Making of 畠山(河内・二本松両畠山)氏


今回の「Making〜」は河内と二本松、二つの畠山氏をまとめて行きたいと思います。まず意外だったのは、二本松畠山氏は「嫡流」であった、ということです。

かなり前より畠山氏についての「無名武将列伝」は完成しつつあったのですが、諸々の事情によって先延ばしになっていた折り、当サイトの掲示板で二本松氏の話題となり、そのときにはじめて二本松氏が嫡流と知ったということを白状します。性格などはまったく異なりますが、徳川家の「影の嫡流」たる越前松平家の悲哀に相通ずるものがあるような気がしないでもありません。

さて、河内畠山氏は、近年研究が進み、様々な論文が発表されて従来の説が徐々に覆されてきています(当主の実名や合戦の日時など)。また、畠山氏の居城があった八尾市の博物館では企画展で畠山氏展を開催するなど、畠山氏の重要性の認識が広まってきているようです。

古河公方が東国秩序の中で特別な地位を保っていたことが指摘されてきているように、河内畠山氏も室町幕府の「管領家」としての畿内での重要性が認識され始めてきた、ということでしょうか。そもそも畿内戦国史はその複雑さゆえにあまり進展していない感を受けますが、室町将軍家のお膝元として、今後どんどん研究が進んでゆく地域であると思われます。

家臣団についても詳しく調べられていますが、面白いのは文書発給の手続きについての具体的研究があるなど、なかなか詳しく解明されてきています。たとえば、畠山氏当主の代替わりに際して、寺社勢力が毎回当主の領地安堵状や禁制を求めるのですが、戦国末期になるにつれて守護代家の書状も一緒に発給されるようになるといいます。これは一般的には守護代家の木沢氏や遊佐氏の地位が向上したことを示していますが、そうとはいえ守護家当主が発給する文書というものは、やはり貰う側にとっては重要なものとしての認識があり(居城を追われて堺にいた畠山家当主にも堺に赴いて安堵状を発給して貰っているといいます)、また戦国末期には守護家と守護代家の書状のセットでないと安堵状や禁制を貰っても(実際は莫大なお金を払っています)権利が安定したものならない状況となっていた、ということが考えられるそうです。

一方で二本松畠山氏の方は、文書も少ないようで当時の状況などが把握できないため、あまり研究も出来ない状況のようです。またあの辺りの記録としては、伊達家の資料中心となるようで、そういう面からも伊達輝宗を殺害した畠山義継や畠山家に対しては否定的な目で見られるのでしょうか。(おそらく伊達家ファンの人のほとんどが畠山家に対して良い印象は持っていないと思われます。これも伊達家の資料・情報操作の一面だとおもいますが)実際に福島県周辺の人は畠山家をどう思っているのか知りたい気がします。

では今回はこれにて。

無名武将列伝indexへ / HOMEへ