もんもこの木


んもこの木が、目を覚ました時、
どこまでも広がる大地の上には、何も無く
ただただ空が広がっているだけだった。
ひざを抱えて座り込んだ。
自分の温もりだけが、感じられるすべてのものだった。
れぐらいの時間を一人きりで過ごしてるんだろう?
顔にあたる光が変わり、雨が髪を濡らすこともあった。
星が砕けて散っていくのも、何度か見た。

「さみしい。ひとりぼっちは、もういやだ。」

もんもこの木は思った。
んもこの木は、目を閉じて考える。
自分と一緒に居てくれる優しい生き物のことを。
言葉を微笑みを返してくれるような賑やかな
生き物を...

例えば、たとえば、タトエバ...
やわらかな、ちいさな、くるくると飛び回る...
ももんが!?
して、
本当に、ももんがが現れた。
くすぐったいような、はじけるようなおしゃべり。
初めて聞く笑い声。

もんもこの木は、驚いた。
でも、それより何よりも嬉しかった。
から後から、ももんがは現れた。
最初は心地よかったももんがの笑い声も
どんどん数が増えるにつれて、やがて雷鳴のように
大きくなり、さらに泣き声や喧嘩のうなり声も
混じるようになった。

そして、
数え切れないほど増えてしまったももんがは、
街を作り自分たちだけで暮らしはじめた。
人のときは、あんなに寂しかったのに。
賑やかになりすぎると、今度は、それが煩わしくなった。
「がまんできない!! いやだ!!」
もんもこの木は、叫んだ。
ると、誰もいなくなった。
吹き抜ける風の音の他には、何もなくなった。
もんもこの木は、また一人きりになってしまった。
自分の思った通りに...
「さみしい、たよりない。足元がすかすかする。」
う感じたとき、もんもこの木は、
そっくりそのまま、すぽんと抜けてしまった。
さっき、頼りなく感じたのは、足が大地から
離れていく感じだったのかもしれない。
んなことを考えている間にも、もんもこの木は
大地を離れてどんどん落ちていった。
自分の居た世界が、遠くなり小さくなっていく。
もんもこの木は、怖くなった。
ちていく間にいくつもの世界が見えた。
自分が、どこから落ちてしまったのかもわからなくなった。
「このまま、どこへたどり着くこともなく
  ずっと落ち続けていくんだろうか...」
の時、
もんもこの木の前にひゅるひゅると投げ輪が飛んできた。
思わず握り締めると、
今度は、ぐいっと引っ張りかえしてきた。
そして、少しずつ、ゆっくりと引かれはじめた。
「どうなってるんだろう?」
もんもこの木が、ロープの先を見ると...
遥か遠くの小さな大地に、たくさんのももんががいた。
皆で一生懸命にロープを引っ張り、もんもこの木を
取り戻そうとしている。
んもこの木は、泣きたくなった。
怖かったから
悲しかったから
助けてもらえて嬉しかったから。
そして、何より助けてくれたのが、あの自分の
ももんが達だったから。
んもこの木は、ももんがと一緒に座り夕日を眺めている。
今度は、二人とも何も言わずに黙ったままだけど、
二人の顔には、満足そうな微笑みがあった。
もんがは、もんもこの木の種をまいた。
大地には、もんもこの木の森が広がった。
そして、
もう、もんもこの木は一人じゃない。
ももんが達がいる。

皆の上を優しい風が、子守り歌を歌いながら流れていく。
いつまでも、いつまでも...

FIN

modoru2.gif (1032 バイト)go back to the Home-Page