安東(秋田)氏

参考:東北地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

【安東氏略史】
安東氏については安倍貞任の第二子、高星から始まるとされる。父貞任が討たれた後、津軽に流浪し、高星の子の時代に藤崎(青森県南津軽郡藤崎町)を本拠としたという。(一方鎌倉時代、得宗領だった藤崎の地に北条氏の代官として入った「身内人」の一族ではないかという説も出ている。『保暦間記』によれば「安東五郎ト云者。東夷ノ堅メニ義時ガ代官トソ」との記述があるという。)
 
 鎌倉末期に安東氏は一族で争い(津軽大乱)、本拠に残った「上国安東家」と十三湊(とさみなと、北津軽郡市浦町)に拠った「下国安東家」に分裂した。上国安東家のその後は不明である。さらに下国安東家は「(土崎)湊安東家」(秋田市)と「十三湊安東家」に別れる。「十三湊安東家」は南部氏の攻撃により一時蝦夷地に逃れ、(このとき逃れた安東政季の弟が下国家政で「下之国之守護」に任じられたとされる。)本州に戻ったのち、十三湊から檜山(秋田県能代市)に本拠を移し「檜山安東家」となる。この「檜山」「湊」両安東氏が室町時代から並立していくことになり、「檜山」は「安東太郎」、「湊」が「安東二郎」を代々名乗るのである。

 戦国時代に入り、両安東氏は互いに争うが、「湊」の家系が絶え、愛季の弟である茂季が養子に入ることで実質的に「檜山」の安東愛季が「湊」「檜山」両安東家を併せ、安東氏(のちの秋田氏)が統一される。しかし、天正十五年(1587)、愛季が死んで幼い実季が跡を継ぐと、天正十六年末頃より、それに乗じて茂季の子である湊(安東)道季が湊氏の独立を画策して戸沢氏など近隣諸豪族と結んで反乱を起こした。この乱は翌十七年に至って大規模な争乱に発展し、実季は一時、男鹿の脇本城でなく守りの堅い檜山安東氏の本拠、檜山古城に退かざるを得ないなど、苦境に陥った。しかし実季側への由利衆らの加勢もあって湊氏の諸勢力を駆逐し、秋田周辺の領域や安東家一族を完全に掌中に収めるに至り、湊安東家の檜山安東家への吸収、安東家の統一を実現した。

しかし、この合戦は豊臣秀吉から「私戦」と見なされ、その弁明のために実季は上洛し秀吉に臣従、領知を安堵されて豊臣大名としての一歩を踏み出した。豊臣政権下では秋田地方の太閤蔵入地の代官に任命され、また朝鮮出兵のための安宅船や伏見作事用の材木を運送するなどの役目を担った。天正十九年(1591)ころより、安東実季は「秋田」姓を名乗り、一族にも「秋田」姓の下賜を行っている。

その後、秋田氏は関ヶ原合戦後の慶長七年(1602)には佐竹氏処分の余波を受けて常陸宍戸への転封を命じられた。そのため、秋田氏一族は「秋田」姓を廃し、先祖である安日(あび)が破れはしたが神武天皇の東征に対して生駒嶽で戦った、という伝承にちなんで「伊駒」姓を名乗った。(のち「秋田」姓に復姓)その後、実季は寛永七年(1630)に伊勢国朝熊へ閉門を命じられた。実季の子、俊季は正保二年(1645)に陸奥三春に移封され、幕末に至った。

安東氏系図

【安東氏の一族・家臣団】

・竹鼻(安東)広季【たけがはな(あんどう)・ひろすえ 生没年未詳】
伊予、勘解由。安東氏庶流で湊安東家初代、鹿季の次男の家系という。
「竹鼻伊予」は入道してからの名で、本姓は安東氏。

・大高筑前(守)【おおたか・ちくぜん(のかみ) 生没年未詳】
本姓蓬田。安東愛季の子、実季の覚書によれば愛季時代の「侍大将」であったという。また「大高光忠」という人物が南部側の史書、『南部史要』に永禄元年(1558)の安東氏との和睦で登場するが、
同一人物かは不明。 湊安東氏の反乱の時(天正十七年、1589)にも由利十二頭の赤尾津氏に派遣された。
 越後上杉氏の臣、直江氏や大宝寺氏家臣、土佐林氏との交渉を受け持っていたようである。
2001/1/3加筆訂正

