My Home   What's New  自局のご紹介  My QTH   DX QSL 

KH5K-2000 INFO 英語 KH5K-2000 DXペディション http://www.qsl.net/krpdxg

今秋10月に「Kingman Reef and Palmyra Atoll 2000」と銘打って KH5K と KH5 にDXペディ
ションが行われるのに伴い暫定的にページを開設致しました。
(2000/08/14)

( 但し、ペディ・チームによる KH5/Palmyra Atoll からのQRVが怪しくなってきました。
 でも KH6ND/KH5 がチームと合流するまでパルマイラに留まる予定です。

  →
2000/10/05 * チームによるパルマイラからのQRVは計画に入っていません )。

私はJAのパイロット局ですから、同DXペディに関する事なら何なりと、 私宛 にご連絡ください。

Don Greenbaum, N1DG による当DXペディションのWebサイト
此のページの右上端のhttp://www.qsl.net/krpdxgボタンを押してご覧下さい。

左上端のKH5K-2000 INFOボタンは KH5K-2000 最新情報の英語版です。
本ペディションのアウトライン(要約) もあります。

運用時期: (現地時間)
開始日=10月21日
終了日=10月31日
6〜160M(10バンド)  CW/SSB/RTTY

ログサーチ が可能です

k5k01b.jpg 29KB
The K5K team * all members


 ●Date: 2000/09 - 2000/11  ●Subject: KH5K-2000 DXペディション
募金ご協力のお願い
皆さんご存知の通り来る10月中旬に標記のDXペディションが行われますが、本DXペディの 実施には5万ドル以上の輸送費用が掛かり、実行チームは各方面に対し資金援助を募っていますが 、 私の方にもチームリーダーの Garry NI6T からJAの個人、団体に対する募金要請のメールが参って おります。 そこで皆さんにご協力のご検討をお願いする次第です。 本件に関するご連絡は、私か Co-leader の Tom N4XP にして頂きたく存じます。 N4XP= Tom Harrell, 2011 New High Shoals Rd., Watkinsville, GA 30677, USA. E-mail= "Harrell, Tom, N4XP" <n4xpあjuno.com> 私の方に送金下さる場合は、郵便貯金通帳から郵便貯金通帳への振り込みが最も手数料が安いと 思います。 \70.位? (私の口座番号は個別にご連絡します)。 私はチームの N4XP (Co-leader で会計担当)に、寄付金額、氏名、コール、住所、E-mail アドレス をリストにして送金します。 (第1回目は 10月04日に済み。 第2回目は 11月08日に済み)。 寄付者はQSL請求時に JA3AAW を通じて xxドル寄付したと書かれると良いと思います。 以上宜しくお願い致します。 73, de Yosi JA3AAW 吉田武史 <ja3aawあ***net.ne.jp> <ja3aawあ*a*l.com> ★寄付して頂いた方々には特別にEメールで情報を提供致しております。 --- Co-Leader の Garry, NI6T から来たEメール ----------------------- Date: Wed, 30 Aug 2000 00:13:02 -0700 From: Garry & Yelena <ni6tあintuitive.com> To: "Yoshida, Takeshi, JA3AAW" <ja3aawあ***net.ne.jp> CC: "Harrell, Tom, N4XP" <n4xpあjuno.com> Subject: JA fundraising Yosi: Tom and I would very much appreciate your help to obtain contributions from JA DX organizations to support our DXpedition. Until now we have put most of our effort into approaching the usual American and European funding sources ---NCDXF, INDEXA, EUDXF, RSGB, GDXF, GMDXF, and so on--- and also various American and European clubs. We have concentrated on American organzations because this is an American-organized expedition to an American island, and on Europe because Europe will be the major beneficiary of this expedition---most wanted in Europe.. However, we also very much need support from Japan. JA operators on 6m, WARCS, RTTY and lowbands will be very interested in our DXpedition.We think it would be most effective for our JA operator and JA pilot to lead this effort. Some of the Japanese organizations that should be asked are: Down Town DX Association c/o Isao Numaguchi, JH1ROJ JA0 DX Gang, c/o JA0AWF Japan Northern Tochigi DX Club c/o Hide Aimono Southern Kyushu DX Club (NXDXC) Shizuoka DX Radio Association c/o Yasutaka Yamada, JA8EAT 73, Garry, NI6T ★2000/09/01付の 関連記事↓ もご覧下さい。


