掲示板 「無名庵」過去ログ その十八
No.301〜350(2001/6/25〜8/06)

戻る / HOMEへ


[350] 間違えてました。 投稿者:北畠具顕 投稿日:2001/08/06(Mon) 13:54
すんません。

http://members.tripod.co.jp/shugaku/home/index.htm


[349] 御本所 投稿者:源為国 投稿日:2001/08/06(Mon) 11:46
 後北条家は宗家当主が後本城様といわれていたり、名門守護はおやかた様と言われていて、でもやっぱり、「苦しゅうない」というせりふを言うのは誰かといえば殿様と答えるのがポピュラーですかねぇ。

 上杉鷹山、武田信玄・・信長の様なドラマ見ると「おやかた様」の連発ですが・・

 でも幕府から屋形号免許貰わなくても地方武士団の棟梁つまり殿様ランクより同格か下の武士は「親方」「親方様」と呼ばれていて字こそ「御屋形様」「親方様」の違いはありますが、結局同じては?と思ってしまいます。

 今の北条時宗では毛利季光夫人が夫を「おやかた様」と呼び、後の人物はすべて名前に様をつけていますが、この細かい差は何でしょうね。

 毛利家は大江朝臣の公卿出身ですが・・ドラマ構成での敬称使用方法について疑問を持った次第。

[348] 上洛中 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/08/05(Sun) 22:24
どうもこんばんは。
現在、井伊掃部頭様御城下、宇喜多家旧臣との伝のある方の家に逗留中です。
本日は北陸方面より初めて湖東を通過し、余呉・木之本などを通過して
来ました。

今週いっぱいおそらく書き込みできないかと。

>北畠具顕様
え〜と、昔いらっしゃったことがあったと記憶しています。
ご無沙汰しております。
ところですいません、ページが繋がらないのですが。。。

[347] 以前に 投稿者:北畠具顕 投稿日:2001/08/04(Sat) 11:36
北畠氏が無名大名じゃなくてよかったといっていた北畠です。
覚えてらっしゃらないかもしれませんが・・・。

御所については北畠家については当主を御本所、隠居を大御所と呼んでいたようです。久我家文書の中で当主、具房がご本所と呼ばれてますし、沢氏古文書の中では具教の父晴具が大御所と呼ばれています。
なお、北畠家は将軍家から一時拝領しておりますがこれは対外的に使うもので傘下豪族等に大しては拝領前の名前で文書を出したりしています。

ところでリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

http://members.tripod.ne.jp/shugaku/home/index.htm


[346] でましたね 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/08/03(Fri) 20:07
パワーアップキット、でましたね。
購入予定なんですが、今日買ってもしばらくできないので、情報収集だけにしてます。

>源為国様
いや〜、軽い気持ちで書いただけなんですが(笑)、恐縮です。
しかし、源様のように詳しくご存じの方でも西園寺氏の「御所」について
ご質問なさっていたように、歴史というのは奥が深いというか、細かいところが全然分かりませんね。

>戦武堂様
お久しぶりです。恵利内蔵助、出しました。ついでに弟も。

>なんてネタはOKですか?(笑
どうぞどうぞ。でも戦武堂様の名前じゃなかったら、最近変な投稿が多く
警戒心が強くなっているので(笑)、過剰反応してしまうかも知れませんが。

でも2ちゃんねらーの
>よろしくお願いしますね!
にはちょっと困るかも(笑)。

[345] どうもこんばんは! 投稿者:戦武堂 投稿日:2001/08/02(Thu) 01:47
2chでこちらのサイトを知りました!
よろしくお願いしますね!
なんてネタはOKですか?(笑

[344] 御所号 投稿者:源為国 投稿日:2001/08/01(Wed) 13:30
 *^o^*)コ(*^_^*)ン(*^ー^*)ニ(*^ー^*)チ(*^O
> ^*)ワワ (´・ω・‘)

本当〜っっに助かりました。あれだけ詳細にご丁寧にお教え頂き改めて感謝いたします。


 さて御所号のお話が出ていたのでぶしつけながら書かせていただきます。御所とはすなわち天皇あるいはその宮の別称です。しかし皇族やその御殿にも御所という敬称で呼び、さらには大臣・将軍本人またはその居館にまで御所という敬称が使用されます。
 正式な解釈ではありませんが、拡大解釈として公卿とその師弟に対し御所と呼ぶ事もあったそうです。

 一条家の御所号は単に公卿それも摂家の出である事から国司とは関係なく中村御所

 北畠家ですと公卿ではありますが南北朝時代に鎮守府将軍に任ぜられた事から御所号を使用した生活が強いです。

 足利一門ですと完全に征夷大将軍とその一門である事から御所号が使用されたみたいですね。

 有力守護ですと幕府から屋形号免許を授与され普通の守護・守護代・国人なら家臣より殿様と呼ばれるのに対し屋形号保持者は家臣より御屋形様といわれる事が多いですね。
 多いと書いたのは例外もあっての事です。それは御屋形様という敬称は屋形号保持者の勢力範囲および自邸以外では使用される事が憚られたからです。特に他家の人前で主人を御屋形様と呼ぶと失礼にあたります。

