↑↑↑ クリック ↑↑↑                  携帯サイトはこちら

浅井のネットショップ【PIER SPORTS】店内大幅改装!商品も増えましたよ、是非御覧ください。
DBHTシャツ、OLUKAIサンダル、SPYサングラス等、好評販売中。ご家族、友人・知人にも紹介していただければ幸いです。

 

 大阪湾一周レースに次ぐロングコース、洲本一泊のクルージングレースです。昨年は往路、復路とも完走艇無しと言う結果を踏まえて今年はレース時間の延長と途中ポイントでのレース成立と言う新形式が採用されました。はたしてシグナスフィニッシュ出来るかな。
        


◎9月5日(土):古久保、山下、吉見、浅井、小川   &マサ、デーやん、中っちゃん    計8名

 

 9:00スタートと通常より2時間も早いので、朝家を出たのは何と5:30ですよ。阪奈で山ちゃんを拾って生駒でマサと合流、ハーバー近くのコンビニで買い出しをして予定より早く7時過ぎ到着です。遅刻が心配だった古さんは小川君と一緒に西宮に着いたようですから一安心、荷物(レースだけど半分クルージングだもんね)が多いのでとりあえず大物(ビール2ケースとカップ麺2ケース)を残し3人で手分けしてシグナスに運びました。

 山ちゃんは7:30からのエントリー&艇長会議へ。デーやん、吉さん、それに小川さん、古さんも程なく到着、中っちゃんもメールでもうすぐ着きますって来てたんで大丈夫でしょう。
「あれ、これ何やろ」「どれ?」「あっ、ここや。ジブのリーダーのここ()がほら」ジブリーダーのブロックを保持してるクッションゴムですね、これは。

 



ジブリーダーのクッションゴムがボロボロになって外れてました。

 

 こんな部品あるんかな?、とりあえず135には聞いておきましょう。

 エントリーの山ちゃんが帰って来ました。今回は途中でコース短縮と同じような成績を付けるようで、航路標識をマークに見立てて時間をとるようです。マサ君早速GPSに位置を入力していました。ところが東経表示のところが西経で書かれてあったので、正直に入力して「あれ?」そうそんなデータはありませんね。「あっWやなくてEやん」「そら、無いわ。この辺は135Eやで」「でた、でた」

 さー、出港しましょうか。

 



久々の古さん、今日はクルージングがてらの参加です

 


.
うーん、まだ目が醒めんわ。

 

 赤灯台付近でセールを上げました。スタートは本部船と赤灯台の見通しです。

 



セールもセット完了、さーどこからスタートするかな。

 

 参加艇もどんどん集まっています。

 



ミッキー改めHORAさん、だんだん艇に慣れて来たみたい

 



強力クルーを積んだ高速艇、おてんとさまです。

 



今日はラッキーツーさんの風かな、前回に続き優勝を狙いますよ。

 



Cロゼッティさん、今日は赤シャツで統一ですね。

 



張り切るデーやん、さースタートしっかりやろうで!!

 

 

レース運営の浜風、加藤さんと竹井さん。

 

 予定通り9時スタート。スターボーの追っ手からすぐジャイブして用意してたスピンアップ、うまく抜け出しました。

 



スタート直後、すぐスピンアップして第1通過ポイントを目指します。

 

 ほとんどの艇がアビーム〜クローズでの走行、ジブが小さく不利なシグナスはスピンでぎりぎりまで上れるとこまで上り先行艇に付いて行きます。ジェネカーでぐんぐん追い付いて来たCロゼさん「あっ、破れた!」何とジェネカがクルーから2mくらいのところで真っ二つに破れてしまいました。

 



Cロゼさんのジェネカが破れました。すぐ横はゴリラさん、びっくりしたでしょうね。

 

 この後Cロゼさんはジェネカを回収しジブでの帆走に切り替え、またシグナスを抜いて行きました。いつもならここで遅れる(と言うか置いて行かれる)シグナスですが、スピンの効果でしょう結構先行艇に食らい付いて第1ウエイポイントを回りました。前にCロゼさん、後ろにゴリラさん。「ここで短縮やったら1位やで」と相変わらずタヌキの皮算用をするのは誰でしょう。

 



第1ウエイポイントを通過、コースも落ち着いたとこで喉を潤します。
遥か後方にラッキーツー、トキワ、ZENZOHMARU

 



浅井も「いただきまーす。」

 



デーやん、ブーム押えで暑いやろーにーー。ガマン、ガマン

 

 少し岸寄りのコースをとったゴリラさんが良く走ってますね。

 



ゴリラさんがヒタヒタとシグナスに迫ってきます。

 



先行するおてんとさまから見た後続艇。
もうゴリラ、シグナス並んでますよ。その前にHORA、Cロゼ。後ろにZENZOHMARU、トキワ、ラッキーツー

 

