蠣崎(松前)氏


蠣崎氏関連地図(新しいウィンドウが開きます)

【蠣崎氏略史】

蠣崎氏の出自については若狭武田氏の近親で、青森に移住し、続いて北海道に渡ったとされるものと、南部氏の庶流で蠣崎村を領し「蠣崎蔵人」と名乗ったが、南部本家との争いに敗れて蝦夷に渡ったといわれるものがある。

道南の和人地域の有力者は「館主」(たてぬし、本州の国人領主に近い)と呼ばれていたが、安東一族の下国氏(二氏)と蠣崎氏はその中で「松前之守護」下国氏(=松前から知内周辺)・「下之国之守護」下国氏(=木古内から函館周辺)・「上之国之守護」蠣崎氏(=上ノ国から松前周辺)として最も有力な存在であったといわれる。その中で最北端に位置していた蠣崎氏は、コシャマインの乱(康正二年、1456)で多くの舘主が没落する中、蠣崎季繁は乱を鎮圧した客将、武田信広を嗣子とし、乱によって混乱した蝦夷地の実質的支配権を確立した。

 二代光広の時代にはアイヌ人のさらなる攻撃を受け、「下之国之守護」下国氏と「松前之守護」相原氏(下国氏は当時守護職を解任させられていた)が滅亡し、その隙を突いて光広は大館(現 松前)に移住する。これを契機に蠣崎氏は安東氏から蝦夷の代官に任じられた。これが蠣崎氏の道南統一への画期といえる。

その後は、五代慶広(松前と改姓)が中央政権と接触し、本領安堵のうえ近世的大名への転化を遂げた。(ただし石高は無高。)なお松前氏が「万石並」の格を定められるのは享保期以降であるという。(それまでは交代寄合=旗本格。)また、松前氏の官途である「志摩守」は「えぞがしまのかみ」の意味で、本来の「志摩国」のことではないそうである。

蠣崎氏系図

【蠣崎氏の一族・家臣団】

・蠣崎正広【かきざき・まさひろ 1547?(天文16?)〜1586(天正14)】
右衛門大夫。季広の四男。上ノ国城代となる。嫡子慶広と同年生まれというが、詳細は不明。弘治二年(1556)生まれともいう。天正六年(1578)、慶広の代理として安土で織田信長に拝謁。天正十四年に安東氏の援軍として出羽に出陣中に陣没した。
1999/12/23追加
2000/1/16訂正(「慶広と家督争い」はなく、信長への拝謁もそれに関連した行動では無いようなので修正)

・下国師季【しもぐに・もろすえ ?〜1563(永禄6)】
安東八郎。式部大輔、下野守。安東氏支族で、「松前之守護職」を安東氏より命ぜられていた家柄。永禄五年(1562)、アイヌ人の攻撃に遭って本拠地であった茂別館から松前に逃れ、戦国末期に蠣崎氏に臣従した。
 家督を嫡子重季に譲った後は「入道清観」と号し、のちに松前を追放されてセタナイで没したという。子孫は松前藩で家老職をつとめた。
1999/12/23補筆
2000/10/13補筆(没年追加)

・下国重季【しもぐに・しげすえ ?〜1596(慶長1)】
式部大輔。師季の嫡子。弟直季の子、由季を養子とした。母は蠣崎季広の娘。
1999/12/27加筆訂正(KUBO様のご教授により、「妻は蛎崎季広の娘」でなく「母が季広の娘」であると判明)
2000/10/13加筆(没年追加)

・下国由季【しもぐに・よしすえ ?〜1594(文禄3)】
主典介。重季の弟、直季の子で、重季の養子となるも早世。
1999/12/27訂正(没年と家督関係が判明。KUBO様の御教授による)

・厚谷重政【あつや・しげまさ 生没年未詳】
比石館主(上ノ国町)第四代。季政とも。天文十五年、季広の出羽出陣に際し従軍する。
1999/12/27訂正(あつたに→あつや、KUBO様の御教授による)

・厚谷季貞【あつや・すえさだ ?〜1570?(元亀1)】
右近、備中。厚谷氏五代。重政(季政)の子。元亀元年没というが、天正十八年、慶広より「寄合席」とされ「奥用人兼家老職」を命ぜられたという。没年が間違っているのか、子の貞政が任じられたものであろうか。
1999/12/27訂正(KUBO様のご教授により、あつたに→あつや、また「家老の家柄」でないとのご指摘を受けたので修正)
2001/1/13訂正(「子の季貞が」→「子の貞政が」)