 屋形号保持者の跡取は上様か新屋形様(あらやかたさま)
保持者の妻は御簾中、御たいほう、奥方様 御裏方様

 殿様の妻は御方様、奥方様 奥様

 軍役衆の様な土豪には主という敬称、その妻には奥様、御新造様
が適当でしょう。

 屋形号保持者たる守護大名の家臣はほかの守護と違い直垂に烏帽子の着用が許されました。

 烏帽子と直垂がつけられない家臣が大勢いた事から戦国時代に素襖や裃が出回り江戸自体に大成したといえるかもしれません。

足利一門・管領・探題には裏書免許といい、手紙から自分の署名を省く事ができます。
 守護の格式は白傘袋・毛氈鞍覆を使用が許されます。
守護代は唐傘袋・毛氈鞍覆です。

 ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ 

[343] よかったですね 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/31(Tue) 21:14
>源為国様
お力になれて(というか私よりけのくん様のおかげですが)
よかったです。

>けのくん様
色々とご教授いただき、ありがとうございました。


ところで、「御所」のことですが、
国司だと「御所」なのかな、とふと思ったりしました。

>味舌様
バックナンバー、ちらっと見せていただきました。
ひょっとしたらHPで閲覧させていただく方がフォントが大きくて(メールソフトのフォントを大きくすればいいんですが)
見やすいかも…。
ずっと続くことを期待しています。

[342] 無題 投稿者:けのくん 投稿日:2001/07/31(Tue) 13:19
源為国さん、大したことしてないのに恐縮です。
商業出版か同人か分かりませんけど、400頁ですか?
すごい量ですね。
いずれにせよ、おめでとうございます。

[341] 有難うございました。 投稿者:源為国 投稿日:2001/07/31(Tue) 11:00
けのくん様、くらのすけ様、有難うございました。
色々勉強になりました。おかげで歴史の資料を編集して
400ページからなる本が出来、感謝いたします。

[340] 邪馬台国はやっぱり … 投稿者:靴下カタオ 投稿日:2001/07/31(Tue) 01:10
こんばんは〜。
ボクのサイトの

http://www.KenAshizuka.com/archives/a5.htm

というページで、邪馬台国のことについて調べる必要があったので、ネット徘徊してるうちにここにおじゃました。
邪馬台国は甘木・朝倉地方だったと思ってたんですが、
どうもそんなに簡単じゃないみたいですね。でも甘木・朝倉だったらいいのに、と思います。
また来ま〜す。

http://www.KenAshizuka.com/


[339] 訂正 投稿者:けのくん 投稿日:2001/07/30(Mon) 21:03
松葉城は平山城ではなく山城の間違いです。

[338] 西園寺家の居城 投稿者:けのくん 投稿日:2001/07/30(Mon) 20:11
>よく公家大名は一条氏なら中村御所、北畠氏なら多気御所といい、姉小路氏の
>居館は柳の御所といいますが、西園寺氏には〜御所という敬称はなかったんでしょうか?

西園寺氏の本拠地は岩瀬城、
1430年ごろから岩瀬城を改めて松葉城と称すようになりますが、
宇和町誌によると
「1236(嘉禎2)年、西園寺前相国公経に北条泰時より沙汰があり橘公卿の宇和の地を改易し領有させる。これより宇和郡は西園寺の荘園となる。(岩瀬城)」とあるらしく、
松葉城も小高い山頂にある平山城であり、
梯郭式城郭の体を取っておることもあり城塞としての機能が高かったのでは?

後に西園寺実充(公広)の手による黒瀬城になりますが、
築城が1549(天文18)年、理由が松葉城には連絡の砦なく要害を欠く為らしいので、
純粋に防御拠点としての機能を求めての移転のようです。
ちなみに黒瀬城は連郭式城郭だそうです。

ということで、詳しい資料も手許にないことですし、
御所、御殿のような別称は見当たりませんでした。
お役に立てず、申し訳ない。

[337] 有難うございました。 投稿者:源為国 投稿日:2001/07/30(Mon) 11:48
 有難うございました。
将軍家一門が敬称として使う御所号
 篠川御所 稲村御所 吉良御所 斯波御所とかありますが
よく公家大名は一条氏なら中村御所、北畠氏なら多気御所といい、姉小路氏の居館は柳の御所といいますが、西園寺氏には〜御所という敬称はなかったんでしょうか?

[336] Re[333]: 西園寺十五将 投稿者:けのくん 投稿日:2001/07/29(Sun) 03:07
>しかし西園寺十五将が誰と誰なのかはっきりわかりません。よろしければお教えいただけたら幸いです。

たまたま通りかかったんですが、目に付いたので…

観修寺左馬頭基栓(常盤城)/津島弥三郎通顕(天ヶ森城)
西園寺宣久(丸串城)/法華津弥八郎前延(法華津本城)
今城左衛門慰能定(金山城)/土居式部太輔清良(大森城)
河野新蔵人通賢(高森城)/竹林院右兵衛佐実親(一之森城)
河原渕式部少輔教忠(河後森城)/北之川安芸守通安(三滝城)
魚成上総介親能(竜ヶ森城)/宇都宮左近丞乗綱(白木城)
南方摂津守親安(元城)/宇都宮彦右衛門慰房綱(萩之森城)
以上 14名ということです。
15将なのに14人なのは
西園寺公広(黒瀬城)を含めるからなんだろうと思います。
西園寺15将は西園寺家に主従関係はなく、
宇和地域で最も勢力の強い西園寺家を盟主とした連合軍らしいです。
自分で調べたのではないので真偽は分かりませんが…悪しからず。

