 と、さっきよりかなり信号が弱いが 10114kHzで W局とQSO中。その直後コールすると QRZが返ってきて、2回程繰り返し呼んでやっと取ってくれた。 (11/16夜の時はワッチ出来ず)。 --(11月22日)------------------------------------------------------------------------- 今日までに JA局が QSO出来たのは 15/17/20/30/40M(又 20Mで多くが RTTYのニューを得た)だろう と思いますが、JAの朝に QRVが極めて少ない 10/12M は果たして JAでゲット出来たのでしょうか。 昨夜 19時台には 40M で良好な信号が JA に届いていたが、心無い者の妨害で貴重なチャンスが 台無しに。 それでも私は QRMの中タイミング良く19:52時にQSO。 再度ワッチした 20:25時頃は QRMもなく多くの JA局が QSO。 22日夜も 40M の信号が強く多数の JA局がゲット。 ★CY0MM Log ページから Log QSO count: 約1日当りのQSO 25,938 contact as of Nov 21, 2002 23:50 GMT 4,125 (as of: の時点で) / / / / 3,811 contact as of Nov 16, 2002 22:42 GMT 3,811 --(11月17日-2)----------------------------------------------------------------------- 複数の W局が海外の Mailing List (Reflector) で11月16日に QSOしたにも拘らず "15Nov2002" で ログに上がっている、と述べています。 何れにしても QSL の発行までには訂正されるでしょうから、 請求前に再確認されると良いと思います。 --(11月17日-1)----------------------------------------------------------------------- その後、本命のCY0MM のコールで運用。 JAからは 30M CW, 15M CW 等のリポートが上がっており、 既にログ検索が可能です。 ログ検索ページから(Nov-17 11:20jst): Log QSO count: 3811 contact as of Nov 16, 2002 22:42 GMT --(11月16日)------------------------------------------------------------------------- 本ペディは予定通り15日から運用を開始、先ずリポートに上がったコールは CY0/N1NK で Nov-15 20:49z 21295kHz SSB。 --(11月13日)------------------------------------------------------------------------- 本チームの Webサイトを見ると、水曜日(13日)に出発し金曜日(15日)には電波を出せるはず、と 書かれています.(これは計画通り)。 又チームは資金調達のためと思いますが各種の CDをリリー スします。 QSLの請求時に購入してほしいと.(単価 $10)。 --(11月11日)------------------------------------------------------------------------- 下記 OPDX ブリテンは別段目新しいものはありませんが、運用終了日が11月25日から26日に変更 されています。又ここではメンバーは3人ですが、Webページは4人で25日迄となっています。 ★Subject: [DX-NEWS] Ohio/Penn DX Bulletin #586 * November 11, 2002 CY0, SABLE ISLAND. Activity from here will start November 15th and last until the 26th. Operators George/VE3NZ, Nick/VE3EY and Lali/VE3NE will sign CY0MM. Activity will be on HF bands and 6 meters CW/SSB/RTTY, and include an entry in the CQWW DX CW Contest. Their Web pages (with an on-line log) can be found at: http://www.dipole.com on-line log --> http://dx.fireroute.com/cy0mm --(11月09日)------------------------------------------------------------------------- N2ATF 小林さんから JA3MZB 池木さんに届いたEメールによりますと、「CY0MMの DX Ped は予定 どうり 11月/15日-11月/25日に決行される予定です。 1KWの電力と3エレのヤギですから普通の Condexであれば交信は可能だと考えられます」との事。 今日、本チームの Webサイトを見ると数日前にはなかったログ検索のリンク(URL)が書かれています。 今となれば DXペディの決行は先ず間違いないでしょう。 --(10月24日)------------------------------------------------------------------------- 今日の彼等の Webページを見ると、参加予定者の内、Nick VE3EY が今週末の CQWWDX にゾーン2 から VE3EY/2 のコールで参加するそうです。 一方 本DXペディにはもう一人 経験豊富なJim N1NK が加わる予定だそうですが、DXペディ実行のため皆さんからの支援を募っていまして、本ペディの 実施を決定したとは、未だ云っていません。 --(09月12日)------------------------------------------------------------------------- 何処で知ったのか VE3NEから私宛に下記Eメールが来て、「本DXペディを実行するには是非多くの DXサーの方々からの寄付が頼り」と云ってきました。 彼のHP/ホームページでも要請を致しており Donator のコールを HP及び CY0MMの QSLカードに掲載いたします。 本計画のメンバーは過去 CY9R, CY0DX, VY1の DXペディを行った経験者たちで 主催者の VE3NE は DXCCオナーロール 329/359 のベテラン。 世界中に向けて年間を通してベストのシーズンを寒い時期に選んだ、また第23 太陽活動最盛期の 最後のチャンスとも云っています。 