浅利氏

参考:東北地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

【浅利氏略史】
浅利氏は甲斐源氏を称し、甲斐国浅利郷が本領とされる。源頼朝の奥州藤原氏征伐に参加、比内地方一帯の守護職を得たとされているが、確実に浅利氏がこの地方を領有していたのが判明するのは14C中頃からである。しかしそれより16C初めまでの動向は不明で、甲斐の本貫地より浅利氏の本流、浅利則頼が移住したとされ(移住はなかったとする説が最近の研究ではでてきている)、それより再び歴史に姿をあらわしてくる。

則頼が独鈷(とっこ、現 北秋田郡比内町)を拠点とするまでの説はいくつかあり、津軽から比内地方に入部、赤利又(現 北秋田郡鷹巣町)、次いで比内地方中心部である独鈷に移住したという説と、甲斐から赤利又に移住、そして独鈷に築城したという説があり、また近年の研究では甲斐国より本流の移住はなく、則頼は比内浅利氏であるという説もある(浅利政敏氏による)。

1510年代後半には則頼は兄弟を城代として配置し、比内地方を勢力下においたことが知られる。しかし地域的に安東氏・南部氏の勢力の間にあったため、子の則祐の代、永禄五年(1562)には則祐は安東氏に攻められ自害し、浅利氏は安東氏の臣下となって比内地方の代官としてこの地を支配した。


しかし、豊臣秀吉が全国を統一し、太閤検地が行われたころに浅利氏の安東氏への軍役金未納問題が発生し、裁定は秀吉のところにまで持ち込まれたが、大坂に召還された浅利頼平が急死し、この問題はうやむやに終わってしまう。頼平に子が無かったため、浅利氏の嫡流は断絶した。

2000/6/3訂正:記述内容の訂正など(浅利政敏様のご教授による)

浅利氏系図


【浅利氏の一族・家臣団】

・浅利勝頼【あさり・かつより ?〜1583(天正11)】
則祐の弟。義正とも。則祐滅亡後、安東氏に臣従。天正十一年、安東氏に講和の会談と称し招かれ、謀殺された。

・浅利頼重【あさり・よりしげ 生没年未詳】
則頼の弟。勘兵衛。天文末年ころと推定される分限帳に「笹舘城主」としてみえる。

・浅利頼平【あさり・よりひら ?〜1598(慶長3)】
勝頼の子。勝頼の謀殺後津軽に身を隠す。津軽為信の斡旋で再び比内に戻り、安東氏の代官として比内を支配。上記のように秋田氏と訴訟を起こし、訴訟中に大坂で死去。

・浅利頼広【あさり・よりひろ 生没年未詳】
勝頼の次男。勝頼の謀殺は安東愛季の家臣によるという説と愛季と結んでいた勝頼側近が謀殺したとの説があるが、その殺害にかかわった者を見つけて討ち取ったという。

・門脇政吉【かどわき・まさよし 1529(享禄2)〜1613(慶長18)】
兵庫助。典膳の子。湊(安東)友季に嫁いでいた則祐の妹が友季死後に政吉に再嫁したため浅利の姓を与えられ、八木橋城代(北秋田郡比内町)となった。頼平時代の天正十四年(1586)、津軽為信の援助を得て大館城を攻めたという。慶長七年(1602)隠居、「牛蘭」と号した。慶長十八年没。
2000/6/3訂正:実名や詳細が判明(浅利政敏様のご教授による)

・片山大膳【かたやま・だいぜん 生没年未詳】
諱は不明。浅利家家老。分限帳にみえる。子の時代と思われるが、浅利氏と安東氏の係争中、すでに安東氏支援の側にまわっていた事が判明している。

・野呂左馬亮【のろ・さまのすけ 生没年未詳】
片山と同じく家老。分限帳より。


【追加分】

2000/10/4追加
・赤石氏実【あかし?・うじざね 生没年未詳】
左近。浅利氏当主が安東氏との軍役金未納問題で上洛中、安東氏の家臣に対して、当主不在のため使者を派遣されても埒が明かない旨、申し入れている書状に松尾久成と共に署名。留守居中の中心的家臣であろうか。
2002/4/15 加筆

2002/4/15追加
・松尾久成【まつお・ひさなり? 生没年未詳】
七蔵。上記赤石との連署の他、浅利重氏と署名している文書も見られる。

・浅利重氏【あさり・しげうじ 生没年未詳】
勘兵衛。赤石の所に記したが、浅利氏当主の上洛中、留守居と思われる家臣が連署して出した書状は赤石・松尾二名の連署と、もう一通、この浅利を加えたものが遺されている。文書の署名は、一般的に後に記した者が地位が高く、重氏は三名の中では後に署名している。しかも「浅利」姓を名乗っているため、当主浅利氏の一門の可能性も考えられる。また、「勘兵衛」と言う通称から浅利則頼の弟、頼重の子かとも考えられる。

★2002/4/15加筆:この三名は、当初『秋田市史』では赤石氏実のみしか実名が判明しておらず(しかも、「儀高」とされていた)、松尾・浅利の両名の収録を断念しましたが、東北大学附属図書館の「秋田家資料目録データベース」(試行版)により、実名が明らかとなったので、追加収録しました。

【参考文献】

『大館市史』 第一巻 1979
『秋田市史』第八巻 中世史料編 1996
東北大学附属図書館「秋田家資料目録データベース」(試行版)


【他サイト情報】
浅利氏に関して、「北秋田の中世」(「秋田浅利氏顕彰会」事務局長で、上記「門脇政吉」のご子孫でいらっしゃる浅利政敏様による)のサイトが専門的に扱っていておすすめです。

HOMEへ / 武将列伝indexへ