My Home   DX News  自局のご紹介  My QTH   Site Map 

VU4-2004 * Andaman Islands #2 
Ham Radio DX-Pedition
概 要

Updated: 2004/11/13 → 2005/03/09
コール: VU4RBI & VU4NRO 運用期間: 2004/12/02 18:30z 〜 12/31 18:29z Operators: VU2RBI, VU2DBP, VU2MYH, VU3RSB, VU3DVS バンド他: 6-160M - SSB/CW/Digital
15, 20M SSB がメインに Rig: HF/VHF/UHF gears from Icom/Yaesu QTH: Port Blair, Andaman Island * 11.40'N / 092.46'E JA1→VU4: 方位= 253゜(AS-001) * 距離= 5,400Km
 Sun-:      	Date     Rise   Set 
             	Dec-03   2358z  1120z 
             	Dec-15   0004z  1125z 
             	Dec-31   0011z  1132z 
 NIAR site:  	http://www.niar.org/
             	(VU4-2004 ページ有り) 
 QSLチェック:	http://www.niar.org/vu4/qsl/
 VU2RBI site:	http://www.qsl.net/vu2rbi/
 QSL info:   	Via VU2APR / VU2NRO (NIAR)
vu2rbi.gif 7Kb
Leader VU2RBI  
 

