↑↑↑ クリック ↑↑↑                  携帯サイトはこちら

浅井のネットショップ【PIER SPORTS】店内大幅改装!商品も増えましたよ、是非御覧ください。
DBHTシャツ、OLUKAIサンダル、SPYサングラス等、好評販売中。ご家族、友人・知人に紹介していただければ幸いです。 
  

 春、スプリングレガッタのオープンレースです。シグナス苦手の三角周回コース、天国と地獄を一緒にしたようなレース展開でしたが最後はしつこい粘りでオープンとしては春夏通じて過去最高の順位となりました。


◎3月29日(日):柴田、松下、山下、吉見、浅井、小川  &マサ、中っちゃん   計8名
             

 ルルル。。前回遅刻した中っちゃん、今日は大丈夫と思いますが一応確認の電話を入れてみますよ、うん、ちゃんと起きてもう大丈夫のようです。さて久し振りの柴っさん参加、それにバウマンのデーやんが故障欠席で今日は持ち場がかなり替わりました。マサと中っちゃんがバウで、浅井と松っちゃんがコックピット担当やな。スピンアップやジャイブうまく行くんでしょうかね、まー経験はあるんだし何とかなるでしょう。
 10時、柴っさんの舵で出港です。

 



ビジターポンツーンではフローティングヨットショーが開催されてますよ。

 



毎晩遅くまでのネットショップ更新でお疲れの浅井「眠い−zzz」

 



こっちは元気一杯の吉さんとマサ、松っちゃんもちょっとお疲れモードかな

 

 オープンには約30艇が参加、一時は60〜70艇参加の頃もあったんでこの艇数は少し寂しいですが、最近はオープンと言えどレベルが高いので上位に入るのは中々難しいんですよ。シグナスの過去最高は4位、まだ3位内の入賞は無し、で今日は入賞目標で頑張りましょう。
 一文字堤防際のスタート付近には続々と参加艇が集まって来ています。

 



VELA3さん

 



ファイブスターさん、最近のスタート後の目標艇です。

 



本部船のシーブリーズ

 



良くミートするKOBE-MD(J24)さん

 



お馴染みのラッキーツーさん

 



Cロゼッティさん、マークのGPSトレースよろしくお願いします。

  



運営艇浜風、竹井さん何か思案中?

 

 スタートラインが決まり、予定通り10時55分Aクラスのレース艇がスタートして行きましたが、微風に苦戦してるようです。さー我がBクラスも準備信号が上がりました。この時点でシグナスはスターボーでラインを横切り少ししてジャイブと言う作戦でラインを流していましたが、中程のスペースが空き後方の艇も風速ダウンで艇速が落ちていたので「ジャイブや」と次のBマークに向けて有利なポートタックに変えました。

 バウのマサ君はスピンセットの変更で大忙し「スピン上げ!」「プワー」スタートの号砲、逸早くスピンを上げスタートの混雑から抜け出しました。他艇はほとんどがごちゃごちゃの中で風を掴めず出遅れていますね。「風に合わせ!」「トリム、トリム」シグナス快心のスタートです。
 すぐ前にはファイブスターさん、何とシグナスは2番目の位置ですよ。

 



スタート〜沖のマークの途中。これだけ後ろに艇を従えて走るのは初めて?かな

 

 風速は3〜4mでしたが、マークに近づくにつれ少しづつ落ちて来てますね。ちょっといらいらする展開ですが、それでもマークまで順位を維持追い付いて来たおてんとさんの前でマーク回航です。懸案のスピンダウンもうまく行き、マークを回ったところで−−−怖ーいアリ地獄が待っていましたよ。

 



マーク直前おてんとさんと競り合うシグナス    先に回航したとこまでは良かったんですが−−
(写真はKYCホームページより引用) 

 

 何と風速がバタっと落ちシグナス失速してしまいました。潮の流れと、シグナスのスピードが同じになったのか、回航したはずのマークがすぐ横にあります。じわじわと吸い寄せられてるではありませんか。「ヒール、ヒール」「柴っさんベア、ベア」「わかっとる!舵効かんのや」

 



マークの横で立ち往生するシグナス(写真はKYCホームページより引用)

 

 マークに付かず離れずぴたっと止まってしまったシグナス、おてんとさんを始め次々と回航する後続艇に抜かれ、おまけに風を取られてどうしようもない状況になってしまいました。とうとうマークタッチ(と言うかくっ付いてしまいました)、一通り艇が行き過ぎたところでやっと風を受けてペナルティの周り直しをした時はケツ2になってました。ホントについさっきまでの天国から地獄に転落です。

