オランダから
Nickの夢
English page
Nick と知り合ったのは、Ben Granfeltさんの掲示板。彼はWishboneAshと言うイギリスのロックバンドの熱烈なファンで、ライブの録音や会場設定に参加出来る特別待遇を受けている。

そんな彼が、WAに入ったBenのギターにいちころになってしまった訳だ。Benがフィンランドに帰ってしまって、彼は寂しがっている。「いつかきっとフィンランドに行ってやるから」と彼は夢を語った。

写真(↑)

左からAndy Powell , Nick, Ben

写真(→)

会場設営するBen(右から二番目)

これはNickのギター

彼自身ギターを弾く。

BenやAndyと同じステージで弾くと言う、他のファンにとっては羨ましいことをやってのけるヤツだ!

どーだろ! この得意満面な面(爆

見ての通り、彼は白人ではない。インドネシア系オランダ人だ。彼が私を友達と考えてくれるのには、このアジアの血が理由の一つになっている。我々は、炒飯を愛する民族なのだ!
こう見えても、彼は救急救命士なのだ。

偉いヤツなんだよ♪

これはNickが「お金が貯まったら買うつもり」のバイク。早く貯まるといいね。