・大高胡斎【おおたか・こさい 生没年未詳】
筑前。上の大高筑前の子。なお、大高氏は安東氏の重臣で、大高姓の人物が安東家にかなり存在していたという。

・嘉成康清【かなり・やすきよ 生没年未詳】
常陸介。米内沢(北秋田郡森吉町)城主。天正十九年に阿二風張城を攻略した。嘉成氏は葛西氏の一族で、下総から陸奥に入部し、「金成」と称したがその一部が出羽に入り「嘉成」と称したという。そのため、嘉成氏は安東氏の重臣ではあるが大高氏等とは性格が異なり、自身の知行地に在住していた国人領主的な存在だったということである。
2001/1/3訂正(資清→康清)

・嘉成重盛【かなり・しげもり ?〜1590(天正18)】
右馬頭。貞清とも。『秋田市史』史料編は右馬頭を惣領家とし、康清を庶家とするが、安東実季の覚書によれば「賀成常陸子右馬頭」とあるので康清の子であろう。永禄八年(1565)、安東氏の鹿角攻めに功があり、阿二郡代となる。
 天正十七年に湊安東氏の反乱に乗じた南部氏に攻められたが撃退。家臣である奈良岡惣五郎が萱森判官を討ち取ったということで感状を与えている。翌年、南部氏に奪われていた大館城を奪還したものの、このとき討死したという。

・嘉成季俊【かなり・すえとし? 生没年未詳】
播磨。上記嘉成氏の一族と思われる。木戸石(北秋田郡合川町)城主。安東実季の湊・檜山両家の合戦での覚書には「侍大将賀成ハリマ」とある。文禄元年(1592)の分限帳で百二十八石余。慶長六年(1601)では二百石となっているが「病死」とある。
 この分限帳は慶長六年末より翌七年初めころに病死、或いは暇を出された家臣について注記があるため、播磨もこのころに死去したと考えられる。その後、嘉成氏は安東氏の宍戸転封の時に浪人して津軽家に仕えたが、間もなく安東氏(当時は秋田氏)に帰参したという。
1999/12/16「嘉成氏」加筆・追加。

・豊嶋重村【としま・しげむら 生没年未詳】
刑部少輔。入道して久真。秋田市南部周辺を領していた国人。子の重氏が湊安東氏の使者として大宝寺氏へ赴いているため、湊安東氏家中で重要な位置を占めていたと考えられるという。元亀元年(1570)、湊(安東)茂季(愛季弟、湊氏を相続)を攻撃したが、二年余りの対陣の後、出馬した(檜山)安東愛季に敗北、支配地である豊嶋郡を奪われたという。
 豊嶋氏は畠山重忠の末裔と称し、重村の父が豊嶋郡を与えられたため豊嶋と名乗ったという。
2001/1/3訂正(小野寺家臣で紹介していましたが、安東家家臣(豪族)であったことが判明。こちらに移動。)


【追加分】

1999/12/23追加
・湊(安東)種季【みなと(あんどう)・たねすえ 1565(永禄8)〜1635(寛永12)】
左馬允。湊安東家、湊氏季の嫡子。元亀元年(1570)に元服、愛季から「種」字を与えられ「種季」と名乗る。のち愛季、実季の腹臣となるが安東氏の常陸転封には従わず、秋田に居住、新たに入封した佐竹氏の家臣となったという。しかし佐竹氏家臣となった後にも、安東氏の「季」の一字を代々名乗り、由緒ある家柄であることを強調したという。
2001/1/3訂正(没年:寛永11→12)
2001/4/22加筆(生年判明)

・南部季賢【なんぶ・すえかた 生没年未詳】
宮内少輔。南部氏一族であろうが詳細不明。天正六年(1578)、上洛し信長に謁す。それ以後数度上洛し当主愛季の外交役を担った。

・北畠慶好【きたばたけ・みちよし? 生没年未詳】
右近。北畠顕村(弾正)の子。のち男鹿脇本城下の岩倉に居住し、愛季より「季」字を拝領した事によって「岩倉季慶」と改名、愛季・実季時代の外交担当として活躍した。のち「湊」「秋田」の姓を名乗る事も許された。

