↑↑↑ クリック ↑↑↑                  携帯サイトはこちら

浅井のネットショップ【PIER SPORTS】店内大幅改装!商品も増えましたよ、是非御覧ください。
DBHTシャツ、OLUKAIサンダル、SPYサングラス等、好評販売中。ご家族、友人・知人に紹介していただければ幸いです。

 

 連休前の強風中止とまったく逆、快晴ですが風が弱くシグナスには辛い戦いとなりました(算数みたいに足して2で割れたらいいのにね)。新しいクルーさん達が艇に慣れて来たのか?新生おてんとさん早くもピンピンですよ、これからは「お天道様」って呼ばなきゃ。
        


◎5月10日(日):柴田、山下、小川、浅井  &マサ、中っちゃん、若月君      計7名

             

 8時40分、予定通り奈良の相乗り組ハーバー着。寝坊が心配な中っちゃんからは早々とメール連絡があったので、到着は少し遅れそうですが間違いないでしょう。シグナスは前日乗船したのでオーニングは外してあるし、ジブも外してあるので準備は早いですよ。浮いた時間?で「今日は風も弱いし、家財道具おろしとこ」と船内の荷物を降ろしました。

 遅れていた中っちゃんも到着、エントリーの柴っさんと山ちゃんも戻って来ました。今日は吉さんが居ないので助っ人を頼んだ模様、シグナスには稀な若手(名前も若月さん)です。「はじめまして」「よろしく」で、浅井はジブ担当に戻りますよ。10時前ですが風も弱いし、早めに出港しましょう。

 



隣のアンダンテさんは行楽にお出かけのようですね。(堺の出島かな)

 



「風吹いてほしいなー」その願い届いてほしいけどーー。

 



急遽お助けマンになった若月君です。

 

弱いですが、沖から風が吹いて来ましたのでスタートラインが設定され予定通りスタートのようです。

 



「−−8、9、10、あれ、ラッキーツーさんが居ませんね」

 

 「あの、沖でスピン張ってんのラッキーツーちゃう」「あ、あれですわ」とマサ君。「えっスピン練習?」「エンジントラブルちゃいますか」「もうすぐスタートやで。無理やな」わいわい言ってる間に回答旗が降りました。「よし、タックや」と、シートを引いていた小川さんが変なことを「あれ、シートがゆるんでる?力掛かりませんわ」「あっ解けてる」とマサの大声。「小川さん、ストップ。引くの止めて」と、時すでに遅しシートの先はパイプの中に入って見えなくなってます。

 「やってもた」そう、ジブをセットした時に片方仮止めのまま忘れていたようで2〜3回のタッキングで外れてしまったんです。シートの先はかなり奥まで入っていたので「別のシートで外回せ!」と、予備のシート(それも倍ほど長いメイン用のもの)を出してジブに括り外回しでセットしました。先にジブ側を括ってしまったので、ストッパー側にシートを通してどれだけ余り分を引いたか−−スタート前だったんで慌てていたんですね、落ち着いて考えたらそのままジブシートをパイプから抜いて外回しで付けたら良かったのに。

 



赤い点線が本来のセッティング。

 

 結局そのスタートは回答旗が上がり延期になりました。ラッキーツーさんのエンジントラブル遅れを待ったのかな。

 



ライン付近でシグナスを追い越して行くおてんとさん。スタート前なのにもう右手に○○ですか

 

 さー再度予告信号が上がり、スタート体制に入ります。シグナスは本部船寄りからいい位置でラインを流します。一分前の笛、秒読みの中っちゃん、ちょっと早いような−−、「まだ行けます、一艇身。上って!」「3、2、1、スタート!」「よし」ジャストと思いきや、少し遅れてスタートの号砲2発「リコール有りや」「シグナスリコール」「えっ」半艇身くらい?でしょうか、今度はリコールです。

 幸い前に水があったのですぐにベアしてラインに戻りリコール解消です。しばらくそのまま走りフレッシュウインドを待ってタック、いい位置にいたのでここでのロスはそれほどでもありませんでした。

 



「柴っさん、ベアベア」「よっしゃ」

 

 しばらくいい感じで走ってましたが、風速は余り上がりません。スタートの良かったJ24KOBEMDさんとVELA3さんが良く走ってますね、上マーク先行のおてんとさん、ラパンブルー、ファイブスター、Cロゼさんに続き、この2艇の後陣を配します。よっしゃ追い付くぞとスピンワークに専念、途中ジャイブで提灯になりましたが何とかロスらずに解消、下マークまでにCロゼ、KOBEMD、VELA3さん達にほぼ追い付き、あい次いでのマーク回航。