以上 通行人のざれごとでした。

[335] Re[334]: 暑さ一段落。 投稿者:味舌政宗 投稿日:2001/07/28(Sat) 01:23
> そういえば、メルマガ、登録させていただきましたよ。
> でも創刊号配信当日に登録したもので、創刊号はみられませんでした。(T_T)
> 織田家のことと小耳にはさみました。

どうもありがとうございました。今日TOPページの方にマガジンのバックナンバーがみれるようリンクを張っておきました。もしよろしければご覧下さいね
創刊号の配信を謝って夜中にしてしまいましたのでごめんなさいです。
当面(1〜3回)は織田氏を取り上げております。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~club-sg/index.htm


[334] 暑さ一段落。 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/27(Fri) 21:22
>パンチョさま
自分のご先祖を調べるのは面白いですよね。(うちはちょっと難しいみたいですが)
ぜひぜひ、何かお分かりになりましたらおしらせ下さい。

>味舌さま
ご無沙汰しております。しかし非常に迷惑ですね。マルチポスト。
久々に削除(もしかして初めて?)をしてしまいました。
そういえば、メルマガ、登録させていただきましたよ。
でも創刊号配信当日に登録したもので、創刊号はみられませんでした。(T_T)
織田家のことと小耳にはさみました。

>源為国さま
ようこそいらっしゃいました!
西園寺氏については、うちからもリンクさせていただいている「戦国史記」

http://www.nx.sakura.ne.jp/~gumi/sengoku/index.htm

が詳しいかと存じます。
うちでもいずれ更新しようと資料は集めているのですが、いつになるかは分かりません。また、「西園寺十五将」というワクでとらえるかも未定なので。
というわけで、上のHPを一度ご覧になってみてください。

[333] 西園寺十五将 投稿者:源為国 投稿日:2001/07/27(Fri) 10:18
 突然失礼します。私は武田二十四将、上杉二十四将、徳川十六将、西園寺十五将の研究をしております。
 しかし西園寺十五将が誰と誰なのかはっきりわかりません。よろしければお教えいただけたら幸いです。

[332] Re[331]: 成敗 投稿者:味舌政宗 投稿日:2001/07/27(Fri) 00:07
> 管理人より
>
> 旧[331]は削除いたしました。
>
ご無沙汰しております。旧331といえばどこぞの選挙の話でしたかね。さっき
天陽さんの掲示板をみてきたら同じものが...。
掲示板の書き込みって公職選挙法では合法なのかな?というよりは記述はない
でしょうね。なんといっても掲示板宣伝なんてもともと法の方が対応してない
と思いますから。幸い私のところでは無かったですけど趣旨ははきちがえてる
としか思えないです。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~club-sg/index.htm


[331] 成敗 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/26(Thu) 19:54
管理人より

旧[331]は削除いたしました。


[330] 政宗でした!! 投稿者:パンチョ 投稿日:2001/07/24(Tue) 23:30
 馬鹿丸出しですいません。皆様本当にありがとうございました。歴史って奥が深いですねー。入試は世界史選択だったので「守護地頭」も頭から綺麗に無くなっていて自分にもびっくりしました(笑)。
 いろいろ面白そうなので自分でも調べてみます。何かわかったら報告させてください。

[329] あややや… 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/23(Mon) 20:32
3日の間にお話が盛り上がったようですね〜。
関係ないですが当方、日曜日は友人の結婚式でした。

>長続連様
ぜひご覧になってみてください。中世が詳しい続連様の方が
良く理解できると思います(好論か(略 ^^; )かどうかも…)
そういえば信玄や謙信(?)も法名でしたねぇ。
それと同じでしたか。

>武藤舜秀様
HAZU様の記述を見ると「行輔」でいいんですかねぇ?
それはそうと、自分のHPは定期的に確認しましょうよ〜(^_^;)

>HAZU様
久々にいらっしゃって、事も無げにクリーンヒット、
さすがです(^_^)
私はあまり良く分からないのでパンチョ様や武藤様にとって
勉強になったかとおもいます。あ、いや、天文期の栗村氏当主は盛憲なんですね。私にも勉強になりました(^^;)
ありがとうございました。

>パンチョ様
はじめからHAZU様にお出ましいただければ良かったですね。
どうやら系図の線がじわじわ浮き出てきたようで…(笑)。
この掲示板がきっかけになったようで何よりです。

[328] Re[327]:RE: 凄い! 投稿者:HAZU 投稿日:2001/07/23(Mon) 19:06
パンチョ さま(^^;)

>> うちの家系図を見せられた時に、父親が「独眼流正宗がこの
>>中のどれかにいるらしい」と言っていたのですが、家系図なん
>>てでっちあげだと思っていたので信じてなかったのですが、結
>>構まんざらでもないんでしょうか?その家系図が今どこに行っ
>>たかは不明なので、今度探してみます。