 残念ながらシグナスの艇速が伸びません、ゴリラさんがこのグループの先頭に立ちました。そこへ遥か後方に居たトキワさんがぐんぐんスピードを上げて追い付き抜き去ります。Cロゼさんはジェネカで大きくプロパーから離れていますのでジャイブして戻って来たときはシグナスのすぐ前を通る位置になってました。

 



第2ウエイポイントに向かうトキワ、ゴリラ、Cロゼッティ。シグナスはこの3艇を追う形に。

 

 第2ウエイポイントではトキワ、ゴリラに抜かれ順位を落としましたが、それでも差が余り開いてないので上位が期待出来ますね。と、調子がよかったのはここまで、暫くスピンで走ってましたが風速が落ち先行艇を見るとスピンを降ろしクローズで走ってますよ。「わっ風変わった」
 まともにフィニッシュラインの方から吹いてきています。「詰め一本や」「こら時間掛かるで」

 それも海上一面に吹く風でなくバラバラなので「あ、おてんと止まってる」「ゴリラよう走ってるわ」「ラッキーツー、シグナス抜いたんちゃう」「ロゼッティ走ってるけど明石大橋に向かってるデ」と各々の艇が居る海面で相当条件が違うようです。シグナスはフィニッシュに向けたほぼライン上を走ってますが、艇速がいまいちでだんだん皆から離されてその内に漂いはじめました。「どっち向けてもアカンわ」「飯にしょうか」

 



もう寝るしかないね。誰を思って?

 

 時折いい風が吹いて走りますが長続きしませんね、時間ばかりが過ぎて行きます。おてんとさまは遥か彼方に消えました。ラッキーツーさんはゴリラさんを抜いたみたい、この2艇が遥か彼方に小さく見えるだけ、他の艇はどこに居るか分かりません。「淡路の陰に居んのロゼッティちゃう、ええスピードで走ってるよ。あっちが良かったんかな」「ちょっと早過ぎるで、機走ちゃう」「そやな」

 タイムリミット1時間前、流石のシグナスもギブアップです。「エンジン掛けるで」

 機走でフィニッシュに向けて走り出すと先が見えて来ました。「3艇ほどフィニッシュしたみたいや」「IRCやろ、ホワイトは無理やで」「あれ、おてんとちゃう」見ると黄色い艇がフィニッシュに向けて走っています。「その後ろラッキーツーみたいやけど」「あの形はラッキーツーです」とマサ。そのおてんとさま、何とリミット直前(記録では46秒前)にゴールしました。続くラッキーツーさんは残念ながらタイムリミットに掛かりましたが、ようここまで走りましたね。

 



フィニッシュ直前でタイムリミット。無念のラッキーツーさん

 



こちら、ぎりぎりセーフでお祝ムードのおてんとさま。ハイチーズ!

 

 さーここからサントピアまでまだ機走で1時間近く掛かりますよ、急ぎましょう。4時過ぎ、サントピアのビジターポンツーンに着きました。

 



レースを終えサントピアのビジターバースに舫う参加艇。

 

 艇を片付け懇親パーティまでには時間があるので、ホテル組(船泊じゃなく冷房の効いたホテルに泊まる贅沢?な方々)の宿舎に寄って風呂に入り、汗を流しました。さ、スッキリして懇親会場に向かいましょう。

 



KYC山田理事長の挨拶で懇親会のスタート

 

 艇の交流をはかる意味で2艇ずつ同じテーブルで談笑出来るようになってました。シグナスはZENZOHMARUさんと同じテーブルです。

 



リラックスムードのシグナスメンバー。古さん、吉さん、飲み過ぎに注意しましょうね。

 



ご一緒したZENZOHMARUの皆さんです。

 

 今日の成績発表があり第2ウエイポイントでレース成立、シグナスは5位(後日修正あり3位)、何とゴリラさんは2位!です。第1から第2ポイントへの走りが良かったですね。

 



第2位と好成績のゴリラさん、カップを手に記念ショット。

 

 この夜の懇親会は食べ物は勿論、飲み物も残るくらい一杯ありました。お互いにあっちのテーブル、こっちのテーブルと交流が盛んだったようです。そしてジャズの生演奏もなかなか良かったですよ、自然に身体が動きますね。浅井も結構飲んで酔いましたのでこれ以上思い出して文章にするのは困難です。その模様はシグナス写真館にイヤと言うほど掲載されてますのでご覧下さい。

 船泊組の4人はゴリラさんの宿エクシブにお邪魔してまた一騒ぎ(すみません、いつもお世話になって)です。12時前シグナスに戻って船上で風に当るといい風ですよ、何でこの風お昼に吹かんかったん!!

 

 以上。

  

   

 

ご意見、ご感想、乗船ご希望はこちらへメール下さい。