蜷川演出 『オイディプス王』

オイディプスはテーバイの若い王だ。父を殺し母と交わるという予言の実現を避けるため、祖国を離れ放浪していたとき、たまたま訪れたテーバイの国を謎解きによってスフィンクスから救い、王が死んで不在になっていた王座と旧王の妃を得た。王でありながら、この国では新参者である。

四人の子供に恵まれ、それなりに幸せな人生を歩んでいたところ、町に疫病が蔓延し、人々は救いを求めてやってくる。妃の弟のクレオンをデルフォイに派遣しとりあえず神託に救いを求める。帰ってきたクレオンが言うには先王ライオスの殺害者が国の穢れとなり、それを解決しない限り疫病からの救いはない。

クレオンはテバイの予言者であるテイレシアスに助けを求めるように勧める。そのテイレシアスはためらった末、オイディプスが犯人だと断言する。

オイディプスは全く身に覚えのない陰謀に巻き込まれた。彼は必死で考える。誰かがテイレシアスを使ってオイディプスを追い落とそうとしている。そもそもライオスの殺害者を捜す必要があると言ったのは誰だ? クレオンである。神託それ自体の言葉をオイディプスは聞いたわけではない。さらにテイレシアスに聞けと勧めたのは誰だ。クレオンである。テイレシアスの背後にいるのはクレオンだ。そもそもライオスの本来の王位継承者はクレオンだった。スフィンクスがいなければ王座に座っていたのはクレオンだっただろう。

オイディプスはクレオンを呼び出す。彼は王であるより王の弟である方がずっと良いと述べる。王権と等しい力を持ち、なおかつ義務はないからだ。この弁明はあまりに無責任で本当とは信じがたい。多くの兄弟が、王位を簒奪し、簒奪されている。これは詭弁そのものだ。詭弁は誤魔化しの証拠だし、そうである以上、ことは急を要する。クレオンの動きが早いか、オイディプスが先を越すかだ。

この悲劇の前半をオイディプスの側から見るとこのようになっただろう。オイディプスは決して無思慮ではなく、彼の推論は極めて合理的だ。だが、それにもかかわらず、オイディプスはイオカステの懇願に折れ、「それがおれ自身の破滅を意味するものであっても」クレオンを許す。彼はここで争いに自ら敗北するのである。

その直後、彼の推論は全て間違っていたことが分かる。オイディプスはライオスの殺害者であった。放浪の中でオイディプスが口論の末殺してしまった相手の年格好もまた従者たちの数も、さらに事件が起きた場所と時間も、ライオスの殺されのと一致する。いや、厳密には希望が残っている。唯一の生き残りは、王位についたオイディプスを見ると、田舎へ引きこもらせてくれと王妃に嘆願したが(不吉な前兆)、ライオスたちを殺したのは複数の盗賊たちだと断言したからである。すぐに消え去ることが誰にも分かるような希望だが、オイディプスにはもはやそこにすがるしかない。

この絶望的状況は次の場面でやや改善する。コリントスから使者が現れ、市民の意志として、オイディプスに王位を継承するように望むからである。自らの布告によっておそらくテバイには居続けることができないオイディプスだが、コリントスには彼の居場所が残っている。ライオス殺しの犯人が自分だったとしても、オイディプスは破滅を免れないわけではない。羊飼いの当てにならない証言に自分の運命を賭ける必要は彼にはない。

しかし最初の神託の問題が半分残っている。オイディプスは母と交わることになる運命だった。コリントスには母メロペがいる。

しかしここで使者が吉報をもたらす。オイディプスはコリントス王ポリュボスと王妃メロペの実の息子ではない。彼は両足を刺し貫かれていたのを、テバイの羊飼いに救われ、使者自身がポリュボスに献上したのであった。使者の話を聞いて、イオカステには事情が全て分かる。イオカステはオイディプスに、真相を探るなと懇願し、聞き入れられないと知って「かわいそうな人」と嘆く。あるいはコロスにも真相はある程度分かったのかも知れない。コリントスの使者に赤ん坊を渡した羊飼いが、ライオス一行の唯一の生き残りと同じ人物だとコロスも知っている。だがコロスは真相を語る責任をイオカステに押しつけようとする。「だがそのことについては、お妃様が一番よくご存じでしょう」。オイディプスだけが、自らの出自が自分の存在と無関係だと考えている。「たとえ三代続く奴隷の家に生まれたとしても、おれは自分がテュケーの子だと思っている。」しかし彼の出自は彼の想像を超えるものだった。

羊飼いが連れてこられる。彼が恐れているのは、勿論、ライオス殺しについての証言だ。オイディプスを犯人だと名指しすればただでは済まないだろう。ところがオイディプスが聞くのは見知らぬ老人の素姓と彼に渡した赤ん坊のことである。老人の困惑はすぐに恐ろしい認識に変わる。コリントスの男は、彼が預けた赤ん坊、ライオスとイオカステの子がこのオイディプスだと言うのである。この時点で初めて、羊飼いは全ての真相を知る。舞台上で明確にそれを知っているのは彼だけである。