 まず、言えることは、家系図だけではほんとに家の由来などわかりま
せん(^^;)
 では、どうであれば、家系図が本当のことを言っていると判るかとい
えば、家系図以外のものとの照合ではないでしょうか(^^;)
 そういう事実確認なしに、いくら家系図にあるといっても、「でっち
あげでは」という質問に答えることはできません。事実、会津地方では
葦名一族を先祖としているという家が多いです。それらのどこまでが、
本当かはちょっとやそっとでは判りません。
 家系図は家系図、家柄を証明するもの(物体、文献、過去帳等)があ
れば確実です(^^;

 なお、「独眼流正宗がこの中のどれかにいるらしい」とは、先祖に伊
達政宗がいるということでしょうか。そうであれば、先の発言中の「栗
村常寛」はまさにそうなります。かれの実父であると言われている伊達
綱宗は政宗の孫にあたりますので、栗村常寛は政宗の子孫になります。
 ただし、栗村常寛は300石取りの仙台藩士でしたが、改易になりそ
の後は不明です。


筈衛

[327] 凄い! 投稿者:パンチョ 投稿日:2001/07/23(Mon) 01:02
HAZU様>
 凄いです。ありがとうございます。何気ない質問だったので、ここまでわかるものとは想像もしていませんでした。なんとなく申し訳ないです。
 うちの家系図を見せられた時に、父親が「独眼流正宗がこの中のどれかにいるらしい」と言っていたのですが、家系図なんてでっちあげだと思っていたので信じてなかったのですが、結構まんざらでもないんでしょうか?その家系図が今どこに行ったかは不明なので、今度探してみます。

[326] Re[325]: Re[320]:会津栗村姓 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2001/07/22(Sun) 22:45
・・・怖いくらいに調べていただき、ありがとうございます。

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[325] Re[320]:会津栗村姓 投稿者:HAZU 投稿日:2001/07/22(Sun) 16:56

武藤舜秀さま、くらのすけさま、パンチョさま(^^;

>>> ・あと、蘆名氏家臣に「栗村」と「粟村」がいた、というこ
>>>とはありませんか?
>>調べましたがありませんでした

 仙台藩士ですが、先祖が奥州会津という家が3家あります。
 そのうち、2家は栗村源助実久(381石、子孫は300石)及びそ
の弟重次(200石)から始まる家です。平姓で奥州会津栗村(会津坂
下)に住んで、栗村と名乗ったようです。
 もう一つが栗村次兵衛の次男喜太夫常成(177石)に始まる家です。
こちらで、もう少し栗村氏のことが書かれていまして、佐原連盛の次男
比田(北田)広盛の子栗村泰連に始まるようです。この常成の養子定守
の兄栗村常寛は伊達綱宗の隠し子(300石、母水口隼人正清光姉)だ
ったが、改易となっています。
 なお、他の諸書を見ると北田泰連が栗村を名乗った形跡はないです。
却って、永仁4(1296)年に藤倉盛俊が栗村盛俊とはじめて名乗っ
たという本もあります。
 では、会津で初めて出る栗村姓の者は誰でいつのことかとなると、建
武2(1335)年、葦名盛員、盛高親子が北條時行に従い、鎌倉腰越
で戦死したが、その時ともに亡くなった家臣の中の栗村盛満、源盛の二
人ではないかと思われます。あるいは北畠顕家に従った栗村盛将かとも
思います。
 次は、永正2(1505)年8月の葦名盛高、盛滋親子の対立したと
きの盛滋の与党に栗村左近盛長が見えます。
 大永から天文(1521から1554)年間の栗村家当主は栗村盛憲
かとのことです。
 また、天文7(1538)年3月の大火の時の記録にも栗村下総守盛
種、栗村備中守某が見えます。
 永禄9(1566)年には、葦名氏と二階堂氏との間に戦いがあり、
その結果として、新国頼基が長沼城に配置されたとあります。その新国
氏なんですが上江館に住んだ栗村采女盛利の次男監物弾正政盛から出て
いるようです。ただし、新国氏は藤倉氏の一族といいます。

栗村盛利―+―政盛―新国刑部少輔勝盛―弾正頼盛―+―某
     |     河沼郡笈川        |
     |     新国館住         |
     |                  +―上総介頼基―+
     |                     長沼館住 |
     +―某                        |
     +―某                        |
     +―七宮伯耆憲光                   |
        伊達家に仕える                 |
+―――――――――――――――――――――――――――――――+

+―刑部通基

+―栗村下総盛胤
|  新国館住
+―栗村左京重長

+―栗村主膳光義

 天正11(1583)年6月13日あるいは天正12年6月には栗村
下総と松本行輔が800人の手勢で黒川にて反乱を起こしたということ
です。この行輔は松本勘解由致輔の嫡男太郎(左衛門)16歳ではない
かと思われ、明応7年に葦名盛高に討たれた松本行輔とは別人です(^^;)
 天正17年の磨上原の戦いの時の戦死者にも、栗村憲俊がおり、その
後降伏したものの中にも、栗村幸八憲実がおります。