 まあ、こうなると逆に腰を据えて行こうと言うとこですね、最後尾から先行艇を追い掛けます。風は物凄く変化していました。数十m離れた海面で風向き、風速が全然違っていますし、先にスタートしたAクラスの艇までコースの途中で右往左往してますよ。まだまだチャンス有りです。

 何とカミカゼ!!ほとんどの艇がクローズで走ってるのにシグナスの周りだけ追風です。「スピン上げ!」とスピンを張って両サイドのクローズ艇をどんどん抜いて行きました。マーク目指して同じ方向に走っているのにポート有り、スターボー有り、そしてスピンラン有り、これは何とも面白い展開です。もう少しでトップちゃうかって勢いでしたがさすがにマーク付近まで来るとシグナスもスピンを降ろしてクローズです。

 



Cマークを回航するトップグループ、ここまで追い付きました。

 



ミッキーさんのクルーが大量移籍?したおてんとさん

 



Cロゼッティさんもいいとこに居ます

 



ダブルハンドで頑張るTAMさん、実に格好いいアングルですね。

 

 Cマークを回って、スタート点のAマークまではアビーム、それほど順位の変動はありませんがAマークを回って2周目に入ったところでまた風がバタっと止み無風状態に。先行艇はストップ、後続艇も追い付きマーク付近で団子状態になってしまいました。その中でまたシグナスにカミカゼがーー。弱い風ですがアビームで少しずつこの団子から抜けて行きます。またまたトップグループの仲間入り−−と喜んでいたら今度はシグナスだけ止まって後続がどんどん追い上げてくる展開−−もう2転3転どこじゃないですね。

 結局2回目のBマークは中程の順位で回航、トップグループもかなりこの風で苦戦してるようでまだ見える範囲内に居ます。風が北西に変わりCマーク〜フィニッシュはやや落とし気味のクローズ(シグナスの弱点)になりました。いつもならここでどんどん落ちているところですが今日のシグナスは違いますよ。

 



前を行くコスモスさんとウインドミルさん

 



ARGO−Vさんと競り合うシグナス

 



後ろからヒタヒタと迫って来るゴリラさん

 

 最後まで諦めずにセールのトリムをしっかりやりました。柴っさん艇長もよく我慢しましたね。

 



何とか順位を落とさずにフィニッシュ、後続との差は広がったようです

 

 2時間少しのレースだったので先行とのハンデ差が微妙なとこですね、Aクラスの艇がどのくらいの時間差で入ったのかわかりませんがBクラスの中ではそこそこ行った感じでした。「7〜8位ぐらいかな」「惜しかったなー、マークタッチなかったら」やはりタラが出てきますが、その後ほぼケツ状態からよう上がってきたなとメンバー皆満足感はあったようです。

 ハーバーバックして、後片付けを済ませ今回のレガッタのフィナーレ、アフターパーティ&表彰式、センターハウス前広場に集合です。

「シグナスしつこいなー、2位やで」「えー、2位ほんま?」速報の成績表をみると何と優勝はベレーザさん、2位シグナス、3位おてんとさん、それに4位ゴリラさん、5位ラッキーツーさんとホワイトクラスの常連艇が上位を占める結果となっていますよ、意外な結果に半信半疑のメンバーですが最後まで気を抜かなかったのが好成績につながったようです。

 



最後まで粘ったお陰で2位に上がったシグナスチーム

 

 トップスタートからケツに落ちてのリカバリーですからね、さー気を良くして食べるぞ!!

 

 

「わっ熱い!」「早よ上げんと焦げるで」

 



スプリング、オープンの表彰式は恒例のBBQパーティ、広場中ににおいが充満します。

 



オープンと各クラス3位までのグラスヨットトロフィー

 

 事務局から「浅井さん、浅井さん」と声が掛かったので行って見たら、人手が足りないようでカメラマンをすることになりました。

 



表彰式担当、俄カメラマンの浅井です。

 



2位表彰の柴っさんをパチリ! 右手は副賞の高価?なワイン。

 

 ホワイトの年間ポイントには入りませんが、入賞は気持ちいいですね。オープン三角コースの苦手意識も少しは払拭されたでしょう。

 

 以上。

  

   

 

ご意見、ご感想、乗船ご希望はこちらへメール下さい。