↑↑↑ クリック ↑↑↑          携帯サイトはこちら

浅井のネットショップ【PIER SPORTS】ただ今、人気のEMUブーツ/DBHデザインTシャツを好評販売中!
興味のありそうな、ご友人・知人に紹介していただければ幸いです。

 

 正月の酔いが抜けない間にホワイトの初戦です。急に冷え込みましたね、おまけに昼から雨の予想ときています。


◎1月18日(日):山下、吉見、浅井、小川  &マサ、デーやん、中っちゃん   計7名
             

 久々に6時台の起床、寝坊しないように携帯のアラームをセットしてましたがそれよりも早く目が覚めました。「寒っ!」ずっと我慢してましたが今日はパッチのお世話になることにします。いつものように阪奈で山ちゃんを拾いマサの車に合流、高速の渋滞も無く予定通り西宮へ。予定外は昼食に予定していたコンビニのサンドイッチやおにぎりがほとんど無かったこと「あれっ何にもないな」「しゃーないパンにしとくか」小川さんも少し先に着いたようで「なんか団体が皆買うて行ったみたいですよ」

 ハーバーに着くと北東の風が少しは吹いていますが弱いですね、それよりも西の空がどんよりして昼からの雨の予想を裏付けてるようです。ポンツーンの水は先々週の初乗りの時に比べ少し濁ってるかな。さ、シグナスに行って出港準備をしておきましょう。

 



「この風やとシグナス辛いですね」

 

 エントリーの山ちゃんが帰ってきました。「コースはソーセージ2本や」「何艇ですか」「14やけど、だいぶ入れ替わってるで」「どれどれ」エントリー表を見ると去年の優勝艇ハルナさん等2〜3艇が抜けて、替わりにアグネスさん等2〜3艇が参入してました。「わー、トキワとかサンラックとか先行の目安が居らんわ」「ファイブスターだけか」「アグネスって速いんやろ」
 わいわい言いながら10時、出港です。

 



さー初戦や、頑張って行こう。(−−あれっ、小川さん寒そうやね)

 

 ほぼ追っ手で沖のコースに向かうので余り風は感じませんが、海面を見ると少しずつ吹いて来ているようですよ。

 



ラッキーツーさん、今年もよろしく

 

 本部船がアンカリングしてスタートラインが決まりました。マークは40°ほぼ北東の風ですが、良く振れるのでコース取りで大きな差がでますね。

 



スタートラインを流し風向、艇速をチェック。

 



本部船を見てラインの確認をするバウマンのデーやん。

 

 11時スタート、シグナスは本部船寄りの位置からジャストスタート。

 



一斉にスタート、ミッキーさん(手前)がなかなかいい位置にいますね

 

 風速は4m前後で波はさざ波、一番走り易い環境なんで強風向きのシグナスにはもの足りない(と言うか勝機が薄い)風ですが、スタート後にタックして取ったコースが良くトップグループの位置を維持してますよ。

 



よし!いい風や。上れ上れ

 

 上マークへのレグ半分以上はトップグループにくっ付いていましたが、ポートタックでのアプローチに入った頃から風向きがじわじわ降りる方向に変わり、やはり速い艇とは差が開いて行きます。それでも中程の7番手で上マークを回航、すぐ後ろにはJ24、ゴリラさんと続いています。

 



後ろから追い上げて来るJ24(KOBE MD)

 



抜かれまいと真剣な表情のコックピット

 

 何とか差を保ってCロゼさんに続き下マークを回航、J24とゴリラさんはは回航後すぐタックして西のコースへ、Cロゼさんとシグナスは東のコースに突っ込みました。このコース、ちょっと誤算でしたね次ぎにミートした時はJ24に追い付かれ、マークへのアプローチでは先を越されました。先行グループに続きCロゼ、J24、シグナス、ゴリラと回航です。

 この頃から予報通り雨が目立つようになりました。濡れた手袋に風が当ってどんどん冷えて行きますよ。

 