 『会津鑑』における「蘆名盛氏代押領之地並属旗下大名之記曰」を見
ると次のものが載っています。なお、「蘆名盛氏代押領之地並属旗下大
名之記曰」は江戸時代に作られたと思われ、蘆名盛氏当時の現状が下記
のとおりだったとは思えません(^^;)
 新国上総介頼基(15000石長沼城主)、栗村下総(若年寄、
8000石稲川領主)、栗村山城(本名讃岐組士)、栗村弾正(侍大将、
七宮自然斎子、4000石藤田領主)、栗村権左衛門(角田刑部組士)、
新国刑部(足軽大将)、栗村幸八郎(小姓組)、栗村備中義景(隠居老
臣)、栗村掃部(200石森代領主)

参考 『仙台人名大辞書』
   『宮城県姓氏家系大辞典』
   『伊達世臣家譜』
   『会津葦名一族』
   『会津葦名四代』
   『会津鑑』1巻

筈衛

[324] ありがとうございました!!!!! 投稿者:パンチョ 投稿日:2001/07/22(Sun) 04:21
 皆様ありがとうございました!!地頭だったんですねえ。不思議な感じがします。地頭って荘園の税金取りですよね?なんか意地悪そうですねえ。皆さんが博識なのにはびっくりしました。ありがとうございました!!

[323] Re[321]: 松本行輔 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2001/07/21(Sat) 20:06
> > あれ?武藤様のHPの蘆名氏当主の項で「松本行輔」って書いてませんでしたっけ?
ん?・・・・・・(確認中)・・・・・・
あら?本当だわ?
若しかすると、実輔は行輔も名乗っていたのでしょうかね・・・?

最近自分のHP見てないから忘れてしまいました(爆)
YAHOOに載ってあったのにな・・・

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[322] 法名 投稿者:長続連 投稿日:2001/07/21(Sat) 02:42
その論文、やはり目を通して置く必要があるようですね〜。法名が2つというのは、出家時に名乗るのが徳崇とかで、もう一つは戒名で死後に贈られるものですね。
武田晴信の法名が信玄が戒名がなんとかというのが、ありましたがあれと同じですね。件の義時は死ぬ直前に出家してるんであまり差がなさそうですが・・・。
『鎌倉北条氏の基礎的研究』とかには庶流の末裔が後北条氏に仕えたことが載ってた記憶はありますが・・。御内人の系統も・・諏訪氏くらいですよねえ、近世大名として存続したのは。まあ諏訪大社の神主という側面が大いに役たったのでしょうね。

[321] 松本行輔 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/20(Fri) 23:54
少しだけ…。揚げ足を取るつもりはないですが…

武藤様
>さあ?どうでしょうかね?
>・・・・・・行輔?行輔は明応七年に葦名盛高に
>いちゃもんつけられて殺されてますね。
あれ?武藤様のHPの蘆名氏当主の項で「松本行輔」って書いてませんでしたっけ?

[320] Re[316]: 「太閤立志伝」と書いて「さんごくし」と読むらしい>No.312 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2001/07/20(Fri) 20:23

> ・「松本実輔」→「行輔」ですよね?
さあ?どうでしょうかね?
・・・・・・行輔?行輔は明応七年に葦名盛高に
いちゃもんつけられて殺されてますね。

> ・栗村盛種(胤)は天文期の人で、ここで出てきている栗村下総の父か祖父に 当たる人なのではないですかね?享年二十七というので少し気になりました。
くらのすけ殿は親子か、祖父と孫の関係では?と言いたいのですかな?
盛胤は新国頼基の次男とありますから、直接の血縁はないとは思いますが、養子とかだったら何か関係があるかもしれませんね。

> ・あと、蘆名氏家臣に「栗村」と「粟村」がいた、ということはありませんか?
調べましたがありませんでした

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[319] 下の訂正 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/20(Fri) 18:25
>「徳崇」ともう一つ
「徳崇」の様な法名ともうひとつ…
という風に書きたかったのです…。

[318] Re[317]: 得宗の論文 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/20(Fri) 18:24
長続連さま、おひさしぶりです。

>得宗が義時の法名徳崇に由来するのは、あまり知られてないのかな・・。
>やはり鎌倉期は一般的にはマイナーみたいですねえ〜。
詳しく説明していなかったので、東大史料編纂所の論文なのに大したことないと思われたかも知れません。それは私の責任だと思います。
詳しく書くと、「得宗専制」というのが義時の法名から由来していることは知られているが、「得宗」と記されているものは書物(名前失念)しかない。しかも義時の法名は「徳崇」で、「得宗」ではない。しかし「得宗」は「徳崇」を省略したものと思われ、「得宗」を「とくそう」と読むのではなく、「徳崇」の読みをあてた方が良いのではないか、という話などです。ほかには北条時政以前の北条氏の考察などです。
そういえば、これも論文に書いてありましたが、義時など歴代の執権?は法名を二つ持っているんですねぇ。(「徳崇」ともう一つ○○大居士?というやつ)

> ふと思うんですが北条家の末裔とか戦国期とかどっかにいたんですかねえ??幕府滅亡時各地で討たれてますし、
どうなんでしょうか?早くから足利に従った北条一門がいたとしたら存続の可能性はありますよね。

