掲示板 「無名庵」過去ログ その二十三
No.551〜600(2002/3/13〜2002/5/1)

戻る / HOMEへ


[600] わたしも見てしまいました 投稿者:三楽堂 投稿日:2002/05/01(Wed) 23:18
ぴえーるさんの「凄いサイト」にひかれて思わず見てしまいました。ちなみに「期間限定」「地域限定」「○○部限定」が3大ウィークポイントの三楽堂です。

件のページ、見てて、ちょっと気の毒になりましたね。英語や数学の答案写すわけではないのだから・・・
この方はこれからの人生を、自分の色で染めていけるのだろうか、と(あ、そこまで心配してやる必要はないか)。

高校時代にも英和辞典で単語の意味を調べるように先生に言われた時、「何ページ?」と隣りに聞いているやつがいました。たまたま同じ辞書だったのでしょう・・・

http://www.asahi-net.or.jp/~jt7t-imfk/index.html


[599] 下の模倣HP 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2002/05/01(Wed) 21:26
そっくりそのまま文写されてますね。
しかも、よく見てみると畠山様のところも参考にしたというような文が・・・

どうやら、私のところは写されていないようです。
といっても、私も資料に載ってあることを文変えて書いてるようなもんですからね。
写すよりかはましですけど(苦笑)

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[598] 掲示板ですら・・・ 投稿者:畠山義綱 投稿日:2002/04/30(Tue) 23:24
著作権が見とめられる時代ですから、模倣HPは
危ないといえば危ないですね。

おっと、挨拶を忘れておりました。
こんばんわ、畠山義綱です。

珍しくうちも取り上げられておりました(笑)
まあ、最初は模倣から歴史家も始まると思えば
それほど腹も立ちませんが(私が偉そうな事
いえませんが)、この3点はなんとかして欲しいです。

@参考資料に挙げられていないHPがある。
・・まさにくらのすけさんのとこですね。
A参考資料のHPのとこ、名前だけ書くのではなく、
 リンクを貼ること。
・・どちらがオリジナルかということが、閲覧者には
わかりませんものね。
B全文掲載ならば、出典を書く。
・・うちのHPの言葉そのまま掲載している部分もあ
りますね。せめて「○○より」と記して欲しいですね。

もうちょっと要求するなら、信長の野望武将ファイルは
参考価値はほとんどないので、もう少し学術的な書を
見ていただきたい。それから、トップページの「当HP
で公開している情報は確証のない資料も参考にしている
ため、史実とそぐわない点が多々ございますが、予めご
了承ください。」という表記は、なんか私のHPも
「情報の確証がない資料」に類されているみたいでヤダ(爆)
一応、うちも原則危なっかしい説は注意書き入れている
んだけどなぁ(笑)

>義綱さまに関わるところだと、等伯の絵が海外流出してい
>る可能性も考えられますね。
な・なるほど・・・泣きそうです。例えば、畠山家にルイス・
フロイスとかが来ていれば、当然外国文献も見るんですものね。
でも・・・でも(泣)なにも入試に外国語を入れなくても・・・
経済学部じゃないんですから・・・(ちなみに私は経済学部
出身・・・なのに英語駄目・・・)

http://www1.odn.ne.jp/~notohatakeyama/


[597] 模倣HP 投稿者:ふーむ 投稿日:2002/04/30(Tue) 01:20
くらのすけさま、どうもこんばんは。
…模倣HP、みなきゃいいのに、みてしまいました(汗)
まるっきり丸写しの箇所がありますね…(^^;
なのに、参考資料のページにも挙げられていないし。
他の歴史系HP名はリストアップされてるにも関わらず。
(うしろめたさからでしょうかね?)
でも、自分で書いたであろう箇所も間違いや誤字が目立つので、
こちらが実力と考えれば大したものではないでしょう。
質の悪い模倣HPなどに負けないで
がんばって下さいね(^^)/

…ちなみに私も英語はさっぱりです…(-_-;)
受験科目に英語のない大学ばっか受けました(爆)

http://homepage2.nifty.com/OTIBO_PAGE/


[596] 第一次近衛声明 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/04/29(Mon) 22:54
結構、せっかくの連休中に休館する博物館・文書館って多いんでしょうか?
そのお陰で初めの連休、あわてて飛び回ってました。

>こたつ様
英語ですか。実は私も…
ある救いがあったので学生をやっていられます。

>なんちゅう事を後になってネットで確かめてるってのが
>現状の賑やかさではないか……と(笑)。
やっぱり顔が分からないとそういう事がおおいんですかねぇ。
この前のは、結構お知り合いが多かったみたいですが、
合戦参加者のどのくらいこたつ様の知り合いでした?
半分くらいだったりしません?


>義綱さま

>更新ネタ探しも大変ですね。私はあるにも関わらず
>更新しておりませぬ。特に冨樫は放置したまま・・・。
更新なさったそうで。
ネタは、若干増えそうですよ。あとは、尽きたら
早雲の頃の大名家家臣団でも調べるか、と思いは尽きません(笑)。
「戦国史」(フリーソフト)にでも提供できれば面白いですね。


>そうそう、私もそうです。なんで日本史専攻で入学試験に外国語が問われるんでしょう?
中世の文書は分かりませんけど、けっこう外国に流出しているものも多いですよ。近世はオランダとの貿易関係で、オランダに
東インド会社の収支決算書類などを見に行っている自治体もありますしね。(『平戸市史』はまるまる1冊この書類。全部オランダ語。)
義綱さまに関わるところだと、等伯の絵が海外流出している可能性も考えられますね。


>野州さま

※吉見
高校は和歌山でした。どうなんですかね。埼玉にも「吉見百穴」なんてありますし。
観戦は、後半の連休中なんですよ。今年は勝つ日が少ないので、パターンを読んで行かないと。