VU4Card.jpg 42kb 3月下旬から届き始めた QSL カード (NIAR の Webサイトより) 最新 情報

 ●Date: 2004/11/13 → 2005/06/02 ●Sub: VU4RBI, VU4NRO * Andaman Is.
--(2005年06月02日)------------------------------------------------------------------- Steve KF2TI が [DX-NEWS] メーリングリストに流した「VU4RBI/VU4NRO クレジット復活」から、 その状況が明らかになって来ました。 下記の文章から察するに、米国の2ヶ所で開催されたハム・コンベンション会場などで VU2RBI プラサド女史が VU4 QSLカードの発行サービスをしたまでは良ったのですが、来場した VU4 QSL カード請求者にログチェックも行わずに、請求者の言うがままにコールサインだけ記入して渡した ようです。(場合によってはコールサインすら記入せずにブランクのカードを渡したかも)。 その情報に慌てた DXCCデスクは、「そう云ったカードを DXCC 上クレジットする訳にはいかん」と 早速取り消してしまったのですが、(私が昨日書いた通り) LoTW 方式の採用によってログチェック すれば済む事ですから、それに気付いた同デスクが、クレジットを復活させた(取り消しを取り消し た Hi) のでしょう。 (連絡を頂いたご両人に対する昨日の返事の中で私は、今回のクレジット騒動 には ARRLデスクの拙速の感が否めない、と書きました)。 DXCCデスクの Bill Moore NC1L は VU4 QSLカードにデータ記入不備があっても自分で書き加えず そのまま提出するように、と言っています。 本件は「これにて一件落着」となりそうです。 :-) ★Subject: [DX-NEWS] ARRL accepting VU4RBI/VU4NRO From: "Steve-KF2TI" <kf2tiあmindspring.com> To: dx-news@njdxa.org Date: Wed, 01 Jun 2005 18:22:48 -0000 (着信) 02 Jun 2005 04:48:12JST ARRL accepting VU4RBI/VU4NRO cards for DXCC credit (Jun 1, 2005) -- ARRL DXCC Manager Bill Moore, NC1L, says that despite reports to the contrary, the League is accepting VU4RBI/VU4NRO Andaman and Nicobar Islands DXpedition QSL cards for DXCC credit. "A few cards have been rejected on the basis of incomplete information on the cards," he notes. "We apologize for any misunderstanding." Moore says that in the case of QSL cards bearing less-than-complete data (call sign only, missing time and/or date, etc) DXCC must see the actual card at ARRL Headquarters. "This is usual procedure," he explains. "Blank cards and cards missing information are always subject to inspection at Headquarters." He advises operators holding such cards to not attempt to fill in the missing information themselves. "Simply send us the card, and we will try to obtain the fill," he said. DXpedition team leader Bharathi Prasad, VU2RBI, has agreed to supply additional VU4RBI/VU4NRO log information to DXCC. "As always we strive to maintain the highest integrity possible in the DXCC program," Moore said. He advises patience to those expecting a direct QSL. (これは http://www.arrl.org/#art_5384 の記事) --(06月01日)------------------------------------------------------------------------- 昨日掲載した下記にある「5月31日の続報」について、当の JA6BJV 野口さんから、意味合いが少し 違うとの連絡が入り、 >(その内容からは) VU4 が LoTW にデーターアップしたかのように読みとれます。 >正しくは、4月27日、VU4RBI/VU4NRO QSL CARD を ARRL に郵送し、5月27日にクレジツトされて >返却されています。 >LoTW 画面でも、5月17日、ちゃんと VU4 がクレジットされていることを確認しました。 >VU4 QSL に関して、変な噂が流れており、まさか・・とは思いつつ、5月29日 LoTW 画面で、自分 >のデーターを見てみたら、数字が1つ減っており、クレジットされていた VU4 が消去されていま >した。 つまり、5月中旬、ARRLがいったんクレジットを認めながら、過去に遡って認知を取り消 >したことになります。 との事でした。 そして本日、再度連絡頂いた内容は、 >5/29日 LoTW 画面で見たとき、VU4RBI/NRO が消去されていましたが、本日 6/01日 2030JSTに見て >みたら、LoTW 画面では、VU4 のデーターが復活していました。 > >整理すると・・・ >5/17日・・ ARRL は VU4RBI/NRO QSL をクレジットした。 > 内容は、LoTW 画面で確認しています。 >5/29日・・ LoTW 画面で見たら、VU4 のデーターは消去されていた。 >6/01日・・ LoTW 画面で見たら、VU4 のデーターが復活していた。 > >VU4 QSL 問題が決着したのかどうかは不明ですが、少なくともJA6BJV が ARRL に郵送したQSLは、 >有効、となりました。 でした。 (Thanks to JA6BJV) ARRL からは今回の VU4 クレジット騒動についての公式アナウンスがなく、最終的にどう云う結果を もたらすかは判りませんが、何れにしても確実に QSOしていてチームのログに記録されておれば問題 ないでしょう。 なお「場合によっては QSLカードの取得のし直しが必要かも」と書きましたが、ARRL が LoTW 方式を 採用しているので、VU4チームが正確なログデータを提出すれば、例え QSL発行に不審な点があっても ARRL でログチェックが出来、以前のように QSLカードの再発行の必要もないと云う事です。 --(05月31日)------------------------------------------------------------------------- 5月30、31日に JA3KWZ/AE4SU 黒塚さんから頂いた情報によりますと、早々と ARRL が DXCC のクレ ジットを与えた VU4RBI, VU4NRO が一転して取り消され、 当分クレジットは保留される事になりま した。 (Thanks to JA3KWZ) 同氏はコメントとして (5月30日) >どうも何かあったようですが、詳細は不明です。推測ですが、バラティ女史がCalif.と >Daytonに滞在中、何か問題になるようなこと(例えば空のQSLを発行)をしたような >ことを耳にしております。これが原因かどうかわかりませんが、気掛かりです。クレジットを >今更ARRLも取り消すことはしないでしょうが、何事もないことを祈っております。 又、引き続いて (5月31日) >友人の JA6BJV は既に LoTW で今回のアンダマンのクレジットを受けておりましたが、本日 >念のためチェックしたところ既に受けていたクレジットが取り消されていたそうです。 >恐らく運用形態や運用地に問題があるのではなく、どうも事後のQSLの発行に推測ですが >何か DXCC Desk が疑惑を感じているように思えます。 の続報を頂きました。 斯様な状況から判断しますと、暫らく事態を静観して、DXCC 申請も見合 わせた方が良いと思います。 (場合によっては QSLカードの取得のし直しが必要かも)。 --(04月24日)------------------------------------------------------------------------- 長らくアップデートされていなかった NIAR のホームページでしたが、そこからやっとログページ へリンクが張られ、DXペディションや現地の津波被害の写真が沢山見る事が出来ます。 (画面中程 の "VU4 Photo Gallery""Tsunami Photo Gallery" の URL) --(03月09,10日)---------------------------------------------------------------------- VU4 * NIAR で受領された QSL のチェックが可能に ..。 (但し、NIAR の Web サイトからは、 此のページへリンクが張られていません)。 → http://www.niar.org/vu4/qsl/ 私は未だにカードを送っていないので、何人かのコールを打ち込んだのですが、JA局はどうもなか なか上がってこない。 (未だ不備のようで、とっくにカードを送ったのに上がってこない方も多い のでは?)。 (3月09日 最初のチェックでは、幾ら色んな JA局のコールを打ち込んでも殆んど上がって来なかった が、11日の夜に再チェックすると結構沢山の JA局を見る事が出来るようになった。 只、請求カード に記入された QSO データは未だ完全ではないが、本人は分かってるので、どーって事はない)。 判った事は、QSO していれば (私の場合)「No of Records in our VU4 Log :5」、「Your JA3AAW QSL Card not yet received」が表示され、VU4 のログに記録がなければ (QSO 出来ていなければ) 「No Record Found in our VU4 Log」と表示。 (「No of Records in our VU4 Log :5」は、5 つの QSO 記録があると云う意味で、此処の No は Number つまり数の事です。 序でに、No Records の No はイエス/ノーのノーです)。 カードが受領されていれば本人のコール、名前、住所、次いで「QSOs noted in your QSL Card 」に 続いて請求カードに記入された QSO データが表示されます。 (例) OK1RD, W3UR などは OK。 --(02月27日)------------------------------------------------------------------------- 皆さんが待っている VU4 の QSLカードについて、Bill W4WX が Mohan VU2MYH から受け取った内容 によると; QSLカードは既に印刷されており、自分達はラベルを貼ったそれぞれの QSLカードを毎日受け取って いる。 カードの発行は 3月02日に VU2DMK でもあるインドのマラン通信大臣の手を通して行なわれ る様子だ。 そのカードは、請求カードの受領順に 3月08日以降に NIAR 事務局から郵送される。 勿論、VU4RBI 及び VU4NRO 局は ARRL で DXCC にクレジットされています。 (何時も、請求の遅い私もそろそろ NIAR 事務局にカードを送ろうかと思います)。 NIAR の Webサイトに受領したカードのリストを載せると言っていましたが、同サイトは昨年から全 然アッフデートされていません。 :-( ★Subject: Re: [DX-NEWS] VU4 QSL cards From: "Bill" <w4wxあbellsouth.net> Date: Sat, 26 Feb 2005 09:01:17 -0500 I know a lot of you, like me, are wondering about the status of the VU4 cards. Here is in part what I received from Mohan VU2MYH today: "The QSL cards are already printed and out going QSL will be mailed after 8th March. The VU4 QSL cards release is likely to be done on 2nd March through the hands of the Mr. Dayanidhi Maran, VU2DMK Hon'ble Minsiter for Communication and Information Technology at a function in New Delhi. We have already labelled each QSL card received each day. The cards will be sent on First In First Out basis at the Bureau." Bill W4WX --(01月08日)------------------------------------------------------------------------- 巨大地震の震源地から北へ 255Km 離れた、被害の大きかったスマトラ島の北端の町バンダアチェの 「地震前」と「地震後」の2枚1セット6組の衛星写真は津波の物凄さを如実に物語っています。 此の写真は 1月08日朝の NHK-TV でも放映されました。 (1枚当たり 0.5〜1.2MB の大容量の写真ですから低速のインターネット回線は要注意)。
★Subject: Re: [DX-NEWS] Tsunamis information
From: "Jerry Keller" <k3bzあarrl.net>
Date: Thu, 6 Jan 2005 14:32:38 -0500

