取りあえずWindowsではなくマックでギリシア語、を推薦する理由

まあ、こうした議論はすでにマックユーザーにしか通用しないのかも知れません。で、近藤司朗さんがWindows95で古典ギリシア語を読み書きする方法を説明して下さっているので、Windows95のユーザーはそちらをご覧下さい。



95では標準で多国語サポートが組み入れられており

Windows 95で、ギリシア語やロシア語を書くにはまず、「設定」→「コントロールパネル」→「アプリケーションの追加と削除」→「Windowsファイル」で、「多国語サポート」をオンにしなければなりません。

また、そうすると、「コントロールパネル」→「キーボード」で、ギリシア語やロシア語に対応したキーボード、フォントがインストールできます。
より詳しい解説は、北大のスラブ研究センターのページを参照して下さい。ギリシア語の場合もほぼ同じです。



Isminiフォント

Oregon大学のYAMADA Language Centerから入手できます。ここには他にもいろいろな言語のフォント、学習情報が揃っており、一度覗いてみましょう



Linguist's Software

Linguist's Softwareのページはこちらです。
住所 Linguist's Software, PO BOX 580, Edmonds, WA 98020-0580 (USA)
tel 206-775-1130 fax 206-771-5911


SMK Greekkeys、Pandora

どちらもScholar's Pressから購入することが出来ます。Software のページに入ってみて下さい。但し、オンラインでの注文は、まだ受け付けていないようです。
連絡先は次の住所です

Scholars Press: c/o Professional Book Distributors
PO Box 6996
Alpharetta, GA 30239-6996
Phone (800) 437-6692 or (404) 442-8633; Fax (404) 442-9742



SGreekというフォント

このフォントはダウンロードできます。一種類、Sgreek Fixed fontはフリーフォントです。ダウンロードはこちらから。20ドルのシェアウェアフォントを使うなら、様々な書体が利用できます。試してみたい人は、Silver Mountain 社のフォントのページへ行って、そこからダウンロードして下さい。いずれも、解凍にはzip形式の解凍が出来るユーティリティが必要です。


Athenianが、Perseusのサイトからダウンロード出来る

ダウンロードはこのページから入ります。
マック用のAthenian、Windows用のAthenianの両方があります。


SGreek系フォントとほぼ同じキー配列である、SPIonic

SPIonicフォントのダウンロードはこちらから。SGreekもSPIonicもTLGなどで用いられているギリシア語βコード(つまり普通のアルファベットでギリシア文字を表記するための規則)に従ったギリシア語フォントです。但し、本来βコードはすべて大文字だが、これらのフォントはどちらも小文字を用いる。また、文字とアクセント、気息記号以外のコードには若干異同がある。


スタイルつきテキストを扱えるテキストエディタ

一番有名で便利なものは多分Tex-Edit Plusというシェアウェアフォントです。詳しくは「マックの多言語エディタ」をご覧下さい。



混在文書をワープロに落とすとき

現時点で、マックのワープロでギリシア語が全く扱えないのは「一太郎」です。それ以外のワープロの最新版では、スタイルつきテキストのコピー・ペーストはほぼ可能だと思われます(ワードパーフェクト、EGWord、マイクロソフト・ワードなど)。スタイルつきテキストの書類と一番相性が良いワープロソフトはPascalWriteとNisusWriterで、多言語混在環境を特にターゲットにしています。これら二つのワープロは、Tex-Edit Plusなどのスタイルつきテキストの書類を、スタイル情報を維持したままワープロで開くことが出来ますし、また、スタイルつきテキスト形式での保存も出来ます。



TLG (Thesaurus Linguae Graecae)

TLGのホームページはこちら。TLGそのものはインデックスつきのテキストデータベースなので、PCでも使うことが出来ます。このホームページには、さまざまなマック、PC用のソフトウェアが紹介されていますが、先に述べたSilvermountain Software社からも、TLG-Workplaceという便利なPC用のソフトが発売されています。