 ●Date: 2001/02/05 → 08/30  ●Subject: K5K, KH6ND/KH5, T32R - QSLカードについて
--- (08月30日) ---------------------------------------------------------------------------- ◆2000 年に運用された [K5K, KH6ND/KH5, T32R] の QSL マネージャである Tom K4TSJ (Also N4XP, co-leader of K5K team) は下記の通り、SASE等を同封して直接請求のあった分は、全てカードを発行 したそうです。 とっくの以前にカード請求した方で、今日から1週間強待っても届かない方は、手紙で再請求せずに、 先ずEメールで Tom Harrell <n4xpあjuno.com> に状況を書いて問合わせて下さい。 主に彼一人がカード発行を手がけており、随分日数が掛かったのですが、過月、病気で入院し退院した あと、脳内出血で緊急再入院し手術を受けたと云われていますので、問合わせ時にはお見舞いの言葉を 差し上げて下さい。 ★ From: n4xpあjuno.com Date: Wed, 29 Aug 2001 20:35:20 -0400 Subject: QSLs for Kingman Reef etc All QSLs for K5K, KH6ND/KH5 and T32R that were received direct with SASE etc have now been answered. The backlog that once totaled an estimated 30,000 SASEs is now zero. Cards received are now answered the same day. Bureau requests will start in the near future. The logging program shows 80,857 total QSOs and 38,907 QSOs confirmed. Looks like we are about half way. Any station having a QSL problem with any of the above, send an Email inquiry to N4XPあjuno.com, who will research the problem. DO NOT RESEND, ask first. --- (03月11日) ---------------------------------------------------------------------------- ◆QSL Manager の Tom K4TSJ (=N4XP) によると 「3月10日から K5K (Kingman Reef 2000) QSL Card の発送を始めた」。 日々発送して行くそうです。どの程度の量をまとめるのかは分かりません。 From: Tom K4TSJ To: dx2000あipager.com Date: Sun, 11 Mar 2001 01:49:43 -0500 Subject: QSLs For everyone's info, I started mailing QSLs yesterday. If all goes well, I will be mailing a batch daily (don't ask me to define the number in a batch, it will depend on time available to process). For those who ask you about the Honor Roll submission date, I realize its the end of thios month but I am not able to look through the boxes for specific cards. 73 Tom --- (03月04日) ---------------------------------------------------------------------------- ◆KRPDXG (The Kingman Reef/Palmyra DX Group) 関係の K5K, T32R, KH6ND/KH5 - QSL 発行については、QSL Manager の Tom K4TSJ (also N4XP) によると: KH6ND/KH5 既に昨年から発行中 T32R 請求のあった分は全て発行済み (今年 2月中に?) K5K 1−2週間後から発行の予定 (追って公表される) K5K QSL card は既にサンプルを貰っていますが、2つ折りの FB なもの。 xx,000枚印刷した由で、これと KH6ND/KH5 card がなくなれば、 余っている T32R card にログ・ラベルを張って流用するするそうです。 --- (02月05日) ---------------------------------------------------------------------------- ◆KRPDXG (The Kingman Reef and Palmyra DX Group) 関係の K5K-KH6ND/KH5-T32R の QSLカード・プロセス状況、その他について、Co-leader の Tom N4XP(also K4TSJ) からの Eメール: K5Ks_QSL.txt (3KB) All QSLs via K4TSJ: Dudley's DXers of NE Georgia K4TSJ, 2011 New High Shoals Rd., Watkinsville, GA 30677, USA.
 ●Date: 2000/11/11 → 12/01  ●Subject: KH5K-2000 DXペディションの終結
★チーム関係者からの [K5K Information] (英語) は: 此のページの左上端の KH5K-2000 InfoKH5K-2000 INFOボタンを押してご覧下さい。 ――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◆K5KのQSO実績 from Ann WA1S (最下段の Total は私が計算して付け加えたものです) K5K - DXpedition Continent Statistics 2000/10/22 - 2000/10/31 Band 160 80 40 30 20 17 15 12 10 6M ALL % CW North America 709 959 2335 1952 2153 1630 2393 1839 2207 71 16248 20.1 South America 4 18 63 63 111 60 129 46 70 0 564 0.7 Europe 0 105 495 1268 2779 1532 1326 173 329 0 8007 9.9 Asia 280 435 1828 1772 1373 1457 2270 1212 1264 561 12452 15.4 Africa 1 5 13 19 23 13 13 5 6 0 98 0.1 Oceania 28 23 79 77 65 61 98 37 41 11 520 0.6 37889 100 SSB North America 1 1150 1199 0 4836 2092 4605 2088 4982 114 21067 26.1 South America 0 31 53 0 270 73 208 72 257 0 964 1.2 Europe 0 19 90 0 3271 1330 2102 509 482 0 7803 9.7 Asia 0 202 857 0 1886 1571 2593 1115 1874 230 10328 12.8 Africa 0 0 8 0 65 19 49 11 27 0 179 0.2 Oceania 0 64 102 0 327 159 292 101 205 10 1260 1.6 41601 100 RTTY North America 0 0 0 0 51 0 218 0 199 0 468 0.6 South America 0 0 0 0 3 0 3 0 8 0 14 0.0 Europe 0 0 0 0 178 0 81 0 0 0 259 0.3 Asia 0 0 0 0 93 0 394 0 103 0 590 0.7 Africa 0 0 0 0 0 0 1 0 2 0 3 0.0 Oceania 0 0 0 0 3 0 8 0 5 0 16 0.0 1350 100 Total 1023 3011 7122 5151 17487 9997 16783 7208 12061 997 80840 100% --- (11月14日) ---------------------------------------------------------------------------- ◆私はJA局の全QSOログデータをデータベースに取り込みました。 (此の項、未完)