>ぴえーるさま
「二見城」のアドレス、ありがとうございます。
「模倣」系サイトは、タイトルの通りです。
どこかで攻撃するかも知れません(笑)が、なんか掲示板をみても死んでいるようなので…。
私、天の邪鬼なもので、そういうサイトの掲示板に「こんなマイナーな武将まで調べるなんて、すごいです!!」なんて書かれると気が変わるんですが。

よっぽど、店じまいしようかとも以前は考えましたが、そうすると、あちらがオリジナルになってしまうので。
まぁ、勝手にバックアップを取っているんだと考えてもいいかなと(笑)。

でも、たとえばパワプロ系の素材配布サイト(キャラクタ画像など)では、もっとひどいのがまかり通っているらしいですからね。
警告無視、トンズラ、逆ギレ、変名で再復活、配布元攻撃等々…。
それから考えればこのジャンルはまだ平和です。


>武藤舜秀さま
※蒼天録
ドラクエだと許せるのに、なんで信長だと許せないんだろうと思ったりもしますが、まぁこれはユーザーへの誠実さの違いなんでしょう。あの会社は7月も春なんですよ。北欧かロシアあたりに本社があるんでしょう。もより駅はたしか「ひよし」なんですけど(笑)。

京都にお出かけでしたか。やっぱり混んでましたか?
美術刀って、ほんとに刀身があるやつ(鉄)ですか?
うちらは、木刀止まりでしたね。返却させられたりはしませんでしたよ。多分。
できのいいレプリカだと思ったのは、会津武家屋敷の1万円のやつでしたね(大小セット)。

[595] 信長・・・ 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2002/04/28(Sun) 23:19
蒼天録が7月発売・・・
2月→3月→4月→春→7月→?
何回も変更しちゃって・・・
ユーザーを馬鹿にしてるような気がする・・・

今日、京都へ友人と遊びに行きました。
清水寺の参道で美術刀まで買っちゃったりして(笑)
買ってる途中、中学の修学旅行生が刀返しにきましたよ。
「先生に怒られたから」って私も同じ時期、買おうとしてましたけど、今まで我慢してきたんですよね(笑)

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[594] 諸御屋敷留帳 投稿者:ぴえーる 投稿日:2002/04/28(Sun) 20:08
二見城のURLは
http://akita.cool.ne.jp/hutami/
だと行けますね。

また凄いサイトを見てしまいました。
ttp://members.tripod.co.jp/hayamix7/
まるでどこかで見た文章が!?

[593] 石見のあの子孫か? 投稿者:宮野州 投稿日:2002/04/27(Sat) 23:07
>くらのすけ殿
野球観戦ですか、いいですね。
今日ですか。今日だったら最悪でしょうが(汗)
26日に投げたあの無名の左腕(失礼)は関係あるのでしょうか。
ちょっと気になりました。

[592] 猫の歯。 投稿者:畠山義綱 投稿日:2002/04/24(Wed) 22:28
うちの猫の歯がだいぶ悪いようで、
医者にもつれていき養生しております。
私自身も歯の健康に注意したいものです。

>くらのすけ殿
もうあまり無名大名も残っておりませんものね。
更新ネタ探しも大変ですね。私はあるにも関わらず
更新しておりませぬ。特に冨樫は放置したまま・・・。
ふぅ。さらに今日は某球団に負けすこぶる気分が
優れませぬ。
佐々木も谷繁も移籍理由は結局タテマエの綺麗ごと
なんですよね。うちの石井もそうなのかなと・・・。

>こたつ城主殿
>でも英語がダメなために、史学方面にも進めなかった私には
そうそう、私もそうです。なんで日本史専攻で
入学試験に外国語が問われるんでしょう?
世界史研究や経済史研究ならまだしも・・・・。
やけくそで、仏語でも勉強しましょうか(爆)
「シルルブレぇ〜。」

http://www1.odn.ne.jp/~notohatakeyama/


[591] 確かに(^_^;) 投稿者:こたつ城主 投稿日:2002/04/24(Wed) 21:11
>畠山義綱さま

確かに悪循環ってのはありますよね(笑)。
苦手だから離れる。離れるから馴染めない。

でも英語がダメなために、史学方面にも進めなかった私には
どっか恨みのこもってしまうジャンルなんですよ(笑)。

>くらのすけ様

私も密かに味舌さまの事が心配でした。
お仕事が大変なのでしょうか。ご無沙汰してたら、いつの間にか
「2月から復帰」となっていたので、前状況を知りません。

石和ですが、圧倒されてるのは参加者みんなだと思います(^_^;)。
いろんな人に会えるんですが、全員覚えるのは至難の技かと。
それで……「あ〜! あの時あそこに居たんですか〜」
なんちゅう事を後になってネットで確かめてるってのが
現状の賑やかさではないか……と(笑)。

http://www.page.sannet.ne.jp/kotatu


[590] 続き 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/04/22(Mon) 21:43

>義綱さま

>目下心配は、味舌殿のことです。かなりお忙しいのでしょうかね。
そうですね。リンク集を確認していたときに気になりました。掲示板をいったん止めてしまって、復帰予定になってもお戻りになりませんからね。でも我々は連絡を待つしかないですね。

>無名武将列伝の大量更新ですね。
いやいや、残りかすを絞り出しただけですよ(^_^;)
ただ、若干やろうと気力が出てきたので、ネタは集めています。
連休中、一つあげるか、資料を集めた勢力の下地を全部ひととおり
作ってしまうか、どちらかが目標です。

>まともにFAで残ったのは池山くらいでしょうか。
ベイは、来年根こそぎいなくなる恐れが…。
それにヤクルトより、「ベイがいや」という動機が
何となく感じられる人が多い気が…。
(佐々木…「日本野球はサイン盗みなど汚い!」→メジャーでもあって「そういうのは承知している」
谷繁…「メジャーに挑戦したい」→横浜に戻らず「なぜか」中日新聞社へ)

