Making of 蘆名氏

皆様、こんにちは。今回は蘆名氏です。

いままで、蘆名氏についてはあまりよく知らなかったのですが、調べてみてなかなか興味をもてました。家臣団は「四天(王)」と呼ばれる家老衆と宿老クラスの一門に準ずる針生・金上氏と家臣団構造はかなり明らかなようです。これは、どうやら会津若松城下の寺が編年記録を大切に保管していたからのようなのですが、こういう地道な努力で史料が偶然(必然?)に伝来し、滅亡してしまった勢力を語るというのは貴重なことです。言い換えれば、それだけ蘆名氏が強大な勢力であった、ということを語っているようにも思えます。

四天の家は松本、平田、富田、佐瀬なわけですが、この家は天文の初期から滅亡までほぼ家系がたどれます。これは楽しいことでした。しかし、天文初期の人々を御披露できないのは残念です。(かろうじて富田滋実はその頃からの老臣のようです。)

また、松本氏について興味深いことを「東大史料編纂所」のHP(※)に発見しましたのでお知らせします。
松本氏は舜輔−氏輔−行輔と家督が継承されていくようですが、氏輔は「氏興」ともかかれているようです。私が参照した資料では、氏輔と氏興二人がいるように見え、天正二年に戦死したのは氏興と記事がありました。

のちの行輔謀叛の時に「図書一子太郎」とあり、上の二人は双方とも「図書助」を名乗っているので、どちらの子か当初は混乱しましたが、前述のとおり、東大史料編纂所のHPの中に『大日本史料』編纂についての記事があり、この「氏興」は伊達家側の記録では「氏輔」となっており、その他もろもろの要因で「氏輔」「氏興」は同一人物であるということが判明しました。

もう一人、金上氏について。盛備の私の印象は「天翔記」の顔グラフィックであり、かなり低いほうにランクされていました。しかしその印象が今回の調査で覆されました。実は「蘆名氏の滅亡まで従った忠臣」でありました。また、子供の盛実がいままで私が知る限りでは出てきていないようですが、少し不思議です。盛備には盛実のほかあと四人の子がいたようです。ここに補記します。

金上源太胤玄
詳細不詳。慶長元年(1596)死去。新潟県東蒲原郡小川村に埋葬という。

金上忠三郎備秀
兄の盛実・胤玄と共に家名再興を図るが成就せず、石川昭光に仕え宮城県に移る。

矢島掃部盛政
盛備戦死当時十歳という。乳母に連れられ二本松矢島家で養育される。のち矢島氏の養子となる。

金上民部利房
盛備戦死当時八歳。母と共に山ノ内家に逃れ、のち再び戻り、角田と名乗ったという。

最後に、蘆名氏の支配体制について分かったことを。武将の解説でも「盛氏の承認の下土地を売却」という一文があるものがありますが、蘆名家中では中世末期になっても土地の支配権のほとんどを家臣が握っていたようです。伊達氏ではこの頃は既に家臣の土地売買などができず、伊達氏が土地の支配権(知行地として給付はしますが)を握っていたので、蘆名氏のような文書はほとんど無いということです。蘆名氏の支配は伊達氏に比べ、まだ近世的支配体制への移行が行われていなかったことを示していると思われます。これが蘆名氏の滅亡の一因であるとの事です。(一番大きなことは相次ぐ当主の早世、家中の混乱のためでしょう。)
また、蘆名盛氏は「止々斎」と号し、この印を使うのですが、盛氏死後もこの印は継続して使用されたということです。詳しいことは分かっていないようですが、盛氏を「中興の祖」と認識していたらしいということが言われています。「止々斎」という個人の印を、北条氏の「虎」の印判のように使っていたということでしょうか。
今回は、ながいので家臣団年齢推定は別の機会に、ということで。では。

※「東大史料編纂所」HPの「過去のニュース&トピックス」中、「WWWサーバによる日本史データベースのマルチメディア化と公開に関する研究」の中の、中島圭一「『大日本史料』第十編之二十二編纂ノートの公開」に記述があります。

無名武将列伝indexへ / HOMEへ