充分通信可能なバンドは 15-40Mですが、ミックスニューの方には、相手がビームアンテナを使う 15, 17, 20M が狙いのバンド。 勿論リニアーアンプを持参。 ★Date: Wed, 11 Sep 2002 12:38:20 -0400 From: "CY0MM" <CY0MM@dipole.com> To: <ja3aaw@***net.ne.jp> Subject: FWD: CY0MM DX-pedition NDXA ← 1972年創立 JARL登録クラブの "奈良DX Association" (「なんちゃってDX愛好会」でない) __________ George Balint, VE3NZ Nick Lekic, VE3EY Lajos Laki, VE3NE Sable Island DX-pedition 15 - 24 November, 2002 September 4, 2002 Re: Application for DX-expedition support Gentlemen, Dear HAM friends, The demand to activate Amateur radio from Sable Island was increasing steadily in the past years and therefore it is our pleasure to announce a plan to put CY0 into many HAM's LOG book including 6m, RTTY and low bands. Most probably this year will be the last one of the 23rd Solar Cycle when large number of contacts can be made specially on the higher bands. Due to our experience in DX-pedition (CY0DX, CY9R, 3A2, VY1) we are well aware of that this plan would be possible to execute only with the support of HAMs, amateur radio organizations and related businesses. Sable Island is one of the most remote Canadian islands, and it is infamous of its difficult access by sea, due to the surrounding shallow waters, that have been proven deadly for many navigators during past centuries. Presently the only Canadian Coastguard approved safe transportation to the is- land is a dedicated charter flight, with specially equipped airplane, since the island does not have any man made airstrip. However this flight is expen- sive, as well as accommodation and associated costs are very high on Sable Island. George and myself made the trip in 1997 bearing all our costs, but since than prices went up considerably. This time we would like to raise funds to cover the costs. Success of this DX-pedition is depends upon Organizations like yours. We hope your members will appreciate the involvement and will enjoy chasing this rare DXCC country throughout the bands. Any assistance your Organization can offer, no matter how modest will be greatly appreciated. Your donation will be acknowledged on the QSL card, on the InterNet site and in printed media. Thank you for your time and effort. Your prompt attention and notification would be greatly appreciated. Lajos Laki, VE3NE Organizer Official site: http://www.dipole.com E-mail: cy0mm@dipole.com --(08月17日)------------------------------------------------------------------------- カナダのグループが、寄付を十分募る事が出来れば11月中下旬にセーブル島へDXペディを実施する と云っています。 この時期なればローバンドを含め大いに期待が出来ます。 ★Subject: 425 DX News #589 * 17 August 2002 より CY0 - The Daily DX reports that George/VE3NZ, Nick/VE3EY and Lali/VE3NE are planning an operation (HF and 6 metres CW, SSB and RTTY) from Sable Island (CY0MM) between 15 and 26 November, CQ WW CW DX Contest included. The DXpedition will take place only if the group can raise enough funds by 15 October. They have a web page at http://www.dipole.com

      上記のホームページをご覧になれば、詳しいセーブル島の状況を知る事が出来ます。 幅が最大でも1.3Km、全長50Km以上の完全な弓状の島で、宇宙写真の説明から 2つの灯台/Lighthouse や測候所/Weather station がある事が判ります。(09/12)

 JA3AAW copyright© 2002