[317] 得宗の論文 投稿者:長続連 投稿日:2001/07/20(Fri) 03:10
といえば、得宗が義時の法名徳崇に由来するのは、あまり知られてないのかな・・。やはり鎌倉期は一般的にはマイナーみたいですねえ〜。
ふと思うんですが北条家の末裔とか戦国期とかどっかにいたんですかねえ??幕府滅亡時各地で討たれてますし、その後の北条一族の動向も中先代の乱以降関心もなかったんですが、あらためて考えるとなんか気になってきました・・。

[316] 「太閤立志伝」と書いて「さんごくし」と読むらしい>No.312 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/19(Thu) 19:47
ここ3日連続で夕立(落雷→停電のオマケ付、これも3日連続)があり、ずいぶん涼しくなりました。

>ぴえーる様
お祝いのお言葉、ありがとうございます。
0.1Mは何年かかるか分かりませんが、とりあえずもうすこし先の50000Hitは目指してみようと思います…。

>それにしても。一色氏の家臣ってこんなにいたんですね。
そうですね。けっこういました。但し受領名や官途名しか分からぬ家臣が多いのですが。いちおう今回は重臣と思われる人や実名が分かっているものを選んでみました。
余談ですが、追加の時期的に某ゲームの追加キットには採用されることはないかと…(笑)。

>8月12日、夏コミ歴史サークル巡りオフというのを考えましたが、
う〜ん、おそらくその日は通称「大垣夜行」を利用して各地に帰還する人々の流れに逆らって東京に向かっているかと…。

>パンチョ様
はじめまして。くわしい事は武藤様が書き込みしていらっしゃるのでそちらにおまかせしますが、
江戸時代にご先祖がどのような事をしていたかはご存じありませんでしょうか?

>武藤舜秀様
書き込みありがとうございました。
でも少し気になることがありましたので。
・「松本実輔」→「行輔」ですよね?
・栗村盛種(胤)は天文期の人で、ここで出てきている栗村下総の父か祖父に当たる人なのではないですかね?享年二十七というので少し気になりました。

・あと、蘆名氏家臣に「栗村」と「粟村」がいた、ということはありませんか?

[315] 栗村下総 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2001/07/18(Wed) 21:48
>パンチョさん
>大昔に栗村下総?という人が謀反を起こしてあっさりやられたと聞いたんで>すが、もしや祖先でしょうか?何か皆さん知っている事があったら教えて下>さい!!どんなささいなことでもよいので!!

栗村下総はこの時代に二人いました。
一人は、パンチョさんが言われたように天正十二年に松本実輔の謀反に加勢して黒川城を占拠しましたが、後に葦名盛隆に討たれています。この下総は河沼郡笈川村の地頭で、新国上野介頼基の次男です。本名、盛胤。享年二十七。

もう一人は河沼郡坂下の地頭。
元亀から天正の間に、領内の水不足のために栗村堰を竣工しています。
この人は天正七年に没しています。

パンチョさんの祖先は後者のほうの下総ではないでしょうか?

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[314] 全然関係無いんですが・・・ 投稿者:パンチョ 投稿日:2001/07/18(Wed) 04:30
はじめまして!突然すいません。私の苗字が栗村といいまして、父の実家は福島の会津なんです。大昔に栗村下総?という人が謀反を起こしてあっさりやられたと聞いたんですが、もしや祖先でしょうか?何か皆さん知っている事があったら教えて下さい!!どんなささいなことでもよいので!!

[313] 四萬! 投稿者:ぴえーる 投稿日:2001/07/18(Wed) 00:20
一一一二三四五六七八九九九
萬萬萬萬萬萬萬萬萬萬萬萬萬

役満です。
閑話休題。40kヒット突破おめでとうございます\(^^)/
私のような根性無しサイト運営者にはとても縁のないヒット数です(自爆
この勢いで50000、そして0.1Mを目指しましょう!

それにしても。一色氏の家臣ってこんなにいたんですね。
というか。まともに調べたことなどナイので何も知らなかたのですが。
DEMO。一番気になった人物は細川興元の家臣・沢田出羽守だったというのは
金輪際秘密です。興元の家臣までは知識が及ばないので。
何故か。私のハンドルが文章中に。実は沼田氏ヲタです(笑

8月12日、夏コミ歴史サークル巡りオフというのを考えましたが、
どの辺がオフ会なのか分からないので、たぶん一人で回ってます。

[312] 今週号の週間アスキー 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/17(Tue) 21:29
ゲームソフトランキングのトップに
「太閤立志伝VIII」が!
本当にでるのは何年後?

[311] いえ・・・ 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2001/07/14(Sat) 10:56
まだ買っていませんね。
本庄氏を含めた阿賀北衆も調べたいのですがね。

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[310] 4万ですね〜。 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/12(Thu) 23:37
皆様、こんばんは。最近放置状態ですが、それでもご訪問下さる方が2日で100人くらいいらっしゃるので、申し訳ないと思っております。

おかげさまで4万Hitとなりました。
4万Hitされたかた、いらっしゃいましたらお申し出ください。
たきやん様のサイトのようにプレゼントはないですが。
(サイト中にある参考論文のお好きなの一つプレゼント、とかしますかね。→ほとんど冗談です。)

>KUBO様
すいません〜。前回のお返事の時忘れてしまいました。

>はあ〜、おっしゃる通りで(^^;) なぜ「松前」と書いてしまったんだろう... いかんなあ、なんでも松前につなげてしまふ...
いやいや、松前氏の事を専門にやっていらっしゃる方だからこそのことですよ。でも松前と松浦って「海の民?」という感じは似てますね。日本の両端で。

