Against Internet Pornography
インターネットポルノを反対

Copyright 2000 Joel Matthew Rees
Takino-cho, Kato-gun, Hyogo-ken, Japan
発行元:ジョエル マシュー リース
日本 兵庫県加東郡滝野町
発行日:2000年1月2日


Some of the most anti-freedom-of-speech people I can think of must be the people who publish things intended to appeal to prurient interests. It's like drug dealers talking about free enterprise. You were free until you took your first whiff of crack. Then, if you want your freedom back, you have to fight them and yourself. And if you look like you're winning, the dealer and his friends show up to "help" you a little bit more. (What the guys at the porn sites do is buy a bunch of domain names that are likely to be typed by mistake, along with ones that stick in your mind so they're tempting to type when the fatigue of a long day at the keyboard sets in.)
言論自由の権利を反対する奴らを考えると、僕の頭に一番先に出る一つの仲間が好色趣味を誘う目的の物を公開する奴らです。 麻薬などを売買する仲間が自由企業体製を主張することと同じように思っています。 クラックコカインを嗅いだ瞬間までは自由だったが、自由の状態に戻りたいと思うなら売買人だけでなく、自分と闘う必要もあるのです。 勝てそうに見えるとすぐに売買人の仲間が戻ってきて、また勝手な「世話」をしてくれる。 (ポルノサイトの仲間がやることは、間違って打ち込み易いドメイン名を山程納めておくのです。 また、一日中のキーボード作業の疲れに負けていると、覚え易くて、耽て打ち込み易いドメイン名を。)
It's enough to make you want to hide the URL entry field in your browser's tool bar. Has anyone considered a class-action suit against the purveyors of porn for watering-down the value of domain names in general?
こんな迷惑が在れば、もう、ブラウザのツールバーのURL入力欄くを隠したくなるぐらいでしょう。 因に、ドメイン名の価値が一般的に衰えることを以てポルノ仕出し屋を訴えて集団訴訟を起こそうと思った人がいませんか?
Operaters of some pornographic sites pretend to put up barriers so people who don't really want to look don't have to. It's meaningless. The barriers themselves are much like a stripper's costume, serving mostly to excite the interest. And the so-called "refusal" button on at least one of these sites is booby-trapped, simply linking to more porn sites.
見たくないと思う人が見なくてもいいように、あるポルノサイトの経営者が障壁を建てている振りをしています。 ただ、意味のない議論に過ぎないと思います。 ストリッパーの衣装のようなもので、障壁よりは装飾の役で、好奇心を起こすようなものです。 一つのポルノサイトのページにお断りのボタンが在ったが,まぬけ落としでした。 押したら、他のポルノサイトを開いてくれるだけです。
I bumped into another site that automatically opened a new window every time I tried to close it. I had to click fast to get them all off my screen. Then I had to start my original search over again, from scratch. Yet another site was busy opening several more porno sites for me by the time I recognized it as a porno site. I guess they were trying to be democratic: just take your pick.
一つの窓を消したら、自動的に新しい(ポルノの)ページの窓を起こすようにできていたサイトにも出会ったことが在ります。 早急にカチカチをくり返さなかったら全部を消せなかったのです。 もともとの検索を一からやり直すほか、使用がなかった。 また、もう一つのサイトがポルノや否やまだ分らないうちに、他のポルノサイトの複数を開けてくれました。 民衆主義らしくどれでもいいと言っているつもりでしょうか。
It's a little like the old spook shows, where somebody opens a door and dozens of evil ghosts or whatever come swarming out to harass and attack.
昔の優麗映画みたいに、扉を開けると数十の悪い幽霊がうじゃうじゃしながら悩ましに襲いに飛び出て来るという感じでした。
Maybe there is a reason for the similarity?
その相似点には、もしかして訳が在るかもしれません。
Perhaps the booby-trapped buttons are no-brainers. But the booby-traps, the zombie-like self-re-opening pages, and the overly democratic sites are good evidence of the operators predatory intent. Entice, intimidate the innocent and weary web-surfer. Get his hormones flowing, then, when his resistance goes down, drag him into a for-pay site.
間抜け落としボタンは言わずに押すべきでないとわかっているはずかもしれません。 しかし、間抜け落とし、ゾンビらしく自動再開するページ、または民衆主義が行き過ぎたサイトは経営者の補食的な精神の物証に思います。 つまり、しんどい無邪気なウェブサーファーを誘って焚き付けて威圧する。 サーファーの抵抗力が減少してホルモンが流れ出した途端、引っ張って、有料サイトに釣れていくのです。
Even on their front pages, "Soft" porn isn't enough to compete anymore. Many porn sites already advertise images of beatings and such. Eventually, the police will have to go after the porn sites. Government will get enough backing, there will be a law, and there goes one more big piece of our freedom of speech.
ポルノサイトの入口ページにしても、現在は好色のレベルだけなら競争に入らなくなっているらしい。 もうはや、打ち叩きの画像を宣伝するポルノサイトが少なくありません。 そろそろ警察がポルノサイトをつかまえる必要あるでしょう。 政府は支持を得て法律ができてしまうではありませんか。 すると、言論自由の大きな一部が消えてしまうでしょう。
So, help protect your freedom of speech. If you happen onto a site designed to appeal to prurient interests, exercise some restraint. If you don't want to hit the close box on your browser window and lose track of a useful site you just came from, hit the back-up button in your tool bar, but no buttons on the page itself. If windows from other porn sites open too fast, you may need to use the window-close keyboard shortcut (<cmd-W> on Macintosh). 言論自由を守りましょう。 好色趣味を誘う目的にできたようなサイトに出会ったら自制心を起こしましょう。 先ほど訪れた便利なサイトの履歴を無くしたくなくて、閉窓ボックスをクリックして窓を閉じたら困る場合は、 兎に角、ページ内ではなく、ツールバー上の「戻る」ボタンを押しましょう。 他のサイトの窓が複数に開き過ぎる時はキーボード上の「閉窓」ショートカット(マッキントッシュでは <cmd-W> )を利用する必要な場合があるかもしれません。
If enough people exercise self-restraint, these guys will go out of business, and maybe do something useful instead. (I might even suggest sending tens of thousands of protest e-mail messages to sites that advertise images of beatings.)
自制する人の数が増えるとそいつらが倒産してくれると思います。 もしかして、有用な仕事にかわってくれるかもしれません。 (打ち叩きの画像を宣伝するサイトに数万の反対Eメールを送ることを提案してもいいかもしれません。)
<>
If you operate a site designed to entice prurient interest, quit. If you feel compelled to continue for some reason, put a real front door on it. Use real warnings: "Warning -- viewing this site will destroy your self-respect and impare your family relationships." It's really in your own economic interests.
好色趣味を誘うサイトを経営している者に言っておく。辞めておきなさい。 どうしても継続に持ち続けないとダメなら、入り口にちゃんとした幕を張り付けておきなさい。 それと、本物の警告をつけておき、な! 「警告〜このサイトを閲覧する人は自尊心を失って、家族関係を妨げる。」 自分の経済利害のためなのですから。
One more thing, have you have you ever considered that you might one day discover your own child among the images on your site?
もうひとつ考えてほしいことですが、 ある日は自分の子供の写真をサイトの画像のなかに見つける可能性を考えたことありませんか?


Home


^v:antiporn c00.00.01e 2000.01.03