全JA局のQSO概要 Band QSOs CW SSB RTTY ------------------------------------------- 6M - - - - - - (一旦削除、後日再掲予定) 160M - - - - ------------------------------------------- T/L = - - - -
注] DXペディ終了直後のログデータに一部ミスあったので、一旦作成した Summary を 削除します。(これはチームからの要請で、修正分を貰った時に改めて掲載予定です)。 従って、下記のコメントは初期のログデータによるものでそれを承知の上で見て下さい。 或いはこれも取り消すべきとも思いますが、誤差は1%より低いと私は判断しました。 データの一部を分析して見てオペの1人 JH7OHF小野さんがペディ出発前に話した「JA局とは 15000-20000 QSOが目標」 は、K5Kチームが頑張ったお陰で完全に突破しました。6MはK5Kの全QSO中、JAがなんと88%も占めている。これは6Mマン小野さん の努力そのもの。(WではDave N5JHV がわざわざ 6M-Pilotになっていたし、ひょっとしたら W局からの風当たりが強いかも..)。 ・RTTY はK5Kの全QSO中、JAが43%を占めている。これは皆さんからの要望を 私がチーフパイロット K6GNX と小野さんへ投げかけたからか知りませんが..。 だが残念なのは、K5Kから、全バンドの中で1QSOのみ(1度QSOしたら他のバンド でしないよう)の強い要請があったにも拘わらず、JAの102局が2QSO以上している事。 中には 10/15M だけで4QSOしてるのがいる。そのご仁は 10M-SSB だけでも4回QSO している。皆さんはこれをどう見ますか。 ・ついでにもう一つ、1局のK5Kとの最高QSO数は28。その某局は 6-40MでQSO しているのでの、全8バンドで全モードQSOしたとしても計18となる。つまり残り10の 全てが重複QSOと云う事になる。 --- (11月12日) ---------------------------------------------------------------------------- ◆公式Webサイトの ログサーチ が可能です。 --- (11月11日) ---------------------------------------------------------------------------- ◆チームリーダーの Garry NI6T からの 11月10日付Eメールは [KH5K-2000 Info] ページを ご覧下さい。 11月11日 DX の Reflector (Mailing List) から、或るホームページでK5Kのオンライン ログ検索が出来るとのEメールが流されました。 チームが公式に認めたものではないので敢えてそのURLは此処ではご紹介しません。
 ●Date: 2000/11/14  ●Subject: KH6ND/KH5 は全日程終了
Mike KH6ND をK5Kチームが Pick up してKリーフへ運ぶ時点でパルマイラの運用が終わった と云われていたのが、ペディ終了後再度同島に戻り時々QRVしていたが11月12日を最後に 数ヶ月に及ぶ運用を終えました。オールハンド(6-16M)でアクティブにQRV、ニューをものに した人も多かったと思います。6Mでも活躍し、KH5 と KH5Kの両方を獲得したJAも数多くいま した 。只 KH5の RTTYは極く少数に終わりました。 KH6ND/KH5 & K5K's QSL via K4TSJ.
 ●Date: 2000/10/28 → 11/07  ●Subject: KH5K-2000 * K5Kの運用が終了 帰途へ!
--- (11月07日) ---------------------------------------------------------------------------- Don N1DG のインフォから: K5Kの合計QSO数=約 80,600 内Europe: 20% (15,827 QSOs) CW: 49.0% 160: 9,407 QSOs (?? de ja3aaw) SSB: 49.4% 6M: 899 RTTY: 1.6% RTTY: 1,333 ★ログに関しては、数日中に受け取り、オンラインログが出来るようになれば知らせると。 (此の件は、通知され次第、私の方から各MLに流す予定です)。 (From NI6T's e-mail on 10/Nov/2000, T/L= 80,841 QSOs, 160M: 936, RTTY: 1322) --- (11月05日) ---------------------------------------------------------------------------- クリスマス島まで戻ってきたメンバーはT32Rで短時間QRV。 See [kh5k-e.html] From DX-Summit Cluster: WV4X 21310.0 T32R Ann On Christmas Island 0110 05-Nov K6GXO 21310.0 T32R 0305 05-Nov KI4RO 18145.0 T32R simplex 0323 05-Nov JI0DGG 14195.0 T32R 0522 05-Nov K6GNX 3795.0 T32R CW] 0557 05-Nov --- (11月03日) ---------------------------------------------------------------------------- 今回のDXペディは既に終わり、皆さんの関心は何時ログサーチが出来るのかと云った程度 かと思います。 QRTしたチームのその後の動向は今日届いた K6GNX からのEメールを [KH5K-2000 INFO] ページでご覧下さい。 Mike KH6ND をパルマイラに降ろし帆船はクリスマス島に向かって います。 --- (11月01日) ---------------------------------------------------------------------------- ★K5Kは10月31日18:40ZにQRTしました。 メンバーは帰途 T32Rで短時間QRV の予定。 --- (10月31日) ---------------------------------------------------------------------------- ★K5Kは31日16:00ZにQRTする予定 昨30日にお伝えした情報は Bill K6GNX のものでしたが、その2時間半前の Don N1DC の方がより確かな情報だったようです。 その Don の今日のEメールから: (内容は [KH5K-2000 Info] ページをご覧に) ・10月31日 04:00Z に 10, 12, 17M のアンテナを降ろす。 ・最後の約12時間は: 15/20/40/80Mで4局が運用する。 ・10月31日 16:00Z にQRTする。 (注、上記文章は全て動詞の前に will が入っています。) --- (10月30日) ---------------------------------------------------------------------------- 最新情報では、チームは(成果が充分上がったのか)時期を早め日本時間31日朝にはQRT する予定です。 これからは 10-80M のQRV。 帰りに Mike KH6ND をパルマイラに降ろすそうで、長期間に渡る彼の同島からの運用は もう既に終わったはずだったんですが。 もし彼が再開するのだったら RTTY, 15M-SSB を 宜しくと K6GNX に伝えました。 往路と同様に帰路メンバーはT32Rで短時間QRVの 予定です。 チームは29日夜JST 短時間 10/15/20M等で CQ DX WW Phone Contest に参加しました。 --- (10月28日) ---------------------------------------------------------------------------- 現時点では、今回のK5Kの運用は現地時間の30日中までの模様です。 (日本時間の31日夜中)。 撤収作業は31日の昼間。 Subject: update 0630Z 28-OCT (K6GNX) They are going to try to keep operating until the last possible minute to get as many people in the log books as they can. They are planning to keep operating until Monday and leave Tuesday which will give them about 1 day cushion to get back to Christmas Island on time. 80と160Mは、再び同時運用へ。 Kリーフと日本の時差= −19:00 (UTC-10:00) *ハワイ時間を採用* 日本時間−19時間になりますが、計算が面倒なので、 1日前の 日本時間+5時間です。 日の出/日没: 29-Oct= 16:36z/04:31z.
 ●Date: 2000/10/21 → 10/27  ●Subject: KH5K-2000 * Kリーフ到着、 運用開始!
★チームからの要請ほか: QSO数は前日の 35,000 から 44,000 へ。 RTTY は1QSOに止(とど)めて他のバンドでもQSOする事のないよう。 15M-RTTY は 明日の 06-09Z はEU向けで。 アンテナの関係から80M と 160M は今までのように同時運用を しない。 明日は 20M-SSBは 14,245kHzで。 [KH5K-2000 Info] ページ(英語)をご参照下さい。 ★Subject: Re: K5K on RTTY & 160M (関係の皆さんに BCC: で配信) At 00:10 2000/10/27 +0900, JA3AAW wrote: >JH7OHF小野さんと 14 SSBで 26日 23:20時頃に極く短時間話をしました。 > >◆RTTY は今日(26日JST)から出ている。毎日QRVするはず。バンドは10/15/20M。 >オペは NI6Tと AA7A。 >(昨日14時頃の 14 RTTYには言及せず。 K6GNXには尋ねていますが)。 >◆160M 今後もJAとQSOする。 >以上、手短に。 お早うございます。 今朝(27日06時22分JST発)の Pilot * K6GNX からのEメール ------------------------------------------------------------------------------------------- Date: Thu, 26-Oct-2000 21:22:39z From: DRBILL To: Takeshi Yoshida , k6gnx Subject: Re: K5K on RTTY Dear Yosi san, I think that they will be only one band at a time on RTTY. Garry said that the 160 run to JA pretty well cleaned out the pileup. I will mention JA RTTY this evening. // snip // RTTYの2バンド同時運用はないようです。 --- (10月26日) ---------------------------------------------------------------------------- ★RTTY のニーズは結構高いかと思いますが、今朝から 15 & 10M でのスタートです(昨日極く 短時間出たのかも知れませんが)。 今日を含めてあと丸5日は有ると思いますので初日にJA を向かなかったとしても焦らないで下さい。(出来れば2日様子を見ていただきたい)。 2バンド同時運用も考えられるので、終わってみれば楽勝だったと云う事になるかも。 従って今日は、私からは K6GNX には RTTY の件はそれとなく伝えるに留めます。 (K5Kの初日が終わるか終わらない時点で、JAやWとばかりでEUを全然拾わないとEU のパイロットが云ってきていましたが)。 今日午後2時30分発の k6GNX のメールで、チームは今までに35,000局とQSOしたと。 --- (10月25日) ---------------------------------------------------------------------------- ★JH7OHF/a member of K5K → JF5NTT 経由の 6M情報 です (2000/10/25 15:24JST)。 クリックしてご覧下さい。 → 6M_Info_2k1025.txt 2KB ★23日は 160M で強力な信号を送り込んで来たので私達は手ぐすね引いて待っていたのですが、 アンテナ系のトラブルで突如電波が停止し24日に持ち越されました。 昨日は 21:50時から JAを向いてくれると同時にビッグパイルになり大勢がQSO。 初日の信号を聞いて直ぐチームに周波数は 1826.5 に固定してJA向に 1824kHz にQSYしな いように、QSXは 3kHz 以上ダウンするようにと伝えた結果、その通りにやって呉れました。 この分ですと、楽に200局以上のJAがQSOすると思います。 皆さんお待ちの RTTY は今日にも出て来る予定です。 --- (10月24日) ---------------------------------------------------------------------------- ★今回のDXペディが30日に終わるか31日になるかは流動的です。何れにしても11月 4日にはクリスマス島に戻らねばと云っています。(順調に行けば2日半の航程ですが)。 KリーフはJAからは6Mバンドを除いてQSOが困難ではありません。でもEUからは 非常にタフ(Tough)で、EUのパイロット局 DL1XX からは再三ぼやきの(と云うよりは悲鳴の) メールが入っており、ベストタイムにJA(又はW)とばっかりやっていると。 ブータン(A5)の時は不平(Complaint)が10%(Positive= 90%)だったが今は70%に上っている と。 (QSOの困難さがそうさせていると思うのです)。 今回のDXペディは主眼をEUに置き実施されたものでオペ達はそれを100%承知の筈です。 でも最初の1〜2日は強力な電波を送り込んでくる近場からかたづけると云うのが一般常識かと。 JAからは、(勿論)そんな楽な相手でないヨと云う方々もいるでしょうが平均的には楽しめる Entity です。
--- (10月23日) -----------------------------------------------