・南条広継【なんじょう・ひろつぐ ?〜1562?(永禄5?)】
越中守。守継ともあるらしいが一般に「広継」らしい。天文十七年(1548)、蠣崎基広と季広の家督争いによって空白となった上の国館主(城代)に任じられた。しかしこの騒動は広継の妻となっていた季広の娘の企てで、さらに舜広・元広の毒殺にも関わったとされ、広継妻は誅伐された。
 南条氏の子孫は町奉行などをつとめたものの、任じられるのは享保十年(1726)であり、陰謀が露見して広継も討伐され、その後享保期まで顕職に就けなかったようだという。南条氏は本来、脇本館主であったが天文頃には既に蠣崎氏に臣従していたことが「城代」に任命されたことから伺える。
2000/1/16加筆・訂正

・近藤義武【こんどう・よしたけ ?〜1638(寛永15)】
館主近藤季常の後裔と思われる。慶長二年には忠広(慶広二男)の元服の「御理髪」を務め、慶長十五年、花山院忠長の饗応役・帰洛の供奉も務めた。大坂の陣にも従軍し、藩主松前慶広の嫡男、忠広の守役として従った。合戦中、のどの渇きを潤すために乗馬を殺して血を吸ったという。
2000/1/16加筆(また掲載していた近藤季常を削除→文禄・慶長期の存在かが疑わしいため)

・小林良道【こばやし・よしみち 生没年未詳】
館主の一人である小林氏の末裔。天文十二年、若狭の武田氏に派遣された。ちなみに、蠣崎氏は若狭武田氏の血を引くといわれるが、このときが初の使者の派遣である。

・富田広定【とみた・ひろさだ 生没年未詳】
豊後。天文十七年、若狭武田氏に派遣された人物。


【追加分】

※2000/1/16追加
・蠣崎舜広【かきざき・としひろ 1539(天文8)〜1561(永禄4)】

季広長男であったが、家督を相続する以前の永禄四年、南条広継の妻(季広女)に毒殺されたという。

・蠣崎元広【かきざき・もとひろ 1540(天文9)〜1562(永禄5)】
季広二男。南条氏妻の陰謀で兄舜広の翌年に毒殺されたという。

・長門広益【ながと・ひろます 生没年未詳】
蠣崎氏譜代家臣。蠣崎基広の謀叛の時、基広を討ち取って頸を持ち帰ったとされる人物。

・小平季遠【こだいら・すえとお 生没年未詳】
季広四女を妻としている。蠣崎氏の娘を妻としているので重臣ではないかという。嫡男の季長は寛永期に活躍し、金山奉行を務めており、財政を統括した重臣らしい。また次男季時は三関氏として天正十五年頃に別家している。

・三関広久【みせき?・ひろひさ 生没年未詳】
季広の「執事」という。天正十五年には慶広の嫡子盛広とともに上洛、熊野参詣に随行している。この「執事」は一般とは異なり、近習的な家臣を指すらしいが詳細は不明。父の為久の代に蠣崎氏に仕え、それ以前は松前守護、相原氏の家臣であったとされる。

※2001/1/13追加
・厚谷貞政【あつや・さだまさ ?〜1637(寛永14)】

季貞の嫡男。松前氏三代、公広に仕えた。寛永十四年三月、福山館が火災に遭い、鉄砲火薬に引火、爆発したときに藩主公広を酒井広種と共に救出。しかし貞政は重傷の火傷を負い、死亡した。


【参考文献】

海保嶺夫「松前藩家臣団の成立」(『松前藩と松前』9、1976、のち藤野保編『論集幕藩体制史』に所収)
『松前町史』通説編 第一巻 上
春日敏宏「松前藩成立期に関する一考察−家臣団編成を中心に−」(『松前藩と松前』19、1982)
遠藤巌「戦国大名下国愛季覚書」(羽下徳彦編『北日本中世史の研究』 1989所収)
『秋田市史』第八巻 中世史料編 1996
『三百藩家臣人名事典』1 (新人物往来社、1987)


【他サイト情報】
蠣崎氏については、「KUBOの家系城郭研究所」(KUBO様)に蠣崎氏や家臣の下国氏のとても詳細な系譜があり、おすすめです。

HOMEへ / 武将列伝indexへ / Making of 蠣崎氏へ