ワンチップ マイコン

 その昔、インテルの8080や、モトローラの6800といったCPUは、いくつかのファミリーLSIでマイコンを構成するようになっていました。続いてでてきた、ザイログのZ80や、インテル8085,モトローラ6802は少なくともCPU部分はワンチップ化されました。ここから先は、二つの流れに分かれたように思います。1つは、現在のペンティアムにつながる16ビット化、32ビット化といった処理の高性能化の流れ。もう1つが、CPUのみならず、メモリーや入出力まで取り込んだワンチップ化の流れ。ワンチップマイコンとか、マイクロコントローラーと呼ばれることもあります。これも、初期の頃は、プログラムを書き込むROMの種類に適当なものが無く、開発には、紫外線消去のUVEPROM内蔵タイプ、もしくは、UVEPROMを背中に背負い込むピギータイプ、量産には、ワンタイムROMと使い分けされていました。アマチュアに とっては、ヒギータイブは1個数千円と値段が高く、後者は失敗ができないといった状態でした。結局、ROM外付けタイプを使った製作例が多かったように思います。

私も当時、インテル8031、日立6303を買いましたが、そのままにになっています。

 現在では、電気的消去のできるEEPROM、フラッシュメモリータイプのワンチップマイコンがでてきて、アマチュアも使いやすくなったようです。秋月電子が扱っている microchip PIC 、SCENIX SX、 ATMEL AVR や、高性能な日立H8 が、入手しやすく、プログラムのライターもキットで扱っています。
 このページでは、ワンチップマイコンの初心者がはじめて使ってみる時にLEDを点滅させる程度のことを扱うようにします。つまり、ワンチップマイコンで"Hellow World" です。

      秋月製ライター、プログラマーの製作集

             Cypress EZ-USB AN2131SC

ワンチップマイコンを動かす

        Freescale(MOTROLA) HC(S)08

        Freescale MC9S12

        Freescale FLEXIS ( MC51QE128 MC9S08QE128)

             Freescale ColdFire

             SILICON LABORATORIES (CYGNAL) C8051

      TEXAS INSTRUMENT MSP-430

             NEC 78K0S/Kx1+

             NEC 78K0S/KF2

             NEC V850/ES

             Renesas R8C                        CQ出版社トランジスタ技術付録とオークス電子製

             Renesas H8/Tiny                  CQ出版社トランジスタ技術付録と秋月電子通商製

             Renesas   H8                  

             Renesas   SH2

                          SH7144F      CQ出版社インターフェイス 2006年6月号付録と秋月通商製ほか

             Renesas   SH2A           Interface 2010年5月号付録SH2A基板 CQ-FRK-SH2A

             Renesas   RX62N        Interface 2011年6月号付録RX基板 CQ-FRK-RX62N

             Cypress PSoC

             Parallax BASIC stamp

       ADuC 812マイクロコンバーター 8051系CPU 

             ARM   ARM7TDMI

                         ADuC7026              Design Wave Magazine 2006年3月号付録 FRK-ADuC

                         LPC2388                Interface 2009年5月号付録 CQ-FRK-NXP-ARM

 

             ARM    Cortex M0

                        LPC1114

 

             ARM    Cortex M3

                        STM32F103             Design Wave Magazine 2008年5月号付録 CQ-STARM

                                                      Interface 2012年6月号付録FM3基板 CQ-FRK-FM3    

             ATMEL AVR

             Freescale  Hybrid Controller   56F8323              

             OaksキットM16Cマイコン

             Microchip PIC

             Microchip dsPIC

             富士通 F2MC-16LX サンハヤトjouet blue

             富士通 FR

 

番外

          モーターを回す実験

            実験に役立つ小物

                エイリアス ゼロプレッシャーソケットの改造 600mil->300mil

               テクノキット USB-IO

 

メーカー名 マイコンシリーズ名  

内蔵フラッシュメモリー書き換え回数

         
ルネサス H8 100
ルネサス R8C 100
ルネサス M16C 100
ルネサス SH-2 SH7144F 100〜10000
マイクロチップ PIC16F8X   1,000〜10,000       L25mA H20mA  
マイクロチップ PIC16F8XX   100,000          
マイクロチップ PIC16F877   1,000          
マイクロチップ PIC18   100,000          
マイクロチップ dsPIC   10,000〜100,000          
アトメル AVR/ATtiny 1,000 40mA total200mA
アトメル ATtiny26/mega 10,000
アトメル AT89C51 8051 1,000
フリースケール HC08 MC68HC908 10,000〜100,000       PTA+-25mA PTB+-15mA  
フリースケール HCS08 MC9S08 10,000〜100,000          
フリースケール HCS12   10,000〜100,000          
フリースケール 56800   10,000〜100,000          
アナログ・デバイス ADuC814 8052 100,000          
アナログ・デバイス ADuC812 8052 10,000          
アナログ・デバイス ADuC7026 ARM7 10,000          
シリコン・ラボラトリーズ C8051 8051 100,000          
フィリップス LPC2138 ARM7 100,000          
フィリップス LPC2214 ARM 10,000          
SST SST89C58 8052 10,000
TI MSP430 MSP430F120 100,000
サイプレス PSoC 50,000
サイプレス EZ-USB AN2131 8051 RAM  
サイプレス EZ-USB CY7C68013 8051 RAM  
NEC 78K/0 100 H 5mA L10mA
NEC V850ES/Kx2 100
富士通 F2MC 10,000

*ルネサス、NEC のマイコンは、他のものに比べ書き込み回数が少ないが、書き込み保証との関係からこのようになっているのだそうです。
  学習、評価用途の場合は、1000回程度(運が良ければそれ以上)は可能だそうです。( R8C,78K/0 )それでも見劣りします。

*サイプレス社の EZ-USB は、プログラムメモリが RAM になっており、保存回数は外付け EEPROM によります。

*〜の表示は、最低値〜標準値です。

     ホームページ トップへ       目次のページへ