NetScape Navigatorの「等幅フォント」の設定をSymbolに

英語版のNavigator2.0で説明します。
1.メニューバーのOptionsからGeneral Preferencesを選ぶ。
2.さらにFontsをクリックする。
3.For the EncodingというボックスをJapaneseに設定。
4.Use the Fixed Fontと言うボックスをSymbolに設定。
5. OKボタンをクリックする。
6.メニューバーのOptionsで、Document Encodingをチェックして、Japanese (Auto Detect)になっていたら大丈夫です。

 


SNS-Greek and Latin

SNS-Greek and Latin4.0はイタリアのピサのScuola Normale Superiore内の研究機関Laboratorio Informatico per le Lingue Anticheが開発したTLGおよびPHIの検索用ソフトです。フォントはSuperGreek系を用い(ただしシグマはs,Vともにcを使う)、作品毎のRTF書き出しが出来るのが特徴です。前ヴァージョン(3.5)は漢字トーク7.5では使えなかったが、最近ヴァージョンアップしました。かなり高価なソフトで、ソフトだけの価格で60万リラ、これに検索スピードを速める独自のTLG-Index込みの価格だと100万リラになります。

連絡先
Laboratorio Informatico per le Lingue Antiche (LILA)
Scuola Normale Superiore
56100 Pisa, Italy
Phone +39-50-509403
Fax +39-50-563513
E-mail: alphamail@sabsns.sns.it
WWW: http://www.cribecu.sns.it/~snsgreek
Centaur Systems

Centaur Systemsのホームページはギリシア語・ラテン語ソフトについての情報の重要なソースを含んでいます。また、この会社はGramma以外にもHumanist Latin Dictionary(現在唯一の電子版ラテン語辞典)を出しています。


Intellimationが出しているHyperGreek

Intallimationはハイパーカードスタックの形で多くの教育用ソフトウェアを出している会社です。連絡先は
Intellimation, P.O. Box 1922, Santa Barbara, CA 93116;
注文: 800-346-8355
電話: 805-968-2291
fax: 805-968-8899
ただし、日本ではバーシティウェーブが代理店になっていて、直接の注文は難しいという話もありますが、個人なら大丈夫かも知れません。日本の代理店を通した場合、1ドル200円以上で計算した方が良いでしょう。

バーシティウェーブ(VarsityWave)連絡先
166 東京都杉並区和田3-30-22 大学生協会館3F
電話 03-5307-1136
Fax 03-5307-1185


Greek Practice

これはDale Bowne作のハイパーカードスタックで、連絡先は
Brown Communications, Bus. & Educ. Tech.
Div., 2460 Kerper Blvd., Dubuque, IA 52001
問い合わせ電話 800-258-2364;
注文電話: 800-338-5578
fax: 800-346-2377(電話番号はすべてアメリカ)


JACTGREEK, JACT Vocabulary, GreekVerbHelp, JACT Plato Reader

すべて作者のMatt Neuburgのホームページからダウンロードできます。このページには他にNisusWriterやHyperCardのガイドがあります。


Teknia

聖書のギリシア語、ラテン語教育用のソフトウェア、コースウェアを扱う。ここには、ヘブライ語のフォントへのリンクもあります。


Perseus2.0とは?

Perseus2.0 Interactive Sources and Studies on Ancient Greece
 (The Perseus Project. Gregory Crane, editor in chief)

購入申し込みはPerseusのWEBサイトから可能です。


紀元前四世紀までの作家のテキスト

収録作家は以下の通り。ただしアリストテレスなど、全集でないものも若干ある。

Aeschines, Aeschylus, Andocides, Antiphon, Apollodorus, Aristophanes, Aristotle, Bacchylides, Demades, Demosthenes, Dinarchus, Diodorus Siculus, Euripides, Herodotus, Hesiod, Homer, Homeric Hymns, Hyperides, Isaeus, Isocrates, Lycurgus, Lysias, Pausanias, Pindar, Plato, Plutarch, Pseudo-Xenophon, Sophocles, Strabo, Thucydides, Xenophon,


CE QuicKeysという市販ソフトウェア

ホームページはこちら。解説のみを日本語にしたE/J版と称するものが市販されています。9000円程度。