>武藤舜秀様
ごぶさたしております。本庄氏は進んでますか?
『村上市史』を買われたとか伺いましたが…。
やはり難しいのでしょうか。
まぁ、マイペースで頑張りましょう。

>味舌政宗様
これはまたメルマガとはすごいですね。逆に週一回の発刊だと
締め切りがあってやる気になるかも知れませんね。

>思えば私がこちらに訪れたのもくらのすけさんがサイト開設されて1ヶ月ぐらいで1000HITの頃でしたね。
確か掲示板を開設した直後にお書き込み頂いた記憶があります。そう考えるとただぼーっとやってきているのにそろそろ2年ですか…。

話は変わりますが、面白そうな論文がありました。
『東京大学史料編纂所紀要』の今年の号なんですが、
「北条得宗家成立試論」(だったかな)というのがあり、
「得宗(とくそう)」はじつは「徳崇(とくしゅう?)」だった、という面白い説が紹介されています。
ちょうど大河ドラマに乗っかったんでしょうか。

[309] 40000人おめでとうございます。 投稿者:味舌政宗 投稿日:2001/07/12(Thu) 22:06
しばらくぶりでした。最近はほんとうに仕事が忙しくあまりどちらのサイトに
も巡回できないでいました。それはそうともう直ぐ満二年40000HIT
おめでとうございます。継続こそ力なりを実践されておられ本当に歴史WEB
の中でも貴重なサイトの一つとして確固たるサイトとなられました。今を
思えば私がこちらに訪れたのもくらのすけさんがサイト開設されて1ヶ月ぐらいで1000HITの頃でしたね。

いよいよ私のところも新しい試みを始めました。前にサイトで戦国大名の御先祖様の紹介として戦国時代初期の人物を取り上げていましたが、今回はメール
マガジンとして毎週の定期発行することに致しました。サイトでみていただく
よりも多くの方にそれほど興味が持てない戦国時代初期を身近に感じていただきたいなという単なるお節介が高じてやってみることにしました。
少なくとも直ぐ廃刊なんて憂き目を見ないよう頑張りますのでまたよろしく
お願い致します。

http://www5c.biglobe.ne.jp/~club-sg/index.htm


[308] 40000人おめでとうございます。 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2001/07/10(Tue) 19:13
私は今、資料集め出来てないのでHPも更新できず終いです・・・

・・・と言うよりか、どこから手をつけていいのかわかりません(笑)

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[307] Re[306]: とりあえず多摩図書館にでも 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/07(Sat) 01:46

> >丹後の土地で色々逸話もあるみたいですが、その繋がりなんでしょうか。
>
> 否定材料は山ほどあるので笑い飛ばせばいいだけの話ですが。
丹後平定後の松井康之と地元との逸話が結構多い(繋がりが深い)ようなので、それが元から丹後に関係があった、とされたのかな、と思いまして。

> 沢井氏というのですが、予定ありましたか?
いや。名すら知りませんでした…(^^;)
はじめは沢田氏かと思った。

[306] とりあえず多摩図書館にでも 投稿者:ぴえーる 投稿日:2001/07/02(Mon) 23:42
>くらのすけさん
>やはり…。しかし、沼田幸兵衛については諸書が
>同様ですね。(って実は全て同じ典拠だったりして…)

沼田勘解由ということなので沼田清延のことなんでしょうけど、
沼田氏が幕臣だったのは「永禄六年諸役人附」を見れば一目瞭然。
ゲームでよく一色家臣にされている沼田統兼の名前もあり。
青竜寺城の図にも沼田氏の屋敷の場所が描かれてますなぁ。
しかも細川家臣の中で一番広かったような。
……など、まぁ、そんな感じで。

>ところで、松井康之が旧一色家臣だった、という記述もちらほら見ますが、
>なんでこんな説が広まったんですかねぇ?
>丹後の土地で色々逸話もあるみたいですが、その繋がりなんでしょうか。

否定材料は山ほどあるので笑い飛ばせばいいだけの話ですが。
東京都立図書館に史料があるようなので、時間があれば調べてみます。
ついでに市町村史の方も。

>>地元にはそういう経歴の武将の子孫がいますが(^^;)
>どのような人物ですか?もし「無名武将列伝」で採用予定の人物だったら考え直さねばならないので…。

沢井氏というのですが、予定ありましたか?