最後、自らの眼を貫いたオイディプスは、悲惨の極みの中で、自らとその運命についての超越的な認識に至る。目を失った後に彼はある種のダイモーンに変化するかのようだ。「だが俺は知っている」以下の台詞は、この人物の変容を告げている。しかしながら、現実には力のない人間として、オイディプスは館の中にひきたてられて行く。

かなり長く解釈を交えて要約したが、『オイディプス王』では認識の変化が状況の急転を常にもたらしている。ここにはさまざまな「認知と逆転」がある。演技はそれぞれの登場人物の認識と状況を間違えずに客に伝えねばならない。日本で、それがまともに出来ている『オイディプス』を見たことがない(と言ってもそんなに沢山の『オイディプス』を見ているわけではない。日本で5〜6本、ギリシアで2本程度か。)

その大きな理由はテキストの分かりにくさだ。難解な旧訳をいわば詩的言語として用いて一定の成功をおさめた例はあったが、それは最初から客の即座の理解を諦めるのと引き替えに得られる成功だ。岩波の全集訳は確かに明確だが、あまりに説明的で舞台に載る言葉ではない。これをベースにして演劇的な台本を作るか、演劇学会が編集した『ベスト・プレイズ』の重訳を用いるのが一番良いのではないかと思っていた。

今回の上演では山形治江が現代ギリシア語訳からの重訳の形で新しい訳を作りだしていった。これが成功した。重訳自体はこのような上演台本の場合非難される謂われはないだろう。福田恒存の訳は英語からの重訳だが、オイディプスを実にすっきりとした意志の人物として描き出しているすぐれた台本であるし、それ以外にも、上記『ベスト・プレイズ』のように、すぐれた重訳はある。現代ギリシア語からの重訳も、二十年ほど前に関西の劇団『潮流』の上演で用いられている(但しこれは支離滅裂、出鱈目な訳だった)。今回も現代ギリシア語からの重訳という点に不安を感じたのだが、山形は「分かりやすく不自然でない」日本語にすることを主たる目的とした訳で、やややりすぎの感はあるものの、全ての台詞が、作品全体の中で、きちんと意味を持つ台本を作り上げた。それは認めた上で気になったのは、「情けは人のためならず」ということわざを「情けをかけるのは人のためにならない」という意味で用いていたことと、語彙のレベルが一定していないように思えるところである。極めて平易な単語と文章語が混ぜ合わされている箇所がある。

この台本のおかげで、上演自体もすっきりと腑に落ちるものに仕上がっている。確かに、オイディプスは最初からあざけりの口調が強すぎ、時代劇の悪代官のように見えることがあり、クレオンは善人すぎ、テイレシアスは予言者の風格を持たないのだが、それらはいずれも、伝統的解釈とは少し異なるオイディプスを見せようとする演出家の愛すべき稚気だと思おう。ギリシア悲劇の面白いところは、そういう細かい性格への好悪など問題にならないほどの運命に翻弄される人々が必死に主体として行動するところである。オイディプスにとって神託の成就は運命だが、彼はそれを自らの意志で明るみに出すのだし、目を潰すという処罰を下すのも彼自身の決断なのだ。押さえるところさえきちんと視覚化されていれば、性格描写は演出家の好きにすればよい。「悲劇は行動と人生の再現であって人間の再現ではない(アリストテレス)」のだ。新劇以外の俳優が中心なので感情表現はやや図式的になったが、認識による状況の変化は、基本的にはきっちり示されていた。ただし、コロスの処理は配慮が足りない。俳優との対話の箇所で全員ユニゾンってのはちょっと変でしょ。オイディプスでは、疫病に苦しむ冒頭の嘆願者が退場し、元老たちのコロスが入場するのだが、この上演でも両者は区別されていない。両者の違いは重要である。舞台には、元老たちの視線とともに、苦しむ民衆の視線が注がれているのである。オイディプスは最後には後者と同化し、後者を浄め救う生贄の獣になる。

ただ、こうして明確な上演を提示されてみると、(言っていいのかな、ええい、言ってしまおう)作品の持つ合理性、破綻のなさが現代人には物足りなく感じる。悲劇のお手本のような作品だが、全てが符合しすぎて理に落ちてしまいそうになるのである。

例えば、テイレシアスとオイディプスの論争(アゴーン)で、罵倒されたテイレシアスは「私はあなたの目には愚か者でも、あなたを生んだ者たちの目には分別があるものだ」と語り、自らの出生に疑念を持つオイディプスは「誰がおれを生んだというのだ」と問う。それに対するテイレシアスの答えは「この日があなたを生みそして滅ぼすだろう」であるが、それを山形は「今日あなたは本当の意味で生まれ、滅びるだろう」と訳す。原文で形式的に成立していた問答はこの翻訳では失われる。