でも成績悪くても、連休中に巨人戦観戦するんですけどね。
(友人のたっての願いで巨人戦になった)


>長続連さま

>はい、河野氏は中世研究者です。『ヒストリア』119とかに論文載ってます。
そうでしたか。結構多い気がしますね。

>国際基督教大学の宋代史研究者の斯波義信教授は、武家子孫疑惑かなり高いかと(笑)。
この斯波氏は、尾張のですか?江戸時代も存続したんでしたっけ?
私が聞くのも変ですが。

>土井氏も確かに「利」が・・。
偏見でしょうけど、「殿様」がAIBOやら、ロボットやらの
アイデアを出す、というのが信じられないのです(笑)。


>武藤舜秀さま

>はい、マキノ町のお寺で丹羽長秀に謀殺されてますから。お墓があります。
ありゃ、初耳でした。長秀に謀殺されたなんて。これで完全に滅亡したんですか?


>2〜3年後には実現のようです。ただ、路線のためのお金を滋賀県が、福井県と割り勘でなんて言い出し
>(おそらくそんな話だったはず)で福井県が怒っているようです。
電車を直通させるだけじゃないんですね。なにか整備しなけらばならないのかな。


>三軒屋長左衛門さま
今後とも宜しくお願いします。

>法学者の戒能通孝先生(入会権とかやってた人)は河野一族の戒能家の出身ですよ。
そうなんですか。河野氏の末裔の方は学者が多いのでしょうか?

>地元の当主の方を調べると大概「通」がついてるんじゃないかな。(戒能家の現当主も確か通がついてたと思います。)
河野一門の方って、松山周辺に多いのですか?
でも没落の時に、武士を捨てた人もたくさんいたのでしょうね。


>こたつさま
先週はお疲れ様でした。
そちらの書き込みを見ていると本当に楽しそうで…
参加されているみなさんを実際に見ると、文書ばかり見ている方の「マニア」な私は圧倒されそうですが…。

>来年、一緒に行けたらいいですね〜☆ミ
そうなればいいですね。

>具の乗ってる部分のリアルさに驚いてくれました(#^.^#)。
そんなにリアルなんですか。制作者の意地が感じられます^^;


>近江守光親さま
考え直したんですが、頂けるときに頂いてしまって良いでしょうか?いつ反映できるか分からないのですけど…。

それと、光親さまが記入されたリンクなんですが、そのままでは
つながらないようです(indexを削除するとつながる)。
よろしければ、次回は修正して頂けると有り難いです。


>八戸三郎さま
塩谷順耳「由利諸党と館」『秋田地方史論集』です。
たしかに秋田周辺でないと見られなそうです…。


[589] Re[588]: 正保国絵図 投稿者:古書人 投稿日:2002/04/22(Mon) 21:24
> 幕府が正保年間(1644−48)諸大名に命じて居城の絵図を
> 作らせたのですが、その地図(写し)を国立公文書館(東西線竹橋から徒歩)で一城\1000で販売しています。
>
私も、ここの入館登録しているので、年に数回出入していますが、知りませんでした。地図と古文書は興味がありますので、早速行ってみます。有難うございました。

[588] 正保国絵図 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/04/22(Mon) 21:14
幕府が正保年間(1644−48)諸大名に命じて居城の絵図を
作らせたのですが、その地図(写し)を国立公文書館(東西線竹橋から徒歩)で一城\1000で販売しています。

戦国に関係ありそうなのは…そうですねぇ
奥州白石
出羽東根
上野沼田
越後村上
信濃上田
大和郡山
ですかねぇ?おそらく戦国期と同じ場所でも改築されているのでしょうけど。九州は唐津・八代・豊後岡・臼杵・日出などがありますが、私が中世と同じか違うかよく知らないので。

それと、『楓軒文書纂』という水戸藩の家臣が「大日本史」編纂時に集めた文書写集も上中下三冊ですが、一冊\5000弱で売ってます。ただし、文書をそのまま写してある(花押も)のをそのまま印刷しているので古文書です。
北関東・南奥羽の中世文書も結構入っているようです。

前書きだけで長くなったので一度切ります。
(決してNo.稼ぎではありません^^; )

[587] 論文 投稿者:八戸三郎 投稿日:2002/04/21(Sun) 10:27
くらのすけさん、こんにちは
>由利十二頭の館の論文があるそうです

とは、どのようなものなのですか?
秋田の人でないと、見れなそうな気もしますが(^_^;)

[586] FA=泣 投稿者:畠山義綱 投稿日:2002/04/20(Sat) 10:14
どうも、こんばんわ。畠山義綱です。
>くらのすけ殿
無名武将列伝の大量更新ですね。さらにアクセス数が
引き離されそうな感じです(苦笑)

>FAを使って移籍する選手が多いということは、
>それだけ球団に魅力がない
うっ、痛い!我が乳酸菌球団も広沢、吉井、川崎などなど
数知れず、まともにFAで残ったのは池山くらいでしょうか。
私も2002の戦いぶりに、苛立って、さらには呆れております。
乳酸菌球団の勝敗に「我振り回される」とは、我ながら
危険な境地に達してしまったのぅと日々感じております。

http://www1.odn.ne.jp/~notohatakeyama/


[585] こたつ城主殿! 投稿者:畠山義綱 投稿日:2002/04/17(Wed) 23:06
>こたつもですーーーー! 
>英文メールが来ると、問答無用で完全消去しちゃいます。
おお!わかりますその気持ち!!
どうも、英語の試験問題を見ただけでも拒否反応が(笑)
あたまかっら苦手だなって取りかかるので、余計解答
できないという悪循環。っというか、激しい単語不足も。