★JA の DXML dxあjarl.com から:
jf5nttあjarl.com (Oct-23 14:30JST) によると 10M SSB での JH7OHF/a member of K5K とのQSOで全てのアンテナが上がったそうです。

★K6GNX からの 04:08:35z (=13:08JST) 時点のメール: (30 & 80M は明日と書いていましたが)。 私が 160M だけはほしいと云っていたものですから 160M は今夜いけると。 HF Linear Amp の1台が壊れ 10M & 30M はベアーフットの由。他のバンドは リニアーが使えると云う事。 但し、6M のリニアーもNGで 100W のベアーフットだそうです。
このところ、K5Kに振り廻されています。 ;-(

ご注意を! 22日夜の3.5CWは偽者と思われます。 (10月23日 10時) 私も TX0DX の 30/40M でしてやられました (75M は OP: JA1BK で助かり)。 K5Kの6M用アンテナが上がったそうですので、頑張って下さい。 残念ながら私は 6M をやっていません。
ローバンドのQRVは明日以降に...

k5k01.jpg 18KB
--- (10月22日 23時) ----------------------------------------------------------------------- 
運用開始は、全アンテナの設置完了後と言っていましたが、悪天候で見切り発車となりました.
160Mも未だですが、上がれば連絡を貰う事になっています。
でも多分明日かあさってでしょう。
因みに運用者は=  160M: K4UEE, NI6T, K5AB and N4XP.    6M: JH7OHF and AA7A 
勿論、変更はあり得ると云う事。

--- (10月22日 12:30時) -------------------------------------------------------------------- 
今日K5Kのコールサインで運用を開始しました。
     第一声 10月22日 12時17分JST * 14,195kHz SSB
現地の今夜は 40, 20, 17, 15M で運用 (K6GNX)

私の(9月14日)記事から:
  >ペディションのコールサインが決定しました。 最初 Garry NI6T からどのコールにするかの
  >提案があった時メンバー達は自己主張が強く、自分のコールに KH5K/ とか /KH5K を付けろ
  >の意見が多く出ました。  :-) 
  >最終的には一つのコールに絞られ、目出度く当局から正式コールサインが発給されました。
  >
  >コールサインとしては最少の文字数です。皆さんそれぞれ当ててみて下さい。正解者が多い
  >のではないでしょうか。

--- (10月22日 11時) ----------------------------------------------------------------------- 
最新の Bill K6GNX & Don N1DG からのEメールは:
此のページの左上端の KH5K-2000 InfoKH5K-2000 INFOボタンを押してご覧下さい (英語)。
運用開始は、今日午後1時JST 頃までに(?)

--- (10月22日 08時) ----------------------------------------------------------------------- 
今朝に限ってチーフパイロットの Bill K6GNX からは仕事の関係でEメールが来ていません。
DX-Summit DX Cluster のスポットでは:
  VE2BA-@   14195.0 KH5K        storm on island,working har   2017 21 Oct
悪天候に悩まされてKリーフでの設営が遅れているのでは、と思います。
運用開始は、全アンテナの設置完了後と言っています。

--- (10月21日 14時) ----------------------------------------------------------------------- 
運用開始は日本時間22日の朝方の予定 (現地の21日午前中に)。
もうこれ以上遅れる事はないとかと思います。

--- (10月21日 06時) ----------------------------------------------------------------------- 
日本時間21日午前中に運用開始が  →  午後か暦が22日に変わってから開始か!

現地の天候は穏やか。局の設営は既に進行中ですが、夕暮れまでにアンテナ群の設置が完了
しそうになく、夜に運用開始するかは検討中。(現地時間)