[305] Re[302]:お恥ずかしい(^^;) 投稿者:KUBO 投稿日:2001/07/02(Mon) 22:06
>くらのすけさん
 最近反応が鈍いっす(^^;)

> 松「前」でなく「浦」ですね。
 はあ〜、おっしゃる通りで(^^;) なぜ「松前」と書いてしまったんだろう... いかん
なあ、なんでも松前につなげてしまふ...

http://homepage1.nifty.com/t-kubo/


[304] やはり… 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/07/02(Mon) 01:40
>ぴえーる様

>『一色軍記』という史料が実際の典拠のようですが、
>内容はデタラメとしか考えられません。
やはり…。しかし、沼田幸兵衛については諸書が
同様ですね。(って実は全て同じ典拠だったりして…)

ところで、松井康之が旧一色家臣だった、という記述もちらほら見ますが、なんでこんな説が広まったんですかねぇ?
丹後の土地で色々逸話もあるみたいですが、その繋がりなんでしょうか。

>地元にはそういう経歴の武将の子孫がいますが(^^;)
どのような人物ですか?もし「無名武将列伝」で採用予定の人物だったら考え直さねばならないので…。

>皆様
全然更新しなくてすいませんです…。
また「略史執筆面倒臭い病」が出てしまいました(笑)。
武将個人の略伝はすごく書く気はあるんですが。

[303] 信じらんな〜い 投稿者:ぴえーる 投稿日:2001/06/29(Fri) 21:52
>くらのすけさん
>沼田幸兵衛ですが、Googleで調べたら(↓)
>http://www2.nkansai.ne.jp/com/isshiki/murosen-b4.htm
>「沼田勘解由(幸兵衛)」となっています。

『一色軍記』という史料が実際の典拠のようですが、
http://www2.nkansai.ne.jp/com/isshiki/murosen-a19.htm
などを読む限り、内容はデタラメとしか考えられません。

>足利義輝死後逃れて一色家臣となった、とかいう経歴の人が多いですが。

地元にはそういう経歴の武将の子孫がいますが(^^;)

[302] けっこう居ますね 投稿者:くらのすけ 投稿日:2001/06/27(Wed) 01:38
いや〜すいません。土日出だったもので…

>武藤舜秀様
相馬もですか。双方、14・17代目が
父にあやかって子に名前を付けたんですかね。

そういえば今思い出しましたが、
私が想像していたのは朝倉(孝景)でした。

>KUBO様
松「前」でなく「浦」ですね。

少し無名な武将も入れればかなり多そうですね。

>ぴえーる様
お久しぶりです。いつか来ていただけると思っておりました(^^;)

沼田幸兵衛ですが、Googleで調べたら(↓)
http://www2.nkansai.ne.jp/com/isshiki/murosen-b4.htm
「沼田勘解由(幸兵衛)」となっています。

「丹後○○誌」などのようなものだと細川氏に寝返った一色家臣、という説なのですが、どうなんですか?以前ぴえーる様にこちらに書き込んで頂いたものでは一色滅亡後中山城代とありましたが…。

>一色氏の家臣は『細川家記』に何人か載ってるかもしれませんが、
>実名まで載ってる人はたぶんいないでしょうね。
えーと、数人実名が判明しました。あと入道名の人物も。
足利義輝死後逃れて一色家臣となった、とかいう経歴の人が多いですが。

>村上信濃守様
リンクどうもありがとうございました。
豊島氏について、色々と分かる点があれば良いですね。
今後とも宜しくお願いいたします。

[301] お待たせしました!! 投稿者:村上信濃守 投稿日:2001/06/25(Mon) 08:38
>くらのすけ様
> こたつ城主様のところではどうも。
> リンクについてはお手すきの時で結構ですので。
> やはりお仕事なさっているとHPの管理が大変ですよね。
> 今後とも宜しくお願いいたします。
>


やっとリンク完了しました。これからも宜しくお願します。
そうそう、僕もマイナー武家シリーズとして、豊島氏をUPしてますが、
昨日、豊島氏の研究という本を借りてきました。
やっと追加UPできそうです。ネタ切れでコーナー絶滅の危機だったもので・・

> ご訪問ありがとうございました。こちらこそご無沙汰しておりまして申し訳ありません。ちゃんとトップページが元どおりに復帰してからもこっそりと見ております(^^;)
>
> 丹後一色氏については、末期の家臣団がかろうじて分かるかな、という感じなのでどうなるか分かりませんが、2・3人判明した程度で追加してしまうかも知れません。
> そういえば、目を付けている書籍に一色氏家臣団地図があるのですが、小さすぎて字が読めないんですよ(^_^;)
> 何とか判別できそうなものを読むと、諱を記しているものはないのですが。
>
> >武藤舜秀様
> 岩城氏ですか…「親より年上の子」ですか。それは大変なことです(^^;)
> あり得ないこともないですけどね(連れ子とか)。
>
> >しかも、伊達政宗の孫(?!)とあります.
> これは武藤様のほうが詳しいかとは思いますが、政宗のお祖父さんの政宗(?)なのではないですか?
> それでもおかしい事を指摘なさっておられるのでしたらすいません。理解できる知識を持ち合わせておりません<(_ _)>
>
>
> ソフトバンク+ヤフーがADSLをべらぼうな安価で提供するみたいですね。しかも現行の転送速度(1.5Mbps)の数倍(8Mbps)で。
> しかし、この表現は一時期問題になったJRの
> 「長野まで最短79分!(でも1往復/日)」とか「秋田まで最短2時間49分(?)!(でも数往復/日)」と同類の気がするんですが。
> あくまで「最大値」ですから、それが毎回ちゃんと出るのかどうか。
> いちおう800Kbps以下は無いようにする、と書いてありますが、それでも1/10ですからねぇ。2Mbps出たとしてもユーザーは満足するかどうか。
> (ちなみに私の家はヤフーは範囲外でした。フレッツADSLをとりあえず申し込みました)

戻る / HOMEへ