多分あのページ(過去の自分のサイトの見れるサイト)の
文を全部把握するには、1年くらいかかるかも・・・(汗)

http://www1.odn.ne.jp/~notohatakeyama/


[584] そうなんですか… 投稿者:長曾我部近江守光親 投稿日:2002/04/17(Wed) 17:57
それは残念です。
じゃあ、もし必要な時が来ましたら
僕のほうにお声をおかけ下さい。

http://www.geocities.co.jp/HiTeens-Penguin/9210/index.html


[583] また、こんにちは〜☆ミ 投稿者:こたつ城主 投稿日:2002/04/17(Wed) 16:17
>http://www.archive.org/

私もやってみましたー☆ミ
でも、今イチ現在と違いが無かった(^_^;)。
私ってつくづくリニューアルとかしてないんだなー!と実感(汗)。

>くらのすけ様

今回も楽しく石和で合戦してきました(^O^)!

また、ウチの方に戦話を聞きに来て下さって、ありがとうございました!
去年はオフ会で大勢の人に会って、それだけで舞い上がったんですが、
正直、祭り(っつーか戦)自体は「何じゃこりゃ(*O*)!」って変更事項が
多くて、戸惑ってる内に終了したってトコがあったんです。
でも今年は、肝心の戦が楽しく出来(←何とも鬼畜な表現ですがね:汗)、
今でも気分はルンルンです(#^.^#)。オフ会としても去年以上に盛大でした!
来年、一緒に行けたらいいですね〜☆ミ

釜飯クンは是非お見せしたいんですけど、釜飯の蓋受け部分が顔にかぶさって、
ホントはカワイイ目をしてるのに、写真で見ると、被さった部分で目が変形して
見え、何か怒ったような意地の悪いような顔に見えちゃうんで、写真公開はして
ないんです。

だから今回、石和に持って行き、いろんな人に見せました!(爆)
で、みんな、具の乗ってる部分のリアルさに驚いてくれました(#^.^#)。
えへっ、満足♪

>こちらにいらっしゃると「〜であります」
>ですね。あまりかしこまらずにお願いします。

あ(゚.゚)、ホントですね! でもあれって時々出るんです。スイマセン。


>畠山義綱さま

>(英語恐怖症な義綱)

こたつもですーーーー! 英文メールが来ると、問答無用で完全消去しちゃいます。
あ……こちらでは始めまして(^_^;)。←遅いって

http://www.page.sannet.ne.jp/kotatu


[582] リンク有り難うございます 投稿者:三軒屋長左衛門 投稿日:2002/04/16(Tue) 19:42
リンク有り難うございます。書き込みすみません。
いろいろ更新されてますねー。ゆっくり見させてもらいます。
下に武家関係者のお話があるので・・・
法学者の戒能通孝先生(入会権とかやってた人)は河野一族の戒能家の出身ですよ。極端にマイナーな話題で恐縮ですが・・・・。
河野系の名で「通」がついてる人は多分にその流れの可能性があります。地元の当主の方を調べると大概「通」がついてるんじゃないかな。(戒能家の現当主も確か通がついてたと思います。)

[581] Re[578]: タイムマシン〜。 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2002/04/16(Tue) 19:07
>> 藩政資料もたくさん残っているんですよね。逸見氏の本ですか。面白そうです。

福井県の図書館の分館が小浜にあるんですよ。
最初は高浜からず〜っと東へ向けて、図書館へよってコピーしたりしようと思っていたんですが、小浜に分館があることでずいぶん助かりました。

> >武田元明の墓は会社から数キロはなれたところにある
> 墓は若狭でなく、近江なんですか?

はい、マキノ町のお寺で丹羽長秀に謀殺されてますから。お墓があります。

> それと、全く関係ない話題ですが、姫路方面の新快速、もう敦賀まで延長運転するようになったんでしたっけ?

2〜3年後には実現のようです。ただ、路線のためのお金を滋賀県が、福井県と割り勘でなんて言い出し(おそらくそんな話だったはず)で福井県が怒っているようです。

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[580] 武家関係者 投稿者:長続連 投稿日:2002/04/16(Tue) 04:11
はい、河野氏は中世研究者です。『ヒストリア』119とかに論文載ってます。
朝倉慶景は私も聞いたことあります、なんか「景」が怪しいですね〜。国際基督教大学の宋代史研究者の斯波義信教授は、武家子孫疑惑かなり高いかと(笑)。
土井氏も確かに「利」が・・。

[579] ほっとひと安心。 投稿者:畠山義綱 投稿日:2002/04/15(Mon) 22:35
無料でよかったぁ。まあ、くらのすけ殿のお薦め
だったので、もともと安心しておりましたが。
過去の自分サイトがみれるのは、非常に嬉しいです。

そうそう、素材のHP、たしかに見当たりませんね。
馴染みのHPが閉鎖したり、更新が止まってしまうと
心配してしまいます。目下心配は、味舌殿のことです。
かなりお忙しいのでしょうかね。

http://www1.odn.ne.jp/~notohatakeyama/


[578] タイムマシン〜。 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/04/15(Mon) 21:37
お気に入りの素材サイトが素材提供を止めてしまいました(T_T)

>義綱さま
よろこんで頂けたようで何よりです。
義綱さまのところなら、もっと前があると思ったんですけどねぇ。
それから、たぶん無料ですよ。


>近江守光親さま
お申し出、ありがとうございます。しかし、現在「官職総覧」、メンテナンスすら行っていない状況でして…。情報を提供して頂いたとしても、反映できるかどうか…。できたとしてもかなり後のことになるかと思われます。


>舜秀さま
小浜へ遊びに。いいですね。登山もしようとなさったんですか。
藩政資料もたくさん残っているんですよね。逸見氏の本ですか。面白そうです。

>武田元明の墓は会社から数キロはなれたところにある
墓は若狭でなく、近江なんですか?

