Making of 宗像氏


久々の「無名武将列伝」復活です。とりあえず本編ではなく、「番外編」を追加したのは、復帰へのリハビリ、という事にしておいてください(系図・地図の作成等々…仕事量は同じなので変わりはないですのでその点はご安心ください)。

さて、今回加えたのは宗像氏です。「番外編」サブタイトル「神仏に仕えた…云々」は後からのこじつけです。今後阿蘇氏も加えられるかもしれないなぁ…、ということを考えてのもので、実際はかなり前に骨組みはできていました。

しかし、宗像氏を作成する上で、桑田和明氏にはお世話になったと言わねばならないでしょう。どうも桑田氏は、室町〜戦国期の宗像氏の動向(とくに家臣団)を無人の荒野を行くが如くの勢いで研究をしていらっしゃる方らしく、ほぼ桑田氏の論文で事足りました。桑田氏論文の注で引いている参考文献には重臣の系図が結構載っているようだったのですが、参照しなくても論文中から拾えばあれだけの家臣数が掲載できてしまうのですからすごいものです。しかも、かなり落としました。重臣に入るであろう石松氏や、大内氏旧臣でのちに宗像氏の支配下に入った人々、また遠賀郡で勢力を持っていて宗像氏に滅ぼされた麻生氏も切りました。

今回はリハビリのつもりでもあり、あまり略史をまとめず(これが実は一番面倒)、必要だと思うところをつまみ食いして書いたので長くなりましたが、その割に頭には入っていません。ですからあまり分かったようなことをかけないのですが、どうやら宗像氏が大宮司を巡って度々一門が争ったのは、権力が一極集中でなかったかららしいのですね。これは戦国期だけなのかもしれませんが、正氏(黒川隆尚)が山口に出仕しているときには、宗像氏の当主でもあるので、権力は持っていたのですが、留守を預かる形になっている本領にいる氏続や氏男にも祭祀における権力は与えていたようです。つまり、「神官」としての権力と「戦国領主」としての権力の二つを持っていたわけですね。宗像氏は。それがしばしば同一人物によって統一的に運用されないため、もう片一方の権力者との争いがかなり大きなことになってしまう。

結局、それを統一したのが氏貞だったようです。彼は戦乱で焼失したりした神社の建物などを再建したりしています。これは、戦国領主権力と祭祀権が統一されたからできることのような気がします。

他に個人的に興味を引かれたのは、氏貞が本領を奪われたときに大島に逃げていることです。宗像氏としては、大島は「詰城」の意識だったようです。さらに遠くの沖ノ島まで(ある意味)勢力圏であった宗像氏らしい発想だと思いますが、ふつう考えると島に逃げる、というのはかなり没落して後がない段階のような想像になると思います。しかし、島ですから、本領復帰の為の権力基盤を支えることができるほど地域として力があったのか、など深く考えるといろいろおもしろそうな所だとおもいます。

久しぶりに書くので、思ったままを書いてしまいましたが、大目にみてやってください。



 「無名武将列伝」宗像氏へ / 無名武将列伝indexへ / HOMEへ