Here are 6 sets of before & after satellite images of the tsunami impact on Banda Aceh, Indonesia.
73, Jerry K3BZ

(Each page linked below has 2 images and though scaled down are still quite large and may take a few moments to load. Worth the wait though.)

Set 1-6 Before and after image:
http://www.goodolddogs3.com/bandaaceh1.html
http://www.goodolddogs3.com/bandaaceh2.html
http://www.goodolddogs3.com/bandaaceh3.html
http://www.goodolddogs3.com/bandaaceh4.html
http://www.goodolddogs3.com/bandaaceh5.html
http://www.goodolddogs3.com/bandaaceh6.html

BandaAche1.jpg 17kb
印がマグニ9.0の震源地
This map referred to MS World Atlas.
--(01月06日)------------------------------------------------------------------------- Charly K4VUD からのEメール; NIAR の責任者 VU2MY と話したが、VU4RBI, VU4NRO 宛の QSL カードは、中身が抜き取られるような 事なく NIAR に届いている。 (JA, W には別に QSL マネージャを置く噂があったが) 直接 NIAR に 送付するよう奨励している。 (前にも話しがあったが) NIAR の Webサイトに「受領カードリスト」 を掲載したいと思っている。彼は又、時間が取れればオンラインログの掲載の意向があると話した。 多くの NIAR 職員がアンダマンに行って 7 SSB で非常通信をおこなっている。 今日(こんにち)、インド当局はインド人ハムなれば誰でもアンダマン・ニコバル諸島での運用を許可 しているが、災害救助通信が行なわれている当分の間、誰も通常の DXペディ運用はしないだろうと。 "VU4-2004 DXペディを振り返って" で「アマチュア無線が大いに威力を発揮、インド当局を始め一般 国民も認識を深めた事は、今後のインドハムの発展には大きくプラスに働いてくれると思う」と書き ましたが、インド当局が早々とアンダマン・ニコバル諸島に行ってハム運用する事を許可しました。 1月04日付の ARRL 記事が巨大地震による災害地でのハム達の活躍振りを賞賛をもって伝えています。 → http://www.arrl.org/news/stories/2005/01/04/2/?nc=1 ▼6日7:00PM の NHK-TV が「地震・津波の犠牲者 150,000人。被災者 500万人」と。 ★Subject: [DX-NEWS] QSLs to VU4 de K4VUD From: "Charles Harpole" <k4vudあhotmail.com> Date: Thu, 06 Jan 2005 05:17:59 +0000 DXers: I spoke on 40m directly with Suri, VU2MY, Director of NIAR, on Jan. 5. He stated that QSL cards were arriving at NIAR in Hydrabad with all kinds of contents (green stamps, etc.) in good order and were not tampered with in any way prior to final delivery at NIAR. He encourages that method of QSLing, i.e., directly to NIAR. He also stated that as soon as he has personnel to do this job (people having been taken away to help with the the quake/wave com), he wants to post on the NIAR web site a list of "cards received" for everyone to read this list. He also spoke of plans to put the VU4 logs on that web site whenever personnel had time to post that info. All the logs are safely locked up in Hydrabad now. Many of the NIAR workers apparently have traveled to the Andaman chain and are deployed all over there. As I type this message, I am listening to the India to Andaman net on 7.095 (mid day Jan. 6) and there is still plenty of traffic, most in some language that is beyond me, sri. Today, the India government is allowing any VU licensed ham to go and operate on VU4, including Nicobar I. I do not think anyone, however, has the guts (myself included) to go there simply to do DX contacts while the emergency is still going on. It is a temptation myself to max my credit card and fly back to Port Blair and operate VU3CHE/ VU4 in DXpedition mode. But, I think many people would conclude an excessiveness of calliousness, even though my language limit keeps me from making more than infrequent contributions to the emergency traffic relays. Best wishes, 73, Charles Harpole <k4vudあhotmail.com> --(01月02日)------------------------------------------------------------------------- Carl N4AA が Charly K4VUD のEメールを転送して来た; 残留しているチームに追加されたインド人ハム数人がアンダマン・ニコバル諸島の被災地にて、 14,190、7,95kHz で非常通信任務に当たっている。 帰国したバラス女史によって VU4 のログブックはデカン高原の都市ハイデラバード(078.29'E / 17.23'N)にある NIAR オフィスに安全に保管された。 その他。 ★Subject: [DX-NEWS] VU4 Update from K4VUD/HS0ZCW Date: Sat, 01 Jan 2005 09:35:27 -0500 From: Carl Smith <N4AAあdxpub.com> Per Charly's request I am posting this for him....... Hello DXers....it is 1030Z on Jan. 1, 2005 1. The VU4 operators, now with several additional India hams added and spread over the Andaman and Nicobar Island trouble spots, continue to pass emergency traffic mainly on 14.190 and 7.095 both voice. Bharathi has used her regular sked air ticket to return to Delhi. 2. The VU4 log books are safely now in Hydrabad at NIAR... do not worry. Check NIAR web site for more news from this date onward about the VU4 DXpedition, please. 3. Hams from all the affected countries are on the air doing emergency traffic. Most are conducted in the local languages which the operators are most comfortable with 4. Hotmail has totally failed me as a way of getting and sending email. I am now on Yahoo at charlesharpole@yahoo.com. Please pass this info on to anyone as well as my telephone number 66-5-046-1922 in Thailand. Very sorry I can not reply to the 98 waiting Hotmail messages..... Maybe I will figure how to transfer Hotmail messages to Yahoo? I have begun a book about these experiences... lest we forget we are all citizens of the world and that nature knows none of our silly little lines on our national maps.... Happy New Year, 73 Charles Harpole, K4VUD, HS0ZCW GL/73, Carl Smith, N4AA Editor/Publisher QRZ DX and The DX Magazine Web site: http://www.dxpub.com DX Column Editor for CQ Magazine --(2005年01月01日)-------------------------------------------------------------------- VU4(アンダマン・ニコバル諸島)-2004 DXペディションを振り返って; 10数年振りに実行された本DXペディは VU2RBI, Bharathi Prasad 女史をリーダーに 5名のオペレー タにより精力的に運用、14/21 SSB を中心にオールバンド・オールモードで展開されました。 メンバーは DXペディ運用の超ベテランという訳ではなかったので、ハイスピードの捌き(さばき)で

      JA3AAW   copyright© 2004-2005