 ●Date: 2000/10/16 → 10/20  ●Subject: KH5K-2000 クリスマス島到着 そして出港へ
--- (10月20日) ---------------------------------------------------------------------------- チームがパルマイラ島に立ち寄って数時間滞在し、*メンバー達が /KH5 のコールで 21 SSB にQRVしました。 10/19 22:10z 〜 10/20 01:40z頃まで。 *OPRs: JH7OHF, AA7A, WA1S, K5AB, KO4RR, N4XP, NP2KY等 此の後、Kリーフに向かい現地20日朝から全機材の陸揚げ、全設置を終えてから 20日の午後(日本時間の21日午前中)、QRV開始予定。 Mike KH6ND/KH5 は 25,000 以上の QSO 成果を上げ全日程を終了しました。 KH6ND_KH5_summary.txt 2KB (英語) --- (10月20日) ---------------------------------------------------------------------------- Chief-pilot K6GNX より: Oct-19, 17:00Z(日本時間 20日02AM)現在、M号はパルマイラ島へ 27nm(同島へ数時間)の 位置にあり、海は穏やか。 現地時間の 19日夕暮れまでのキングマンリーフ到着はない だろうと。 (27nm/海里=50Km, 多分機材の陸揚げは翌朝の開始と思います de 3aaw)。 --- (10月19日) ---------------------------------------------------------------------------- 此のページの左上端の KH5K-2000 InfoKH5K-2000 INFOボタンを押してご覧下さい (英語)。 --- (10月18日) ---------------------------------------------------------------------------- 此のページの左上端の KH5K-2000 InfoKH5K-2000 INFOボタンを押してご覧下さい (英語)。 --- (10月17日) ---------------------------------------------------------------------------- 予定通り7日間の航程で Machias号はクリスマス島に到着。 現地時間の17日昼前後にチームを乗せたM号が出港し、パルマイラ島で Mike KH6ND/KH5 を拾い目的地のキングマンリーフへ。 約3日間の航程。 運用開始は10月20日の予定。 チームは極く短時間 T32R を 21 CW, 14 SSB などで運用した。 QSL via K4TSJ. --- (10月16日) ---------------------------------------------------------------------------- KH5K-2000 チームの14人全員(除くKH6ND/KH5)はクリスマス島に到着しました。 ホノルルからの Machias号の到着を待つために1日待機。
k5k03c.jpg 25KB
The motor schooner Machias
 ●Date: 2000/10/10  ●Subject: KH5K-2000 チームの機材を載せたM号が出港
ホノルルからクリスマス島に向け10月10日 04:00z 頃出港、これは当初計画より遅れて おり Machias号が同島でチームの到着を2日間待つはずが、逆にチームがM号の到着を1日 待つ事になります。運用期間は最低12日間と云っていたのが1、2日短縮されるかも(?)
 ●Date: 2000/09/23 → 10/08  ●Subject: KH6ND/KH5 は今ホノルルに → KH5 に戻る
--- (10月08日) ---------------------------------------------------------------------------- 6日に NI6T から Mike KH6ND が明朝ホノルルからグラマン G1機でパルマイラ島に立つ との事でしたが、無事同島(KH5)に戻りました。 --- (10月03日) ---------------------------------------------------------------------------- Mike KH6ND はまだホノルルに滞在中。 --- (9月27日) ---------------------------------------------------------------------------- KH6ND/KH5 がパルマイラ島に戻るのは、9月30日に。 >From: Garry & Yelena <ni6tあintuitive.com> >Date: Tue, 26 Sep 2000 23:12:34 -0700 >Subject: [dx-list] KH6ND/KH5 > >Correction: > >Mike, KH6ND, who is currently back in Honolulu, returns to Palmyra >Atoll,. KH5 on September 30. > >Garry, NI6T --- (9月23日) ---------------------------------------------------------------------------- 此処、一両日彼のリポートが途絶えていましたが、今ホノルルに帰ってきており,25日には 又パルマイラ島に戻ると。 彼 Mike には先程初めてEメールを出し 160/80M のQSOの感謝と。JA局の多くが 6Mや RTTY 等を必要としている事を書きました。
 ●Date: 2000/09/14 & 10/02  ●Subject: KH5K-2000 の準備進行中
--- (10月02日) ---------------------------------------------------------------------------- ★今月実施される予定であった 3B6RF-2000 は直前になって、来年5月まで延期となり、私共 をガッカリさせましたが(私がほしかったのは 160M のみ)、此方の KH5K-2000 は順調に準備 が進んでいて、機材をどっさり積んだエンジン付き帆船の Machias号は今週中にホノルルから 東キリバチのクリスマス島に向け出港の予定です。 チームの15名は今月15日に空路でホノルルからクリスマス島へ。(Mike KH6ND はそれま でに KH6 から KH5 に戻るかも)。 クリスマス島 - パルマイラ - キングマンリーフの間はMachias 号が15名を運ぶ事になり ます。 (Machias号の船長は Bill Austin。奥さん Katieも同行予定で食事他を担当。2人 の息子がクルーとして同乗)。 --- (9月14日) ---------------------------------------------------------------------------- ★ KH5K-2000 チームのメーリングリストから、参加者達のEメールが盛んに飛び交っており 着々と準備が進んでいます。 非常に細かい事まで注意を払っているのをつぶさに見て取れ ます。 残念ながら逐一お教えは出来ませんが、一つお知らせすると: ペディションのコールサインが決定しました。 最初 Garry NI6T からどのコールにするかの 提案があった時メンバー達は自己主張が強く、自分のコールに KH5K/ とか /KH5K を付けろ の意見が多く出ました。 :-) 最終的には一つのコールに絞られ、目出度く当局から正式コールサインが発給されました。 コールサインとしては最少の文字数です。皆さんそれぞれ当ててみて下さい。正解者が多い のではないでしょうか。 参加人員は当初の13人からたびたび入れ替わりがありましたが、現在は15人です。 機材類は重装備で、その意欲の程が分かると云うものです。
 ●Date: 2000/09/25  ●Subject: KH5K-2000 のWebサイト開設される
>Don Greenbaum, N1DG による当DXペディションのWebサイトは8月中に開設される >との事でしたが遅れています。 → 出来上がりましたが暫くお待ちを..(9/24) と書きましたが、24日に初めてみた時は、オペレータ15名の内4名分しか載っていなか ったり私のEメールアドレスが間違ったりしていました。 今日 Garry NI6T が公式に発表したので此のページでもお知らせする事にしました。 Operators のページは大容量で14個の画像ファイルと HTMLテキストで計 870KB もあり ますから、そのつもりでアクセスを。 此のページの右上端のボタン その後、私の方から web-master の N1DG に言って、画像ファイル類が圧縮され 870KB → 510KB になって います。(9/26) → 440KB (9/28)