かなり差を付けられてしまいましたね、思ったほど艇速が上がりませんでした。

 

  J24との差は縮まりません、それよりすぐ後ろのゴリラさんがジワジワと差を詰めて来てブランケットに入るところまで来ました。

 



ゴリラさんが追い掛けて来ます

 



ゴリラさんスピントリム真剣ですね、シグナスも負けてられません。
差は詰まったり開いたりしながらもこのまま秒差でゴールしました。

 

 何とか僅差で逃げきりました。この競り合いがタイム的にはいい効果を産んだかも知れませんね。しんがりのNOMI さんが相当遅れていたので、次ぎのレースを待つ間キャビンで暖を取りつつ昼食にしました。熱いコーヒーが飲みたい!!

 続く第2レースもジャストのトップスタート、第1レースと同じような展開ですが今回は東には突っ込まず主に西側の海面でレグを引きました。果たして風速も段々上がり、いい上り風を掴んで走るシグナス、トップグループのしんがりに付いて6番手で上マークを回航、後ろにはゴリラ、Cロゼッティ、J24と続く展開です。下マークまで順位は変わらず次ぎの上りのレグへ、このクローズの走りが滅茶寒かったですよ。

 



向かい風で体感する雨足は実際より強く感じます。

 

 はっすい機能の低下した合羽から雨風が入り込み中がじわじわ濡れて来るし、向かい風の冷たさで手先はかじかんで来るし、先頭の中っちゃんを風避けにして寄り添う形でバランスを取るオジサンクルー(浅井も含め)達です。舵を握る山ちゃんは逃げられませんが−−(てな訳でこのレースの写真はほとんど撮れてません。そろそろ新しい合羽の買い時かな)

 流石、Cロゼさんにはこのレグで抜かれました。上マークを回り、フィニッシュへ向けラストのスピンランです。今回も先を行くロゼッティさんを追い掛け後ろのゴリラさんから逃げる展開、いい具合に風速が上がって来ましたよ。「7ノット超えたで」シグナスのスピードも上がります。
「デーやん、8ノット行こ」「よっしゃ、行くで」スピントリムに集中するデーやん、8ノットは超えませんでしたが寸前の7ノット後半まで上がりました。

 Cロゼさんとの差を縮め、ゴリラさんからも逃げきり7番手でフィニッシュ、「よし!」1位か2位に行けた感じを全員が抱いたラストです。

 



冷たい雨風で冷えきった身体をキャビンで癒します。
(暖房が欲しいって誰か言ってましたが)

 



寒〜い外は若手の中っちゃんに任せておきましょう。

 

 最後までスピントリムで頑張ったデーやん、キャビン内でスピンの収納を終えると手袋からは湯気が出ていました。「指の感覚あらへんわ」ハーバー沖でメインを降ろす時も指先が冷えてカバーを縛った紐がなかなか解けませんでしたね。それでも、いい走りが出来たので会話は弾みます。定置ポンツーンに戻り、艤装を片付けるともう4時前パーティの時間ですよ。

 



冷たい小雨に煙るヨットハーバー。

 

 パーティ会場はいつものKYC2Fレストラン、レース速報が出ていますよ。「うそ、ピンピンやん」「えっ1レースもトップ?」「そや」ゴリラさんとのデッドヒート?が良かったかな、そう言えば2レースとも最後まで競り合いましたね。トップグループを逆転出来るタイム差でフィニッシュしたようですよ、予想よりもいい成績に驚きと喜びが一緒になったシグナスメンバーでした。

 



初戦ピンピンを祝して乾杯のショットです。

 

 年初から幸先のいいスタート、ただ早くも追われる立場になってしまいましたけど(追う立場の方がモチベーション高いからね)。今年はゴリラさんが調子を取り戻して来たようでシグナスも負けられませんよ。3年目を迎えたジブのパワーが落ちて来たのがちょっと気になります−−。

 以上。

  

   

 

ご意見、ご感想、乗船ご希望はこちらへメール下さい。