それと、全く関係ない話題ですが、姫路方面の新快速、もう敦賀まで延長運転するようになったんでしたっけ?

[577] 若狭 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2002/04/14(Sun) 21:22
今日、小浜のほうへ遊びに(図書館)いきました。
武田氏関係の書籍がある一方、逸見氏の扱いが大きく取り上げていたり、逸見氏の本が置いてあるのには驚きました。

後瀬山にも登ろうと思ったのですが、入り口がわからずに帰ってしまいました。
武田元明の墓は会社から数キロはなれたところにあることを知り、今度、帰りに行って見ます。
今日だけでかなり収穫がありました。



http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[576] こんばんは 投稿者:長曾我部近江守光親 投稿日:2002/04/14(Sun) 17:56
『戦国武将官職総覧』なんですが…、長曾我部家家臣に関する知恵をお貸ししましょうか?

http://www.geocities.co.jp/HiTeens-Penguin/9210/index.html


[575] おお、古い我がページが。 投稿者:畠山義綱 投稿日:2002/04/14(Sun) 00:28
どうも、こんばんわ。畠山義綱です。
>くらのすけ殿
>http://www.archive.org/
>サイトをお持ちの方は、このページに自分のサ
>イトのアドレスを入れてみて下さい。
私も早速やってみました。すごいですね。
うちは2000年9月17日が最古でした。
20000HITS突破とか、サイト移転しました、とか
書いてありますね。かなり昔です。

懐かしさを有難う!(笑)もっと戻れると楽しか
ったのですが・・・。まあ無料だからそんなことも
言えませんがね・・・まさか有料ってこたあないで
すよね。いや・・・だって英語読めないんですもの
(英語恐怖症な義綱)

http://www1.odn.ne.jp/~notohatakeyama/


[574] Re[573]: 百武氏 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/04/11(Thu) 21:25
こんばんは。

http://www.archive.org/

サイトをお持ちの方は、このページに自分のサイトのアドレスを入れてみて下さい。過去の自分のサイトが保存されています。

私も試しにやってみたところ、2000年の9月23日が最古でした。
その1年前のサイト開設当初が見たかったんですが…。
(ちなみに、「くらのすけ屋敷」のフォントが微妙に違います)


>古書人さま
風俗習慣ですか。どのようなものかは漠然としか分かりませんが、明治・大正時代の雑誌収集までなさっているとは、すばらしいですね。
古文書の解読は難しいですね。数回の古文書講座では、簡単に読めるようにはならないでしょう。江戸時代は活字のものだけでは難しいのも事実なんですよね。がんばってみてください。


>長続連さま
この掲示板が協力できてなによりです。
網野氏・永原氏が武士の血を引いているとは初めて知りました。

>そういえば河野通明氏はなんか名前が怪しいなあ(笑)。
この方は、中世史ですか?
そういえば、四国(愛媛?高知?)には朝倉慶景という郷土史家がいますね。関係は知りませんが。

ところで、最近気になるのがAIBOとかを開発したSONYの土井利忠っていう人なんですけど、大名家の土井家の人なんでしょうかね?「利」というのが通字っぽい。


>こたつ城主さま

>↑蓋が開いた状態です。中(というか表面)にはご存知、
竹の子、(中略失礼します)
>帽子を被るように蓋を被せかかっているのです。
ポリンキーの人形を想像すればいいのでしょうか(笑。
細かい描写で、釜飯が食べたくなってきました(笑。
また京王の駅弁フェアで買ってこよう。

>マムシが出ると聞いて、
私が行ったときは草刈りした直後でした。

>御館城ってマイナーだったんだ(汗)。
「御館の乱」を「おたてのらん」と読む人が8割を超えなければ
マイナーでしょう(^_^;)

ところで、こたつさま。こちらにいらっしゃると「〜であります」
ですね。あまりかしこまらずにお願いします。


>三軒屋長左衛門さま
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。
以前からご覧になっていらっしゃいましたか。河野氏は、初期のもので、また他に詳しいサイトが見つかったので手を加えていないので、お恥ずかしい限りです。
「水虎界」拝見しました。すごく地域密着型ですね〜。
地図が、私には全く分かりませんです。(そういう人間が、河野氏のコンテンツなんて作ってるんですよ^^;)

相互リンクは是非。週末に行事があるのでこちらからのリンクは来週になってしまうと思いますが…。


>長曾我部近江守光親さま
そちらではご迷惑をおかけしました。今後ともよろしくお願い致します。


>武藤舜秀さま
百武彗星の人なんですね。
なんか、実家は長崎みたいですよ(爆

若狭武田ですか。これも痛いところですね(^^;)
いまなら文書などで家臣団ももっと追加できると思いますが…。
京極氏の家臣団も気になりますが、天文以前と慶長以降しか
すぐには分からないようでした。

サイトリニューアル、期待しております。

[573] 百武氏 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2002/04/11(Thu) 19:45
今日、天文学者の百武裕司さんが急死したそうですね。
しかも、鹿児島の人ですよ。なんとなく肥前の百武氏を連想するのは私だけじゃないはずです(苦笑)

最近、昔の小説の影響で若狭武田氏と京極氏に興味が出てきました。武田元明の直系はいないようですけど、元明の弟の子孫がいるようですね。(おそらくですけど、とあるサイトでは武田氏の分家の生き残りと称する人物が存在、また別のところでは元明に弟がいたようですから。)

私のほうのところでは順調には進んでいます。でも、しょぼいかもしれません(笑)

