河野氏

参考:四国地方詳細図(別のウィンドウが開きます)

【河野氏略史】
河野氏の出自については不明なことが多い。伝承をそのまま信じるとするならば、饒速日命を祖とし、伊予大領、越智玉興の弟(子)玉澄が河野氏の基礎を築き、子の益男は周敷郡司となった。藤原純友の乱のとき、六代好方は押領司となり戦功をたて、北伊予三郡を根拠として勢力を伸ばし、平安末期に及んだとされている。のち、12C前半には河野郷に移住、以後有力地方豪族として発展した。

平安末期には河野氏は源氏に接近していたが、西国という地域の制約のため平氏に屈しており、河野通清は源頼朝の挙兵によって土佐に流罪となっていた頼朝弟、希義らと呼応して蜂起した。通清は平氏派の諸将に攻められ討死したが、子の通信は源義経に従い屋島・壇ノ浦の合戦で大功をたてた。義経没落後は頼朝の家人となり、伊予守護に任じられるなど発展したが、承久の乱で一族が後鳥羽上皇に仕えていた(西面の武士)ため、没落した。

北条時政と縁戚だったため何とか滅亡は免れた河野氏は弘安四年(1281)の蒙古襲来で通有が水軍を率いて戦功をたて、肥前・肥後に所領を得た。元弘の乱・南北朝内乱期には河野氏は二手に分かれて争うが、周防の守護も兼ねるようになる。

しかし、その十余年後には、隣国讃岐で細川氏の内訌が勃発、それに乗じて伊予も攻められ、当主道朝は敗死、やむを得ず南朝に属して命脈を保つ。のち北朝方に復帰するが再び細川氏の軍に攻められて通朝の子通堯も戦死、周防の守護支配権も喪失した。通堯の子通義の時に細川氏と和議が成立したが、今度は河野家中で宗家と庶家の対立が発生、徐々に弱体化していった。戦国時代には長宗我部氏や一条氏との相次ぐ戦いや家臣の謀叛などで支配力を弱め、最終的には長宗我部氏に降伏、長宗我部氏の豊臣氏への屈服後には小早川隆景に降伏、所領を没収されて安芸国に移住、河野氏は滅亡した。

河野氏系図


【河野氏の一族・家臣団】

・池原(河野)通吉【いけはら(こうの)・みちよし 生没年未詳】
近江守。河野一族で野間郡池原の野間館に住したという。子供の牛福丸が河野通宣の養子として河野氏を継いだ。「国事に口入」し、影響力が大きかったという。

・河野通軌【こうの・みちのり 生没年未詳】
「築山本河野家譜」によれば通直(牛福丸)の養子。毛利氏重臣宍戸元秀の子という。

・戒能通運【かいのう・みちゆき 1482(文明14)〜1546(天文15)】
母は河野氏の女。浮穴郡小手ヶ滝城主で河野氏重臣。

・戒能通森【かいのう・みちもり 1517(永正14)〜1587(天正15)】
備前守。通運の子で河野氏の家老職を務める。河野氏の社参には必ず供奉したという。河野氏の没落後、子孫は庄屋をつとめた。

・大野利直【おおの・としなお 1493(明応2)〜1580(天正8)】

浮穴郡大除城主。紀伊守。一度隠居するが、嫡男友直の早世によって復帰。天文二十二年(1553)、河野氏重臣の平岡氏の属城を独断で攻めたという。この年、再び隠居して、四男直昌に家督を譲った。天正八年に八十八歳で死去という。

・大野直昌【おおの・なおしげ 1530(享禄3)〜?】
山城守。大除城主で利直の四男。長兄が早世し、家督を継ぐ。二男・三男は庶子の為家督を譲られず、二男直秀は出奔したとされる。重用されて河野氏の家老となり、「御一門三十二将」の一。また、足利家から「毛氈鞍覆白傘袋」を許されるほどの地位を持ち、河野氏とは一線を画す国人衆であった。
 河野通直の安芸国移住にも従ったが、その後の消息は不明。ちなみに、河野氏の政務は「御一門三十二将」と呼ばれる、譜代国人衆と国人衆の同族的結合によって執行されていたという。
1999/11/1訂正(なおまさ→なおしげ。よこぴい様の御教授による)

