No.147
〈 笹 山 〉                         2006/05/28(sun)

(ササヤマ)

標高    162.0

兵庫県たつの市誉田町に位置する。「西はりまクリニック」の西入口より少し入ったところに池がある、

その左に3台程の空きスペースがあり、登山口の標識がある。ここに駐車。

登山口から竹薮の遊歩道になり、何故かすっきりした気分にさせてくれる。

少し登ったところに「沖縄慰霊塔0.1Km左、女明神0.4Km右」の標識があり、

ひとまず、左の沖縄慰霊塔へ向かった。あまり手入れがされていない慰霊塔だ。

すぐその先は、東屋もある子供たちの遊び場があった。展望もあり、たつの市が見渡せる。

次は、女明神へ向かう。女明神へも、広い遊歩道があり、らくらくの道だ。

徐々に高度を確かめながら、500mほどで岩場の女明神の上に立った。展望は、良好。

岩場は、字の如し納得がいく岩場だ。ここから少し、登っていくと「鬼の足跡」らしき岩のへこみがあった。

ちょうど雨上がりだったので水溜りができ、足型に見える。  今から行く、男明神の岩がここから見渡せた。

この鬼の足跡の岩場から少しだけ進んだところから、男明神の岩を眺めれば、納得納得と思う。

両者の岩の名づけ人は、なかなかユニークな人だ。

ここからは、頂上に向かう。標高162mの低山だ。頂上までの道は、笹道ではっきりし、歩きやすい、

雨上がりなので、足元が濡れる。ピークに近づいたが三角点がない、適当にピークらしきところに踏み跡はなかったが

道からはずれて探してみると、タイミングよく三角点があった。やれやれ、一応頂上に立ち達成気分になる。

ここからは、緩やかな下り坂で、すぐに男明神に達する。

男明神には、すでに一組の先客がいて岩場の頂上には女性と男性が座っていた。

写真を撮り、ここからは、ジクザグの道で「西はりまクリニック」の病棟裏へつながっており、駐車場に引き返した。

本日の行程は、09:54〜11:24でした。


その足で、姫路市石倉の「点名;観音寺」に向かった。



    

   リニユーアル中の病棟               駐車場と登山口              慰霊塔、遊び場と笹山登山コースの分岐点

    

沖縄慰霊塔への参道                   遊び場                       スイカズラ      

    

女明神への案内板                女明神岩場頂上 高さ約110m               鬼の足跡へ   

    

鬼の足跡のくぼみ              笹山頂上へのシッカリした登山道              四等三角点 162M

     

男明神への案内                   先客                  駐車場近くから男明神