・畠山清信【はたけやま・きよのぶ 生没年未詳】
豊嶋氏(もと畠山を称す)の一族ではないかという。娘は愛季の側室。実季の実母で、実季ら三男一女を産む。当主の室の父とのことだが、どの程度権力を有していたかは不明。

2001/1/3追加
・安東業季【あんどう・のりすえ 1567(永禄10)〜1582(天正10)】
安東愛季の長子。弟で家督を継いだ実季の晩年、万治元年(1658)に完成したという系図では十六歳にて没。高野山にある秋田家過去帳に命日が天正十年五月二十二日とある。

・湊氏季【みなと・うじすえ 1511(永正8)〜1603(慶長8)】
摂津守。種季の父。安東尋季(愛季祖父)の弟にあたるという。安東氏の宿老。安東氏の先祖代々の事と安東氏重臣に関する覚書を残した。
2001/4/22加筆(生没年判明)

・安東安叟【あんどう・あんそう? 生没年未詳】
相模入道。安東実季の覚書である「湊檜山両家合戦覚書」に「是ハ当家御一門也、…当家自然断絶ノ時ハ此家より継之人也、依之実季ニ代テ万事ノ下知ヲセラレタ…」とある「下国相模」か(下国安東氏=檜山安東氏)。
 文禄三年(1594)十月に当主実季が上洛するに当たって重臣が連署した起請文には前から二番目に署名している。

・安東(湊)英季【あんどう(みなと)・ひですえ 1580(天正18)〜1635(寛永12)】
玄蕃頭。愛季の三男で実季の同母弟。十歳で父に死別したため、兄実季の猶子となる。文禄元年(1592)の分限帳では四千二百石余を領している。上記文禄三年(1594)の重臣連署の起請文にも署名。大坂の陣にも出陣した。

・秋田(湊)季時【あきた(みなと)・すえとき 生没年未詳】
兵右衛門。「秋田」の名乗りの前は「湊」を名乗っていたようであり、安東氏一門であろう。安東氏直轄地の代官を務めていた。(文禄元年の記録では八か村、千七百石余。また「湊兵右衛門」と記載。)慶長六年の分限帳では「秋田兵右衛門」と記載され知行高千四百石余である。

・大高安時【おおたか・やすとき 生没年未詳】
安東氏重臣大高氏一門。伝右衛門。能代城代であり、安東氏直轄地の代官であった。知行高は文禄元年(1592)に四百石余。

・大浦智忠【おおうら・ともただ 生没年未詳】
伝内。慶長六年の知行高は七百石程度。安東氏直轄地の代官や、安東氏の敦賀屋敷で物資売却に当たった。「秋田」姓を名乗っている文書も存在する。

・一部勝景【いちぶ・かつかげ ?〜1590(天正18)】
式部少輔。秋田周辺、大平郷を領していた国人領主。長尾氏一族であり、大江氏とともに分割支配していたが、勝景の時代に庶子家である一部家が天正の頃、大江氏を凌ぐ勢力を持って惣領家となったと考えられるという。天正十七年の湊道季の反乱に加わり、翌年戦死した。
 嫡男の景家は安東実季の臣、中津川駿河の家臣となり、その後安東氏の転封に従わずに、秋田に入封した佐竹家臣の梅津氏に仕えたという。二男景国は文禄五年(慶長元年、1596)に安東実季より百石を与えられているため、安東氏の家臣化したと考えられるという。


【補足】
安東氏周辺領主の家臣

【参考文献】

『秋田市史』第二巻 中世通史編 1999
『秋田市史』第八巻 中世史料編 1996

『戦国大名系譜人名辞典 東国編』 1985
『三春町史』 第8巻 近世資料1 1978
菊地吾郎『南部史要』 1911
『秋田人名大事典』 1974
遠藤巌「戦国大名下国愛季覚書」(羽下徳彦編『北日本中世史の研究』 1989所収)
同「湊學氏所蔵秋田湊文書」(『青森県史研究』3、1999)


HOMEへ / 武将列伝indexへ / Making of 安東氏へ