↑↑↑ クリック ↑↑↑                  携帯サイトはこちら

浅井のネットショップ【PIER SPORTS】店内大幅改装!商品も増えましたよ、是非御覧ください。
DBHTシャツ、OLUKAIサンダル、SPYサングラス等、好評販売中。ご家族、友人・知人にも紹介していただければ幸いです。

 

 黄昏れ時のサンセットレース、最初の赤灯までが勝負のポイントやと張り切って出たんですがーーー。スタート後にハマった無風状態に大苦戦です。
        


◎8月1日(土):柴田、山下、吉見、浅井、小川  &マサ、デーやん       計7名

 

 いつもと違う土曜の昼過ぎと言う集合時間、思ったより道は混んでました。ゆっくりレストランで昼食をと言う思惑が外れてコンビニ弁当になりました。12時50分ハーバー着、エントリーの山ちゃんと柴っさんを残し出港準備にシグナスへ。風は残念ながら余り吹いていません。オーニング外し、ジブの交換−−「あっそうやジブは一箇所破れの補修が応急処置のままやったんや」と浅井はノースに端切れをもらいに向かいます。

 もらって帰って来るともうジブの交換は済んでました。補修の位置は手の届かない高い場所なので「また降ろすの大変やなー、レース終わってからするか」と後回しに。(強風になるとヤバイんですがね)
 エントリーの柴っさんと山ちゃんが戻ってきました。コースはハーバー沖スタート〜赤灯台〜白灯台〜スタートブイ〜赤灯台と言う一文字周回コースです。14時20分、柴っさんの舵で出港です。

 



苦手?の一文字周回コースですが、前回の勢いを持っていざ出陣です。

 

 スタートラインはハーバーのすぐ沖。風向は南南西〜南西の間で振れているので、赤灯台あたりが丁度上マークとしていい位置になりますね。

 



ロゼッティさんが早速GPSのマーキングをしていますよ。

 


.
「うーん、もう少し風が欲しいね」

 



こちらコックピットも準備万端です

 

 予定通り、15:00スタート。なかなかいい位置でのスタートでしたが風速が弱いのでややスピード不足、すぐ後ろの高速艇?に風上からの突破&ブランケット失速って悪夢になりそうです。

 



やっぱり。スタート直後、リソタダさんがシグナスの風上を突破して行きました。

 

 いつものことなので、シグナスここは慌てず回りを見て素早くタッキングです。

 



タックした直後。この時はほぼ同等の位置にいたんですよ

 



そして遥か風下にはラッキーツーさん、Cロゼッティさんの姿が

 

 しばらく良い感じで走っていましたが、風速がどんどん落ちてほとんど止まってしまいました。ここから苦難の道です。海上は鏡のようになっていますがところどころ風紋が立って風の筋があり、ドツボにハマって止まってる艇とうまく(運良く?)風を掴んで走ってる艇の差がどんどん開いて行きますよ。シグナスは一度止まると少々の風では中々走らない艇なんでじわじわ順位を落として行きました。

 

 

赤灯台が遠い!! 堤防の向こうにはトップグループのスピンが見えています

 



僅か数十mしか離れていないのに、すいすい走り出した風下艇。手前はベレーザさん
遥か彼方のCロゼさんもジェネカ張って走ってます。

 



シグナスも真剣にセールをトリムしてるんですがーー
「さっぱり動かんなー」吉さん(柴っさんも?)あきらめ顔 

 

 ようやく走り出した時には最後尾、スタートから何と1時間25分、やっと最初のポイント赤灯台を通過です。赤灯を回ると状況が一変しています。スピンランと思っていたら風向が南に変わりアビームからややクローズのレグになって、風速もどんどん上がってますよ。こうなるとシグナスも負けていませんね、すぐ前のベレーザさんに追い付き追い越しです。

 トップグループは白灯台を前にして漂ってたようでまだ回航していません。「よし追い付くぞ」と意気込むシグナスですが、もう時間が1時間半以上経っているのでコース短縮は必至。よく見ると白灯台付近で何艇かがジブを降ろしていたのでやはりコース短縮でしたね。あとは時間との勝負、せっかく吹いて来た風を最大限掴んで差を詰めましょう。

 赤灯からフィニッシュの白灯までいい風に乗って良く走りました。大きく離されていた先行艇にかなり追い付きましたよ、前半の不運?を半分くらいは取りかえした感じ、16時54分フィニッシュです。この風も少し早く吹いてくれてタラ良かったのになー。(久々たられば出現)

 



折角用意してたからとフィニッシュ後、スピンを張りました。
(淀川河口付近は雨の影響で海面が黄土色になっていますよ) 

 



白灯台を回ってハーバーバック、ホンマこのレース精神的に疲れましたね

 



黄土色の海面に航跡が黒く浮かび上がります

 

 ポンツーンに着くともう5時半を回っているので、急ぎ疲れた身体で艤装を解き後片付けです。そうそう出る時出来なかったジブの補修を忘れないようやっておきましょう。

 



ジブの破れにパッチを張っておきました。

 

 後片付けを終え「7−8位ぐらいかな」と話しながらセンターハウスへ。結果、最後の走りで大分差を詰めたようで予想よりもいい5位でした。またまた元気を取り戻したシグナスメンバーです。そして赤灯台をトップグループに次いで回ったラッキーツーさん、何と1位です。おめでとう!!

 

 以上。

  

   

 

ご意見、ご感想、乗船ご希望はこちらへメール下さい。