 ●Date: 2000/09/01  ●Subject: KH5K-2000 の最新情報 * 8月31日
★概要 (他の情報も合わせ) 予定= チームはホノルルを10月15日(月)に出発、空路で東キリバスのクリスマス島へ。 エンジン付帆船 Machias号でパルマイラからキングマンリーフへ。 パルマイラでは現在運用中の Mike, KH6ND/KH5 と逢い、機会があれば暫く其処に留まる。 (チームとしてパルマイラでQRVするチャンスがあるかどうかは不明)。 キングマンでは最低12日間を予定。10月末に同島を離れる。 運用は 6-160M の10バンド、CW, SSB, RTTY の3モード。 Most wanted entity の第2位であるヨーロッパに主目標をおくが、オペの JH7OHF 小野氏 によるとJAとのQSO目標数は 15,000 - 20,000 ! 。 本DXペディ実施には多額の輸送費用が掛かるので、ヨーロッパを始め広く個人と団体に 資金援助を要請。 寄付金は Tom Harrell, N4XP へ。 参加者は15人。但し残念ながら、Chuck Brady, N4BQW と Franz Langner, DJ9ZB は仕事 の都合で不参加。 ★Date: Thu, 31 Aug 2000 01:20:05 -0700 From: Garry & Yelena <ni6tあintuitive.com> To: DX-List <dx-listあegroups.com>,"McClenny, Bernie, W3UR" <bernieあdailydx. com>,"Moore, Bill, NC1L" <bmooreあarrl.org>,,, // snip // ,,, Subject: Kingman Reef DXpedition update, 31 Aug For immediate release. Kingman Reef 2000 Update The Kingman Reef DXpedition team will depart Honolulu by air on Sunday, October 15 for Kiritimati Atoll (Christmas Island) in Eastern Kiribati. The team will be met by the motor schooner Machias for the voyage to Palmyra Atoll and Kingman Reef. At Palmyra, we will be joined by Mike, KH6ND, who is currently active as KH6ND/KH5. (Mike currently has over 16,000 QSO's logged on 10 bands.) The team may have the opportunity to spend some time at Palmyra before continuing to King- man Reef--a tiny, barren and extremely narrow coral cay. During at least 12 days at Kingman, we will be QRV on all bands from 160 to 6 meters, on CW, SSB and RTTY with up to six stations. Machias will be anchored in the lagoon for the duration of our stay. We will depart at the end of October for Kiritimati and will return by air to Honolulu on November 5. While we plan to serve all constituencies, our team's major targets are Europe, where Kingman is most-wanted, WARC bands, low bands, RTTY and six meters. The tiny size of this coral cay presents a layout and operational challenge to our team. Our strategy to meet this challenge includes heavy use of vertical antennas on all HF bands and 160m to achieve minimum takeoff angle in a close and radically marine environment. Expenses for this DXpedition include over $50,000 for transportation!. We will be heavily dependent upon assistance from both individuals and DX organizations, especially in Europe, to meet our objectives. Contributions should be sent to Tom Harrell, N4XP, 2011 New High Shoals Rd., Watkinsville, GA 30677. The current team complement is KH6ND, K4UEE, WA1S, AA7A, KH7U, NH6UY, OH2BU, WB4JTT, AH9B/W5, I8NHJ, JH7OHF, RZ3AA, VE7CT, N4XP and NI6T. Our pilots are JA3AAW (Japan), DL1XX (Europe) and K6GNX (North America). Our webmaster is N1DG. For the Kingman Reef/Palmyra DX Group Garry Shapiro, NI6T
 ●Date: 2000/08/25  ●Subject: KH5K-2000 の周波数プラン
チーム内で検討中の周波数プラン(6M-160M - CW/SSB/RTTY) の最終案が出されました。 以前に私が出したメールにより、160Mの1826.5kHz については中波放送局のハーモ ニックス(1827kHz)でQRMがあればJA向けには1824を使うとコメントしています。 今週末にはプレス向けに情報が提供されるので今此処ではそのリストは省略します。 08/14 時点で Co-leader の Garry NI6T のEメールからDXペディの参加予定者は13人 だがあと3人ほしいと云っていましたが現在は15人となり、凄い装備と合わせ世界トップ クラスのビッグなチーム編成になります。
 ●Date: 2000/08/17  ●Subject: KH6ND/KH5 について(続)
(8月17日の NI6T のEメールから): ★8月17日に離島予定だった Mike KH6ND/KH5 は、10月のDXペディ・チームが彼を キングマンリーフに連れて行くまでパルマイラ島に留まるようだと。 彼の信号をお聞きになった方はお判りのようにCWが非常に旨くコンテストマンでもあり KH5K で威力を発揮すると期待されています。 このところ15や20Mのシングルバンドに出ていますが、160Mなどのローバンドや 6Mに期待したいところです。
 ●Date: 2000/08/15  ●Subject: 特に KH5 / Palmyra について
(続いて届いた NI6T のEメールから): ★10月のDXペディについて、現時点では、自然管理局の計画からパルマイラ島ので運用 がどうなるか分からないと云っています。 前回のビッグDXペディション(1993年)でもキングマンリーフに較べ同島はぱっとしなかっ たと思います。 ●DXペディの参加予定者:(2000/08/14 時点) (前回予定からは3人が退いて別の JH7OHF 小野氏等3人が新たに参加)。 1. NI6T 8. DJ9ZB 2. N4XP 9. WB4JTT 3. JH7OHF 10. N4BQW 4. K4UEE 11. WA1S 5. AA7A 12. KH7U 6. OH2BU 13. NH6UY 7. RZ3AA パイロット局: K6GNX ---- 北米 DL1XX --- 欧州 JA3AAW --- JA ★8月17日に離島予定の Mike KH6ND/KH5 は、何とかパルマイラ島に留まれるように当局 と折衝中との事。 何れにしても、160Mを狙っている人には17日夜(JST) までは要注意。
