動画コーディック形式の説明とインストール方法

06/09/05
【著作権放棄】
この記事は
2004年2月10日作成
2005年3月26日改訂
です。

動画圧縮形式で広く普及している形式の紹介とダウンロード方法
ウェブにはaviが圧縮された動画につく拡張子と誤解を招くような記事がありますが、avi形式は元々動画圧縮形式を指す拡張子ではありません。Windowsで扱われる動画の拡張子として長い間使われていた物です。ここ2,3年あたりはマイクロソフトが.wmvという拡張子を推奨しだしてからは劇的に少なくなりましたが、それでもなお、しぶとく残っている動画を示す拡張子です。
この記事ではメジャーなコーディックのダウンロードとインストールの方法を紹介します。

DivXとは

解説はこちら(e-words.jp)DivX公式ウェブサイト DivX公式(日本語)

サンプルムービーとして著者関わっているサイトで無料配付しているDivXビデオをあげておくSAMPLE MOVIE("sky"2005,cas-style)

DivXのインストール方法

DivXビデオを再生するだけならばここをクリック(DivX ver5.2.1)ページ一番下青の「DivX」の右にある「FreeDowmload」をクリックし、次のページで使用するOSなどを選んで「ダウンロード」をクリックし、ダウンロード。(メールアドレスは入力しなくともダウンロード可能。)その後インストールプログラムを実行する。
備考
・インストール時にアドウェアのインストールを促すメッセージが出るバージョンがあるが、これを拒否してもインストールは可能。Windows Media Playerがあれば専用プレイヤー[DivX Player]をインストールする必要はない。ただ、ビデオファイルが一部欠損している場合Windows Media Playerで実行できなくともDivX Playerなら実行できることがある。
・Dr.DivXはDivX形式の圧縮をかけるソフトウェア。コンテンツ制作者向けのプログラムであり、再生するだけならば、「DivX」で十分。


自分宣伝
無料動画配信cas-style北九州市立大学ディジタルコンテンツ制作サークル

Xvidとは

XvidとはDivXの一部商用化(エンコードソフトDr.DivXなど)に反対するDivX技術者が作った派生種のコーディック形式である。名前が逆さになっているところが小粋。

Xvidのインストール方法

本家ではソース提供だけでインストールプログラムが用意されていない。(この記事を最初に執筆した2004年2月現在の状況。2004年5月に正式版が公開されたらしい。以下は2005年3月26日に書き直した物。)複数記事を見るとhttp://www.koepi.org/が一番よく紹介されており、実行ファイルXviD-1.0.3-20122004.exe (621kb) をダウンロードし、インストールしておけば間違いなく再生できる。
また、専用プレイヤーを使うのもよい。ALTECH日本語で探せる世界のソフトウェアで紹介されているXVid;-) 2.0もいいかと。
ソースの入手方法
Xdivの公式ウェブサイトから上メニューのDOWNLOADSにとぶ。ページ下にあるリンクから自分の環境にあったものをダウンロードする。

コーディックパックについて

コーディックパックとは様々なコーディック形式を一気にインストールできるパッケージのことである。初心者にとっては手間が省けて大変便利であるが、収録されているコーディック形式のバージョンが古いことが多い。また、コーディックパックの作り手が有害な情報を含めている可能性もある。そこでパックの制作者が信用できる人物である場合以外は必要な時に必要なコーディックを入手、インストールすることをおすすめする。

コーディックのダウンロードエラー

Windows Media Playerでコーディックのダウンロードエラー(DX50が必要)とエラーコードが表示されたならば上記DivXのインストールをすると解決できると思う。複数記事を参照したところどうやらDX50とはDivXのことを指しているらしい。ちなみに最近のDivXはXvidのビデオもサポートしている。。


【著作権放棄】このドキュメントに対して発生する著作権を放棄します。 よって、許可無く転載、転用、他サイトからのリンクを張ることができます。

書庫インデックスに戻る
サイトトップに戻る