 と、此処でまたまたトラブル発生。スピンのソックスが降りませんよ!スピンハリがトップで一回転して巻き付いてるみたいです。どうも上げる時から巻いたままだったようで、いつもなら重くなって気が付くんですが今回は若月君の馬力でそのまま上がったんですね。ハリヤードを引いたり緩めたり何とか降ろそうとやってますが、クローズの体勢に入れずその間に艇はマークから横に流されて行きます。

 やっと絡みが取れて走り出した時には、折角追い付いたVELA3さん達から大きく離されてしまいました。「2度あることは3度ある」って冗談で言ってたら、ジブシート、リコール、スピントラブルと本当になってしまいました。挽回するにはちょっと風が弱いね、シグナス風吹けー。
 そのままの差で2上を回航、ラストのスピンランです。ちょっといい風吹いて来ましたがーー。

 



「よし、追い付くぞ」

 

 またまた途中で風が無くなり、万事休す。最後はほんとにイライラのイライラと言うくらい風の無い中でのフィニッシュでした。

 

 



いらいら微風で疲れましたね

 



Cロゼッティさん、このところ中々追い付けません。

 

 後続は更に大きく遅れて止まって(そう見える)いるので、この間にお昼を食べておきましょう。

 



やっとラストのVELAさんフィニッシュです。

 

 第2レース、スタート直前に風向が変わり、なかなかスタートラインを切れません。シグナスだけでなく他の艇も同じ、ほとんどの艇がタックして出ていきました。やっとラインをクリアしたシグナスの風上にはおてんとさん、風も無い?のにスイスイ走りますね、暫くおてんとさんについて行きましたが、フレッシュウインドを掴むためタックして離れました。

 いい調子で走っていると、またまた微風です。マストトップの風見がくるくる回って風がどこから吹いているのか分かりません。上マークが遠かったですね、特に今日の微風、シグナスには堪えます。裕ちゃんの唄(古いなー)に「風は気侭ーに吹いーてーいる」ってあるけどほんとに実感しますよ。他艇も苦労していますが、おてんとさんだけは沖をスイスイ走って、トップでマーク回航です。

 



上マークに向かうベレーザ、VELA3、ラッキーツーを尻目に断トツトップのおてんとさん  

 

 上マークは5〜6番手で回りましたが、先行とは大きく離れています。

 



前を行くCロゼさんに追い付けとスピントリムに専念するシグナスですがーーー。

 

 もうこのスピンランは先のレースよりも更に地獄でした。ちょっといい風が来たと思ったらすぐ無くなってほぼ停滞状態、コースの中程では完全に止まってバックしてるように感じられました。トップ艇がフィニッシュして、ジブを降ろしているのでコース短縮ですが、兎に角走りません。大阪湾レースの仮屋沖みたいな悪夢の再現ですよ。後で「どこでもヨット」(レースシミュレーション)で見ましたが(殺虫剤をかけられた)ゴキブリが悶えてるようなバタ狂ってるような動きをしてましたね、勿論シグナスだけではありませんが。

 先を行くロゼッティさんが走り出しました。でもコース中程に居るシグナスはじめ後続はビタっと止まったまま、なかなか風が来てくれません。それでも何とかかんとかフィニッシュ方向には向かっています。あれ、ずっと後ろに居たラッキーツーさんがいい感じで走ってますよ。

 



しぼんだスピンを何とかしようとするシグナスを横目に、スイスイ走っていくラッキーツーさん

 

 やっとシグナスのところにも風が来てスピンが開きました。1レース目と同じく「時すでに遅し」です。ラッキーツーさんに続いて7番手でフィニッシュ。後続の艇はそれでもまだ止まっています。「疲れたー!」

 



2レース共、芽が出ずガックリのシグナスクルー、一挙に疲れが出たか誰も喋りませんね。

 



仕方なく作り笑い?をしてる浅井です。

 

 強風のレースは体力の疲れで、成績を見ると吹っ飛びますがーー、今日の疲れは精神衛生上よくないね。ハーバーバックでもいつもの会話がありません。まー、とは言ってもいつまでもメゲてはおれません、ポンツーンに着くと一杯後片付けの仕事が待ってますし。
 艤装を解いて、後片付けをして成績発表の懇親会へ。予想してたほど悪い成績ではありませんでした。1、2レースとも7位でまだ僅差ですが2位のファイブスターさんを押さえてます。ただ3位のCロゼッティさんがじわじわ差を縮めて来てますね。で、本日の目玉はおてんとさん、何と1−1のピンピンです。上村さん挨拶で「これからはお天道様と呼んでね」って、嬉しそうでした。

 さー今日の分は忘れて次ぎの大阪湾レース、頑張りましょう。

 

 以上。

  

   

 

ご意見、ご感想、乗船ご希望はこちらへメール下さい。