 ●Date: 2000/08/14  ●Subject: KH6ND/KH5 は8月17日にQRT
(私に来た NI6T のEメールから): 昨13日に Garry NI6T は Mike KH6ND/KH5 と話し、自然管理局のグループと共にパル マイラ島にいる彼 Mike は今月17日に島を引き上げるがそれまでに160MのQRV を願っていると..。 先日160Mを逃した人には此処一両日が要注意と云う事です。彼がJAを聞く時は 1.9 ではなく 1.8Mhz になるでしょう。
 ●Date: 2000/08/13  ●Subject: KH5K-2000のパイロット局
今秋10月に「Kingman Reef and Palmyra Atoll 2000」と銘打って KH5 と KH5K にDX ペディジョンが行われますが The Kingman/Palmyra DX Group とJAの間に立って情報の やり取りを受け持つ世話役 (JA Pilot station) をやって見ませんか? 下記の通り Garry, NI6T からJAのパイロット局をやって見ないかと依頼が来ました。 取りあえず私が引き受けてもよいと返事はしましたが、英語が得意ではないので、 「やって見たい」「やっても良い」と云う方がいらっしゃったら私まで是非ご連絡頂きたい のです。 (私は 1997年に4ヶ月間 9X4WW のJAパイロット局を引き受けた事はありますが) 同DXペディの参加予定者: Bob Allphin, K4UEE Harry Booklan, RA3AUU Chuck Brady, N4BQW Kimo Chun, KH7U Pat Guerin, NH6UY Tom Harrell, N4XP Al Hernandez, K3VN Dave Johnson, WB4JTT Jari Jussila, OH2BU Franz Langner, DJ9ZB Garry Shapiro, NI6T Ned Stearns, AA7A Vrata Vaverka, OK1KT 73, de Yosi JA3AAW 吉田武史 http://www.page.sannet.ne.jp/ja3aaw/ --- DXペディに参加する Garry, NI6T から来たEメール ----------------------- ★ Date: Sat, 12 Aug 2000 15:33:22 -0700 From: Garry & Yelena <ni6tあintuitive.com> To: ja3aaw@***net.ne.jp Subject: Re: Topband: KH6ND/KH5, JA3AAW Yosi: We are in need of a JA Pilot station to assist our DXpedition to Kingman Reef the second half of October. Would you be interested? If not, could you recommend someone in JA? I do not think it will be a difficult job, since JA should have little trouble working us. But it will be very helpful to have a source of feedback from JA operators, and also a way to send relevant announcements directly and only to JA. The ideal operator will have a good HF station, and be available to monitor and assess conditions, read and respond to email and other communications, and to give advice to the team. 73, Garry, NI6T
 ●Date: 2000/05/11  ●Subject: KH5 & KH5K on 160M * Garry NI6T & Chuck N4BQW
ゴールデンウィーク中はA5でバンドが賑わっていましたが、いよいよ終わり間近か。 私には特に用なしでしたが、A52A を運用中の JA3IG 葭谷さんと 21SSB で (1997年の KH4 以来) 久しぶりに声を交わしたが名前を覚えていてくれました。 ところで、ご承知の通り Garry NI6T から4月下旬DXのMLに The Kingman-Palmyra DX Group による今秋のDXペディ計画の情報が流されました。 1991年から 160M を始めた私にとってのチャンスは 98年02月の KA4IST/KH5K だけでしたがミス したので、96/97 年にEメールのやり取りをした事のある Garry に 160M の問合せをした結果が 下記のEメールで VK0IR, FO0AAA 等の 160M をオペレートした K4UEE や Garry などのトップ バンダーが行って 160 に注力してくれるようで大いに期待が持てます。 --------------------------------------------------------------------- ★ Date: Mon, 01 May 2000 21:04:59 -0700 From: Garry & Yelena <ni6tあintuitive.com> To: ja3aaw@***net.ne.jp CC: "Harrell, Tom, N4XP" <n4xpあjuno.com> Subject: Re: [DXR] Kingman Reef and Palmyra Atoll 2000 Yosi: We plan to have topband well-covered, with a Titanex and several top-rank lowband operators, including K4UEE. And, of course, the QTH is right on salt water. For JA, no problem! Garry ----------------------------------------- 一方 98年02月にKA4IST/KH5K を運用した Chuck N4BQW から突然Eメールが届きました。 (これまた、その当時にEメール交換した相手)。 あとで判ったのですが、当人は同 DX Group の1人で NI6I か N4XP が N4BQW に伝えて呉れた のだと思います。 --------------------------------------------------------------------- ★ From: "BRADY, CHARLES E. (JSC-CB)" <xxxjsc.nasa.gov> To: "'Takeshi Yoshida'" <ja3aaw@***net.ne.jp> Subject: RE: QRV on 160m KH5K etc, #2 JA3AAW Date: Sat, 6 May 2000 18:24:55 -0500 Dear Yosi, may be on KH5 and KH5K as early as May 9th, 2000 BEST 73's Chuck ----------------------------------------- 題名は 98年にEメールをやり取りした時のもの。 何時もながらこれ以上短く出来ないようなメールで、一体誰が行くのが判らず May 9th は10月の 間違いではないかと思い尋ねたところ、 --------------------------------------------------------------------- ★ Date: Mon, 8 May 2000 18:50:12 -0500 listen for me Yosi----i am going to try to make it to KH5K between 11 and 21 May for few days ----------------------------------------- との事。2日間留守にしたため夕べ再度メールを出し、新しい JA 160M window やJAの日没時刻、 それに QRG が決まれば教えてほしいと書いたが、彼はこのメールを見る前に出発してしまった。 前回の運用からみて今回の Chuck N4BQW の160にはあまり期待していませんが、もしどなたか 信号を聞かれたら是非お教え下さい。 73, de Yosi JA3AAW 吉田武史
KP6KR-QSL.gif 47KB
KP6KR * The First DX-pedition to Kingman Reef in 1974



 JA3AAW copyright© 2000-2001