Making of 南部氏

 南部というと、私はすぐに「信長の野望 天翔記」の快進撃を「悪い」意味で思い出します。コンピュータは内政など考えずにさっさと領土拡張を行うので、せっせと内政を行っている私の上杉氏の領土に迫り、戦っていないので戦闘力の成長していない上杉謙信よりも、戦闘力がMAXになった南部晴政が先陣に立って毘沙門天のような快進撃を見せるのが不満でした。晴政に関してはシナリオの早い段階では東北地方で最強の武将だったように思います。

そんな南部家ですので、やはり晴政を抜きには語れないようです。彼の活躍があったからこそ、江戸時代まで家を存続できたのでしょう。素行はとんでもなく悪かったとの逸話が残っていますが。

また、南部氏の家臣には東西南北すべての姓がそろっています。(「無名武将列伝には北・南のみしか掲載しませんでしたが)すべて南部一門です。
時代はいろいろ違いますが、晴政の父、安信の頃までに一門の家臣化が行われたようです。

さて、本編では晴政の葬儀の帰りに、賊に襲われて横死してしまった、嫡男晴継を紹介してみました。ゲームに入れてみましたが、予想以上に晴政が生き延びるので、晴継の活躍の機会がなく、そのまま西からきた大勢力に滅ぼされて終わってしまいました。

もし史実でそのまま晴継が生きていたとしたら、相続を固辞した信直ですが、やはり優秀なところに人材は集まる、ということでおそらく家中騒動が勃発したのではなかろうか、と思います。ひょっとしたら近世まで家が続かなかったかもしれませんね。そう考えると、一人の子供の早死が、南部家の命運を保たせたのかもしれません。

また、南部一門である八戸家は最後の女領主といわれる、「清心尼」が藩政を行った家です。彼女は八戸直政の妻で、直政が急死してしまい子も娘しかいなかった為、八戸家を相続しました。大坂の陣にも南部本家に従い、兵を派遣しています。

八戸家は南部信直に養子を迎える事を勧められたにもかかわらず、拒否したということです。信直も同じ南部一門(主従の関係ではない)という事と、まだ藩政が確立していない状況の中で、八戸家の家中の離反を避けるために、無理強いはできなかったようです。しかし、結局は、南部本家から養子を迎えて清心尼の後継としています。この家は遠野南部氏として遠野一万石を領して続きました。

清心尼の治世は、男性とのあらぬ噂を招かぬよう、役人の面接などでも必ず二人以上を呼んで行ったため、それが政務の密閉性を防ぎ政務が正しく行われたといいます。それを顕彰し、「清心尼」という名前で呼ばれたということです。

では、今回はこれにて。

《参考》
『体系 日本の歴史 9』小学館ライブラリー 1993

無名武将列伝indexへ / HOMEへ