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[572] こんにちわ 投稿者:長曾我部近江守光親 投稿日:2002/04/10(Wed) 16:21
三軒屋長左衛門殿≫
はじめまして、近江守光親と申します。今後とも宜しくお願い致します。愛媛県については我が長曾我部家と切っても切れぬ間柄なのでとても興味があります。早速、行かせてもらいました♪マニアックでとっても楽しいですね★それでは、また…。

http://www.geocities.co.jp/HiTeens-Penguin/9210/index.html


[571] はじめまして 投稿者:三軒屋長左衛門 投稿日:2002/04/09(Tue) 13:53
はじめまして。私、愛媛県の豪族の研究を主に(?)取り扱っているサイト「水虎界」を主催している三軒屋といいます。
無名武将列伝おもしろいですね。前々から読ませてもらってました。
無名といっても地元ではメジャーな姓の先祖だったりして本当は身近な存在なんですよね。有名な武将を追うのも当然楽しいですけどいろいろ想像できる分、ロマンがあります。
わたしも極めてマイナーな豪族たちの足取りを追っているので一度お越しくださいませ。よかったら相互リンクしましょう。それでは。

http://sty.cc.yamaguchi-u.ac.jp/~a022ce/index.html


[570] 釜飯クンは 投稿者:こたつ城主 投稿日:2002/04/08(Mon) 20:54
↑蓋が開いた状態です。中(というか表面)にはご存知、
竹の子、紅生姜、ウズラ卵、グリンピース、甘露栗、鶏肉、
椎茸、杏のシロップ浸け、後これは……お芋かなぁ、
そうしたおかずが乗っております。おかずはフェルトで
作られております。そしてその上から、釜飯クンが自分の手
(が釜から出てます、足も生えてます)で、帽子を被るよう
に蓋を被せかかっているのです。
(恐ろしく詳しく細かく書いてしまっただ:汗)

七尾城って私は行った事がありません。マムシが出ると聞いて、
ビビッてます。御館城ってマイナーだったんだ(汗)。
次からは書くのやめよっと(笑)。

江戸以前の遺構ですが、江戸期に破壊された物については
残っておりませぬ(当たり前か(^_^;))。例えば赤坂あたり
ですね。愛宕山って山があったゲに聞いております。
江戸の山はボンボコ削られたようであります。松戸あたりも
似たような経緯のようです。沼だらけだったので、山を削る
しか埋め立てようが無いのであります。関東平野は平野では
あるのですが、現在ほど不自然に山が無かったワケでは
無いと思います。そして山さえあれば、城が出来てたハズ、
なんて想像してしまうであります。

宗像氏、拝見しました〜☆ミ

>「神仏に仕えた…云々」は後からのこじつけです。

だったんですか〜〜〜〜!
宗像氏なんて、秀吉の頃まであった事すら知りませんでした。

http://www.page.sannet.ne.jp/kotatu


[569] 皆様ありがとう御座います 投稿者:長続連 投稿日:2002/04/04(Thu) 22:29
>武藤舜秀さん、浦和区民さん、くらのすけさん
ありがとう御座います。武士出身の研究者で私が、今思いだされるといえば、網野善彦氏が甲斐武田氏の旧臣、永原慶二氏が小田原藩士永原氏の分流とかですかね、古くは原勝郎とか三浦周一とかも武士出身でした。
公家では近代史の飛鳥井雅道氏とかしか思い出せません。そういえば河野通明氏はなんか名前が怪しいなあ(笑)。
研究成果と武士出身とを通俗的に繋げるのは、石母田の業績に礼を失する気もしますが、石母田領主制論の武士勢力を高く評価する姿勢も石母田が鎌倉以来の武士出身というのと関係あるのかもしりませんねえ。

[568] 昔からの風俗習慣 投稿者:古書人 投稿日:2002/04/02(Tue) 10:10
私は、昔からの風俗習慣に興味を持っています。明治・大正時代に発行された「風俗画報」「風俗研究」「同方会誌」「太陽」などは非常に興味深く見ています。雑誌を全部所蔵することは不可能ですが、手元においてゆっくり見たということがあって、少しばかり所蔵しています。時間を掛けて読むのが楽しみです。もう一つは、江戸時代の地方史料を勉強することです。あの難しい筆書きの字を解読するのは講習会に何度か行きましたがほとんど出来ません。従って、活字になったものを読んでいます。

[567] お返事つづき 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/04/02(Tue) 01:42
>小花作之助さま

>「しほのまつ(しおのまつ)」と読んだと思います。
「の」が入るんですね。しかし、すっかりだまされてしまいましたね。「四本松」(当初、「よんほんまつ」と思った)に。


>古書人さま
ようこそおいでくださいました。
本当にみなさん詳しいですよね。すぐ下の投稿もそうですが、
こちらに書き込んでくださる方同士で解決することもしばしばです。
ところで、古書人さまが学んでいらっしゃるのはどのようなことなのですか?
ともあれ、ご遠慮なくお書き込みください。


>長続連さま
ごぶさたしております。
石母田正、私もなんとなく疑問に思っていました。そうしたら、浦和区民さまが答えをだしてくださいました。
お互いに、疑問は氷解ですね。
上野秀治さんも松平出身だし、松方冬子さんも徳川出身ですね(例が近世で申し訳ないですが)。結構研究者は武士出身もおおいのですかね?


>こたつ城主さま
お久しぶりです。

>しかも、一ヶ月以上も前の話題の続きをしに(汗)。
どうぞどうぞ。御遠慮なく。

>(臆さずに話し始める)
こういうの、面白くていいですね。自分は機転が利かなくて無理なので。

>、「釜飯クン」という縫いぐるみがあるんです。
これを見て一つ気になりました。蓋が開いて中身が見える状態なのか、そうでないのかが(笑)。

>くらのすけ様に言われたくありませんってば(汗)。
私、マイナーな城にはあまり行った覚えがないんですよね。
江戸時代以前に廃絶された城は、七尾城くらいじゃないですかね?
マニアの種別の「区別」をつけねばなりますまい(笑)。

>本丸跡のギリギリ間際までビッシリ住宅立て放題ですもの(涙)。
ひょっとしたら、本丸跡が残るだけでも幸運なのかも知れませんね。でも、城全体の縄張りをまるまる遺すとすると、我々はさらに狭いウサギ小屋に住まねばならなくなるわけで。難しい問題です。

そういえば、江戸時代の江戸って、どんどん広がっていくわけですが、その範囲にあった「遺跡」ってどうなったんでしょうね?
江戸時代の土木技術だから、それほど徹底的に破壊されないのかな?