・大祝安勝【おおはふり・やすかつ 生没年未詳】
日向守。御一門三十二将の一。河野氏氏神の大山祇神社の大祝職。天正初期の河野氏の寄合衆・家老。

・和田通興【わだ・みちおき ?〜1554?(天文23?)】
久米郡岩伽羅(いわがら)城主。「武威を募り、屋形(河野氏)を蔑如し、恣に兵権を震った」ため、天文二十三年(1554)頃平岡房実に討伐された。

・平岡房実【ひらおか・ふさざね 生没年未詳】
大和守。荏原城主。河野氏奉行人で重臣と思われる。上記和田氏討伐など、政・武両面で活躍。永禄末〜元亀年間にかけて隠居・もしくは死亡したようである。

・平岡通倚【ひらおか・みちより 生没年未詳】
遠江守。房実の子。「通房」とも書くらしい。河野氏降伏後も従い、書状のやり取りの使者となっている。
2000/7/7加筆訂正(藍住伯耆守様のご教授による)

・平岡通資【ひらおか・みちすけ 生没年未詳】
宮内大輔。房実とともに奉行人であろう。二人で署名している文書が存在する。房実の長男であるが、他家に養子に入り、弟である通倚が嫡流を継承した。のちに平岡氏に復姓した。
2000/7/7加筆訂正(藍住伯耆守様のご教授による)

・土居通周【どい・みちちか 生没年未詳】
宮内大輔。河野氏の一族で越智姓。土居清良は鈴木氏系土居氏で異なる。河野氏の奉行人であろう。
2000/7/7加筆訂正(藍住伯耆守様のご教授による)

・垣生盛周【はぶ・もりちか 生没年未詳】
加賀守。平岡氏とともに元亀元年(1570)、河野氏の意を伝える書状に署名している。
1999/11/1訂正(かきう→はぶ。よこぴい様の御教授による)

・垣生盛国【はぶ・もりくに 生没年未詳】
盛周の子か。通直の安芸国移住に従う。

・村上吉継【むらかみ・よしつぐ 生没年未詳】

河内守。村上氏の一族と思われるが、河野氏奉行人の地位にあったようである。

・黒川通堯【くろかわ・みちあき 生没年未詳】
民部少輔。剣山城主。道博の養父。黒川氏は河野氏の流れを組むが、道堯の祖父は黒川氏の娘と長宗我部氏の次男の間に生まれた。道堯は弘治・永禄期に活躍。

・黒川通博【くろかわ・みちひろ 生没年未詳】
山城守。実は正岡通純の次男。河野晴通の娘を娶ったため、河野一門に列せられた。


【追加分】

2002/4/15追加
・南通忠【みなみ・みちただ 生没年未詳】
詳細は不明であるが、河野氏一門に南氏がいるので、河野一門であると考えられる。「通」を実名の上に冠するのは、そのためか。下の町田経堯との署名が多いが、単独で奉者となり、文書を発給しているのも確認される。天文初期ころの奉行人とみられる。

・町田経堯【まちだ・つねあき 生没年未詳】
詳細は不明。南通忠と同時期に活躍していたと考えられる河野氏の奉行人。通忠と連署した書状の他、年未詳ではあるが、久枝通倫、枝松盛和らとの連署も見られる。


【参考文献】

『松山市史』第一巻  1992
『松山市史料集』第二巻 1989
『愛媛県史』古代II・中世 1984
『愛媛県史 資料編』古代・中世 1983
『東予市誌』 1987
青野春水「戦国期伊予における軍制と知行制」(『日本中世史論集』 吉川弘文館 1972、所収)
『戦国人名事典』 1987
『戦国大名系譜人名事典 西国編』 1986


【他サイト情報】
伊予河野氏については『歴史の館「東方不敗」』(よこぴい様)が、黒川氏に関しては『豫州黒川家』(黒川浩文様)が専門的に扱っていておすすめです。

HOMEへ / 武将列伝indexへ