>武藤舜秀さま

>伊達秀宗が宇和島藩主になったときに景頼は筆頭家老になっています。
おお。そうでしたか。宇和島家臣でしたか。
たまたま手元にある、寛文12(1672)の宇和島藩の分限帳には、「石母田」姓はみえないですね。「桑折政長が没したときに娘婿」と武藤さまが言うように、千石の桑折左衛門がその子孫なのですかね?それとも、秀宗が家老を手討ちにして政宗の怒りを買いましたが、その手討ちになった人が石母田姓だったか…違う気もしますが。


>浦和区民さま
私も頭の隅にあった疑問でしたが、解けました。ありがとうございます。三郎左衛門というからには、三男ぽいですね。



[566] 新年度は月曜日から… 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/04/02(Tue) 01:11
以前みた何かの文章で「21世紀は月曜日から始まる」とは名文だ、といっていましたので、まねてみました。

いやしかし、ひさしぶりですな。

>八戸三郎さま
本にのったり、調査対象になったりするには、ちょっと小さい館すぎたようですね。そういうときは、ご自分で調べてみるのが一番かも知れませんね。がんばってみてください。


>野州さま

>1995/3のはその1らしいですが、続編はいくつぐらいあるんでしょうか。
あ、そうなんですか?気づきませんでした。またその内博物館の紀要に載るのかな?

>前略があったので、やはり江戸前期で終わっているっぽいです。
そうですか。私も少しみてみますかね。

>『城井鎮房』ってやつでしたか。
>ありましたね。(って名前出さないほうが良かったですか)
ご覧になりました?なんかあのあと、調べていたら、自治体史で詳しい記述がなされているものがあるそうで。なかなか気になる勢力に格上げです。

>そういえば『野望』はどうなったんでしょうか。
現時点で最新作(去年出たやつ)のPKのパッチがでてましたよ。最近。これは、しばらくこれで遊んでくれ、という無言のメッセージなんでしょうか?そもそも、無理だったようですね。連続で出すというのは。ひょっとして、来年の今頃、「いよいよ来週に迫りましたね」とか言っていたりして…(^^;)


>長曾我部近江守光親さま
はじめまして。ようこそいらっしゃいました。ちょっと拝見させて頂きましたが、きれいなHPですね。相互リンクの件は承知しました。2・3日中にはこちらからもリンクさせて頂こうと思います。


ちょっと長くなりそうなので、一度切ります。

[565] Re[561]: お尋ねしたいこと 投稿者:浦和区民 投稿日:2002/03/31(Sun) 10:51
ご無沙汰してます。武将系譜辞典管理人です。武藤舜秀様に補足ということで。
石母田清三郎景頼の一族(子孫かは不明)に三郎左衛門という人がいて、その子に三之丞、孫に三九郎、その末裔が石母田正 とされています。

http://www1.odn.ne.jp/~cem89780


[564] Re[561]: お尋ねしたいこと 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2002/03/30(Sat) 13:53
>石母田て伊達家の重臣にいたのを思い浮かべましたが、もしかして石母田正て伊達の石母田家と関係あるんでしょうか?ちょっと、気になりましてお尋ねしました。

石母田氏は伊達家譜代の重臣ですね。天文の乱で一族は稙宗・晴宗両陣営につき、争っています。有名なのは石母田光頼・
景頼親子ですね。光頼は天文の乱のときに晴宗の側近として活躍した武将です。晴宗が奥州探題に就いたときに光頼も守護代に任命されています。
景頼は政宗の信頼厚く、政宗が小田原へ参陣している間、黒川城を預かっています。後に、桑折政長が没したときに娘婿であった景頼が桑折家をついでいます。伊達秀宗が宇和島藩主になったときに景頼は筆頭家老になっています。

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


[563] ハッ(゚.゚)! 投稿者:こたつ城主 投稿日:2002/03/29(Fri) 20:21
↑お立て込み中に来てしまいました!
しかも、一ヶ月以上も前の話題の続きをしに(汗)。

「おぎのや」の釜飯ですが(臆さずに話し始める)、「釜飯クン」という
縫いぐるみがあるんです。これは、横川で四分停車の合間に買える代物では
なかった気がします。やはり高速のSAあたりで「きゃ〜、カワイイ〜」
とか飛びつく品物でしょう。とは言え、あの釜飯がそのまんま縫いぐるみに
なってるだけですので、余程のマニアでないと、何がスゴイのか判らない
グッズであります!

>御館にいったんですか?そりゃまた大変なマニアぶり…(笑)。

くらのすけ様に言われたくありませんってば(汗)。
でも、そうそう、平城ってのは無くなるとああしたものだな、
という意味では良い(?)見本でしたね。

>関東圏にすんでいる人は地方の史跡変形について
>あまり大きな声で言えない気が…

関東圏では関東全般の人が可愛そうかも(笑)。東京近郊ですね(^_^;)。
そう、もぉ松戸なんてメチャクチャですわよ! 大谷口城跡ってのが
ありますけど(マニアじゃありませんからね! たまたまあるんです、
松戸に)、本丸跡のギリギリ間際までビッシリ住宅立て放題ですもの(涙)。

http://www.page.sannet.ne.jp/kotatu


[562] ちょっとお待ちを。 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/03/28(Thu) 01:55
今たて込んでいるので、お返事はお待ちください。すいません。

[561] お尋ねしたいこと 投稿者:長続連 投稿日:2002/03/28(Thu) 01:09
こんばんは、長続連です。
『石母田正著作集・月報1』を最近見て、石母田正が家老の家出身という一文がありまして、これを見て石母田て伊達家の重臣にいたのを思い浮かべましたが、もしかして石母田正て伊達の石母田家と関係あるんでしょうか?ちょっと、気になりましてお尋ねしました。

[560] はじめまして 投稿者:古書人 投稿日:2002/03/27(Wed) 13:57
このサイトに投稿するのは初めてです。過去の投稿を見ると、皆さんとても難しい事やっているな〜と思っていた。歴史は好きだが自分が今までやってきたこと以外のことについてはほとんど解らない。かといって範囲を広げても勉強できる時間があるわけではない。ずっと眺めていただけだったが、取り敢えず投稿してみた次第。これから投稿させて頂きますのでよろしくお願いします。

[559] 四本松 投稿者:小花作之助 投稿日:2002/03/27(Wed) 12:20
四本松=塩松
不確かですが「しほのまつ(しおのまつ)」と読んだと思います。

[558] はじめまして 投稿者:長曾我部近江守光親 投稿日:2002/03/27(Wed) 00:39
はじめまして★長曾我部近江守光親と申す者です。本日はこちらのHPと友好関係を築きたく参上仕りました。僕は『夏草の賦』という戦国サイトを運営しております。内容は・・・長曾我部家の解説を始め全国の戦国武将の列伝、各種ゲ−ムなどです。是非我がサイトと同盟を結んでは下さいませんか?一度僕のサイトにお越しになり御覧になってみて下さい★お返事お待ち申し上げております

http://www.geocities.co.jp/HiTeens-Penguin/9210/index.html


[557] またまた・・・ 投稿者:宮野州 投稿日:2002/03/23(Sat) 00:53
今更レスを含めて、失礼します。

> 「止々斎」を名乗る年代の再検討
『葦名盛氏の『止々斎』号』ってやつですね。
1995/3のはその1らしいですが、続編はいくつぐらいあるんでしょうか。

> 資料集が意図的にそれ以降を省略している可能性はありませんか?
見た限りでは後略とかは書いてませんでしたね。
前略があったので、やはり江戸前期で終わっているっぽいです。

> 「書肆アクセス」
私も行ってきました。

> 宇都宮(城井)氏の小説
『城井鎮房』ってやつでしたか。
ありましたね。(って名前出さないほうが良かったですか)

そういえば『野望』はどうなったんでしょうか。

[556] 弥兵衛館 投稿者:八戸三郎 投稿日:2002/03/21(Thu) 10:37
くらのすけさん、「弥兵衛館」についてどうもありがとうございます。ありませんでしたか・・・。他の文献にも詳しい事はやはり書いてありませんでした。中世ですのでしかたがないですね。

秋田市下浜羽川にあるので、あの辺りは近世だと亀田藩かな?今度は近い年代から羽川を調べようかなと思っています。

[555] いつもここから 投稿者:くらのすけ 投稿日:2002/03/21(Thu) 00:09
『悲しいとき』が古書店にあったので購入(420円)。
黙読しても面白くないかも知れません。

先頃、「書肆アクセス」に立ち寄る機会があったのでのぞいてみました。

『中世出羽の領主と城館』伊藤清郎編、高志書院
「弥兵衛館」の記述はありませんでした(八戸さま、この書き込みをごらんになるだろうか…)。

それと、確かぬーぼ様が仰っていた(ような)「薬丸湖雲」の
小説が出ていて、ほかには小野寺氏の新しい本が出てましたね。

今目をつけているのは、宇都宮(城井)氏の小説(家老の名前等々、家臣の実名までいくつか載っている)です(相変わらず売れ残っている)。


>武藤舜秀さま
『三春町史』おそらく、民俗資料館で販売しているようですよ。
問い合わせてみてはいかがでしょうか?


>小花作之助さま・HAZUさま
四本松=塩松、ですか。「しほまつ」って振るんでしょうね。ルビ。現代ではどうやっても関連があるとは思えそうもないです(^^;)


>ぴえーるさま
そちらでは、前田利家で盛り上がってたりします?

>紹運無双というサイトに結構載ってますね。
>たぶんここが一番詳しいのではないかと。
ちょっと見ました。確かに詳しいですね。やる必要はなさそうですね。そもそも、おまけ程度に名前、官途名、通称、生没年くらいにしようかと思っていたので。

[554] 立花氏家臣団 投稿者:ぴえーる 投稿日:2002/03/20(Wed) 22:37
Googleで検索して引っかからなければ無いんですよ、
とか適当なことを言ってみる(汗
紹運無双というサイトに結構載ってますね。
たぶんここが一番詳しいのではないかと。

[553] そうです 投稿者:hazu 投稿日:2002/03/14(Thu) 21:09
 小花作之助さんへ

 そうです。
 石橋尚義は資料によって、四本松久義とも、塩松尚義とも書かれています。
 ま、漢字のなんといい加減なことかのいい例ですね(¨;)


 筈衛


[552] 無題 投稿者:小花作之助 投稿日:2002/03/14(Thu) 14:45
お久しぶりです。
ところで、四本松久義というのは、石橋尚義のことですよね。

[551] 四本松 投稿者:武藤舜秀 投稿日:2002/03/13(Wed) 20:46
実は「三春町史」購入しようと思ってるんですけど、
販売方法がいまいちわからないんで考え中です。

四本松は塩松のことだと思うんですけどね・・・
(地元のものにしかわからないと思うんですけどね)

http://www2.cny.ne.jp/yp0326/


戻る / HOMEへ